新橋の夜を極める 第66弾 顛末記

昨夜はE-OJISANの「新橋の夜を極める」の第66弾
3軒はしごして5,000以内におさめるという趣向だが
今回、1軒目は「金春湯」…江戸時代創業の老舗の銭湯にした



場所は銀座だが新橋駅から歩いて行くので新橋だと拡大解釈
ここに決めた頃には、16日は梅雨の終わりで暑い日が続いているだろう
だから、銭湯で汗を流してスッキリして、あとはビアホールで喉を潤そうというシナリオだった



 ところが、梅雨寒…
一抹の不安はあったが風呂でスッキリしてよかったという声が多くてホッ!
入浴料は460円でした

2軒目は新橋駅前ビル1号館にある「アイブリュー(IBREW)」



クラフトビールのビアバル…新橋店では30種類のクラフトビールがタップでサーブされる



 ここから参加される方もいて、男5人・女2人の全員が揃ったところで乾杯!



それぞれが思い思いのクラフトビール(日本製)を飲んで
定番の枝豆とポテトフライをつまみながらあれやこれや



笑ったり、真剣に話し合ったり、いつもの会が進んでいく
2杯、3杯と進んでいくにつれ…酸っぱいビールや檜や桧葉のような香りのビールに出会う



7人でパイントビールを11杯、ハーフパイントを8杯飲みほした



〆の料理はマルゲリータピザを平らげ、ご馳走様!で1人2,500円程

3軒目は6人となり同じビルの立飲みや「喜楽」



 日本酒(地酒)も結構、取り揃えている



 お通しのぬる燗?の豆腐が優しい味で美味しかった



 バイスや酎ハイで乾杯!



その後、先日の地震支援に山形の「大山」に「十水」を2合ずつもらって



餃子や厚揚げ焼きなどを肴に3つくらいのグループに自然に分かれてあれやこれや

他のお客さんで神戸市北区出身の人がいて
鵯越などの懐かしい地名も出てきて阪神間出身・元在住の人でわっと話が盛り上がった
これが立飲み酒場のいいところです



赤兎馬の夏酒、赤兎馬ブルー(20度)のおすそ分けをみんなでチビチビ

 
(左端のボトル)

つまみにもらった「いりこ」の味を引きたてました
1人1,500円程で解散!

この後、飲み・食べ足りない3人組が…






2軒もはしごしたことはないしょ 

by よしの ふくすけ   

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« この時期の… 新響のロメオ... »


 
コメント
 
 
 
Unknown (つーさん)
2019-08-18 13:27:06
いつか参加したいです
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。