猫好き野郎のNC旋盤加工日記

日々の仕事の事やらなんやらを、気が向いたら書いて行こうかと。主にNC旋盤の加工日記です。

割りは旋加工が終わってから

2016年11月02日 20時53分16秒 | 仕事



精度の出る感じとか癖なんかも見つつ、少しづつ鏡筒辺りも加工し始めてます。


こんな感じで円筒を大きく削り取る時なんかは、旋加工を先に終わらせてから削り取ります。



理由は、後から旋加工仕上げを入れると、断続加工になり振動を拾ってビビっちゃうからです。

ちなみに真円度は5μくらい。
全長、同軸、平面、平行度±10μ
溝幅±5μ
角度交差±0.03度

なんとかオーケーでした。


A5056辺りだと案外変形はしないものです。でも、A2017はちょっと癖がありますね。


まあ、いずれにせよ粗加工でいかに変な応力をかけないで削るか。。ですね。



てか、時々普通交差の±0.03mmのような感覚で角度交差に±0.03度とか入れてる図面見かけますが、

結構鬼畜交差じゃないですか?
精度出なくて客先に相談すると、

「そんなに厳しいとこじゃないので、そのまま納品してください」とかあっさり言われたりするんですよね(@_@)


こっちはかなり必死に加工してるので、必要ないなら出来ればもう少し緩く寸法をいれて欲しいのものです。。

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はがせんむ)
2016-11-03 10:41:34
角度ってほんのちょっとで大きくずれるから厄介ですよね~
うちも以前角度シビアに測れないと言ったらNCの数値あってればいいよと言われたことありますね
Re:Unknown (エンナ)
2016-11-04 07:13:43
はがせんむさん

コメントありがとうございます。

そうなんですよね。ホントに厄介です。
測定誤差もありますし、交差が緩ければ緩いほど嬉しいですね(笑)

コメントを投稿