木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

お盆の制作 続き

2022-09-25 22:50:54 | 木工
前回の続き


側面は、鉋で削って仕上げ。
と言っても、平鉋で鉋目を残したまま仕上げます。
角は、ナイフで落とし、小鉋で仕上げ。



裏面は、極浅の四方反鉋で横摺。



縁には反り台の豆鉋で僅かな丸みをつけます。
長年使うことにより自然にできた丸みを模したもので「手擦れ面」と言います。
僅かなことで雰囲気が違ってきます。



10枚+1枚が彫り上がりました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お盆の制作

2022-09-19 22:07:12 | 木工
個展で注文をいただいたお盆の制作にやっと取りかかりました。


栗の板10枚をルーターで粗彫り。


見込みを丸鑿で彫る。


我谷盆といいたいところですが、
30年来の友人である、元祖我谷盆の森口さんは、我谷盆は栗の生木を割った材から鑿で掘った無塗装の盆と位置づけています。
今回の盆は栗の乾燥材で木取り、ルーターで粗彫りしているので、あえて我谷盆とは言わないでおきます。
粗彫りし乾燥中板が少し沿ったのですがそのまま使います。中央部を深く彫り、見込みを平らに仕上げます。
我谷盆の場合、溝の幅で深さがわかることに気が付きました。これも先人の知恵でしょうか。


この盆は、小料理屋さんで使っていただくので、あまり深い溝にせず少し細めの溝で彫りました。

続けて立ち上がりを丸鑿で彫る。


2日で10枚彫ったら、流石に柔な手に(?)お豆さんが二つできて潰れました。(^_^;

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第69回日本伝統工芸展

2022-09-08 09:27:17 | 木工芸
第69回日本伝統工芸展が開かれます。




東京の本展を皮切りに、来年3月まで全国を巡回します。
京都展は10月12日~14日、京都産業会館ホールで開催されます。

今回は、唐木寄木象嵌小箪笥「棲碧山」 を出品し入選することができました。



パロサントという南米産の木材を使いました。
この緑色を始め象嵌している木の色もすべて自然の木の色です。
自然の木の色の美しさを使って表現したいと思い制作しました。

小箪笥と名付けた所以は、


このようになっています。
会場で実物をご覧いただけましたら幸いです。

初日14日(水)は1日会場にいる予定です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「木工芸の技と美」終わりました。

2022-08-16 15:51:36 | 木工芸
11日から開催していた「木工芸の技と美」展が昨日15日終了しました。


コロナ禍の急拡大と猛暑にもかかわらずたくさんの皆さんにおいでいただきました。

作品をご覧いただき、木工芸の技と美に少しでも触れていただくことができましたら嬉しい限りです。
いろいろなお言葉や励ましをいただき、次への力となりました。
ありがとうございました。
来ていただいたのに会場に居らず、お目にかかれなかった方には大変失礼を致しました。

昨日最終日。聾学校時代の教え子が東京から友達と一緒に駆けつけてくれました。


卒業して23年、かれこれ20年ぶりの再会です。
元気で逞しく働いてくれている様子、とても嬉しかったです。

会場の髙島屋美術画廊の皆様には大変お世話になりありがとうございました。
次回のお話しもいただいております。
それまで頑張って制作を続けていきたいと思っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「木工芸の技と美」展

2022-08-06 23:17:57 | 木工芸
「木工芸の技と美」展が迫ってきました。
出品作品制作に必死(?)の毎日!
作品を少し紹介します。

唐木小箪笥


伝統工芸展の出品作品との連動制作です。
今まで装飾の一部に使っていたパロサントという緑の木を箪笥の外枠に使ってみました。
比重が1.0前の大変硬い材なので普通の鉋では削れず、立鉋を使います。


隠し蟻の留めを削る鉋も刃を立てて仕込みました。

パロサントには大変油分が多く含まれていて、そのまま抽斗の外枠として使うにはいろいろ問題があります。
そこで、まず油抜き。重量比で5%(水分も含めて)ほど抜くことができました。


もちろん完全には抜けませんので、桐で内箱を作り中に嵌め込む「宮作り」にしました。


完成した小箪笥


抽斗にも唐木の寄木象嵌を施しました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「木工芸の技と美」のお知らせ

2022-07-28 21:31:59 | 木工芸
木工芸の展覧会のお知らせです。





関西の木工芸作家による、「木工芸の技と美」展です。
8名の作家による、指物、刳物、挽物などの作品約50点を展示致します。

小生は、初日10日の午前中と13日(土)の午後は当番で在廊致します。

新型コロナウィルスの感染再拡大の中ではありますが、お近くにお出かけのついでがありましたらご高覧下さい。

京都髙島屋美術画廊はこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木工藝学林清雅舎展へ

2022-06-16 23:17:36 | 木工芸
行って来ました、木工藝学林清雅舎展へ。



会場の日本橋三越本店の美術画廊には、
皆さんの代表作を始め、テーマに沿った競作の各種椅子、
指物、刳物、挽物100点あまりの力作が並べられ、
大変見応えがありました。

また、作品には解説が添えられていて、
制作の意図や素材屋作品への思いなどがよくわかる展示スタイルでした。
会場には、須田先生を始め、出品作家の皆さんも来ておられて、
作品を拝見しながらいろいろお話しを伺い、至福の一時を過ごすことができました。

今制作中の作品の迷いに、何かヒントが欲しくて・・・そんな思いを持って行った展覧会でしたが
皆さんの頑張りに励まされ、いろいろ学ぶことができました。
須田先生はじめ出品者の皆さん、ありがとうございました。



清雅舎展は20日月曜日まで開催されています。
木工藝を目指す人、必見です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

唐木指物

2022-06-14 20:47:38 | 木工芸

久しぶりの制作記事。制作は久しぶりでは全くないのですが・・・。

まずは、グラナディラの木作り。

普通の鉋では削れないので、立鉋を使います。
このグラナディアという木はアフリカの材で、比重が1.2程の重くて堅い木です。
音が良いということでオーボエなどの木管楽器にも使われていますが、狂いが少ないので数年前より良く使っています。


厚み、幅を削り揃えます。


3㎜のほぞ穴。ドリルで下穴を空け、1分の鑿での仕上げ。


高台の鏡板もグラナディラ。これも立鉋で所定の寸法まで削ります。


組み立てて面取りをして、高台部の部材の木地加工が完了です。

制作は続いています。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

休日2日目は茶三昧

2022-06-06 21:38:12 | 煎茶

休日二日目の昨日は朝から奈良県山添村の瑞徳舎へ。



瑞徳舎のお茶仙人と、井川健一氏のご指導でお茶摘みからお茶作り。

午前中は瑞徳舎の茶園で茶摘み。



この茶園は、無農薬、無施肥。井川さんが長年掛けて手入れをしてきた茶畑。



参加者3人と瑞徳舎のスタッフの皆さんで、
ウグイスの囀りを聞き、山の澄んだ空気を吸いながら黙々と摘んだお茶。
かなりの量を摘むことが出来ました。
井川さんから茶葉の状態や萎凋について説明していただきました。



昼食は、「うつぎ」特製のお弁当。
瑞徳舎の畑でとれた野菜も使われ自然を生かした精進料理です。
美味しかった!

午後からはいよいよ茶葉を薪火で釜炒り。



井川さんの指導で、茶葉を焦がさぬよう手を動かし、茎の芯まで殺青できた頃を見計らって釜から取りだし手揉み。
しっかり揉んだ後、また釜で揉みながら炒り水分を飛ばし、取り出してまた手で揉む。
これを交代でくり返して茶葉を乾燥させて仕上げていきます。

茶葉の状態によって、釜の温度の調整、釜の中での茶葉の炒り方など、奥が深い!
お茶の香りに包まれながら作業を続けると、次第に茶葉が乾燥。

次は、前半に摘んで暫く置いて、やや萎凋を進ませた茶葉の釜煎り。
こちらは微発酵茶。
殺青のあと手揉みと乾燥をくり返し、お茶に仕上げていきます。



出来上がった2種類のお茶を使って、お茶仙人にお茶を淹れていただきました。



香り高く力強い煎茶は他では飲めないお茶の美味しさ。
微発酵茶は口から鼻に抜ける香りが更に素晴らしく、美味しさもまた格別。
更に、お茶仙人の作られた紅茶もいただき、お茶の奥深さを改めて感じました。



出来上がった二種類のお茶を袋詰めし、参加者でいただいて帰りました。

山里の緑と小鳥の囀り、そしてお茶の香りに包まれながら多くの事を学んだ1日でした。
お茶仙人、井川さんを始めお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コバケン・ワ-ルド in KYOTOへ

2022-06-04 22:25:15 | その他

休日一日目。午前中は京都市中京区の「しまだい」で開催されている京都木工芸協同組合主催の「京都木工芸展」へ。



3年ぶりの開催とのことですが、見に寄せてもらうのは5~6年ぶりのような・・・



かつては茶道具が多かったように記憶していますが、いろいろな作品がならべられ、
特に臼井さんの、一味違うデザインの作品には良い刺激を受けました。

午後は岡崎のロームシアター京都へ



炎のコバケンこと小林研一郎指揮、日フィルの演奏会へ。オーケストラの演奏会も何年ぶりかです。
京都会館からロームシアター京都になってからは初めて。



演目は、ウェーバーの歌劇オベロン序曲 ブルッフのヴァイオリン協奏曲 そしてベートーヴェンの交響曲第7番
聞き慣れた曲ばかりですが、特に7番のフルートとオーボエの柔らかく美しい音色と響きに聞き惚れ、
第4楽章最後の圧倒的な高揚感に大いに感動しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする