goo

オスプレイ2機が神奈川県内に飛来・・・オスプレイの横須賀基地飛来と厚木基地周辺旋回飛行に抗議します

 10月25日オスプレイ2機が9時45分に横田基地を離陸して神奈川県内に飛来しました。
 01号機は10時4分に横須賀基地に着陸、10時45分に離陸して10時59分に再度、横須賀基地に着陸しました。そして、11時11分に横須賀基地を離陸、厚木基地上空を11時22分通過して横田基地に向かいました。厚木基地飛来に続く今回のオスプレイの横須賀基地飛来は絶対に容認できません。
 更に別機(号機名は不明)は、厚木基地滑走路上空を南側から北側に飛行、その後、厚木基地東側に旋回して更に厚木基地滑走路上空を南側から北側に飛行、この旋回飛行を固定翼モード飛行で4回続けました。厚木基地上空通過は10時16分、10時26分、10時40分、10時53分、そして、11時7分に厚木基地上空を通過して横田基地に向かいました。厚木基地周辺旋回飛行については、藤沢市善行、湘南台自動車学校付近、海老名市東柏ヶ谷において撮影や目撃がされています。厚木基地周辺旋回飛行では大和市、横浜市、藤沢市、綾瀬市、相模原市などの人口密集地上空での飛行が行われています。日米合同委員会合意違反飛行は許されません。


1回目の厚木基地上空通過(10時16分)


3回目の厚木基地上空通過・基地南側上空(10時39分)


3回目の厚木基地上空通過・基地滑走路上空(10時40分)


3回目の厚木基地上空通過・基地滑走路北側上空
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

MV22オスプレイは厚木基地に飛来せず・・・・・横田基地に3機飛来

 MV22オスプレイの横須賀基地飛来に伴い「MV22オスプレイ1機が24日、25日に厚木基地に立ち寄る可能性がある」との南関東防衛局からの「お知らせ」を踏まえて、「爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」と大和市平和委員会などは24日、監視活動を行いました。監視活動は、厚木基地滑走路北側と南側、オスプレイの飛行が想定される地域での監視体制を取っての活動、特に厚木基地滑走路北側では宣伝カーを使っての活動でした。監視活動の目的はオスプレイの固定翼モード飛行、転換モード飛行、垂直離着陸モード(ヘリモード)飛行、厚木基地への着陸などの状況をカメラや目視で捉え、日米合同委員会合意違反がないかどうかを確認するためでした。普天間基地、岩国基地、横田基地を監視している皆さんとの連携した活動でした。


厚木基地滑走路北側での監視活動

 MV22オスプレイ2機が10時0分、10時10分に普天間基地離陸して宮古島に向かいました。続いて10時23分に3機が離陸して岩国基地に向かいました。MV22オスプレイ01号機が12時09分、09号機が12時11分、11号機が12時30分に岩国基地に着陸、そして、01号機が12時41分、09号機が12時47分、11号機が13時04分に岩国基地を離陸しました。厚木基地の飛来は14時25分頃と想定されましたが、厚木基地には飛来しませんでした。「お知らせ」とは違って、MV22オスプレイは01号機が14時28分、09号機が14時33分、11号機が14時40分に横田基地に着陸しました。
 「なぜ、オスプレイ1機が厚木基地に飛来せず、3機全てが横田基地なのか」を南関東防衛局、北関東防衛局は明らかにしていませんが、横田基地に飛来した3機のうち1機が25日横須賀基地と厚木基地に飛来予定、1機が26日の航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)での展示計画とされています。明日25日も監視活動を行います。そして、私たちは次のことを強く求めます。

オスプレイは厚木基地にも横須賀基地にも横田基地にも百里基地にも来るな!岩国基地にも来るな!
オスプレイの本土訓練を止めよ!厚木基地を本土訓練の拠点にするな!
オスプレイの普天間基地配備を撤回せよ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

MV-22オスプレイの横須賀基地と厚木基地飛来に対して、「厚木基地周辺住民の会」が抗議声明

 本日、南関東防衛局からMV-22オスプレイの横須賀基地と厚木基地飛来に対する「お知らせ」がなされました。
「爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」は次のような抗議声明を出しました。


 MV-22オスプレイの横須賀基地飛来とそれに伴う厚木基地飛来の「お知らせ」に強く抗議し、オスプレイの本土訓練と本土訓練における厚木基地拠点化の中止、普天間基地配備撤回を求める声明

 2014年10月20日
 爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会

 本日、防衛省南関東防衛局から神奈川県、大和市、綾瀬市に対してMV-22オスプレイの厚木基地飛来に関する情報提供があった。その情報提供では、「本日、米側から米海兵隊のMV-22オスプレイ1機が、横須賀海軍施設の状況を把握するため、10月25日(土)に同施設に飛来する可能性があること、並びに、これに伴い、同月24日(金)及び25日(土)に厚木飛行場に立ち寄る可能性がある旨の情報がありましたのでお知らせします。なお、本計画は天候等の影響により変更の可能性があります。」とされている。私たちは、この「お知らせ」に強く抗議するものである。
 8月18日にオスプレイ4機が厚木基地に飛来し、19日から21日まで北富士演習場と東冨士演習場での訓練のために厚木基地を離陸した。19日は視界不良のため訓練は中止、20日と21日は訓練が強行されたが、何れもオスプレイは厚木基地に戻って来た。厚木基地が訓練の拠点とされた。
 また、10月18日に予定した東冨士演習場、北富士演習場におけるオスプレイの離着陸訓練に関わっても厚木基地に飛来するとの「お知らせ」がなされた。この離着陸訓練は中止となり、厚木基地飛来もなかったが、今回の「お知らせ」も含めた一連の動きは、オスプレイの本土訓練などにおいて厚木基地の拠点化、使用常態化するものであり断じて容認できない。
 私たちは、今回の「お知らせ」によるオスプレイの横須賀基地と厚木基地への飛来中止、オスプレイの本土訓練と本土訓練における厚木基地拠点化の中止、オスプレイの普天間基地配備撤回を強く求める。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋晴れの今日、第406回第三日曜平和行動で「爆音なくせ」「母港撤回」「オスプレイ来るな」と訴えました。

 今日(10月19日)は朝から秋晴れで暖かい日曜日、第三日曜平和行動が行われました。第三日曜平和行動は1981年1月18日の第三日曜日に開始され、それ以降、雨の日も風の日も33年間、1回も休むことなく毎月続けてきた平和の行動です。今日は406回目、10時45分にやまと公園を出発、「爆音をなくしましょう」「欠陥機オスプレイの厚木基地飛来を止めさせましょう」と大和駅東側までピースウォークをして訴えました。



 その後、大和駅前で宣伝・署名活動。「爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」、相模原市平和委員会、大和市平和委員会などの代表が宣伝カーで訴えました。



 署名は「爆音解消、母港撤回、米空母ロナルド・レーガンの配備反対、オスプレイの厚木基地飛来・使用・訓練拠点化反対」などを求める国会請願署名です。「オスプレイは日本を守って入れるのではないか」と声をかけて通り過ぎる人がいましたが、一方、「頑張って下さい」とカンパを渡してくれた女性(海老名市在住)もおり、署名は33筆集まりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オスプレイの訓練中止は「運用上の理由」でした。

 本日15時25分に発信した当ブログで「オスプレイの訓練中止について天候不良のため」としましたが誤りでした。私たちの中での情報伝達に手違いがありました。訓練中止は「運用上の理由」とのことです。それにしても米軍と防衛省がいつも使う「運用上の理由」も許せません。一昨年の厚木基地での突然のFCLPは基地周辺住民に激しい爆音をもたらしました。これは原子力空母ジョージ・ワシントンが出港できなかったためですが、その理由を問いただしたときも防衛省は「米軍の運用上の理由」を繰り返しました。オスプレイの訓練中止、そして厚木基地飛来中止は結構なことですが、「米軍の運用上の理由」で済ませてしまうことなど許せません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ