黄色と赤色

            (↑ Fikaの美味しい北欧クッキー ↑)

小生が映画「ソローキンの見た桜」を観てきた日
妻が友人の家からヤマブキの花をもらってきた



黄色い花があると家の中が明るくなって 心の中まで晴れ晴れとするよう
前回、いただいたミモザといい 妻の友人は黄色好きなのかも知れない
         ↓↓


そして、同じく集まった友達の1人からいただいたのは
「本場四川 麻婆豆腐の素」



 横浜中華街にある『「京華楼」の麻婆豆腐の味をご家庭で』との説明があって
販売者はやはり中華街の中華食材店の「隆泰商行」のようだ



「隆泰商行」は我家でも中華街ではいつものように覗いて
欲しいものがあったら買っている

翌日、豆腐が半丁しかなかったので、茄子をさいの目に切って
茄子が入るのでレンチンではなくフライパンで作った
レシピでは豆腐一丁で麻婆豆腐の素を半分とのことだが
辛い物に余り得意ではない妻は半分弱入れて炒めたが
立ち上がる湯気・油気は既に辛みを含んで、妻も小生も咳き込んでしまった

「丼にする? 別々にする?」と妻が
「丼にしたらご飯を足す以外、逃げようがないので別々にしよう!」
ということで、出来上がったのはこんなもの



底の汁が赤い!!



 一口分をご飯に乗せてスプーンですくって食べると…辛い!! 
痺れる・焼ける?!
水菜サラダを作ってドレッシングもかけず一緒に食べたが
麻辣が突き刺さる
ところが、食べ進むと慣れ?なのか辛さはさほどでもなくなり
美味しく食べられるようになったのは不思議
ご飯もお茶碗1杯で追加もせずにごちそうさま!

最終的には「美味しかったねぇ~」「また、食べよう!」
残った麻婆豆腐の素の半分ちょっとは冷蔵庫で眠らせている

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 映画を観た 和食はいいな! »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。