やまんばの庭

ド田舎のドへき地の、まるでこんな所に日本人・・・みたいな環境の中でのお花との生活、
ありのままの暮しの日記です。

こんなお花に出会いました

2017-11-11 07:32:56 | ガーデニング
人気ブログランキング

昨日ね・・・
父の病院に行った帰りに・・・
欲しい物があったんで、HCコメリさんに寄りました。

で・・・
寄ったついでに、入り口の園芸コーナーも、なぁ~ンとなく、チラ見してたら・・・

「エッ! アラァ~♪ お安くなってるジャン(^^♪)」

ってね・・・
喜んで見たポット苗は、もう終わりかけた大文字草の、こんなお花でしたんですが・・・。↓







値段が、とっても、お安くなっていましたんです。
値段?
値段はね、398円が、150円になっていて・・・
しかも、そこに置いてあった、ポット苗が全部150円になっていましたんです。

だから・・・
わたス・・・
「もう、大文字草は、イイやぁ~」
って、断しようって、思っていたけど・・・
そんな事は、スッカリ、アッチ方向に飛んで行って・・・
それぞれ違った名前の付いた、我が家には無い大文字草に、夢中になって・・・↓



ほんでもって・・・
憑りつかれた様に・・・
しゃがみこんで・・・
心は、もう、買う気満々になって・・・
吟味を始めましたんです。 (病気だね…)

そこには・・・
本当に、沢山の種類がありましたんで・・・
迷いに迷って・・・
買うのは、とにかく、ピンク色のお花だけに決めました。

ラベルの写真や、名前や、まだわずかに残っているお花を、それぞれ見比べて・・・↓










絞りに絞って・・・
こんだけ、5ポットだけ、連れ帰ってきました。↓



↑これ、裏庭に植えている大文字草の所に、植え足すつもりなんだけど・・・
どうかしらねぇ?
大文字草も、強い種類も、弱い種類もあるみたいなんだけど・・・
このポット苗も、植えたまんまで、放ったらかしでも、こんな風に、育ってくれるかしらねぇ?↓



「そうだったら、嬉しいなぁ~」
ってね・・・
来年の秋に、新たな大文字草のお花が見られるのを・・・
なぁ~ンにもせず、楽しみにしている・・・
グウタラガーデナーの、やまんばであります。

でもね・・・
これって・・・
いつ植えられるのかしら?
それに・・・
わたス、いったい裏庭の、何処に植えるつもりなのかしらねぇ?
もう、植える所無いんですけど・・・↓



ってね・・・
我ながら、この処分品あさりの性格に、呆れます。

そう・・・
呆れる・・・って言えば・・・
そう、昨日HCに寄ったのは、欲しい物があったんで、寄ったのに・・・
わたスったら・・・
大文字草を見ていたら、そんな事は、スッカリ忘れて・・・
HCを出て、車に乗って、車でかなり走った所で・・・
「あれぇ~? わたス、あれ、欲しかったから寄ったのに、買わんかったあぁ~」

わたス、やっぱ認知症だねぇ・・・
困ったもんですぅ・・・。

でも・・・
まぁ、とりあえず、欲しかった物は、急ぎの物でも無いんで・・・
イイかぁ~

アハハハ・・・! (そっちかよ!)

そいでは・・・
おばちゃんは、今日も、パートです。
そう、しがないパートです。(笑)

パート・・・
パートって言えば・・・
パートをバカにしてはいけません。
今のニッポンは、パートなくして、経済は成り立たないと、思いますよ、わたス・・・

世の中は、大企業だけのトップクラスの人だけで、成り立っている訳ではありません。
お時給ナンボで、暮らしている人がいっぱい頑張っているから、世の中回っているっている訳で・・・
その歯車が壊れたら、どうかなっちゃいますから・・・
社会の生態系が、危ぶまれますんですから・・・

外来種、外来種って、うるさく言っていますが・・・
外来種は、動物や植物だけではありません。
人間社会だって、それは同じ事・・・
人間だって、所詮、動物、生き物なんですから・・・

と・・・
やまんばは、思いますんですよ。
(思うだけぇ~なんです。)
(だから、どうせよなんて、分かりやしぇ~ン)


なぁ~ンてね・・・
そんな事を言いながらも・・・
現実は・・・
せっせと、チマチマと、処分品のお花を連れ帰って、やまのうえに植えているんで・・・
わたスだって、生態系を壊しているんで・・・
大きな声では、言えないんですけどね。デヘヘヘ( ^ω^)・・・

そいでは・・・
もう、時間です。
おばちゃんは、こんな歳でも働ける事を喜んで・・・
今日も、出来る事を、出来る分だけ、頑張んべー!

・・・・・・・

今日も、コメント欄を閉じさせて頂いておりますが、どうぞ、お許しください。
そして・・・
こんな拙い、一方的な「やまんばの庭」のブログを、最後まで見て下さって、
「ありがとうございました。」(感謝)
人気ブログランキング
コメント