エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

清々しい冬散歩

2017-01-19 | 日々の生活

 

結構歩いた。5キロは歩いただろうか。万歩計が欲しい。

町内会総会原稿の目処が立ち、暮れから心配していたAka先生を訪ねた。

短大図書館へ寄る。

    短大の 放射線のモニタリング

最近のエッセイ40編のコピーと、翁島の雪景色スケッチ,手土産を持参。

残念ながら,お留守。玄関先で奥様に近況を告げ辞去。

折角の陽光に誘われ飯盛山へ。めったに歩かない「いにしえ夢街道」を歩いた。

和田に「まちの駅 夢街道」なる店があった。店には会津の土産品が所狭しと並んでいた。

青、黄等カラフルな起き上がり小法師は最近見かけていたが、初めて見るデザインに驚いた。

また、彼岸獅子や女白虎隊の人形も展示されていた。

ときどきこの辺りを歩いている修学旅行の生徒を見かけるが、おそらく、格好のお店ではないだろうか。

 

 彼岸獅子 まちの駅 いにしえ夢街道

飯盛山は雪の中、観光客も訪れることはないのか、ほとんど階段の除雪もされていなかった。

快調に雪の階段を上り、白虎隊士の眠る墓へお参りした。

白虎隊士のお墓 

いつものように、容保公の弔歌碑を見つめた。 ”幾人の涙は石にそそぐとも その名は世々に朽ちじとぞ思う

 

年に何回かは訪れる飯盛山、眼下に城下町が広がり、遠くにお城が見えた。

                             ↓

 

あのとき、砲火に包まれたお城をみて,もはやこれまでと自害した少年たちを思った。

さざえ堂、や洞門により、若き先人に思いを馳せてきた。

   さざえ堂

  

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍結道路に融雪剤を撒く

2017-01-17 | 日々の生活

  神社前の90度のカーブの道路は危険だ。

今朝の最低低気温は-7℃,圧雪の路面はテカテカのアイスバーン状態だった。

登校時の交通安全指導をしているKaneさんからの電話、融雪剤をまきたいと。

朝早かったが、市の道路維持課へ電話、大至急処置して欲しいと要望した。

以前は町内会で準備したこともあったが、塩カルは結構高価だ。

数年前、融雪剤を神社脇に置きたいと市へ要望したが駄目、危ないときに市が撒いてくれる約束をしていた。

ときどき神社前に出向き今か今かと待った。9時過ぎに道路維持課で見に来てくれて、融雪剤を撒いてくれた。

  

市の到着を待つ間にも,通りすぎる車は、間違いなく1台づつ曲がり角で滑っていた。

上からの車2台が電通に接触、下からの車は1台が神社の石垣にぶつかった。

知っている車は最徐行するが、お構いなしに飛ばしてくる車は間違いなくすべった。

通る人も数人がオーバーに転倒、危ない状態だった。

それにしても塩カルの効果はすごかった。10分くらいで撒いた粒状部分の凍結路面がへこみ,ざけてきたではないか。

凝固点降下はすごい。塩カルの32%の水溶液は凝固点を-51℃まで下げるというデータがある。

町内会でも準備して、今朝のように冷え込んだときには子ども達の登校時に撒いてやることも必要だと思った。

 

一段落して、雑用があり、町内の何件かを訪ねた。良い日が当たり始め、雪の生活景色を撮った。

ふれあい体育館の桜の大木、幹部分が縦に裂けていた。枝に積もった雪の重みが原因のようだ。

   

我が家も、今回キリの大木の枝が何本も折れた。こんなことは初めてだ。大雪初日の湿った雪に、次々に積もったためだろう。

まじまじ見て、あらためて下に置いた車に被害がなかったことに安堵した。

ハクモクレンと柿の木が太う枝を支えてくれた。位置的に、直撃していればフロントガラスが割れていただろう。

 折れた太い枝  

 積雪50cm ドカ雪でないのでいい。 

一番寒い時期、家で震えているより、雪かきがほどよい運動になる。       すずちゃん、かなちゃんのお下がりのつなぎのスキーウエアーを着て。

総会資料ほぼ完成。総会までの3つの役員会会議資料も一気に作成。

ボランティア、ボランティアと、意味なく叫ぶ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

浸水騒ぎ

2017-01-15 | 日々の生活

 

 大雪の予報に反して、青空が見えきれいな陽が射した。

 数軒へ町のお知らせ文書を配布しながら、雪の風景を撮った。

 

 ミーちゃん宅 窓ガラス危なし

   街中

 短大

 鈴掛の実  妙国寺山門

 

町内に戻る帰路、消防車が止まっていた。

作業中のレスキュー隊員に聞くと、側溝が雪で詰まって浸水しかけているとの通報だったようだ。

上流は解決したようだが、下流で作業中だった。

  

ここは毎年心配なところで、側溝へ張り出す庭木の枝も12月の美化運動できれいに剪定したところだ。

消防、警察、市の道路維持課職員の作業に出くわしてから1時間半、我が家へ長い竹を取りに行き狭い土管をつついたりして手伝ったりした。

最後は道路維持課のKokuさんとOguさんに広い側溝の雪を取り除いていただき流れが戻った。

作業中は急に降り出した雪は、小糠と言うよりまるで精製糖のようで見る見るうちに積もり始めた。

今晩は合同役員会があるので、ついでにこの浸水騒ぎについて緊急回覧「雪を側溝に捨てないで」を回すことにした。

 

家に戻ると、ばーちゃんの報告を受けるまでもなく、車の上に昨日の枝よりはるかに太い枝が正に車を直撃していた。

幸い、ハクモクレンの枝に助けられ、車は無傷、本当に良かったと安堵している。

直径20cmはあろう雪の重みで折れたのだ。まだ雪の積もった枝がたくさんある。片付けようにもとても手に負えない。

雪が消えてからの仕事にすることに決めた。

   

災難続きだ。積雪はまだ40cmはある、明日まで寒波は続くらしい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

 生き方を見つめに 五合庵を訪ねたい 

2017-01-13 | 日々の生活

 昨日は終日雪。夜中も降り続き積雪50cmを越えた。久しぶりの雪降りだ。

車にキリの木の太い枝が落ちていた。約1時間の雪かきを終え、萌えちゃんの登校を見送った。

  

久々に激しく降る雪の中を、歩いて月に一度の検診に向かった。

病院の待ち時間はいつも長いが、落ち着いて読書ができていい。

今日、行き先立って選んだ本は中野孝次の人生論、久々に良寛に会いたくなったから。

血液検査の結果は案の上思わしくなかった。

ほとんど無い膵臓であれば仕方ないことだが、忘年会や新年会、おまけに寒さからの運動不足が原因、つまりは節制が足りなかったからと猛省している。

たしかに暮れから少し体調が悪く身体のだるい日が続き、さらに野暮用に追われて自分を見失う日々でもあった。

待合室で再読した良寛のこころや生き様を、久々に豊かに受け止めることが出来た。

本格的に降り始めた雪をぼんやり眺めながら、あらためて自分の生き方を見つめている。

若い私を惹きつけた良寛を思い浮かべている。

近いうちに越後の国上山へ雪の五合庵を訪ねたいと思っている。

   

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬晴れの磐梯

2017-01-09 | 日々の生活


毎日一度は窓から磐梯山を眺める。晴れて頂が見えると血が騒ぐ。湖に憩うコハクチョウが目に浮かび、うずうずしてくる。

そしていまの時期、秀峰をバックに羽ばたくコハクチョウの雄姿を撮りたい思いがある。

冬晴れの昨日、9時を過ぎたころ、磐梯を望むいつもの松林の浜にはコハクチョウは一羽もいなかった。

ほとんどオナガガモの集団が憩っていた。

彼らは、いつか餌付けされた思いがあるのだろう。静かに移動すると、ゆっくり歩く自分に漂いながらついてくるのがかわいい。

コハクチョウは食べものを見つけに朝早くに飛び立ったのだろう。

凍える手で厳寒の岸辺にたたずみながら、またも感動に震えて来た。

美しい水鳥群青の湖に集う水鳥を見つめるときは、いつも”あわれ切なし”だ。

またまた、筆舌に尽くせない美しい”白鳥の湖”にこころ揺さぶられた。

赤井で

崎川浜で

  

 松林の向こうに群青の湖が広がる

 途中、笹山原の小さな浜へ立ち寄った。 遠くにカモが浮かんでいた。 いつも変わらぬ麗しの松と湖水。

   

長浜に廻ると、多くの家族ずれが水鳥の群れにパンくずを与えていた。

鳥インフルエンザなどの心配は少しも感じられなかった。遠くにユリカモメの群れが漂っていた。

 長浜で

 

 

一夜明け、今朝はしんしんと雪が降っている。明日は荒れる十日市、週間天気予報も〈ゆきだるま〉マークが続く。

そのうち雪の湖にじっと漂うコハクチョウの姿を見に行きたいと思っている。

 

会津慈母観音越しに飯豊の山並みを眺めて帰路につく。 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動 崎川浜

2017-01-07 | 日々の生活

厳寒の湖水で 感動に震える。

 雪の季節には何度も猪苗代湖を訪ねている。

しばらくお日様を見なかったが、良い陽が当たっている。

明日からは、天気予報に雪のマークが続く。

雪の合間の冬の晴天、孫2人を預かる妻には申し訳なかったが、ハクチョウに会いに行った。

厳寒の浜に一人佇み、鳴き交うコハクチョウや漂うオナガガモを眺めては感動に浸った。

そしていつも、この純粋無垢な水鳥たちと共に大自然に生かされている幸せを思っている。

   

    

     

暮れに蜃気楼を見たが、今日は穏やかな日に対岸を眺めた。

紺碧の湖水に凛々しい磐梯が浮かんでいるはずだったが、中腹より上は雲の中。

でも、凍える手でスケッチブックを拡げ数枚を走り描き、余白にはいつもの感動を添えた。

"厳寒に立ち尽くす幸せ 涙あふるる感動 青き湖にコハクチョウ列をなし 緩やかに流れる 

大自然の使者よ しばしやすらぎ遊べ おまえたちは素晴らしい この静寂に生きていることの喜びを共にせん

この山紫水明の大自然に、また不思議な勇気をもらった。

水鳥たちとの別れの季節までに、孫たちにもこんな心揺さぶられる感動をして欲しいと思った。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「自然遺産こそ大切 小さな虫守りたい」 (年頭所感 その2)

2017-01-03 | 日々の生活

    

  初詣は猪苗代土津神社へ。
http://www.aizue.net/sityouson/inawasirophoto/miru-hanitujinjya.html
参拝を済ませ、少ない雪を踏みしめながら土津霊神之碑に近づいた。
健康を願い、「身体強固」のお守りを求めた。
お昼は家族全員14名が集い、賑やかな新年会を過ごした。
お年玉を交換して、乾杯! 新しい年の健康を祈った。
武くんは自宅へ戻ってしまい、集合写真は撮れなかったが、ゆっくり夕方まで過ごした。
妻は昨夜も遅くまで、今朝も早々と接客の準備に忙しかった。ご苦労様でした。

   こづゆhttp://www.aiaiaizu.com/aizuryori_m/ryori.html


みんな帰り、静けさが戻り、机に向かった。
気にかかるチョウやトンボの保護について思いをまとめてみた。

***************************
 自然遺産こそ大切 小さな虫守りたい 

 自然遺産の保全が今こそ問われていると思う。歴史、文化遺産が大切にされるが、自然遺産こそより重視されなければならないと思っている。/いつも、ふるさとの自然を見つめながら、数種のチョウやトンボの生息を危ぶみ、絶滅の危機感を訴えている。会津の大地に営々と生き続けて来たこれらのチョウやトンボは、いつしか全国的にも最も絶滅が危惧される種となってしまった。/歴史的遺構等の文化遺産の意義は認めるが、明日失われるかも知れないいのちを思うとき、時間がなく、いたたまれない思いに刈られている。研究機関等にも自然環境の保全のあり方やその実践を要請しているが、さほどの共感が得られず悲しくてならならない。/今年も、細々といのちをつないでいる愛おしい虫たちの保護のために知恵を絞り、実践していきたいと思っている。総力を挙げて、小さな虫たちのいのちを守りたい。一度失われたいのちは再び甦ることはないから。
 ***************************

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

年頭所感 

2017-01-01 | 日々の生活

 従兄弟宅へお歳暮に伺ったとき、冬の桜を見つけた。(蚕養町で12/21撮)                     

                   新年明けましておめでとうございます

                                                    平成29年 元旦      春らしい写真を載せる)

                                                                                                                                                                     

新しい年 の元朝、平成29年を、裏の八幡神社の本殿で迎えた。

町内会でご祈祷を受け、新しい年を清々しい気持ちで迎えた。

新しい年を迎えて1時間、今年の心境を記すことにする。いわば年頭所感か。

 

小生、新しいいのちをもらい15年目の新年になる。

家族みんなが健康で年取りができ、この上ない幸せな新年と思う。


病魔から救われ、すっかり変わった人生観、健康観で年を重ねた。

多くの周囲に助けられての新しい人生、誕生日を退院の日11月8日とした。あれから15年、なんとか中学卒業の歳までこぎ着けた。

予後不良の癌での苦しい闘病を経て何とか退院したが、そのときはあとわずかのいのちを意識した。

当時、この病根の5年後の生存率は0パーセントと聞かされていた。

休職が開け復職したが、その後数ヶ月で再入院、何度か入退院を繰り返た。

職場に迷惑がかかり、定年まで数年を残して退職した。無念だった。

その後4~5年、最後の手術でを受けた後、それまで始終苦しんだ発熱、炎症もぴたりと止まった。

その後多少の後遺症もあるが、今元気を取り戻し、里山巡りを楽しんでいる。
 

今年は高校進学の年、これから厳しい大学進学、そして社会人となり新しい人生を歩みたいと思っている。

書き終えた何冊目かの3年日記を前に、そんな健気な気持ちを後押ししようと、暮れに10年日記を準備した。

自信があるわけではないが、これからは金婚式、孫たちの成人式、できなかった旅行もできるかも・・・などと、楽しみな10年を夢見ている。

今年も健康に留意し、救われた人生をかみしめながらいろいろな夢を一つづつ楽しんで過ごしていきたいと思っている。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

忘年会が3日続いた

2016-12-21 | 日々の生活

恥をさらす、備忘録だ。昨日のこと。

普段は交際下手だが、お酒が進むと話が弾むタイプ。
いつも、あまり摘まずつがれるお酒を吞むタイプ。
ビールも初めの1っぱい、後は会津の日本酒だ。
糖尿にとっては、お酒はあまりよくない。
分かっちゃいるけど止められない。馬鹿さ加減を思い知ってる。

案の定、ちょっとおかしい。左腹に痛みを覚えた。
何年もなかった炎症か、微熱も出始め他にも疑える症状が・・・。
しばらくぶりの症状を勝手に判定、F錠とR錠を服用し朝を迎えた。

運動不足もあるのか知れない。近くの里山の池の周りを静かに歩いた。
帰路、小田山へ寄り、患部を押さえながら山道を歩いた。
ときどき見かけるようになったウラギンシジミの越冬する姿に会えるかも知れない。会えるはずはない。
先ず、木々の葉は既に丸坊主、越冬できるほどの寒さをしのげる場所などは考えられない。

清々しい空気を吸って、高台から市内を眺望すると、不思議と体調もよくなったような気がした。

             お城↓            

  

汗ばんできたスノー帽も、薄手のウオーマーも脱いで山を下った。

 

     

 

   

約2時間の冬の里山歩きから戻り、もう一度F錠、R錠を飲み静かに横になった。

このまま快方に向かって欲しい。

明後日、最後の忘年会がある。

1年を反省する。 大病で変わったはずの人生観だが、揺らぎ始めを大いに反省している。

今日は冬至、これから柚湯に浸かって元気を取り戻したい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おはようございま~す !

2016-12-16 | 日々の生活

 しばらくぶりに小学生の登校風景を見た。
朝のこの時間、ばーちゃんは小学校最後の萌えちゃんを市道まで見送っている。
じいは、いつも、二歳半のすずちゃん到着の時間なので家にいる。
今朝は、神社の交差点で登校交通指導をしているkaneさんに用事があって出かけた。
数日前積雪があったが、今日は大したことはない。でも厳しい寒さだ。
おはよう! 小学生の元気な挨拶が返ってきた。

  

  

知り合いの中学生にあったら、恥ずかしそうに声はない会釈が返ってきた。
短大生も、しっかり挨拶する子、会釈も返さない娘といろいろだ。
名も知らない通りすがりの人にも、おはようございま~す!
すぐに返ってくる返事は気持ちが良いが、たいていは返事はなく通り過ぎた。
小学生のような純真な挨拶ができなくなるには、いろいろ理由があろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猪苗代 コハクチョウ

2016-12-12 | 自然観察

                                             【  蜃気楼  

 

いつもより早い時間に、猪苗代湖の白鳥を写しに行った。

北海道の大雪、会津はうっすら積もった。滝沢峠はアイスバーンで恐かった。

いつも感動をもらっている崎川浜には、この時期結構いるはずの水鳥は皆無だった。

浜から対岸を望むと、蜃気楼が見えた。それほど高くはないが、湖水にビルの街が浮かんでいた。

絶景の磐梯は麓だけが明るく、雲に覆われていた。

湖水から離れた田にもコハクチョウはいなかった。

   笹山原

そうそうに切り上げ、翁島へ回った。

数十羽のコハクチョウの群が休んでいた。いずれは飛び立つだろうが、午後は用事もありその余裕はない。

    

     

    布引山の風力発電

湖水に沿って白鳥浜まで行ってみると、コハクチョウ数頭が林立する黄色いカヤの茂みから現れ、波立つ湖水にゆっくり漂い始めた。

  

      エナガ

 ハクセキレイ    ツグミ

 

 長浜は、観光客がパンくずを与えるので、オナガガモでいつも賑わっている。 

 オナガガモに混じってキンクロハジロが結構いたが、いつも見られるホシハジロやユリカモメ、スズガモなどは見つからなかった。。

  

 強清水の電光掲示板は、行きは-1℃、帰りは0℃の表示だった。ただ風が強く、手足が凍えた。 (2016.12.11)

 

〈かつての感動 2013.3.12 〉

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の雑木林

2016-12-09 | 自然観察

  

このところ、運動不足だ。

雪の積もる前に冬の里山を歩いて来ようと出かけるところに、予期せぬ旧友の突然の来訪、懐かしい話しに花が咲かせた。

午後は少し雲が出てきたが、2時過ぎに出かけた。

静寂の雑木林を歩いて冬を探した。

林に踏み入ると、落ち葉がカサカサと。冬の静寂はいっそう冷たい。

葉を落とした枝には所々に茶色い葉が落ちずに残っていた。秋に羽化したクスサンのマユだ。

丈夫な網の中に、蛾はどこから飛びだしたのか、羽化した抜け殻だけが残っていた。

でも、あの緑色したウスタビガのマユは見つけることができなかった。

 

   

セイタカアワダチソウの背丈の低い新しい花が未だ勢いよく咲いていた。その脇に、すっかり白い種をはじかせた綿状の実が夕日に輝いていた。

 セイタカアワダチソウ   ?

 枝に絡まったヒヨドリジョウゴや青い アオツヅラフジの実は風情が宝石のようだ。

 いくらか黒ずんだガマズミの実はいっぱい残っていたが、鳥は啄まないのだろうか。

 カリンかと思い近づくと、見事なキカラスウリだ。褐色のヘクソカズラやキク科の種も。なんだろうか。

    

        

  ヘクソカズラ 

   梅の木の枝に泥蜂の巣を見つけた。直径5cmほど、触ると硬かった。おそらく中には蛹がいるのだろう。確かめたい気持ちを抑えた。

   2,3頭の最後のアキアカネを見た。

 

 桐の花のつぼみが夕日に照らされ、もう春の準備も始まっていた。

   桐の種とつぼみ

 着込んで農道を歩いたが、雲が切れて夕日が暖かかった。

 1時間の散歩、陰ってぽつりと雨が落ちてきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮮やかなサザンカ

2016-12-07 | 日々の生活

 

   すっかり葉を落とし寂しくなった庭に、何本かのツバキとサザンカが鮮やかに咲いている。

   サザンカとツバキはよく似ているが、散り方が違う。サザンカは花びらが一片毎にパラパラと落ちるが、ツバキは花ごとぽとりと落ちる。

  また、わかりにくいが図鑑には、サザンカの葉にはぎざぎざが目立つがツバキの葉にはぎざぎざがないとある。

  また、図鑑では、今満開のサザンカはカンツバキと呼ばれる園芸品種のようだ。

  少し花びらが濃いのはヒオトメという種らしい。これから続々咲きそうだ。

  もう一つ、これもこれからが盛りだが、つぼみが赤みがかっていて咲くと花びらが白い花は何という品種だろうか。

  ツバキの方は白いシロワビスケが大木になり、夏の終わりから咲いていた。一時期いっぱい咲いたピンクはオトメツバキだ。

  今紅色に白い斑の入った大輪はベニアラジンかもしれない。

 カンツバキ   ヒオトメ  つぼみ   開きはじめ

    シャクトリ虫

  ベニアラジンと言う種類か?

カメラを持って 雪のちらつく庭を巡った。

 まだ残るヤマブキ   ヤツデ

 イチゴ紅葉  サラサドウダン

   ナンテン

 ブルーべりー   ヤブコウジ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴ヶ城 雪吊り

2016-12-01 | 日々の生活

金沢兼六園の雪吊りが有名だが、なかなか風情がある。

会津でも、本格的な雪の降る前の今の時期に、お城と御薬園の雪吊り作業が報道される。

きのう、午後は、地区文化祭関連と町内の会議があった。

寒い朝だったが、いい陽が差し始めたのでお城へ様子を見に行った。

本丸の松の木の一部に、もう雪吊りが施されていた。

  

 

  

太い丸太を軸にして、360度周りを荒縄で吊るリンゴ吊りだ。

これほどしないと枝折れが出るのだろうか。効果よりもとても風情を感じる冬の風物詩だ。

多行松の部分はまだだった。作業の姿を撮りたかったが、朝は早過ぎたようだ。

  

博物館前で、県職員だろうか、松葉を採取していた。訪ねると、松葉の放射性物質を分析するという。

その足で、会津大へ。最後のアキアカネのペアが日向ぼっこ。

エコの池にはカルガモが浮かんでいた。

  

  

 

 

  

 

忙中の閑、大いに癒されるひとときとなった。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪苗代湖周辺の 貴重な水生昆虫

2016-11-26 | 環境問題

 

午後1時、猪苗代町で開催された「猪苗代湖・裏磐梯湖沼水環境保全フォーラム」に参加した。

   

 日頃、猪苗代湖周辺の池沼を巡りながら、絶滅が危惧されているトンボの保護を訴えていたので、

この地域における底生動物相についての福大の塘教授の講演は実に興味深いものだった。

驚いたことに、この地区での調査研究は始まったばかりだと聞いた。

今後、詳しい調査結果から生息の実態や問題点が指摘されるだろうが、

それを待つまでもなく貴重な水生昆虫トンボ類の保護は一刻の猶予もなく、その具体的実践が急務と考えている。

文化遺産も大切だが、例えば猪苗代湖周辺の貴重な水辺環境などの自然遺産にもっと目を向けなければならないと思う。

時を同じくして、福大に新設計画の農学類に4つの教育研究領域が発表された。

その中の1つ「循環・環境学」に期待している。

そこでは、特に経済と結びつかずとも、是非とも自然保護を中心に据えた学究的な研究内容を期待したい。

 **************************

フォーラム前の午前中、久々に崎川浜へコハクチョウを見に行った。

赤井部落を過ぎると、田んぼに群をなして休んでいた。わずかに残る水辺で何かを啄んでいた。

崎川浜には、白鳥は全くいなかった。オナガガモも少ない。まだ、これから渡ってくるのだろう。

田んぼの落ち穂や草などを食べているようだが、昨今のコンベアーでの刈り取りでは、ほとんど落ち穂はないだろう。

よく、コハクチョウが湖で逆立ちして潜っている光景を見るが、あの長い首はそのためだろう。

数年前からは鳥インフルエンザ発生のため、近づいてのエサやりは止めようとなった。

以来、崎川浜でもエサやり風景はないようだ。でも、最近長浜ではパンくずを売っていて、エサやりが見られるようになった。

田のコハクチョウを見ているとかわいそうで、玄米でも持って行ってやろうかとも考えているが、本来は野生のままにすることが必要らしい。

  

 

  崎川浜 オナガガモも少ない

   

 愛おしい水鳥にふれあい、諸々の感慨に打たれた。   時間も来たので、一路、猪苗代のフォーラムへ向かった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加