日々改善

今日の問題を明日に残さない!問題解決を図って行く様をリアルに描写していきます。経営コンサルの視点で物事を見ていきます。

あんたんとこデカイ会社しか診んのやろ?

2017-03-27 | 良い税理士・悪い税理士
時々あるご質問です。
「あんたんとこデカイ会社しか診んのやろ?」

イエイエ、創業から成長期まさかの停滞から後退期に対し
その局面局面で対応できるよう体制を整えています。
年商1000万円台の株式会社様から
年商1000億円台の企業グループまで対応させて頂いています。

当社の位置づけを「経営難の駆け込み寺」として利用して頂いている
支援機関や金融機関様も多々あります。

したがって、冒頭の
「あんたんとこデカイ会社しか診んのやろ?」のご質問に対する答えも
当然に持ち合わせています。
大きさは関係なく当社のサービスを必要とされる方に
その必要なサービスを提供できる体制を整えています。



最近アライアンスを強化しています。
事業を取り巻く課題や問題を早期に解決するためです。
ただ、どの業界も人手不足です。
当社も例外ではありません。
人手不足だからと言って経営支援を止める訳には行きません。

当社に頂く期待が大きいことを考慮し
今後の新規関与先様については
一部を「税理士法人ほんまち会計(金沢市本町)」にて対応させて頂きます。



所長の海本慎二税理士は、ITに強く気は優しいフレンドリーな人柄です。
創業から成長期の企業様に信頼頂ける税理士として提携しています。

税理士法人ほんまち会計のHPはコチラ

当社のサービスそのままに機敏に機動的に対応させて頂きます。

もちろんMCF(マネジメントコンサルティングファーム)の一員ですので
当社に頂く信頼感をそのままお届けできる体制を取っています。

「あんたんとこデカイ会社しか診んのやろ?」
そんな事を云わないで一度当社の玄関ドアをノックしてみませんか?
あなたへの問題解決策をご用意しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京進出支援体制完備しました!

2017-03-26 | 良い税理士・悪い税理士
東京港区のビジネスブレイン税理士事務所(所長畑中孝介(はたなかたかゆき)税理士)様と提携しました。
昨今各所で注目されている”東京進出”に対応できる体制が完備しました。

何より資本政策を伴う事業承継対策のプロフェッショナル事務所ですので
規模の大きな同族株式会社様の事業承継策の提案が今まで以上にスムーズにもなります。



提携内容は以下の通りです。

関東・北陸地域横断型の
・事業承継対策の立案(種族株・属人株・信託等)
・財務分析およびセグメント分析
・財務システムコンサルティング
・ベンチャー企業支援
・M&A・株価算定サービス
・月次顧問・月次巡回監査業務
・企業再生・経営改善指導
・資金繰り支援
・創業・新規進出支援
上記事項について双方が協力して顧問先企業様の課題解決にあたることとなりました。


ビジネスブレイン税理士事務所のホームページはコチラ


当社関連コンサルティング会社を2年前に東京品川に進出させたものの
私の力不足から本格的稼働をさせられずにいましたが、
この度、気鋭のビジネスブレイン税理士事務所と提携することが出来
いつでも東京進出をご支援できる体制を取ることが出来ました。

さらに地元中堅大企業の皆様には、ビジネスブレイン税理士事務所は
大手・上場企業の連結納税コンサルティングや組織再編アドバイザーであり、
所長税理士畑中孝介氏はTKC連結納税・企業グループ税務・税効果会計システムの
専門委員でもあります。
心強い中堅大企業向けの支援能力を有しておられます。



したがって、当社が地元上場企業様で対応している連結納税にも
東京方面でも即対応して頂ける体制となりました。

これまでも
これからも
マネジメントコンサルティングファームはお客様の傍に居る存在で有り続けます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ええ~!? 置いてかないでぇ~(*_*)

2017-03-26 | つれづれ
小さな器の中で最先端を走っているつもりでも
その小さな器自体を飲み込む中くらいの器の中では最後方という事があります。
そして、その中くらいの器を飲み込むくらいの大きな器の中では、
その中くらいの器は、最後方ということもあるでしょう。

小さな器の中にいる自分を感じる時が有ります。

小さな器の中でどんなに最先端にいるといっても
所詮、井の中のかわずです。
もっと大きな視野に立つと
その存在の滑稽さを感じざるを得ません。

自分の事だけ考えれば別に背伸びは必要ないかもしれません。
しかし、今日の私を育ててくれた世の中に何かをお返ししなければ
私の周囲に何か良い因縁が返って来ないかもしれません。
今の幸せが有るからこそそんな風に思ってしまいます。

後3ヶ月とちょっとで57歳を迎えます。
後何回背伸びできるか分かりません。
ならば、今できることを精一杯やって
後世の人達の為に種を植えておきたいと思います。

さて、今日も笑顔いっぱいで活動開始としましょうか(^_^)



再任用制度も充実していますマネジメントコンサルティングファーム仲間募集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PRESIDENT 2017.4.3号のショック(@_@;)

2017-03-25 | つれづれ
読んでしまいました。
PRESIDENT 2017.4.3号
その80ページから83ページに衝撃の記事が掲載されています。

これから10年「消える仕事、儲かる仕事、新しい仕事」
という特集記事です。

その81ページ最後3行目から82ページ最初13行目までの要約をすると
ルールがはっきりしている仕事がAIに取って代わられやすく
将棋や囲碁もコンピュータが既にプロを上回っているのが現状。
これからもルールが明確な、例えば経理や会計はルールに従うべき仕事なので
AIに取って代わられてしまうでしょう。

これが金沢工業大学虎ノ門大学院
MBAディレクター 三谷宏治教授の発言要旨です。

いいのかい?
記帳代行になんか精を出していて?
税のスペシャリストだなんて言っていて?
数字を出す前の経営にAIが入り込めないという事を理解しないで?

経験値とルールに則った仕事は
経理会計業務だけでなく
車の運転手やパイロット
果ては大学教授や医者まで消える仕事と位置付けてます。

貴方の今の仕事は無くなりませんか?
私は「生き残る仕事」に既に転換してしまいましたよ<(_ _)>



未来は作るもの!より輝かしい明日を創りましょうマネジメントコンサルティングファーム仲間募集

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き残り確率50%の覚悟(新規創業1年後)

2017-03-25 | 危機管理
新規創業のお問い合わせが相次いでいます。
そして新規創業に至る方が相次いでいます。

安倍政権下最も力を入れている経済政策の一つが
新規創業者の増加です。

きっと経済政策が功を奏しているのでしょう。
しかし、新規創業時に心しておかなければならないことがあります。
それが生き残り確率です。

生き残り確率は以下の通りです(諸説あり)。
創業1年後  50%
創業3年後  20%
創業5年後  10%
創業10年後  4%

新規創業を目指している方にとっては悲観的とも云える数字です。

しかし、当社が関わる場合はかなり数字は異なります(肌感覚ではあります)。
創業1年後  99%
創業3年後  90%
創業5年後  80%
創業10年後  70%
あくまでも肌感覚です。
肌感覚ですが事実です。
それ位、きっちりした経営指導や資金繰りの指導が有れば
創業後数年間の苦難は乗り切れるのです。

創業者にとって必要なのは「的確なアドバイス」なのです。

今創業を考えているあなた。
的確なアドバイザーをお探しくださいね(^_^)



私たち以上の支援者はいないと自負していますマネジメントコンサルティングファーム仲間募集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加