エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

松陰と会津

2010-03-16 | 文芸
      
 昨日、所要ありて会津坂下まで行った。その折、塔寺の心清水八幡神社に参拝した。
神社参道に吉田松陰の「東北遊日記」の碑が建っている。神社に参拝するたびに読んでいた。
 
碑には「若松を発し、高久、坂下を経て塔寺に至る。行程三里廿四丁、皆平坦の地なり」など、
松陰の直筆本を拡大した銅板がはめてある。その脇に「吉田松陰東北遊日記碑文解説」の解説板が建っている。
 松陰は、嘉永4年(1851年)12月から4月にかけて、松陰が満22歳のとき、肥後藩士宮部鼎蔵らと東北諸藩を歴訪している。
旅のコースは
(江戸 → 水戸 → 白河 → 会津若松 → 新潟(出雲崎,佐渡) → 碇ヶ関 → 弘前→ 竜飛崎 → 青森 →
八戸 → 盛岡 → 仙台 → 米沢 → 会津若松 → 日光→ 館林 → 江戸 )
 心清水八幡神社を訪ねたのが1852年旧2月6日(今の暦で2/29)とある。
会津若松では、七日町の「清水屋」旅館に宿をとり10日間に渡って滞在し、日新館なども熱心に見学している。
松陰は山鹿流兵学をも学んでいて、当時の会津藩に惹かれるものがあったのだろう。
旅行に往きと帰り、2度にわたり会津若松を訪ねている。
----------------
会津あたりの記録には (嘉永4年12月)
廿九日 朝雪、已にして晴れる。
勢至堂を発し、坂を登り、少くして山巓に至る。是れを勢至嶺と為す。
嶺は磐梯山と対す。三代・福良・赤寸・原・赤井を経て、若松に宿す。
会津侯松平肥州の都なり。原・赤井の間に坂あり、黒守と為す。
赤井を過ぎて二坂あり、沓懸と為し、滝沢と為す。
滝沢は城外の村名にして、以て坂に名づけしものなり。
坂上より城市を下瞰すれば、一望瞭然、田野も又甚だ濶し。
土人云はく、十八万石許りと。果して然るや否や。
其の日、郡を経ること二、安積と曰ひ会津と曰ふ。行程九里
晦日 晴。朝少しく雪。井深蔵人を訪ふ。
蔵人既に没し、其の次子某と孫茂待つに逢ふ。
志賀与三兵衛・黒河内伝五郎を訪ふ、共に在らず、
伝五郎の子百太郎に逢ふ。
会津の法、
外套の紐の色を以て士人の等級を分かち、
衣の領の色を以て軽卒の等級を分かつ。
----------------
 『東北遊日記』による 『東北遊日記』の冒頭には、「有志の士、時平かなれば則書を読み道を学び、
経国の大計を論じ、古今の得失を議す。一旦変起こらば則戎馬の間に従い、敵を料り交を締び、長策を建てて国家を利す。是れ平生の志なり。
然り而して天下の形勢に茫乎たらば、何を以って之を得ん」と、心境を述べている。
また、「東北地方は東は満州に連なり、北はロシアに隣接する。国を治めるのには最も重要なところであるが、
自分は一歩も足を踏み入れたことがない。この機会を逃せば後に悔いを残すことになるだろう」という憂国の思いが認められているという。

戊辰戦争は、松陰が会津を訪れてから16年後に起こっている。
 長州と会津のかかわりに思いをはせた。

 
日記@BlogRanking
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 末娘の結納を祝う | トップ |  淡雪と宿雪 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当にすみません。 (マーヤンです。)
2010-03-16 18:31:52
長い間御無沙汰して誠にすみませんでした。御見舞いの言葉を頂いたのに、PCに触る気力のない日々が続いておりました。久しぶりにマッチャンのブロを懐かしく読ませていただきました。。おかげ体調も回復しましたので、気にいった「句」でも浮かびましたら時々書きたいと思っております。マッチャンの体調はいかがですか、お元気のようすで何よりです。
よかったですね。 (マッチャン)
2010-03-16 22:15:45
ひさしぶりのコメントとてもうれしかったです。
回復されてよかったですね。
マーヤンさんの句いつも楽しみにしていましたので、しばらく寂しかったです。
小生、元気に冬を乗り切りました。
暖かくなれば、自然に踏み入り、また運動不足も解消できそうです。
これからもよろしくお願いします。
マーヤンさんのブログにコメント入れました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。