くろさん亭、おかわり

猫と薔薇とお気楽な日々

義母の庭

2018-12-12 22:31:16 | 日記
私の義母。

つまりは、夫のお母さん。

この方が、私の知る中で、一番優しく、忍耐強いすばらしい方。

          

庭に家庭菜園を作り、これがまた玄人はだしで。

帰省の度にたくさんの野菜・果物を頂いてくるのですが

その庭の一部分にバラコーナーがあります。

うちからお嫁に行ったバラもあります。

          

広い庭で、のびのびと咲き誇るバラを見ると、こちらまで幸せな気分に。

そして、きれいな白髪の義母が庭の手入れをしている様子を見ると

なんだか、和製ターシャ・テューダーのように見えます。

          

そういえば。

私が嫁入りをして数年後、義母は白髪染めをやめました。

義父が

「もう自然のままにしておいていいんじゃ?」

といったのがきっかけだけど。

最初は違和感があったのですが、全体的に真っ白となった今

白髪も悪くない、と思えるのです。

そういいながらも、全部白髪になるには案外時間がかかるもの。

・・退職したら白髪染めやめようかな?
コメント

笑いの効用

2018-12-11 22:17:27 | 日記
朝のこと。

アーケードに響き渡る若い女性の笑い声。

若いって、最強だな、と思う一方

あまりにけたたましい笑い声は、ちょっと気になるかも。

さて。

先日頂いたスカイツリーのお土産。

          

包装がこんな感じ。

”日本一”と”日本市”をかけているのかしら?

なかなか面白い包装です。

          

そして、中身は・・ふきん!

ふきんは何枚あっても困らないもの。

でもね。

こういうかわいい模様のものは・・・もったいなくってなかなか使えない。

ええ、すべては私の貧乏性が引き起こす問題、なんですけど、ね。

このふきんは新年から使おうかしら。

・・・ああ、もう新年が目の前。
コメント

first bite

2018-12-10 21:24:39 | 日記
first bite、ってご存知ですか?

ケーキカットの後で、新郎新婦が切り分けたケーキの一切れを互いに食べさせあう演出のこと。

新郎から新婦への一口は「一生食べるものに困らせないから」

新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげる」

という意味が込められているんだとか。

姪の結婚式でもこれがありまして。

”お手本”と称して、ご両親が先にfirst bite。

          

それを見ていた、我がムスメ。

「うちの場合は”食べさせあう”じゃなくって”奪い合う”だよね」

確かに、私たち夫婦は甘い物好きだけど、奪い合いまではしない、と思う。

・・・多分。

そういえば、新郎と新婦のうちうまく食べさせられた方が、

その後の新生活で主導権を握ることができるという言い伝えがあるそうです。

どちらかといえば、姪のほうが上手だったかな?

なにはともあれ。

ふたりの未来に幸あれ!
コメント

姪っ子の結婚式

2018-12-09 22:10:15 | 日記
桜湯を飲んだのは、私自身の結婚式以来。

          

親族控室で、桜湯を頂き、その後最上階のチャペルへ。

          

素晴らしい眺望を楽しみ、素敵な結婚式を堪能♪

この姪っ子は、私の結婚式の時に初めて自分で歩いた、子。

花嫁の一番の見せ場を彼女に持っていかれたかも(笑)

でも、その子が結婚。

う~ん、私も年を取るはずです。

おとなしいけど、一番のしっかり者の姪っ子らしいエピソードを聴きつつ

花嫁らしい清楚な姿にちょっと涙腺崩壊。

それにしても。

昨日から九州半周したようなものですから、ちょいと疲れました。

というわけで。

本日は、これでおやすみなさい。
コメント

土曜日はパン祭り♪その204~大人のクリスマス(BROT HAUS(ブロートハオス)

2018-12-08 02:39:54 | パン
早いもので、もう12月の一週目が過ぎました。

今年は、まだ扉にリースも飾っていませんが、街中はもうクリスマス一色♪

至る所で見かけるクリスマスツリー。

そして聴こえてくるのはクリスマスソング。

卒業して30年くらい経っているのに、口ずさめる讃美歌。

・・とはいうものの、今時の讃美歌は以前よりも口語体になっているようですけどね。

          

クリスマスといえば、やはりシュトーレン。

今年は新屋敷にある、大人なパン屋さん『ブロートハオス』さんの

シュトーレンチョコレートを用意してみました。

(数年前には和のシュトーレンも買いましたっけ)

          

通常のシュトーレンには粉糖がかかっているところですが

このシュトーレンにはチョコレートがコーティングされています。

でも、甘すぎない。

お店と同じ、大人なシックな味なのです。

クランベリーもいい味を添えているかな?

薄く切ろうとすると、ちょっと崩れてしまうけど

もちろん、その欠片もしっかりいただきます♪

クリスマスまで、ゆっくりと味の変化を楽しみながら食べようと思っています。


     BROT HAUS(ブロートハオス)
     熊本市中央区新屋敷1-11-1 濫觴77B 103号
コメント