木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

日本伝統工芸展が始まりました

2018-09-22 22:59:47 | 伝統工芸展
日本伝統工芸展が始まりました。

毎年二日目の午後には木竹工部の研究会が開かれ、参加をしています。
鑑審査の先生から全体の講評をはじめ、作品やスライドを見ながら具体的な話しをしてもらえます。
昨年からは入選した作品についてもスライドを見ながら具体的に指摘してもらえるのです。
私の作品も取り上げていろいろ指摘していただきました。こんな嬉しいことはありません。
課題や詰めの甘さなどを痛感し、大変よい勉強になりました。
また、会場やレセプション・木竹工部懇親会などで全国から参加されている皆さんとも親しく交流できるのもこの機会ならではです。
お世話になりました先生方、皆さんありがとうございました。

会場へは大学・高校・中学校の友人が来てくれました。

作品の前で記念撮影。(許可をいただいています。)
故郷の佐久から小学校時代の同級生も駆けつけてくれました。
とても楽しい時間をすごすことができ、嬉しい限りでした。ありがとうございました。


2日目の朝、駒込にある煎茶道の正風流の先生をお訪ねしました。

これは今年の春にお納めした立礼の卓。
黒漆で仕上げた折りたたみ式の卓で、お茶会を始めお稽古場でもお使いいただいています。


今回持って上がったのはこちらの棚。
卓の脚に嵌め込み式なのですが、短かったので長いものにお取り替えしました。
先生は、高齢にもかかわらず大変お元気で、煎茶のほか抹茶やお花などの師範もされ、忙しく活動されています。
そんな中でも、もっと学びたいという強い意欲を持っておられる姿には大いに励まされました。


この機会に行って見たい展覧会もあったのですが、
今回は同じ三越の美術画廊で開かれている藤嵜一正先生の「酒器展」
銀座和光で開かれている田辺竹雲斎さん他の「融合する工芸」に行けただけでした。
素晴らしい作品の数々をゆっくり拝見する時間がなかったのが残念でした。

密度の大変濃い2日間があっという間に過ぎ、たくさんのことを学んで京都に帰って来ました。



コメント

レコード収納棚の制作

2018-09-13 21:11:21 | 木工
2年半前の自宅のリフォーム時に計画していた、レコード収納棚の制作にようやく取りかかりました。
実はこれができないとリフォームは完結せず、一部屋は物置状態なのです。
2年前に、板の木取りははじめたのですが、その後やりかけになっていました。
材は栗。丸太一本分を十数年前に購入し、外積みしていたために一部に腐れが入っていた板。
この際使ってしまおうと思ったのですが・・・。


作り始め、材料の量とその重さに框組にしなかったことを悔やみましたが、後悔先に立たず。
栗だけではとても材料が足りず、集成材を接ぎ合わせました。自家用なので材料費節約です。
下段の部材の刻みが完了。

部材加工が一通り終わったところで仮組みしてみました。

地板に仕切りと下棚板、


さらに上抽斗棚板をはめたら、


横に倒して左側板を組み、


右側抽斗の桟を取り付けながら、右の側板を組み、


90度回転させると、こちらが正規の向き。 上の抽斗の仕切り板を取り付け、


天板を乗せて仮組み完了。
深い抽斗を横に3つ、やや浅い抽斗を右に5段つけました。
巾120cm、奥行き46cm。この上に高さ140cmの上段の棚が乗ります。


抽斗の前板、扉の框の木取りまで進みましたが、ほかの仕事に合間にやっていくのでこの先いつまでかかるやら・・・・。

コメント

第65回 日本伝統工芸展

2018-09-11 22:29:47 | 伝統工芸展
第65回日本伝統工芸展が9月19日から始まります。



9月19日(水)~10月1日(月) 
東京・日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場

今回は「欅拭漆小箪笥」を出品し入選することができました。
お出かけのついでがありましたらご高覧下さい。
20日(午前)、21日に会場に行く予定です。

なお、展覧会はその後
10月3日(水)~8日(月)名古屋栄三越
10月17日(水)~22日(月)京都髙島屋
10月26日(金)~11月4日(日)石川県立美術館
11月7日(水)~11月12日(月)大阪髙島屋
・・・と全国を巡回します。


コメント

祝賀演奏会

2018-08-26 23:08:35 | その他
広瀬義彦先生の米寿を記念した祝賀演奏会に行ってきました。
広瀬先生には、子ども達が小学校の頃から合唱隊でお世話になり、ご近所ということもあって親しくおつきあいさせていただいています。
長女は、中学校時代イタリアからスイスへの演奏旅行にも連れていっていただき、また、イタリアの合唱団やドイツの合唱団が来日された時は、我が家にもホームステイしてもらいました。
あれから20年以上の月日が流れました。


会場は長岡京記念文化会館。ここを訪れるのは広瀬先生の喜寿のコンサート以来です。

演奏会は三部で構成され、第一部は「現代版落GOoperettaうた芝居『一寸法師』」

落語あり、劇有り、人形劇あり、合唱あり、ファッションショーあり・・・の何とも楽しいオペレッタ?
広瀬先生の原案に、昨年亡くなられた奥様が台本を書かれました。

第二部は祝賀演奏。

広瀬先生の教え子で日本国内や世界で活躍している歌手や演奏家の皆さんが駆けつけての演奏。
クラシックの分野だけでなく、交流のあった邦楽の分野の演奏家も駆けつけ素晴らしい演奏や演技を披露していました。
教え子の一人、指揮者の佐渡裕氏もビデオメッセージを寄せていました。
二部最後は広瀬先生自らがタクトをふられた、大変美しいコーラスを聴かせてもらいました。

第三部は、M コレットのヴィヴァルディ四季より「春」による「主をほめたたえよ」


一部から三部まで4時間半、という長い演奏会でしたが、久しぶりに美しい歌声や演奏を堪能しました。
広瀬先生、いつまでもお元気でご活躍下さい。
コメント

あれから6年

2018-08-14 20:52:21 | 炭山災害
6年前の8月14日、宇治市東部は豪雨による水害に襲われました。
工房のある炭山地域も大きな被害を受けました。
一晩の雨でこれほど大きな被害を受けるとは想像だにしませんでした。
あれから6年。果たして復旧は進んだのでしょうか。


工房の裏の大きな崖崩れの現場は手つかずの状態です。


応急的に積み上げられた土嚢は一部袋も破れ、また大雨が降ったら危うい状態のように感じられます。

この夏も各地で水害が起こり、大変な被害が出ています。
自然・・ということで繰り返される災害。
地球温暖化のためか、年々深刻になっているように思います。
猛暑の中、避難生活を余儀なくされている人もたくさんおられます。
日本の技術力、財力をしてみればもっと何とかなりそうに思うのですが・・・

6年目の今日は朝から仕事ができました。

これは煎茶の立礼卓。

今年春にお納めした東京の煎茶の先生から追加の注文をいただきました。
ラワンランバーコアを使い、縁に桧の薄板を貼りました。
ラワンのランバーコアを使う所が味噌です。黒漆で仕上げますが、軽く、狂いが無く、安価にできます。
シナとちがいラワンはつなぎ目がないのであたかも一枚板のように見えます。


黒漆を塗り、漆風呂で乾かします。


漆風呂に入りきらない天板の一枚はそのまま外で乾かしました。

不安は抱えながらですが、こうして毎日仕事ができるということは嬉しいことです。
当たり前のことなのですが・・・。




コメント

信州へ

2018-08-03 22:37:05 | 故郷信州にて
昨日より信州へ帰省・・というと聞こえは良いのですが、中身は墓掃除と庭の草刈り。
今日は朝から妻と二人でお墓の草刈り。
我が家の墓は小高い山の中腹。先祖代々のお墓が並びます。

一面茂った草を刈り払い機で刈り、きれいになりました。
お墓参りをして帰りました。
年に一度掃除と墓参りに帰るだけになってしまい、これからのことを考えると・・・頭が痛い。

続けて実家の庭の草刈り。

beforeがありませんが、一面1mを超す草が茂っていました。
信州とはいえ35℃近い暑さの中での草刈りはなかなかのものでした。


作業が済んで、ホテルへ帰る車の中からは浅間連峰が綺麗に見えていました。

コメント

久々の更新です

2018-07-28 20:42:01 | 木工
今日予定していたお茶会が台風接近のため中止になり、いつものように仕事です。


この秋長野で個展を開く荒井ゆきえさんのからの依頼の一文字垂撥?
今まで制作した黒檀の他、鉄刀木、神代欅でも作ってみました。
花瓶をかける部分も一工夫です。


こちらはFさんからの注文の桐箱。かわいいキューブです。


たくさん出来ました。

台風が近づいています。通り道に当たるところの皆さん、お気をつけください。どうか被害など出ませんように。
コメント

府道通行止め!

2018-07-06 17:56:45 | 炭山災害
降り続く雨、宇治市地域には大雨・洪水警報が出っぱなし。
京都府下各地でも被害が出始めています。
工房のある炭山には避難勧告も発令されています。
仕事も大詰めの今朝、炭山へ行く府道が土砂崩れで通行止めの情報が入りました。
幸い炭山林道は通れたのでそちらを回って工房へ。
万が一帰れなくなってしまった時にそなえ、食料も少し買い込みました。


林道の横を流れる志津川は凄い水量でした。
6年前の水害を思い出してしまいました。


工房の裏もかなり水位が上がっていました。
最低限の仕事を済ませて、早々に帰宅しました。
府道の通行止めは雨がやむまで続くそうです。

これ以上雨がひどくならないことを祈るばかりです。

コメント

佳境

2018-06-30 21:51:11 | 木工
作品の制作もいよいよ佳境に入ってきました。

抽斗の制作。


何十回と繰り返している仕事ですが、やり直しができないので常に集中力と緊張感が必要です。
でも、楽しく充実した時間が流れていきます。

コメント

ほてい祭り協賛お茶席

2018-06-08 23:34:40 | 煎茶
毎月8日は、黄檗山萬福寺でほてい祭りが開かれ、境内の有声軒でまつり協賛のお茶席が設けられます。
今月は黄檗売茶流の唐木岱仙先生席主のお席でした。お手伝いに行ってきました

朝からたくさんのお客様がお席に入られ、お茶とお菓子とお話し、茶席の設えを楽しんでいただきました。


今回、5月の煎茶工芸展に出品した「欅拭漆煎茶棚『二葉葵』」と立礼卓を使っていただきました。
棚がお茶席にマッチしてくれるか心配しましたが、他のお道具ともあまり違和感なく収まってくれたようでほっとしました。
こうして使っていただけることは作り手にとって何よりの喜びです。


お客様のお話しや感想もいろいろ聞かせていただき、楽しいお茶席でした。
お世話になりました皆様、ありがとうございました。

コメント