まんだかずのお風呂でまったり(´▽`A)~♪

ocncafeから引っ越してきましたmandakazuです。

旧岩崎邸庭園にいってきました5。(*゚0゚)おお

2020-10-21 06:00:00 | 日記
台東区池之端1丁目3−45の
上野不忍池からほど近い、
三菱財閥の創始者たちの建物である
旧岩崎邸庭園に来ているmandakazuです。


〇和館

和館にやってきました。
洋館に併設されているとはいえ、
いきなり建物の様子が変わるので驚きます。



普段の居住用として使われた和館ですが、
現在では冠婚葬祭で使われた大広間一棟のみが残っています。



和館ではスイーツや抹茶などをいただくことができます。


曲がりくねった廊下の先には旧岩崎邸庭園 御茶席があります。


ふと、後ろを振り返ります。いいですね。いい雰囲気です。


御茶席脇の廊下の突き当りには現存する当時の梟の板絵が描かれています。

〇次之間

御茶席のある次之間から外を眺めます。中庭がきれいです。

〇御茶席

御茶席にはちょっとしたお土産も売っています。
お土産には 岩崎家と縁の深い小岩井農場の製品が多く並べられています。






カメラ:FUJIFILM X100V
コメント (2)

旧岩崎邸庭園にいってきました4。「(・_・ )♪

2020-10-20 06:00:00 | 日記
台東区池之端1丁目3−45の
上野不忍池からほど近い、
三菱財閥の創始者たちの建物である
旧岩崎邸庭園に来ているmandakazuです。


〇2階ベランダ

2階のベランダにやってきています。
1階のベランダのトスカナ式の柱とは変わって、
こちらはイオニア式の柱が並んでいます。



左端から見下ろしてみれば撞球室(ビリヤード室)と
1階のサンルームの屋根を見ることができます。


〇2階ホール


〇花唐草文様かるた入れ

ベランダから2階ホールに戻ってきました。
こちらでは岩崎家の所縁の品々が展示されています。


〇金唐紙貝合わせ


〇3階階段

おそらく3階に上がるための階段だと思うのですが、
この先は立ち入れませんでした。


〇トイレ

えーーと?こちらの部屋は?と。あ。トイレでしたか。

〇1階ホール

2階も見終わりましたので、
大階段を下りて1階ホールまで戻ってきました。
今度は1階ホールのつきあたりから和館に行きたいと思います。



1階ホールから正面玄関を通り過ぎて、
和館に行くためには、こちらの細い廊下を渡っていきます。




カメラ:FUJIFILM X100V

コメント (3)

旧岩崎邸庭園にいってきました3。( ゚∀゚)♪

2020-10-19 06:00:00 | 日記
台東区池之端1丁目3−45の
上野不忍池からほど近い、
三菱財閥の創始者たちの建物である
旧岩崎邸庭園に来ているmandakazuです。


〇ダイニングルーム(食堂)

どの部屋にもたいてい暖炉と大きな鏡があります。
ダイニングルームの大きな鏡には中庭が映っています。


〇ベランダ

南側には大きなベランダが設けられています。
1階ベランダにはトスカナ式の柱が並んでいます。
ベランダの右側に目をやれば、
日常生活で使われた和館を見ることができます。


〇大階段

順路に従ってメインホールまで戻ってきました。
これから大階段を使って2階に行ってみます。



階段を上がりながら上を仰いでみれば見事な装飾が。

〇2階婦人客室

こちらの部屋は婦人用の寝室になっています。
1階の婦人客室同様、イスラム風の装飾が施されています。




〇客室

婦人客室と隣接する客室です。2階のベランダにも面しています。



〇集会室

2階ベランダから集会室を見ています。
客室の隣にあるこの部屋は中に暖炉にも設けられ、
来賓たちの談話室として使われたそうです。


〇和館

2階のベランダから見下ろしています。

カメラ:FUJIFILM X100V
コメント (4)

旧岩崎邸庭園にいってきました2。(・д・ = ・д・)♪

2020-10-18 06:00:00 | 日記
台東区池之端1丁目3−45の
上野不忍池からほど近い、
三菱財閥の創始者たちの建物である
旧岩崎邸庭園に来ているmandakazuです。


〇書斎

書斎は三菱財閥の岩崎一族のものとしては
それほど広いものではありません。



迎賓館として作られたこの旧岩崎邸洋館、
岩崎 久彌は書斎に来客を招き、深夜まで語り明かしたとか。


〇サンルーム

書斎の奥には建物の東側に張り出したサンルームがあります。
とても見晴らしがよくて中庭を一望することができます。



天気のいい日には太陽の光が降り注いで暖かそうですね。


サンルームの奥には撞球室(ビリヤード室)を見ることができます。

〇婦人客室

サンルームは婦人客室にもつながっています。

〇岩崎家のガラス食器

来客用の岩崎家のガラス食器です。こちらはワインのデキャンタ。
やっぱりフランスのバカラ製です。


〇婦人客室の天井刺繍

天井を彩る花鳥文様の刺繍です。
バラや菊の花束の中、鳥たちが羽を休めている絵柄です。


〇ダイニングルーム(食堂)

来賓のお客が食事を行う部屋です。
今はこちらの建物を解説するためのビデオルームになっています。




カメラ:FUJIFILM X100V
コメント (2)

旧岩崎邸庭園にいってきました。(p゚∀゚q)おぉ♪

2020-10-17 06:00:00 | 日記
台東区池之端1丁目3−45にあって、
JR上野駅から歩いて約10分、
上野不忍池からほど近い
旧岩崎邸庭園に行ってきました。



正門から入って砂利の敷いてある道を
150mぐらい進むと旧岩崎邸庭園が見えてきます。


〇旧岩崎邸庭園

まず目の前に見えてくるのが、
ちょっと南国風のホテルを思わせるような
旧岩崎家の迎賓館として用いられた西洋館です。


〇撞球室(ビリヤード室)

そして西洋館の脇に建てられている小屋である
撞球室も見ることができます。



こちらの建物は三菱財閥創始者である岩崎家の建物であり、
鹿鳴館の設計を手掛けたことで有名なイギリスの建築家、
ジョサイア・コンドル氏による設計です。


〇正面入口

立派な入口です。さっそく中に入ってみましょう。


入口からして、この重厚な感じ。すばらしいですね。


ふと振り返って、入口を見てみる。
入口からあふれ出る光と木造の落ち着いた柱ががきれいですね。


〇メインホール

入口から順路通りに左に行って書斎に向かっています。
書斎に行く途中で右手を見てみればメインホールから
ダイニングルーム越しに外の中庭を見ることができます。


〇大階段

書斎方向を正面にメインホール左手には大階段があります。

〇書斎

三菱財閥3代目総帥である岩崎 久彌の書斎です。
撞球室がすぐ隣にあります。


カメラ:FUJIFILM X100V
コメント (6)