映画とライフデザイン

大好きな映画の感想、おいしい食べ物、本の話、素敵な街で感じたことなどつれづれなるままに歩きます。

映画「甘い鞭」 檀蜜

2014-08-10 19:24:52 | 映画(日本 2013年以降)
映画「甘い蜜」は2013年公開の檀蜜主演映画だ。


石井隆監督フィギュアなあなたを製作すると同時にこの映画を撮っていた。檀蜜は連続出演だ。前作の出来からこの作品が楽しみだったが、こいつはかなりきわどい。いわゆるSM映画だ。にっかつポルノの谷ナオミ作品をこえるバイオレンスタッチである。
檀蜜もかなり頑張っているが、SMクラブの経営者役の屋敷紘子の苦痛に満ちた顔がなかなかいける。

不妊治療専門の女医奈緒子(檀蜜)には17歳の時の痛ましい思い出があった。彼女(間宮夕貴)は近所の男性に拉致監禁され、1カ月にわたって弄ばれ続けたのだ。心配する両親のもとに血だらけで帰ってきた。男を殺害して生き延びたのだ。
トラウマを抱えたまま成長した彼女は、医師である昼間の顔とは別に夜はSMクラブの売れっ子M嬢というふたつの顔を持つようになる。そこには変態のお客が次から次へと来ていたのだ。


17歳のときに監禁されたシーンと現在のSMクラブとのプレイが交互に映される。
少女が監禁した男に弄ばれるシーンはどうもしっくりこない。熱演だが、好きではない。

逆に檀蜜のエロティックシーン4つが強く印象に残る。

1.お風呂で自慰シーン
シャワーを浴びながら、15年前の監禁の時にもてあそばれたことを思い出す。そして悶えまくる。これはかなり大胆な自慰シーンだ。そしてそそる。檀蜜もテレビでチヤホヤされているだけで十分だと思うが、よくもまあ挑戦したと思う。
フィギュアなあなたではポールダンサーでエロティックな姿を見せたがエロ度は比べ物にならない。


2.エロ会社員から遊ばれるシーン
マゾヒストなので、一方的に鞭を打たれるばかりである。実際には痛いわけではない。それなりの痛さの鞭を使っているからだ。高級接待で来ている変態男たちは打たれると痛い鞭に変えさせる。苦痛でうごめく檀蜜だ。それだけで物足りないのではりつけにする。股を大ピらに開く。男たちがパイパンだよという。アソコの毛を剃っているのではなく、抜いている。そしてかわるがわる檀蜜といたす。
おいおい、これって本当だったらいくらするんだよ。10万円程度だったら実入り少ないよなあ。

3.SM逆転のシーン
SMクラブの経営者(屋敷紘子)は強烈なサディスト女性だ。私生活でも相当なサディストという設定、最初のシーンではひたすら檀蜜を痛みつけるだけだ。そこに登場するのが顧客の竹中直人だ。石井隆作品には欠かせない常連だ。彼は経営者に立場を逆転するように指示する。これはルールだからダメだと言っても、竹中はそれだったら帰ると言ってきかない。
ついに経営者が檀蜜に鞭で打たれる。このシーンがいい。屋敷紘子があまり豊かでないバストをあらわにしながら、苦痛にうごめくところがいい。竹中直人も楽しそうだ。


4.真正サディストに対する檀蜜
前に来た時は女性を半殺しにしたというお客だ。痛い鞭を使ってきつくいためつける。
前日コテンパンにやられた経営者は見て見ないふりをしているから客はやり放題だ。
ここで檀蜜はよからぬことを妄想する。。。。

さっきも言ったけど、一体いくら払えばこんなことできるんだろう??

なかなか残虐な展開だ。
石井隆はまだまだ健在
檀蜜の再出演もいいけど、屋敷紘子に暴れさせてみたいなあ

甘い鞭 ディレクターズ・ロングバージョン
エロの極致
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「野獣死すべし(195... | トップ | 映画「人情紙風船」 山中貞雄 »
最近の画像もっと見る

映画(日本 2013年以降)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。