日々改善

今日の問題を明日に残さない!問題解決を図って行く様をリアルに描写していきます。経営コンサルの視点で物事を見ていきます。

空(天気)は諦めきれるのに。。。

2017-01-15 | 自己啓発
周囲の人に求めたりはしません。
しかし、自分はそう在りたい、そうなりたいと思う事に
今、目の前に起こっていることをなんの自我も持たずに受け入れられるようになりたいのです。

そうなりたいと思って修行されている方々もたくさんおられると思います。
恐らくその筆頭が修行僧という事になるのでしょうが
自分自身は出家してまでそう在ろうと踏ん張るつもりもありません。

それでもそうなりたい。

今日は、日帰り東京出張を取りやめました。
先日来の日本に襲来しているこの冬最大の寒波のせいです。
飛行機が大きく乱れている。。。

昨夜JAL便の運航状況をメール貰い
今朝7時の受付と同時にキャンセルをお願いしました。
これも「悪天候を自分で受け入れその後の対処をした」からです。
もしも受け入れることが出来ていなかったら
恐らく欠航の対処をするどころか
小松空港のカウンターで「飛ばせ!」と言って大声を張り上げていたことでしょう。

空(天気)は、諦めて受け入れる(自らが対応する)ことが出来ました。
次は人に対して
そして自身を取り巻く環境に対して
受け入れられるようになりたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吾恨めしく天を仰ぐ

2017-01-15 | つれづれ
先ほどJALの運航案内がメールされてきました。

明日の東京行便そして小松帰着便
その双方が天候による運航調査中とのことで運行が微妙な状況のようです。

これでは予定通りの成果を上げられません。
したがって思い切って東京出張は取りやめとします。
(現在JALへの取り消し作業は終わっていませんが。。。)

明日は、新規お取引の契約予定だったのですが
残念ながら延期するしかありません。
先方に明朝事情をお伝えし延期することとします。

JALを使わなくてもJRで良いじゃないかと云う向きもあるかと思いますが
こちらの事情として、往復交通費を安く上げる都合上
JRのキップを取るのではなく航空券を手配していたのです。
飛行機だけにその手配も虚しく「宙に浮いた」形となった訳です。
(私のオヤジギャグを理解して頂き「クスッ」と笑って頂けるとうれしいです)

今日の出張延期によりこれから一週間の動きが変わります。

明朝は午前7:00受け付け開始のJALへの取り消し電話から始まりそうです。
もちろんそのあとは「雪かき」となります。

ふう。。。



冒頭の写真はネットからの拾いものです<(_ _)>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたを信じる!

2017-01-13 | 自己啓発
もう少しで大きな過ちをする所でした。
寸でのところで思いとどまることが出来ました。
まだまだ甘い自分。
人間としての未熟さを感じています。

私がこの世に残せるものは「モノ」ではありません。
残せるのは、「コト」です。
従って間違った「コト」をしでかすと後世にその汚点を残してしまいます。

私は私の人生を送っています。
決して私の親の人生や友人の人生
見知らぬ人の人生を送っている訳ではありません。
なのに自分の子供3人に対して私の人生を歩ませようとした瞬間が有りました。

今年57歳になるのに
父親を始めて28年目になるのに
まだ自分の子供に自分の人生の延長を求めていることに気付かされました。
したがって、自分の子供には自分の人生の肩代わりはさせないでおこうと思います。

周囲から見ると「冷たい親」という事になるのかもしれません。
しかし、相談相手になることは無限に出来ます。
今まで以上に相談相手になり
親子関係の中で頼ってみようと思います。

私は私の子供たちのポテンシャルを信じています。
チョッとやそっとでは崩れない芯の強さを信じています。
そして、限りない可能性を信じています。

今日の私ができること
それは、、、
自分の子供たちを信じる
「あなたを信じる!」ことなのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〇〇記念日

2017-01-09 | つれづれ
成人の日が終わろうとしています。

今年も各所で成人になり切れない子供たちが
「権利」を御旗に成人式を妨害していたようです。

「人生で一度しかないから目立ちたい」という意見を聞いて
成人式からもうすぐ40年経過しようとする人間は
「毎日が一度しかないんだよ」と思ってしまいます。

今日の一日
この瞬間は取り返しのつかない一瞬なのです。

したがってこの瞬間こそが〇〇記念日であり
精一杯生きるべき瞬間なのだと感じています。

「今の若者は、、、」など云うつもりは毛頭ありません。
ただ、未成熟な人格を見て
「本当にそれで良いの?」と思ってしまいます。
でも、窘(たしな)めたりはしません。
本人の自覚によるところが多いものについては
興味本位で遠くからあるべき姿を叫んでいても通じないことを知っているからです。

ただ、何かのタイミングで関わることが有るとしたら
「今の一瞬は取り返しのつかない一瞬なんだよ」と教えてあげたいと思います。

日一日にと少なくなっている自分の人生の時間を実感している身としては
今のその一瞬を大切にして欲しいと願うばかりです。

自分が楽しいではなく
周囲が楽しい
そんな自分になりたいと思う今日この頃です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷹の選択

2017-01-08 | 自己啓発
鷹(タカ)の選択という話を聞きました。

鷹は鷲(ワシ)の小型版の総称です(随分荒っぽい分類ですがお許しを)。
この鷹は長寿であることが知られています。
人間とほぼ同じ70年。。。

ただ、人間と大きな違いが有ることが云われてています。
それは40歳になる頃
足指の力が衰え獲物を掴むことが難しくなり
大きな翼は重くなり飛ぶこともままならず
くちばしも伸び放題
その伸びたくちばしは自信の胸に届かんが程の長さになると云います。

くちばしで獲物を取ることも出来ず
獲物を掴む力も弱まってしまう
そんな歳になると二者選択の決断をするというのです。

一方はそのまま何もせず死を迎える覚悟をする。
そしてもう一方は敢えて苦難の道を乗り越え蘇るという選択です。

ある鷹は後者を選びました。
生きるのに不都合になった鷹は一人(一羽)山の上に巣をつくり
自身のくちばしを崖の石に叩きつけ折り

新しく生えてくるくちばしを待った後
その新しいくちばしで力が無くなった足の指の爪を一枚一枚剥いで行く
更には、重くなった翼の羽根を一本一本抜き去り
新しく軽く力強いしなやかな羽根が生えることを選択します。

40年と云う人生(鷹生?鳥生?)を送って来た鷹は
新たな鷹となりそれからの30有余年を生きるというのです。

創業後1年間生き残る事業所は約50%
3年後で30%
5年後で10%
10年後で4%と言われています。

鷹は生き残りをかけ
自分自身を傷つけながらも再生し生き残ります。
じゃあ、人が作った事業所たちは、、、???

「昨日までとは何かが違った」と言ってブーブー言っている様では生き残れないですよね。
自分自身の経営にも「鷹の選択」を常に取り入れたいと思います。




鷹の画像はネットから拾いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加