ARMANI/GINZA BAR





暗い映画の後に、ちょっくら口直しにモヒートを飲みに入ったBARです。照明が凝ってました。
ダウンライトの中にフィルターが仕込んであって、ゴールドのテーブルに投影するとこうなるのです。
いや~テーブルの照明は素敵でしたねぇ。11月中は誰でも入れますが、12月からは会員制です。
入会金3万円、年会費1万円。まあ銀座にしちゃあそんなに高くはありませんが、
私はメンバーにはなりません。照明は綺麗なんですけどねぇ。。。


ミラノにあるエンポリオ アルマーニ ライフスタイルストア、アルマーニ / ヴィア・マンゾーニ
の中にあるARMANI/CAFEはもっとカジュアルでした。










投影式の時計です。私の自宅にもありましたが、昼間は見えないので上げちゃいました。




2階には『NOBU』が入ってました。1Fがレセプション&バーですが
2日行ったのですが、2回共アルマーニさんがうろうろしてましたね。







料理はこんな感じです。予約なしで行ったのでカウンター席しか開いてませんでした。
『NOBU』の最初の店、ニューヨークでは馬鹿でかいロブスターの天婦羅が出てきた
時は、びっくらこいて流石“料理の鉄人”と思いましたが、ミラノ店はまあ、ちょっと
品のいいモダンなお寿司屋さんっという感じでした。でも、客層はなかなかでしたよ。










カウンターでデザートというのも何ですが、隣のレディが美味しそうに食べてたので
つい頼んでしまいましたが、トーメイなお皿の下に手垢が付いてました。




手垢が付いてるよと云ったら別の白磁の皿で出てきました。持ってくる時どうしても
手のあとが付くのはしょうがないんですかねぇ。イタリアの人は気にしてませんでした。
食べてる時は気が付かなかったけど「、こうして見るとこのデザート変な形してますねぇ???







カウンターには珍しく女性の板さんが居たので写真をお願いしたら、
全員出てきてくれたので、記念撮影をパシャっと。




☆ついでと云っちゃ何ですがおまけ。泊まった訳ではありませんが、
近くにあったブルガリホテル・ミラノの写真です。高い割りには、結構こじんまりとしていました。
外観はシックで窓廻りのディテールが綺麗です。







エントランス部分




庭がモダンですっきりしてました。







入口を入るとラウンジがありますが、ここを通って部屋とかSPA・レストラン等に
行くのですが、その割には結構狭いです。







至る所に花のDPや植木がありますが、シンプルで綺麗。




コーヒーをいただきました。




レストランですが、全体の写真を撮り忘れました。







SPAの入り口です。










最近はどこでもトイレに凝ってますね。




廊下の天井と壁の部分、回り縁部分にLEDが仕込んであって綺麗でした。




以上ですが、この頃ミラノは和モダンがトレンドでした。確か和でも“武家”がクールで
モノトーンの中に粋を表現するとかミラノに住んでる日本人の方が言ってました。
ちなみにアルマーニ / ヴィア・マンゾーニのビル上階にアルマーニのホテルを
作るとその時聞きましたが、ファッションを突き詰めるとホテルにたどり着くのでしょうかねぇ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )