「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(期間生産限定盤)

2017年8月9日
「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(期間生産限定盤) (2017/08/09)。テレビシリーズと劇場版のオープニング、エンディング、挿入歌、それとキャラソン。やっぱりコネクトがいちばん好きかな。カラフルと君の銀の庭もいい。DISC 2 - DVD のノンクレジットオープニング/エンディングが嬉しかった。特に新編はもう一度オープニングを見たいと思っていたので。で、さっそくiTunesに読み込んだんだけど、なぜかアートワークがディズニーの魔法にかけられてという…なんで…?? うちだけじゃないよね? 何度取得しても直らないんだけど…そのうち直るかなぁ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自由への進撃

自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] (2013/07/10)。届きました。3曲入っているんだけど、全部がっつり進撃の巨人ですね。

「紅蓮の弓矢」はOP曲。私は発売前にフルのを聞いてたので知っていましたが、途中でかなり曲調が変わります。最初は困惑したけど、多楽章形式みたいな感じだと思えばいいのかな(ちょっと大袈裟)。

「自由の翼」はリヴァイのイメージですね。紅蓮の弓矢がエレンなので対になる感じかな? と思っていたら、途中で紅蓮の弓矢のメロディがそのまま入ってきて、やっぱり最初は困惑しました(笑)。この部分は歌詞からしてもろにエレンなんだよな。リヴァイがエレンを手に入れたみたいなことか?(腐的な意味じゃなく)(あたりまえだ)。どうでもいいけど、途中のドイツ語あたりで微妙にリヴァイと聞こえる気がするのはたぶん空耳ですねすみません。

「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」はタイトルそのまんまの曲。前半はノスタルジーを感じさせる雰囲気と音作りで、後半はクリアになっています。ここから紅蓮の弓矢につながる感じですね。これのみ女性ボーカル。他の2曲と比べるとわりと素直な構成の曲です。

CD収録の3曲合わせてひとつの作品となっているのかな。どれも歌詞をじっくり味わいながら聴くのがよいですね。ただ、歌詞カードは私には高度すぎて読めませんでした…。

DVDの方は紅蓮の弓矢のMV。これもすでに発売前に見ていました。進撃の巨人じゃなくてアーティスト出演(なのかな? 違ったらすみません)の実写だけど、タイトルロゴだったり壁だったり街並みだったり、ところどころ進撃の巨人っぽく作ってあります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

けいおん! CDいろいろ

けいおんの CDを聴きました! ふわふわ時間(桜高軽音部)Don’t say “lazy”(桜高軽音部)Listen!!(放課後ティータイム)

「Don’t say “lazy”」は曲がかっこいい。何回でも聴きたくなります。「ふわふわ時間」は可愛いですー。ええもう恥ずかしいくらいに(笑)。ノートに手書きした風の歌詞カードを見たら、さらに恥ずかしくなった(笑)。「翼をください」もいいなぁ。もともとこの曲自体が好きなんですが。けっこう意表を突くアレンジだけど、こういうのもありだなと思った。聴いてると涙が出てくる…疲れてるのかな…。「Listen!!」は歌詞が大好きだし、曲もかっこいい。こういう全力疾走感って大好きなんですよ。生きてるんだ! というパワーにあふれてるのが。ポケビとか林原めぐみとかもそういうところが好きなんだな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オペラ座の怪人(劇団四季ミュージカル)

以前から一度行ってみたいと思っていたオペラ座の怪人のミュージカルに行ってきました。チケットを取ったのは夏だったのに、もうほとんど埋まっていて、隅っこの方しかとれなかったという切なさ。実際今日も満席のようで、これほど毎日公演しているにもかかわらず、満席になっちゃうなんて、単純にすごいと思いました。

最近、日本で5000公演達成とかチラシ・ポスターなどでよく見てましたが、実際は12/13に5000公演達成だそうです。今日は4992回。ニアミスでした(笑)。

劇場に入ったときは、意外と舞台が小さいんだな…と思いましたが(ちゃんとしたミュージカルを見たのも初めてなので、他のはどうだか知りません…)、いやはや、始まってみると小ささなんて感じなかったです。劇を途絶えさせることなくどんどんと舞台が変わっていく様には感動しました。計算されつくされているというか…。光とかカーテンとかを使って、見えなくしている間に変えちゃってるとか、あと、舞台の空間以上ものを感じさせる演出とか、本当にすごいと思いました。

あと衣装もすごく楽しんでました。ドレスがどれも本物だぜ! みたいな(意味不明でスミマセン…)。かなーり見惚れてました。触りたい、とすごく思いました(笑)。この優美なひだが描けない自分が恨めしい…! この美しい装飾が描けない自分が恨めしすぎる…!!(頭の中では描けてるのに、実際に描く段階になると全部省略されてしまうという画力のなさ…)

映画のオペラ座の怪人のときに、ファントムの声のイメージが違ったというようなことを書いたら、劇団四季のならイメージどおりだと思いますよ~みたいなコメントをいただいて、それも楽しみにしていたのですが、本当にイメージどおりに低音が響く感じのファントムで良かったです。映画のは映画のでキャラ的には良かったのですけどね! あとクリスティーヌの澄んだ声もイメージどおりで良かったです。

席が隅っこだったので、ファントムが出るという5番席が見えなかったのはちょっと残念でした。まあ、そこからファントムが姿を現すというわけでもない(と思う)ので、別にいいのですが…。

プログラムを買ってきたのですが、キャストがダブルどころではなく、5、6人くらい載ってたりするので(そりゃ何ヶ月も毎日のように公演やるんですものね)、今日のキャストが誰だかわからなかったです(爆)。クリスティーヌが誰だか知りたかったんだけどなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

NEXT LEVEL(浜崎あゆみ)

自分が買ったのは、NEXT LEVEL(2CD+DVD)。ライブCDとDVDがついているものです。

今回はコンピュータゲームを意識しているのでしょうか? タイトルとかそのロゴとかを見てもそんな感じだし、曲もデジタルっぽいというか、打ち込みっぽいというか、テクノ入ってるというか…?? 音楽のことはよくわからないので上手く説明できませんけど、そういう音が多く使われていて、声も機械で変えられる部分がところどころあったりしました。

自分としてはあまりそういうのは好きじゃないので、ちょっと微妙なところ。もちろんそういう曲ばかりではないのですが、一枚通して聴いたときに、そっちの印象が強く残っちゃって…。冷静に考えると普通にバラードもあるんですよね…。でもなんだろう、うーん……自分の琴線に触れるようなメロディやフレーズがなかったんですかね。もしかすると、じっくり聴くと良さがわかるのかもしれませんが。

ライブCDの方は良かったです。ちょっと時間が少ないっていうか、間を詰めすぎ? と感じましたが(贅沢ですね…)。CDを聴いていたら、映像が見たくて仕方なくなってきました。うーん、まんまと策略にはめられている気も…(笑)。

DVDはいつものごとく PV集。あゆのはたっぷり入っているので嬉しいです。PV 6曲とそれぞれのメイキングですよ。そして、どれも見応えがあります。絵描き本能が刺激されるんだ。Daysのあゆはやたらめったら可愛いです。ぶりっこすぎるなぁ…というシーンもあったりしますが(笑)。あと、なぜか聖子ちゃんみたいになってたものがありました(笑)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

unformed(doriko feat.初音ミク)

unformed [Limited Edition](doriko feat.初音ミク) (2009/03/25)、届きましたー。思った以上に良かったです。バラードは聴いていて泣きたくなります。ズッキリきたり、優しい気持ちになったり。中でも「歌に形はないけれど」は本当に良い。ピアノバージョンも良かったなぁ。バラード以外も何気に可愛くて聴いていて心地よくて気に入ってしまいました。みっくりすます可愛いよ! 最後のボーナストラックは埼玉の歌のようです(笑)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

touch Me!(倉木麻衣)

touch Me!(初回限定盤)(倉木麻衣)

毎度同じことを言ってる気がしますが、歌声が優しくて心地いいので BGMに良いですね。今回の中でいちばん良いと思ったのは「TOP OF THE WORLD」(カーペンターズのカヴァー)です。CMで使われていたやつね。これを聴いた瞬間、それまでに聴いたものが全部ふっとんだ気がする(爆)。前も思ったけど、倉木麻衣の歌声は洋楽に合うんじゃないかな。洋楽のカヴァーアルバムとか良いかもしれないと思ってみたり。

DVDはまだ見てませんー。他のもそうですが、初回特典の DVDって全然見てないな。ZARDのとかしょこたんのとかもまだ見てない気がする…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ONE LIFE(倉木麻衣)

ONE LIFE(倉木麻衣)。聴きました。全体的に冬っぽいイメージです。明確に冬の歌といえるのは「白い雪」「Silent love ~open my heart~」くらいですが。なんだろう、何となくそんな印象を受けたのです。

相変わらず心地よい歌声とリズム感です。BGMに最適な感じ。ボーナストラックに「Over The Rainbow」が入ってるんですが、これが良い! 聴かせてくれます。

ブックレットの写真がどれもいいです。めっちゃ可愛いです。出来るならもうちょっといろんな衣装とかポーズとかシチュエーションとかで入れてほしい(贅沢ですね、ハイ)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GUILTY(浜崎あゆみ)

GUILTY(浜崎あゆみ)(DVD付)。聴きました。今回のはけっこういいんじゃないかと思う。浜崎あゆみのは「私」の部分が強く出てるものの方が好きなんですよね。「MY STORY」とか「A Song for ××」とか。今回もそちら系に近いかなと。

「talkin' 2 myself」「decision」みたいな、現実を見ながら、それでも絶望してない、それを受け止めていくんだ、という感じの歌が好きです。そういう強さがうらやましい。あゆの歌は全体的にそういうのが多いかな。「Together When...」もなんかすごく好きです。これは弱い感じなんですけども。

DVDはビデオクリップ集。「glitter」「fated」「talkin' 2 myself」「decision」「Together When...」「(don't) Leave me alone」「Marionette」を収録。各メイキングもあり。「glitter」「fated」はドラマ仕立て。あゆ(ドラマの中でも歌手・浜崎あゆみ)と香港のボディガードが恋に落ちます(笑)。衝撃の結末、切ナイ恋物語…みたいな感じですかね。ボディガードを演じてるのは香港の役者さんで、硬派っぽくてボディガードがよく似合ってます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

坂井泉水さん

坂井泉水さんがお亡くなりになりました。あまりのショックに呆然。だいたいガンで闘病中だったことも知らなかったし、でも亡くなった原因は階段からの転落だし、もう何がなんだかで激しく混乱でしたよ。40歳。まだ若いのに…。帰ってきてから CDを聴いてました。聴いてたらよけいに切なくなって泣けてきた…。

▼ZARD 掲示板
ZARD 主張版(SKY BLUE)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

DIAMOND WAVE(倉木麻衣)

DIAMOND WAVE(倉木麻衣)。届きました。現物が届いたあとに、アマゾンから発送のお知らせメールが来ました。メールより早いペリカン便(違)。

倉木麻衣はすっかり夏というイメージが定着してきたような気がします(私の中で)。今回のアルバムも Diamond Waveとか Ready for loveとか、夏っぽい曲が多いです。私はやっぱり Growing of my heartが好き。コナンのオープニングになっていた曲です。

DVDはまだ見ていません。PVとメイキングのようです。個人的に PVが楽しみ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Hagi plays J.S.BACH inspired by BLOOD+

Hagi plays J.S.BACH inspired by BLOOD+。ようやく届きました。クラシックも好きなのですが、全然くわしくないので何かきっかけがないと買えないのです。なので、こういうきっかけは嬉しい。内容にはまあ満足なのですが、収録時間 26分って…。シングル並みでは…。それでこの値段か。もしかして DVDが高いのか? まだ見ていませんが。こちらも 12分しか入っていないですねぇ。ハジが弾いているところと、実際に演奏されている古川さんの演奏シーンが収録されているようです。正直、DVDは別にいらないのですけども。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

(miss) understood(浜崎あゆみ)

(miss) understood(浜崎あゆみ)。遅すぎですが、ようやく聴きました。基本的に気にいったものが多いです。Prideが好き。前奏からすごく惹き付けられますよ。is this LOVE、(miss)understoodなんかも好きです。でも、好みではないものもいくつか。声を機械で変えているようなのとか、あまり歌詞に意味がないような勢いだけのものはどうも苦手。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Musical Baton

Kirappyさんから受け取りました♪ はやっているのは知っていたのですが、自分のところにはまわってこないと思って油断していました(笑)。

■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

3.62GB(ファイル数 692)。ソフトは iTunes v2.0.3。MacOS 9.2なのでバージョンアップできません。昔は容量節約のため、お気に入りのを選んで入れていたのですが、1年くらい前から買ったらとりあえずまるっと入れてしまうようになりました。クラシック、オペラ、サントラ系は最高音質でエンコードしているものが多いです。音楽は外では聴かないので、もっぱらウチでまったりと。CG作業中は、パソコンがフリーズするのが怖いので iTunesは立ち上げません。

■今聞いている曲

オリジナル・サウンドトラック「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」。いま iTunesに取り込みつつ聴いています。買ったのはだいぶ前ですが、映画を観てからと思ったので。実はコレ、特典DVDが目当てで買いました…。この特典DVDはかなり良いですよ!

■最後に買ったCD

ベスト・ピアノ 100。クラシックで好きな曲はいっぱいあるけど、曲名がさっぱりわからない。そんな初心者のワタシにぴったりな CDです。100曲も入って 3000円ですよ。おためしで買ってみるのも良いかと思います。お気に入りはショパンの「幻想即興曲 嬰ハ短調」。大好きです。買ったときはほぼ一日エンドレスで聴いていました。

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

これは難しい…。5曲に絞るなんて。その日の気分で変わってきそう。好きというよりは思い入れ重視で選んでみたいと思います。

Give a reason(林原めぐみ)

アルバム「bertemu」に収録。bertemuは大好きで聴きまくってました。「Going History」も好きですが、歌詞は「Give a reason」の方が共感できます。この押し付けではない前向き感がすごく好きなのです。こういう未来を信じられる人、未来に向かって頑張れる人になりたいと思っていました。もちろん今も理想です。「ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない」…本当にそのとおり。聴くと「頑張らなきゃ!」と元気になれる曲。

残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)

「新世紀エヴァンゲリオン」オープニングテーマ曲。でも最初はそのことを知らなかったのです。エヴァはリアルタイムで見ていなかったので。確か、イベント会場(汗)で流れてたのが最初の出会いだったと思います。ガヤガヤした中で聴いたのですけど、めちゃくちゃ鳥肌が立ちました。アップテンポな曲なのに、なんてせつないんだろうと。他の人が歌ったカバーもありましたが、やはり高橋洋子さんの歌がいちばんです。歌唱力と説得力が違いますね。

カナリア(chiaki)

ポケットビスケッツを解散して chiaki(千秋)がソロで出した「Bee」のカップリング曲。ポケビメンバーのテルとウドへのメッセージソングとなっています。そんなこと関係なしにいい曲なのですけどね。でもやはりポケットビスケッツに思い入れのある私にとっては格別。これを聴くだけで走馬灯のようにいろんな出来事(ポケビの)がよみがえります。ポケビの中では「Days」「My Diamond」「YELLOW YELLOW HAPPY」「Rapturous Blue」が特に好き(多いってば)。千秋のまっすぐな声は大好きなのです。ありきたりでない歌詞も。表現が独特なのです。

エメラルドドラゴン・メインテーマ(エメラルドドラゴン全曲集)

ゲーム「エメラルドドラゴン」(PC-8801、PC-9801、MSX、X68000、PCエンジン等/私が好きなのは PC-88版・PC-98版←強調)のサントラ。迷ったのですけどね。「エメラルドドラゴン全曲集」に入っているアレンジはちょっと違う…そうじゃないんだ…。PC-88版のゲーム音源がいちばん好きなんです。でも久しぶりに聴いてみたらやっぱりいい曲ですよ。エメドラはオープニングから泣いてました。泣くようなオープニングではないのですが、やっぱりこの曲の威力が大きかったのではないかと思います。

この道わが旅(交響組曲ドラゴンクエストI・II)

ドラゴンクエストIIのエンディングテーマ。「序曲」とどちらにしようか迷ったのですが。私がやったのは MSX2版。ほぼ忠実な移植だったと思います。ドラクエIIは大好きです。目が悪いという理由で土曜日 30分、日曜日 1時間しかやらせてもらえなくて、めちゃくちゃ時間をかけてクリア。エンディングのこの曲で涙しました。終わったという感慨もあったのでしょうが、じんわりあたたかくなるこの曲があってこそだったのではないかと思います。

なんかすっごいオタクな選曲になってますね。それも昔のばっかりです。さらにめっちゃマイナーなものもあったりで、きっと誰もついてこられないと思います…。思い入れとなるとやはり子供のときとか青春時代(笑)の曲になってしまうのですよねぇ。その曲とともに生きた、みたいな。CDを買うのも清水の舞台から飛び下りるくらいの気持ち(ちょっと大袈裟)でしたから。

そうそう、ドラクエサントラは当時に買ったものは、今回挙げたのと違うやつです。テープ(爆)で買ったので、もう残ってないです。かなり長い間 CDプレイヤーを持ってなかったのですよ。

あ、倉木麻衣や SPEED、ZARDが挙げられなかった…。イース、ナデシコとかも…。オペラ座の怪人も入れたかった…。「TOMORROW(岡本真夜)」も…。次から次へと出てきますよ。5曲って難しい。

■バトンを渡す5人

ネットで活動している友人・知人はほとんどいないのです…。勝手に名前を挙げても許されるほど親しい人はいないので、こっそりお願いに上がるかもしれません。それでもひとり、ふたりくらいですが。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )

幻想即興曲

ベスト・ピアノ 100。DISC1だけ聴きました。やっぱりショパンの「幻想即興曲 嬰ハ短調」が良いです。エンドレスで聴いていました。これを聴きたいがために買ったようなものですから。めちゃくちゃ好きなのです。

「ハノイの塔」(たぶん)というゲームの BGMで聴いたのが最初でした。ゲームといっても市販品ではなく、パソコン雑誌に載っているプログラムを打ち込んだものだったと。パズルゲーム(?)で制限時間があるのですが、その時間がなくなっていく緊張感をその曲がうまく盛り上げていた感じです。当時はそれがクラシックだと知らなくて、クラシックだと知ってからもちょっと前まで曲名がわからなかったので、自分の中ではずっと「ハノイの塔」と呼んでいました。今でもとっさに浮かぶタイトルは「ハノイの塔」なのですが(笑)。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ