Asian chao チャオ 日記

福島県新白河駅前<西口>にある日本を含めて東南アジア7ヶ国の料理を楽しめるお店のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アリャリャ!?

2010-04-30 02:48:20 | お知らせ
桜が・・・・・・・

散りました・・・・・・・・・・・・・・・・・


私の予想に反して・・・・・・・


昨日今日の雨で

あっという間の白河の春が終わってしまいました




でも明日からのお天気は Very good days みたいです


春を通り越して夏日のG.Wになりそうですね

去年の夏の厨房の暑さを久々に味わえそうです・・・

そんな時こそ南国料理がぴったりです

G.Wの予約もかなりいただいてます

お席のご予約はお早めにお問い合わせください



コメント

春の色!!

2010-04-26 20:37:43 | メニュー


桜が満開です

今日は気温も青空も絶好調な一日でした

県南地区は中通りの中でも桜が咲くのが一番遅いのですが

今年はG.Wまで十分楽しめそうです

今日は桜にちなんで梅チャーハンのご紹介です

ほんのりピンク色で、春を感じませんか?

梅の酸味と青じそ白ゴマが大人気の、多来福元祖の味です

この梅チャーハンは二本松で生まれました!

二本松の常連さんのリクエストで試しに作ったら

白河に来てからも沢山のお客様に愛されています

お食事にも、お酒のおつまみにもGOODです

是非アジアンでお試しください


コメント

フィリピン旅行記最終章(5日目)

2010-04-25 09:00:00 | 旅行
朝の6時にセブマクタン空港へ到着

沢山の調味料を手にセキュリティチェック・・・

前回は液体物は駄目だとチップをねだられやっとの思いで通過した場所

今回は先日パーティーでご一緒したSAPのリーさんが付いてくれるはず

だったのだが・・・いない・・・

まあ仕方がないとゲート通過・・・・

おおーーーー何も言わない

世界的な不況で観光客が減って、空港職員の態度が変わったとは

聞いていましたが素晴らしい変化です

空港のラウンジで軽い朝食を済ませフィリピンとサヨナラです

午後1時に成田へ到着

機内から富士山がきれいに見えていましたがあっという間に雲に隠れてしまいました

ちょっと幸せな気分になった自分ってやはり日本人なんだなと・・・

せっかくだからと帰りに寄り道してお台場へ

アジアンレストランで昼食を食べてきました シェフが中国人っぽかったです

美味しかったのですが値段が高くてびっくりです

シンハービールが840円 さすが東京!

ナシゴレンうちのお店の方が美味しいとサッキー

沢山遊んで、沢山食べた、研修旅行記は今日でおしまいです

現地でしか体験できない経験を生かしてより一層ご満足いただける

お店を目指して頑張ります

この旅行のアルバム店内にありますので興味のある方はお声をかけてください





               THE END



コメント

フィリピン旅行記その13(4日目)

2010-04-24 09:00:00 | 旅行
ターシャと別れ私たちの最大の目的は達成されたので

ボホールの市場を見に行きたいとマキさんへお願い

マキさんはお土産屋さんへ連れて行きたい様子・・・

もう時間が遅いから皆いないですよと言われたが、私たちが日本でアジアンレストランを

やっていると言ったら気持ちよく案内してくれました

もうほとんどのお店が閉まっていましたが、野菜や海草お魚がちょっとありました

炒めるだけのチャプスイの具やパンシットの麺などを見てまわり、早い時間だったら

すごい活気だろうなと想像しながら次の場所へ・・・

バクラヨン教会です 中はセブのサントニーニョとほぼ同じ作りでした

やはり幼きイエスがまつられています



この建物は1595年に建てられた石造フィリピン最古の教会だそうです

当時は目測で建物を作ったそうで本当に柱が曲がっています

いつ倒れてもおかしくない状態です

しかも当時はセメントなんかないので鶏の卵と砂を混ぜて接着したという・・

恐ろしくもあり400年の歴史が目の前にあることに感動です

地震が来たら壊れるのでは?と聞くと一年に一回くらいしか地震がないから

大丈夫と言ってました!

外に出ると見知らぬおばちゃんが<キリスト・キリスト>と

声をかけてきて、怪しいなと警戒していたら

彼女はボランティアで案内をしている人でした

壁のところを見ろ!というので見ても彼女が何を言いたいのか分かりません

次は写真を撮って見ろ!というのでカメラを見てみると

オオーーーーーーすごい



    ヒツジと人

    マリア  右上の人が戦時中の日本の子供のように見える(私見)

    キリスト

分かりましたか?目をちょっと細めてみると分かると思います

壁に生えた藻(というかカビ?)が自然とこのような形になったそうです

すごいですね こんなのが自然にできるなんて

壊れないでずっと存在することを祈ります

さて楽しいボホールの旅が終了してセブへ戻ります

新しい船のチケットを渡されました

あれ席が違うとは思いましたが気にせず乗船

一階席のつもりで入ろうとしたら<後ろ後ろ>と失礼な係り員

なんと2階のデッキ席 しかも満席

船が出るまで無風の上、夕陽がバリバリ暑い

多分ダブルブッキングしたのではないかと思います 高いお金払ったのに・・・

来る時も同じ船だった金髪のお姉さんもめっちゃ文句言いながら座ってました

やっと船が出て風が出てきて ホッ・・・

でも風向きが後ろからの追い風だったためボートの水しぶきがガンガン

背中に降ってきて、汗でベタベタ、潮水でベタベタの最悪の2時間でした

セブに着いてあちこち用事を済ませ夕飯を食べにレストランへ・・・

時間は9時を過ぎていました しゃぶしゃぶレストランです

フィリピンで日本食を食べるとどうなるか?を大介&サッキーに見せたくて

ひと通りオーダーして食べ始まった5分後に<ラストオーダー>を聞きにきた

セブのレストランが閉まるの早いのは覚悟していたけど、まだ料理全部出てないし

ボリュームも分からないよでも取り合えず頼んどくかって感じで追加オーダー

見事全部残ってテイクアウト

でもジョニーとアンドレの家族へ良いお土産になったから良しとして

長いようで短いフィリピンの旅がとうとう終わりです

明日は朝の5時半にホテルをチェックアウトするので早々に眠りにつきました












コメント

フィリピン旅行記その12(4日目)

2010-04-23 09:00:00 | 旅行
チョコレートヒルから、来た道を逆戻り

ジャングルの中を歩いて見に行くもの!と言われてセブを出た私たち

虫よけスプレーやら虫さされの薬などの心配をしていたのに・・・

<エエエエ   ここかい


道路の脇に金網にまかれた小さな小屋がある

日本で言う田んぼの中の物置みたいな建物

中はめっちゃ観光客向けに出来てました

以前は手で触ったり肩にのせたり出来たらしいのですが、今は保護の目的で

見るだけ写真を撮るだけだそうです 

ただしターシャは光に弱いのでストロボ撮影は禁止です



中に入ってターシャと初対面

ホントに小さい!!ネズミのように長い尻尾!!大きな目

すると係りのお兄さんがコソコソと寄ってきて<日本人か?>と聞いてきた

そうだと答えると<コッチ、コッチ>と人のいないところへ連れて行ってくれ

ターシャを大介の手のひらへ

ものの一分間でしたが大満足です

餌を食べさせてと渡されたものは覚悟はしていたけど虫

コオロギをバリバリ食べる姿をテレビで見たことあったけど・・

美味しそうに食べてましたよ





大人のターシャでさえこんなに小さいのだから赤ちゃんはどのくらいの大きさなんだろうか

係りのお兄さんに聞いたら<見たことないからわからない>ですって

さすがフィリピンだな・・・と思いつつチップを渡してさようなら


    二人のBabyです





コメント

フィリピン旅行記その11(4日目)

2010-04-22 09:00:00 | 旅行

キツイ階段を登って展望台へ

ヒルズです

キツイ階段を休憩しながら登りました

途中途中に東屋があります  

てっぺんへたどり着くと360度小山がいっぱい

1268個もあるそうです

巨人の喧嘩跡説や女神の涙説など色々あるようですが

貝殻がたくさん出てきているのでもとは海だったようです

展望台のベストショット位置には、船から一緒だった韓国人の団体さんが

群れていて残念ながらこうできませんでしたが疑似写真です



100ペソでほうきにまたがってチョコレートヒルを飛ぶ写真が撮れるサービスが

ありましたがこちらも韓国人でメチャメチャ混んでいたのであきらめました

さてお次は今回のボホール最大の目的<ターシャ>です





コメント

フィリピン旅行記その10(4日目)

2010-04-21 09:00:00 | 旅行
朝6時半起床で8時にホテルを出発

9時半の船でボホールへ

余裕で間に合いました

セブ島からボホールまではスピードボートで片道2時間の船旅です

ダイビングのバンカーとは違ってエアコンも効いているし

映画の上映なんかもあって快適快適

でもエアコンが効きすぎて寒いので2階のデッキ席へ

デッキ席の奥にはビジネスクラスと書かれた部屋が・・・

飛行機と同じなんですね

乗船率が50パーセント位だったので、ゆったり船旅を楽しみながら

ボホール島タグビララン港へ到着

ガイドのマキさんと合流してまずはランチへ

ロボク川で船上ランチです

フィリピン料理のビュッフェスタイルでドリンクはやはりコーラかスプライト付き

もちろんビールを注文しました 1本80ペソ 

ガイドのマキさんによるとこの川は、旧日本軍が物資輸送のために整備した川で

最初はとっても小さな川だったそうです

しかも内緒の話?なのか都市伝説なのか?

この川には金やダイヤなどのお宝ボックスが2つ埋まっているらしいです

ほんまかいな?だとしたら探知機持って調べればすぐ出てくるんでは?

と思いましたが、政治の絡みなどがあるとかなんとか

この話の時だけは、マキさん英語オンリーで話していたのでもしかしたら・・・




乗船所

30人位?乗りの船上レストラン

フィリピンでは良くある光景


船が出ると風が心地よく吹く中、本物のジャングルクルーズのような景色を

見ながらお食事です

シンガーも乗船して歌を歌っています

途中地元の小学生がバンブーダンスを披露してくれるところで停船し

5分ほど芸を見ます It a small world を生で見た感じです

所要時間は1時間でした

さてお次はチョコレートヒルへ・・・



コメント

フィリピン旅行記その9(3日目夜)

2010-04-20 09:00:00 | 旅行
夕飯は近くのイタリアンレストランへ

ハッピーアワーで7時までの間ドリンクを1つ頼むともう1つ付いてくる時間に

ギリギリ滑り込んだが、終わりと言われた

まあ安いから良いんですけどね

名前を忘れてしまいましたがラプラプシティーのレストランです


スパゲティの上にチーズをのせて焼きあげたオリジナルスパゲティ

どでかいピザ

ドレッシングたっぷりのイタリアンサラダ

濃厚すぎる位濃厚なトマトスープ

セブに詳しい方ならピンとくると思います 

このスパゲティで・・・

1階はエアコンの効いた席で、2階はオープンスペースです

南国の風が心地よい作りです

ビリヤードも空いていればフリーで使用できます

バーとレストランが合体したようなお店です

ステーキやハンバーガーもあります

この日の夕飯のチョイスはちょっとヘビーでした

チーズが最初は美味しいのですが、どんどんもたれてくる・・・

さすがの大介もいつもの半分の量でギブアップ

明日は乗り遅れないように早めにベットへ入った3日目の夜でした










コメント

フィリピン旅行記その8(3日目)

2010-04-19 09:00:00 | 旅行
逃げ込むようにシューマートへ エアコンが効いてて涼しい

皆でシェイクを注文

サッキーまたもや初体験のハロハロを注文


 ハロハロ(ごちゃ混ぜの意味、かき氷、アイス、フルーツ、何故かコーンまで)

 ストロベリーサラダ(練乳たっぷり)ボイラさんが注文

シェイクメチャウマです

ハロハロを食べたサッキーの感想

やはりか・・私が10年以上前に食べた時と同じ感想

<別々に食べたほうが美味しいのでは

日本人が作ればもっと美味しい組み合わせができるよね

ということでアジアンのメニューにも近々登場します

フィリピンのアイデアをアレンジした美味しいデザートが




朝ご飯を食べそこなっていたので、フードコートでブランチ

20件ほどのお店がズラーっと並んでいます

センターが共通の客席になっていて自分の好きな料理を買ってそこで食べます

レストランだと一つのお料理が3~4人前あるので、大人数で行かないと

余ってしまい、色々な味を楽しみたい私には1人前ずつのこのフードコートが

大好きですただがないので夜は来ませんが

連日BBQ続きで野菜不足だったので、チャプスイ・空心菜の炒め物を中心に

オーダーし美味しくいただきました

若者たちはこの後ホテルに戻り、ジェットスキーを楽しんでいました

防水カメラを渡したのですが、写真を撮る暇もないくらい楽しかったようです






コメント

フィリピン旅行記その7(3日目)

2010-04-18 09:00:00 | 旅行
今日も良いお天気

朝の8時にボイラさんにボホールへデイトリップに行きたいと言おうと

フロントへ・・・ボイラさん今建設中のホテルの打ち合わせに行っているとの事

8時半にアポを取ってお話

大丈夫!!でも9時半の船なのですぐにピックアップ!!とのこと

急いでチケットを手配してもらい車に乗り込む

若者2人寝起きのまんまでシーポートへ向かう

私の時計は8時40分 ボイラさんの時計は8時50分 車の時計は8時55分

どれがホントの時間なの?間に合うのか?

マクタンからセブ島への橋を渡りきったのが私の時計で9時5分

めっちゃ混んでるよ

ボイラさん間に合う?と聞くと<分からないねトラピックだからね>

そしてシーポートに到着

もう行っちゃったよ・・・・

見事に乗り遅れました

まあ前日深夜に突然決めたことだから当たり前なんですけどね

チケットを明日の便に変更してもらい、せっかく来たからとセブ島市内観光へチェンジ

まず最初はシーポートのすぐそこ<マゼラン要塞>へ



外国からの防御のために作られたフィリピン最古の要塞です

旧日本軍の占領時代は捕虜収容所として使われていたそうです

入口を入ってすぐの牢屋だったところが今はスタッフルームになっています


会議室だったそうです

本物の大砲です

さてお次はマゼランクロスです





マゼランが航海中に建てた木製の十字架で、この十字架を削って飲むと

病気が治ると信じられていたそうです



マゼランクロスと同じ敷地にあるセブ島最古の教会<サントニーニョ教会>です

幼きイエスがまつられています

ちょっとキューピー人形に似てると思うのは私だけでしょうか?

興味のある方はググッてみてください

フィリピンにはもう20回以上来ているのですが、市内観光を初めて体験しました

しかし暑い暑い

もう無理です・・・時計は10時20分

シューマートへ逃げ込むことにしました





コメント

フィリピン旅行記その6(2日目夜)

2010-04-17 09:00:00 | 旅行



焼鳥でお腹は一杯のはずなのですが、デザートは別腹って事で市場へ行きました

果物の王様ドリアンです・・・クサイ

スイカとマンゴーとランソネスを買ってブラブラ

見つけちゃいました!!

フィリピン名物<バロット>です

孵化寸前のアヒルの卵を茹でたフィリピンの夜のスタミナメニューです

見た目はグロテスクですが、ピリ辛のココナッツビネガーと塩をかけて

食べます 味は茹で卵をちょっと生臭くしたような感じです 





バロットは暗いところで食べるのがミソです

姿を見ずに想像せずに純粋に味と食感を楽しむのが良いです




サッキーもキャーキャー言ってた割に食べました

感想はお店で直接聞いてみてください

さてホテルに戻るとまだ時間は9時前・・・

昨日大爆睡したので、体力が有り余っている若者たち

しかもバロットまで食べたし・・・

ホテルのレストランで飲み直し決定



トントンとジョニーと大宴会 ビール10本ワイン2本をあっという間に飲み干し

足りないぞとまたコンビニへ ジンとライムとワインをを一本ずつ

買い足して、ビサイヤ語とタガログ語、英語、日本語の勉強?会

<カッコいい>はなんて言う?<可愛い>は?

でも次の日にはすっかり忘れ去っていました・・・

この飲み会で<ターシャ>(世界最小のサル)が見たいということになり

明日はボホールへ行くことに決定しました

フィリピンスタイルのジンライムの回し飲み

(一つのグラスでイッキ飲み空いたらそのグラスを次の人へ)

ジョニーはビサイヤ語しか話せないので、ひたすらニコニコしながら

飲み続けてつぶれてしまい、翌日は二日酔いで仕事を休んでいました

トントンと日本人チームは、汗をかきながら飲んでいたせいか、勉強しながら

飲んでいたせいか、メチャクチャ元気な状態で眠りにつきました






コメント

フィリピン旅行記その5(2日目夜)

2010-04-16 09:00:00 | 旅行




地元の人たちが集う日本で言う焼鳥屋さんで夕飯です

目の前を車がビュンビュン通ります

負けずに焼鳥の煙を扇風機で道路に押し出してます

ものすごく良いにおい

1串10ペソから20ペソ位なので大盛況です

サリサリ(現地のよろず屋さん。何でも売ってます。病気用の薬もあります)

の隣に併設されているので、ドリンクはサリサリショップで売っているものだけです

やはりコーラ、スプライトなどの甘いドリンクです

なのでやはりいっちゃいます

鶏のトサカから足から内臓に入っていた卵やら変わった焼鳥が沢山あります

さすがにこれは食べるところがなさそうなので、普通の焼鳥を食べました

すごいボリュームで安いし美味しい! 多来福と同じです



ここではフィリピンスタイルのご飯が食べ放題です

椰子の葉にお米を入れて炊き上げたご飯です

日本版のおにぎりですね。携帯食として重宝します

お腹一杯食べてビールも15本近く飲んで、5人で1200ペソ弱でした

ただめっちゃローカルなので外国人は私たちだけでしたね




コメント

フィリピン旅行記その4(2日目)

2010-04-15 09:00:00 | 旅行


ランチを食べる島へ上陸

フレッシュココナッツ初体験のサッキー


動いてお腹も空いてきたのでランチタイムへ

は手放せません

BBQが焼けるまで砂浜で写真を撮ったり、泳いだりマッタリタイム

ブコジュースを売りにきました 300ペソ(1p大体2.5円)ですって!!

高いよ!とディスカウント交渉・・・150ペソで話をつけましたがそれでも

かなりボラれた感じです 

現地価格だと多分20から50ペソの間だったような・・

フレッシュココナッツジュース初体験のサッキー<・・・・ん?>

テレビや雑誌で見ると美味しそうに見えるのですが、常温のせいもあり

意外と不味いんです。大体日本人は、一度飲むともういいやとなります

オールドココナッツを使ったジュースは美味しいですよ

その後今度はアワビとシャコを売りに来た

アワビ一つ500ペソですってよ!

確かに日本だとこのサイズは一個1500円はすると思う・・・が

ここはフィリピン

ありえない!!とまたディスカウント

100ペソと言ったらさすがに駄目だと・・・

でも私的には100ペソでも儲けはある気がしたけど

200ペソで決着!BBQにして食べました

帰りの船の上で<ブコを食べるか?>とボートマン

個人的に私の父親にそっくりなので勝手に<ク○オ>と呼んでいます

ものの30秒で割ってくれました!

内側にある透明な果肉が美味しいのがブコの魅力です

ワサビ醤油で食べるとヤリイカのお刺身みたいに柔らかくて美味しいですよ

機会があったらお試しください







コメント

早いもの勝ち!

2010-04-14 20:23:10 | お知らせ
フィリピンで買ってきたお土産をプレゼントしています

豚の皮をカリカリに揚げて作られたおせんべい(フィリピン酢に付けて)

ドライマンゴー・ウベ(紫芋)のケーキを少しですがご来店のお客様に

おすそわけしています (夜のみ)

美味しいですよ!

なくなり次第終了になりますのでお早めにご来店ください
コメント

フィリピン旅行記その3(2日目)

2010-04-14 13:29:15 | 旅行


前半の内に火傷?は体験しておこうということで
(後半だと帰国後の仕事に影響がでるかも・・・)

初日はアイランドホッピングヘ



まずはヒロトガンポイントでシュノーケリングから



フィッシング



小さなお魚1匹ゲット



ヒロトガンは魚・サンゴ礁の保護区なので大小さまざまな魚がいます

でも釣りは禁止区域なので別なポイントへ・・・

魚がいるか海へ入って確かめても小さい魚が少しだけ・・・

釣れるんかいな

それでも頑張りました

大介ヒットです!!カメラに水滴が付いていて肝心な魚が見えないけど

一応釣れてます

私とサッキーは釣れずに

それを見たボートマンのウイッキーが<ウニ好き?ウニ好き?>

と片言の日本語で問いかけます。好きだと言うとドボーンっと

素潜りで捕ってきてくれました!

20個近く捕ってきたようで、すぐに剥いてくれましたが

あたりそうで怖いので少しだけ食べて、後はランチのBBQへ・・・






コメント