悠翠徒然

画像中心

今日はマジで忙しい

2022-10-03 07:57:00 | Weblog
隙間があったら仕事入れちゃうのは習性なので諦めて頑張ります。
それぞれの仕事をどう楽しめるかを考える事、得意かもしれません。

移動中をどう楽しむかを考えるのはとても楽しいですね。
車やバイク、自転車に乗って移動するのは移動を楽しむ為です。『便利だから』は二の次です。

ファッションにも自分なりのこだわりがあって、それが決まらないと少し重い空気に包まれた感じになります。
ここ数ヶ月でバッグを数個買い替えだ挙句、元のバッグに戻ってしまいました。

私の行動パターンに合うバックって、中々無いんですよね。
これならバイクにも自転車にも無理なく乗れちゃいます。
あ、バイク、買わなきゃ、、、
自転車も新しいの欲しい、、、
物欲が止まりません(^○^)

春になるまで我慢します。

なぜ、春?

なんとなく春はリスタートの季節として刷り込まれているからかな。

節目の仕事もスタートしました。
相手のある事なので気が抜けませんが、守る優先順位だけ間違えなければ上手く行きそうです。

今週もがんばろう!

特に今日は頑張ります!


競書提出ラッシュ!

2022-10-02 08:38:00 | Weblog
ピークです!
素晴らしい作品集まってます!
嬉しいです!
子供の頃教場で感じていたあの熱気が、令和の時代に蘇っているのですから!

あの熱気の中には何があるのだろう?
熱気を採取して科学的に分析すればきっと何か分かるはずです。

集中している時に脳内ではドーパミンという物質が出ています。
『やる気物質』と言われているものですよね。
ドーパミンが出ていればやる気が出る!
アントニオ猪木はドーパミン出まくり人生だったのかもしれませんね。
あやかりたいものです。

競書の時の『あの熱気』はドーパミンが作り出す物なのかもしれません。

今日もあの空気に押し潰される事なく、応えていきたいと思います。

今日も張り切っていこう!


猪木もか、、、、

2022-10-01 10:46:00 | Weblog
『アントニオ猪木』を『アントニオ命』と聞き間違えてから半世紀以上経ちました。

10年ほど前一度だけ仕事に関わらさせていただいた事を思い出します。
『1.2.3ダァ〰っ!』芸の一連の流れがあるのですが、結構細かくルールが決まっていて、それを直前に人伝に聞かされるというスリリングな現場でした。

あの頃すでに手が痛いから気合を入れる平手打ちは三人までと決まっていました。
『元プロレスラーなのになんで?』と思ったものですが、すでにお身体悪かったのかもしれませんね。

猪木vsアリ
猪木vsホーガン
巌流島の血統
猪木vsアンドレ、、、

忘れられない試合は私の血潮に息づいています。

ありがとう猪木!!!




10月!

2022-10-01 09:13:00 | Weblog
今年もあと三ヶ月しか無い〰
『1日でも早くコロナ終息!』と願っていたから余計早く感じるのかもしれません。
ここ数年は特にマッハな感じです。

とは言っても振り返ると、色々ありました。
忘れたい事ばかり覚えている。
忘れちゃいけない事を忘れかけている。
少し涙が出てきました、、、( ̄∇ ̄)

でも、振り返る事ができる様になった事が嬉しいですよね!

潮目が変わったって事です。
潮目が変わると世の中一気に動き出します。
良い話しも悪い話しも一気に動き出します。
良い話は分かるけれど悪い話しって何?
iDeCoとNISAに絡ませた詐欺まがいの営業です。もちろんiDeCoとNISAは国策ですから詐欺じゃありませんよ。
でもリスクはあります。
平均すると三十年で約4%の利回りがあると言われていますから、タンス預金や金利のつかない銀行に預けるのではやめて老後の資金に若いうちから備えましょう!
と言うのがiDeCo。
30代からやるのがベターなのだとか。
NISAは積み立ての方は若い人向きかな。
どちらも節税にもなるし。
と言うザックリした解説を金融関係からの営業やテレビ解説などでよく聞くので、そこを下敷きにした詐欺に気をつけましょう!って話しです。

わかりづらい?

ですよね(苦笑)

とにかく、周りに流されず賢くあれ!
という事です。

私の場合年齢的にiDeCoは無理。
積み立ても今更って年齢なのでNISAもスルーかな。
どちらも若い人向けなのよね〰

ならば、
ずっと働くのでその収入で食ってくぜ!

潔よい?

痩せ我慢です(爆)!


本日9月30日金曜日は五週目のお休みです

2022-09-30 08:52:00 | Weblog
和翠塾、翠苑塾共に五週目のお休みです。
お間違いの無いようお願いいたします。

明日10月1日土曜日から10月のお稽古が始まります。
競書締切は10月14日です。
張り切って提出しちゃいましょう〰

初めて会った人、三人

2022-09-29 19:48:00 | Weblog
仕事で三人の方にお会いしました。
全員初めてお会いする方々。
お互いにマスクをしているので、どこを見れば良いのかな?

事前にはそう思っていたのですが、結果、どこを見ているかと言えば、
目を含む眉間。

A氏に対する私の印象
論理的に話せばスムーズにいきそう

B氏に対する私の印象
ノリだけで話をテキトーに進めそうないい加減な感じ

C氏に対する私の印象
早く時間が過ぎればいいな、としか思ってないな、、、


結果、A氏さえいれば話はスムーズに進むことが確認できたので💮


三人それぞれの私に対する印象はどうだったのかな?
なんて事は気にしません。
仕事なので(^○^)

あなたはこのご時世、初めての方のどこを見てその人を判断しますか?








日中国交正常化50周年

2022-09-29 19:29:00 | Weblog
調印式の映像がニュースで良く流れます。
日本側は田中角栄、中国側は周恩来、それぞれの筆の持ち方や姿勢が気になるの職業病?

田中角栄は姿勢も筆の持ち方も堂々としていて、署名も立派です。
相当練習していたのか、当時の政治家の嗜みだったのかはわかりません。
周恩来は当時かなり高齢で、署名時の姿勢が前屈みになってしまっているのは仕方のないところでしょう。
筆の持ち方に異様さを感じる方は多かったのではないでしょうか。
でもあの持ち方こそ、執筆法の奥義
『撥鐙法(はっとうほう)』なのです。

執筆法の目指すところは、筆を自由自在に操る所にあります。
究極の執筆法の一つとして『撥鐙法』があるのです。
和翠塾ではこの『撥鐙法』をお教えしています。
ご覧になりたい方は私に声かけてくださいね。
添削時はちょいと楽な持ち方にしているので(苦笑)

老いてなお、周恩来は中国四千年の歴史を日中国交正常化のフィルムに映像として刻んだ事になるのです。

現状日中間には多くの問題がありますが、外交で解決していく事を強く期待しています。


秋の味覚

2022-09-29 07:48:00 | Weblog
ここ数年、シャインマスカットにハマっています(^○^)
いくら食べても飽きないのですから困ったものです。
どうしてこんなに好きなのか、理由を探ってみました。

まず、皮ごと食べられると言う、私の中にあった葡萄の固定概念を完全に破壊した威力がすごい!
丸ごと食べたくなる宝石のような色と艶。
そして、食べやすい味なのでどんどん食が進んでしまう。

この三つでしょうか。

産地に住むひとが羨ましい〰




戦える訳がない

2022-09-29 07:00:00 | Weblog
まず訓練されていない
そして体力がない
その上、戦う意志がない
最後に、人の言うことなんざ、聞いて突撃させられて死んでたまるか!
と思っている。

私がロシア人なら真っ先に家族と共に逃げ出すでしょう。
自国が侵略されているなら『戦う意志』はなんとかなるでしょうが、それ以外は補いようがありません。
私、戦争にむいて無いのですから、、、。

相手国に『戦争をやめろ!』と発信し続ける役ぐらいしかできません。


幕末、幕府側の侍だったら将棋隊に入って上野で死んだのでしょうか?
それとも、北へ転戦しながら最後は五稜郭で死んだでしょうか?
多分自宅に蟄居して、沙汰を待っていたのではないでしょうか。
ま、様子見って奴ですね。
曾祖父ちゃんはそうしたのか、そんな沙汰に従ったのか、江戸にとどまったようです。
その後何故か曾祖父ちゃんは刀を捨て、うどん屋さんになったみたいです。


日清日露戦争に駆り出されていたらどうなっていたでしょう。
『203高地』に出撃する部隊にいたら命はなかったでしょうね。
地元の神社には日露戦争で亡くなった人々の大きな慰霊碑が建っています。
多くの村人が徴兵されて亡くなったのでしょう。
ご先祖様はなんとか無事にくぐり抜けた様です。
うどん屋さんとして東京で暮らしていたのかもしれませんね。

太平洋戦争に従軍していたらどうなっていたでしょう。
戦地に行っていたら命落としていたでしょうね。
渋谷郵便局に勤めていた祖父は戦争前に亡くなり、父は小学生で終戦を迎えたので戦争には二人とも行っていません。

祖父の建てた都立大学の自宅は空襲でも焼けませんでした。私が幼少から二十歳過ぎるまで過ごした赤い屋根のある洒落た建物で、1985年までお世話になりました。

我が家系には戦争をなんだかんだとくぐり抜けてきた歴史があるようです。

ありがたい事です。

プーチンよ!
戦争は止めろ!

私にできる事だけやります。












初手としては

2022-09-28 18:19:00 | Weblog
まずまずの滑り出しかな

自画自賛(^○^)

長い道のりに負けない様にしないとね

そのためには日々楽しむ事ですね

いえ〰い!