ミスブランチ



霞が関ビルの中にある事務機メーカーの、コクヨショウルームの中に静かに佇んでいました。
倉俣史朗さんのデザインしたアームチェア「ミス・ブランチ」のプロトタイプの事です。名称は、
テネシー・ウイリアムズの戯曲「欲望という名の電車」の女主人公の名前から取られています。
私の倉俣史朗さんに対する想いは2007年2月『倉俣史朗』の記事に書いてあります。
コクヨのショウルームに行ったあくる日に発売された『PEN』に、偶然にも特集が
組まれていました。興味のある方は、バックナンバーになってしまいましたが
(PEN 7/15号 NO.225)是非どうぞ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )