エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

清々しい早春 心に刻みたい

2017-02-25 | 日々の生活

      

    

 朝、玄関を出ると、春を思わせる薄日に淡雪が静かに降りていた。庭先のハクモクレンに止まっていたヒヨドリが驚いて飛び立った。

春遠からじと思いつつも、一瞬、激しく降りはじめた雪に、見上げるスギの木やツバキの葉は瞬く間に淡い雪帽子をかぶった。

 

口ずさむ季節の詩は「早春賦」、ふと、春未だ浅き信州を思い浮かべた。

妻は信州安曇野の人、半世紀以上前の小学校の卒業式には、この早春賦を歌った覚えがあるという。

”春は名のみの風の寒さよ 谷の鶯 歌は思えど・・・”。口ずさむも、この歌は自分には音程が高過ぎるようだ。

詩歌をつぶやきながら、まだらな残雪の山々と芽吹きはじめた緑の織りなすさわやかな光景を思った。

信州も会津もさわやかな早春は変わらない。今年も、待ちわびたこの一瞬の季節の清々しさを心に刻みたいと思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒーブレイク

2017-02-23 | 日々の生活

今朝は、春近きを思わせる雨降りだが、低気圧通過後の数日の予報は雪模様だ。

リンゴの皮をついばみにヒヨドリ、しばし雪解けの雨の庭をながめながらコーヒータイム。

 

総会が終わり一息つく暇もなく、地区の会計業務やら、町内のこまごました仕事に追われた。

月末の役員会の会議資料もOK、ちょっと書斎の身辺整理などをしようか・・・・。

昨日は、日中陽も差したが、相変わらず寒かった。でもご近所のつららにも、何となく春を覚えた。

  

2歳半のすずちゃん、一人遊びも板についた。言葉も早い。純真さに癒されている。

  

人気ブログランキングに参加しているが、「昆虫写真」の部、特に気に積極的ではないが久々の一位にランクされ驚く。

シーズンでなく、テーマに沿った内容でないことに気が引ける。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

崎川浜を訪う

2017-02-17 | 日々の生活


列をなし緩やかに流れるコハクチョウ
おまえたちは素晴らしい
対岸の山々真白く麗し
この静寂
生きていることの喜びを共にせん

   

 

わずかにスズガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ    99%がオナガガモだ

          セグロカモメか   ユリカモメ

  

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春はそこまで

2017-02-14 | 日々の生活

午前中久々の晴れ間。

ヒヨドリが庭のリンゴの皮を啄みにくる。

 

   桐の枝を受け止めたハクモクレン

すずちゃんと,眩しい庭の雪で遊ぶ。

   

ようやく、遅れ遅れになっていたおひな様を出した。

すずちゃん、おはなししながらおひな様と遊ぶ。

  

 

時はゆっくり流れている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戊辰150周年記念 意義ある事業に

2017-02-13 | 日々の生活

 

 

 来年は明治元年から数えて150年、会津若松市では「戊辰150周年記念」の事業を行うと聞いた。

政府も記念事業を計画、かつての薩摩や長州での呼び名は維新、土佐でも「幕末維新博」を計画している。

会津ではやはり悲劇の戊辰が心の底にあるのだろう。

ときに手に取り文字をたどる本がある。会津人芝五郎の少年期の記録だ。

150年前のまさに騒然たる城下の様子や五郎少年の惨憺たる運命にいつも涙が止まらない。

「故郷の山河を偲び、過ぎし日を想えば心安からず、老残の身の迷いならんと自ら叱咤すれど、懊悩流涕やむことなし。」

自害せし祖母、母、姉妹を偲ぶ血涙の辞が物語っている。

この記念事業を観光振興だけに終わらせず、立ち止まって会津の教育に目を向ける機会にできればと思っている。

これから郷土をになう青少年に、あいづっこ宣言の精神と共に、

時の流れに薄れゆく戊辰の歴史や幾多の先人をもう一度しっかり見つめる機会として欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備えあれば

2017-02-10 | 日々の生活

心配していたキリの木の枝が折れた。

居間で寛いでいると「ドスン」と言う大きな音。

東の屋根の雪が落ちたか?・・・外を伺うと、窓先に枝が落ちているではないか。

よかった~。

万一を考え、車は桐の木の下には置かず被害はなかった。

またしても救われた。

雪が小降りになったので、早速チェンソウで処理した。

  

 何事3度、ということもある。気をつけたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンポポ博士の「タンポポ ハンドブック」

2017-02-04 | 自然観察

 

                                                    「タンポポ ハンドブック」(文一総合出版)

 

タンポポ博士保谷彰彦氏から,献本が届いた。すぐにメールで礼状を送った。

「素晴らしいハンドブックの上梓,誠におめでとうございます。

貴重な著書を献本賜り、協力者にまで名を連ねて頂き恐縮しております。

有り難うございました。」

何年か前になる、会津のタンポポを案内したことがあった。

そのとき、彼がカメラを林の中で落としてしまった。そのカメラを、後日ザベリオの生徒にもお世話になり見つけて送り届けたことがあった。
 

この度の出版は、文一総合出版から出た「タンポポ ハンドブック」だ。

〈商品説明〉

亜種や変種などを含め、日本で見られる約30種のタンポポ、および外来タンポポと雑種タンポポを、同定に役立つ情報と共に掲載。生育環境、生活の仕方、種子の残し方など、タンポポの暮らしぶりも紹介する。


きれいな写真でタンポポのすべてが紹介されていた。タンポポにこんなに種類があるとは驚いた。

じっくり勉強して見たいが、いつも身近に見かける雑種に興味があった。

今後も観察を続けてみたいと思っている。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珠玉の言葉に 勇気をもらう

2017-02-03 | 日々の生活


   トイレに相田みつをの日めくりカレンダーが掛けてある。

1日は”いまから これから ”、6日は”しあわせはいつも自分のこころがきめる”、9日には”やれなかったやらなかったどっちかな”と、毎日の珠玉の言葉に勇気をもらっている。 

 思い立ち本棚の彼の詩集4冊を手にした。

タイトルは「一生感動 一生青春」「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」

「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」「にんげんだもの」、

吹雪の一日、終日一つ一つの名言をかみしめた。

  詩集のあとがきにご子息は「書家でもなく詩人でもなく、人間相田みつを」、ひとりの裸の人間だったと述べている。

また、人間教育者・相田みつをは、子どもたちに「人の悲しみが分かる。人の心の痛みが分かる。そして人の命の尊さとはかなさが分かる。」そんな人間であって欲しいと語っている。

14日の言葉 ”なみだで洗われたまなこはきよらかでふかい”がいつも気になっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暴風一過 心配な桐の木

2017-02-02 | 日々の生活

夜中の風はひどかった。雨戸がかたがた揺れた。

今朝の新たな積雪は20cm程か、約100mの私道の雪かきをした。

ばーちゃんが萌えちゃんの登校が心配と頑張っているので、これくらい大丈夫だと言いながらも重い腰を上げた。

いつもスニーカーなのに、萌えちゃん今朝は長靴を履いて登校。

 

除雪を終え、桐の木を見上げると、折れた枝の幹の部分に亀裂が入っているではないか。

しばらく、下に車は止められないようだ。

昨日桐の枝を処分したせいか、足腰が痛い。でも、あれだけの仕事が出来る体力を褒めた。

若い頃からの剣道のおかげと思っている。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折れた桐の大木の枝

2017-01-31 | 日々の生活

  

  我が家の庭に桐の大木がある。四季折々に楽しませてくれる大事な木だ。

もう20年も前になるか、太い枝が折れ、2階の屋根の庇のスレートを直撃したことがあった。

以来何もなかったが、この冬初めて太い枝が数本、雪の重みに絶えられずに折れた。

雪が消えてからと、カキの木とハクモクレンに支えられていた太い枝だったが、最近大分下がってきたようだった。

心配でその下に車をおかないようにしていた。

日曜日、心配して真ちゃんが来てくれたようだが、生憎留守にしていた。昼前に陽が射してきたので、思い切って枝を落とすことにした。

脚立に登り慎重に切る位置を検討した。チェーンソウで、慎重に切断した。

太い枝の数センチを残したところで、支えていたハクモクレンの枝が折れた。

その瞬間、勢いで跳ね返ったハクモクレンの小枝が,我が顔面を鞭で打つように殴打した。しばらくは痛かったが、こんな事で良かったと胸をなで下ろした。

驚いたことに,太い部分は直径18cmもの枝だが、案外軽くて驚いた。

  

桐についてネットで調べると、比重は0.29とあり、バルサに次いで軽いことを知った。

あらためて「喜多方の会津桐の博物館」を訪問し勉強した。
http://kirihaku.com/seisitsu.html )

桐箪笥は嫁入り道具の一つだった。母の2棹の桐箪笥は今も兄の家にあるのだろうか。

生前か元気でいたときかは定かではないが、表面を削る修理で、目が飛び出るようなお金がかかったことを兄から聞かされたことがあった。

桐自体が持つ品位と、やわらかで温かみのあることで知られる桐箪笥だが、会津初代藩主の保科正之候の時、家老田中玄宰が産業奨励の為、

桐直樹や会津漆の伸展に努力したらしい。

 会津桐の特色として、 1. 木質が硬く、緻密である。 2. 桐材に、独特の粘りと光沢があり、柾目が素直である。

 3. 材色が銀白色で材が重い。 4. 年輪が明瞭であり、木目自体が太く、柾目がきれいに出る。 5. 他産地に」比べ、木目が非常に美しい。等が挙げられている。

また、火に対しては表面が焦げて炭化し、中までは火が届きにくいという性質を持っている事からも重宝されてきたようだ。

 我が家新築のころ既に太かった桐の大木,おそらく樹齢は7~80年になるのではないだろうか。

いろいろ心配もあるが、我が家を見守ってくれている大木と思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の風景

2017-01-31 | 日々の生活

    

 町内の路地の曲がり角にかき集められた道路の雪がうず高く積まれている。
少し気になったが、カーブミラーも良い位置にあり、左右の道路はよく見通せる。
 役員会の帰りに、あの雪を何とかしたいとの話しを聞いた。通学路で子ども達が危ないから、市へ何とか除雪をお願いしたいと。                                  通学路を変更した方が・・・。等との話しもあるという。「分かりました。連絡しておきます」と言ったものの、躊躇していた。
 先日も別の個所で、車が道路に出るときに見通しがきかないから、市へ依頼してくれと。
早速スコップを手に見に行ったが、道路維持課へ連絡する程ではないなと、雪山を少し削っておいた。                                                                 これくらい、自分たちで協力してできないのだろうかなどとも思った。

暖かくなればじき溶ける雪。ちょっとの間、車に気をつけ、滑らないように、安全に登校することも大切だ。
道路維持課には、いつも何かとお世話になっていてうるさがられていると思われるが・・・、ようやく電話することにした。                                                      ついでに、ゴミ収集車がUターンに利用している緑地の除雪も。

 一方、昨日、中央通りを走っていると、道路脇のさしてひどくもない雪の山にトラックを横付けして、雪を運んでいる光景を目にした。                                              ここは要らない、もっと危険な場所はいくらもあると思った。  市の話では、あれは国道で、県のお仕事と。
 

総会前の連日の会議、毎日何となく煩わしい日が続き頭が痛い。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた絵手紙に感動

2017-01-27 | 日々の生活

 

また、岡田さんの絵手紙に感動した。 
昨日、「スズツネ肉屋」さんにメンチカツを頼んでおいた。時間指定で受け取りに行き、揚げたてを頂いてきた。

ときどき食べたくなる特製メンチ、真ちゃん、あっこちゃんと我が家の孫たちの分20個だ。

寸時の待ち時間に,久々に岡田さんの絵手紙を拝見した。

すべてが前に見た絵と違う新作だった。鮮やかな色合いの豊かな絵と言葉とが,あまりに素晴らしい。

    

   

新聞記事が貼ってあった。 岡田さんはトドさんの義理のお兄さんだ。

  

この驚きの絵手紙については前にも拙ブログで触れた。 

 検索すると
http://blog.goo.ne.jp/tosimatu_1946/m/201408  の「 久々に 夜の巷へ」(2014-08-24)だった。

忘れていたが、桐屋の蕎麦会に誘われた折にこの絵手紙に出会った。

あれから、もう2年半の時が流れたのか。下はその折りの作品だ。

 


 絵手紙を鑑賞しながら振り返ると、トド伯父さんが温泉に浸かっている写真がいくつも飾られていた。

ときどき聞いてはいたが、トド伯父さんがここまで温泉通とは知らなかった。

信州の白骨温泉や小谷温泉、山形の肘折温泉に浸かる写真もあった。

トド伯父さんの豊かな生活を想像した。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ユリカモメの冬羽

2017-01-24 | 日々の生活

  変わった鳥を見た。ユリカモメを一回り大きくしたような鳥だ。

 図鑑を調べると、どうもセグロカモメのようだ。また、カモメ類は成鳥になるまで3~5年かかり、

年齢によって羽根の様子が違い、外見で年齢を知ることができることを知った。

カモメは  毎年定期的に起こる羽毛が生え換わり、換羽という。あのライチョウは3回の換羽をするというわけ。

 

   

     

  小型のユリカモメ      幼鳥1年の冬?

   セグロカモメか 

 

今日もいつものコース、赤井から崎川浜~笹山原~長浜をまわってきた。

赤井部落から ↓                                                        崎川浜 

    

   

大好きな景観 ↓     ↑                                                         ↓ 背あぶり山の風力発電所

   

   翁島

長浜は賑やかだ。 鳥インフルエンザを心配する看板の脇で、家族ずれがお米を撒いていた。

     長浜で

長浜は、ほとんどがオナガガモ、わずかにホシハジロ、キンクロハジロ、ユリカモメが仲良く集っていた。

   

今日も癒されて帰宅。いつも一人で水鳥を見つめている。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清々しい冬散歩

2017-01-19 | 日々の生活

 

結構歩いた。5キロは歩いただろうか。万歩計が欲しい。

町内会総会原稿の目処が立ち、暮れから心配していたAka先生を訪ねた。

短大図書館へ寄る。

    短大の 放射線のモニタリング

最近のエッセイ40編のコピーと、翁島の雪景色スケッチ,手土産を持参。

残念ながら,お留守。玄関先で奥様に近況を告げ辞去。

折角の陽光に誘われ飯盛山へ。めったに歩かない「いにしえ夢街道」を歩いた。

和田に「まちの駅 夢街道」なる店があった。店には会津の土産品が所狭しと並んでいた。

青、黄等カラフルな起き上がり小法師は最近見かけていたが、初めて見るデザインに驚いた。

また、彼岸獅子や女白虎隊の人形も展示されていた。

ときどきこの辺りを歩いている修学旅行の生徒を見かけるが、おそらく、格好のお店ではないだろうか。

 

 彼岸獅子 まちの駅 いにしえ夢街道

飯盛山は雪の中、観光客も訪れることはないのか、ほとんど階段の除雪もされていなかった。

快調に雪の階段を上り、白虎隊士の眠る墓へお参りした。

白虎隊士のお墓 

いつものように、容保公の弔歌碑を見つめた。 ”幾人の涙は石にそそぐとも その名は世々に朽ちじとぞ思う

 

年に何回かは訪れる飯盛山、眼下に城下町が広がり、遠くにお城が見えた。

                             ↓

 

あのとき、砲火に包まれたお城をみて,もはやこれまでと自害した少年たちを思った。

さざえ堂、や洞門により、若き先人に思いを馳せてきた。

   さざえ堂

  

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍結道路に融雪剤を撒く

2017-01-17 | 日々の生活

  神社前の90度のカーブの道路は危険だ。

今朝の最低低気温は-7℃,圧雪の路面はテカテカのアイスバーン状態だった。

登校時の交通安全指導をしているKaneさんからの電話、融雪剤をまきたいと。

朝早かったが、市の道路維持課へ電話、大至急処置して欲しいと要望した。

以前は町内会で準備したこともあったが、塩カルは結構高価だ。

数年前、融雪剤を神社脇に置きたいと市へ要望したが駄目、危ないときに市が撒いてくれる約束をしていた。

ときどき神社前に出向き今か今かと待った。9時過ぎに道路維持課で見に来てくれて、融雪剤を撒いてくれた。

  

市の到着を待つ間にも,通りすぎる車は、間違いなく1台づつ曲がり角で滑っていた。

上からの車2台が電通に接触、下からの車は1台が神社の石垣にぶつかった。

知っている車は最徐行するが、お構いなしに飛ばしてくる車は間違いなくすべった。

通る人も数人がオーバーに転倒、危ない状態だった。

それにしても塩カルの効果はすごかった。10分くらいで撒いた粒状部分の凍結路面がへこみ,ざけてきたではないか。

凝固点降下はすごい。塩カルの32%の水溶液は凝固点を-51℃まで下げるというデータがある。

町内会でも準備して、今朝のように冷え込んだときには子ども達の登校時に撒いてやることも必要だと思った。

 

一段落して、雑用があり、町内の何件かを訪ねた。良い日が当たり始め、雪の生活景色を撮った。

ふれあい体育館の桜の大木、幹部分が縦に裂けていた。枝に積もった雪の重みが原因のようだ。

   

我が家も、今回キリの大木の枝が何本も折れた。こんなことは初めてだ。大雪初日の湿った雪に、次々に積もったためだろう。

まじまじ見て、あらためて下に置いた車に被害がなかったことに安堵した。

ハクモクレンと柿の木が太う枝を支えてくれた。位置的に、直撃していればフロントガラスが割れていただろう。

 折れた太い枝  

 積雪50cm ドカ雪でないのでいい。 

一番寒い時期、家で震えているより、雪かきがほどよい運動になる。       すずちゃん、かなちゃんのお下がりのつなぎのスキーウエアーを着て。

総会資料ほぼ完成。総会までの3つの役員会会議資料も一気に作成。

ボランティア、ボランティアと、意味なく叫ぶ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加