初心者金ちゃん・・・・Blog

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、ダメオヤジの金ちゃんです。

最近のカメラ事情・・・「Leica」ゾフォート

2016年12月07日 | 写真撮影

ライカ ゾフォートってインスタントカメラがあるんですって!

写真撮影を手軽に楽しく3万円台であこがれのブランド「Leica」のカメラが持てるんです。

といっても、デジタルカメラでもなければ、35mmや中判サイズのフィルムカメラでもない。

なんと富士フィルムが出している「チェキ」シリーズなどと同じ、インスタントカメラです。

なお、LEICA SOFORTの写真のうつり具合は、FUJIFILMのチェキと同程度か同じうつり具合だそうです。

ですので、LEICA SOFORTのデザインが好きということでなければ、

富士フィルムのチェキを買っても良いかもしれません。

でも小生は購入しませんが 筆者は最近カメラの撮影はスマホに頼る事が多くなってます。

何故だろう? やはり手軽さと何時も携帯してる強みかね?

実は先日友人との飲み会で小生は少し遅れて到着した

もう皆さん出来上がり2次会ふうに盛り上がってました。

余興でおふざけの時間で写真を撮ってくれと頼まれ、

笑いをこらえカメラはスマホで撮影、

今編集すると実にいい感じで撮れてます。

その場にいた皆さんの要望もありブログアップします。

女性版ゴルゴ?でも可愛いですよ!

最後は油性マジックで直接顔に書いちゃった!

彼は目を覚ましてから、そのまま電車でお帰りなった。楽しい宴でした・・・・

 

「デジタル一眼レフカメラシステムの将来を見据えて生まれた新規格」を自ら名乗り、

フルサイズやAPS-Cには無い光学性能と小型化を高らかな謳い文句としていたはずの「フォーサーズ規格」ですが...

デジタル一眼レフカメラシステムの将来を見据えるにはあまりにも早すぎる終了を迎えただけでなく、

APS-Cはもとよよりフォーサーズが否定しようとしてた

「フィルム時代のしがらみ」をそのまま引っ張っているフルサイズが今の市場の主流となっている有様です。

オリンパスはデジタル時代から出直すことで自由に規格を決めることができたはずなのに、

その折角のチャンスによって生まれたフォーサーズが廃れて、

片や何十年も前から存在するFマウントやKマウントですら

デジタル時代でも生き残っているのは皮肉な結果としか言いようが無いですね。

筆者は未だ下記のフォーサーズレンズを後生大事に現役で使用しています。

LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm / F2.8-3.5 ASPH. / MEGA O.I.S.

LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm / F3.8-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

やはり少し重い事が欠点なんですが、仕上がりがいいのです。

やはりLEICAの表示は伊達じゃありません。口径が大きいと質も良くなるのかは分かりませんが・・・

他のカメラメーカーのレンズマウント(規格)は、

フィルム時代のレンズがそのまま使えるように共通化した設計で作られていいます。

一方、マイクロフォーサーズはデジタルカメラに特化した設計のため、様々な利点があります。

マイクロフォーサーズの最大の特徴はカメラからミラー機構を取り外したということです。

(いわゆるミラーレスという呼び名はここから来ています。) ミラー機構がないことにより、

従来のカメラと比べて圧倒的に小型化することができます。

次に、小型で画質に優れたレンズです。 撮像素子をマウント径に比べて大きなサイズにしていないため、

レンズの設計に無理が生じにくい規格です。 マイクロフォーサーズのレンズでは、

全般的に絞り解放でも画質の劣化が少ないという特徴があります。

これまでにマイクロフォーサーズ規格には、オリンパスとパナソニックの2社に加えて、

ライカ、コシナ、カール・ツァイス、駒村商会、シュナイダー・クロイツナッハ、タムロン、

シグマ、ケンコートキナーなどの多くのレンズメーカーが続々と参加を表明しています。

老舗カメラメーカーのオリンパス、トップ家電メーカーのパナソニックがタッグを組んで

日々技術の向上と新製品の開発に励んでいるマイクロフォーサーズは

今、 最も注目されているカメラマウントです。

一眼レフの構造は、フィルムカメラの時代からの積み重ねで得られた、良い意味での枯れた技術です。

基本的構造は歴史の積み重ねで充分に練られています。

これに対して、ミラーレスに関しては、まだまだ発展途上だと思います。

MFの障害になる液晶の画素数なんて、この最たるもの。 こんなものは、

半導体の技術が上がればいくらでも細かくできます。

因みにLeicaは1600万画素を守り続けています。その程度で十分なのでしょう。

AF速度も、どんどん早くなっています。ソニーの透過型ミラーもおもしろいですしね。

後、液晶画面の反応速度の問題もあるのですが、これも、

繊細なタイミングを計る必要がある厳しい条件でなければ、

一般的には十分な領域に達しているとおもいます。

もちろん、これも発展途上。後、10年20年たったらどうでしょうか?

一眼レフなんて重くて大きいだけの過去の遺物かもしれません。

 

しかし最近はスマホのカメラで十分のような気もします。

強いて言えば、あのLeica独特の色が出ればそこそこ使えます。

一眼レフ、ミラーレスで撮影してB倍(1200×1600mm)でのプリント

するのような時に必要なだけです。

クリップするだけのカメラをAmazonで注文してみました。

後は沢山の写真撮影して構図シャッターチャンスを見逃さない様に 腕を上げることなんですかね!

上記Mactrem スマホ用カメラレンズ 0.45倍広角と12.5倍接写 120°

視野角 5cm超大口径 クリップレンズ ケラレなし

iPhone/Android対応の クリップ式のレンズ購入して遊んで見るのも楽しそうです。

到着しましたら早速つようしてブログアップしてみます。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクトリア・ムローヴァのB... | トップ | エディット・ピヒト=アクセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真撮影」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ライカ SL TYP 601 ボディの価格を比べてみました (カメラの【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較)
ライカのミラーレス一眼、SL TYP 601 ボディ。 ほかのメーカーのミラーレス一眼とは一味違っていて。 シンプルなデザインだけど、飽きが来ないような。 持っているだけで、プロだと思......