アールデコ探訪/VOL-2



《マイアミ/アールデコ地区》




3回目は東京を離れ、一寸遠くへ行ってみようと思います。
一昨年アメリカ・オーランド、マイアミのリタイアメントコミニティを
リサーチした時、最後に泊まったのがのがマイアミ。
マイアミビーチの南側、オーシャンドライブとアルトンロード
6番街とデードブルーバードに囲まれた地区にあり、1920年~
1930年代アールデコ調の建物が出来、現在は観光地化され、
ホテルとして営業してる所もありますが1階はレストランやバーが多いです。

◇マイアミのアールデコはカラフルな色使いが特徴です。
 1990年代、日本でも商業施設ではこのカラフルな色使いの
 アールデコが流行し、その当時、確か“トロピカルデコ”とよ呼んで
 いたと思います。決して洗練されてるとは言い難いですが、南国の
 この地にあるから許せるのであって、日本の風土には勿論
 馴染みませんでした。



















◇1920~1930年代に出来た建物では無く、最近出来たアールデコ調の
 ビルです。確か、ショッピングセンターとマンションのコンプレックス
 だったと思います。モダンをベースに、アールデコ建築の基本みたいな
 横の化粧庇を大胆にデザインし、うまく現代にとけ込ませていると思います。




◇トロピカルデコと云うよりトロピカルモダンですかねぇ。
 椰子の木が伸びてる庇部分を丸くくり抜いているのが好きです。
 私も結構この手法はやりますね。




◇最後におまけです。アールデコ調ではありませんが、愛人(男です)に
 他の男との関係を嫉妬され、殺害されたベルサーチの自宅
 だったお家もこのストリートの一角にありました。




◆フランスから渡米した洗練されたアールデコも、マイアミの熱い太陽の下で 
 トロピカルに変身し、新しいスタイルを創り上げました。
 良いかどうかは別として、生のまま取り入れるのではなく、その土地の風土
 に合わせてアレンジし、昔からそこに佇んでいたように感じさせる事が大切だと思います。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ゴールドコー... キザのすすめ。 »