モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

水戸戦の報道等から

2016-06-27 12:14:15 | モンテディオ山形
まぁ、ホーム3連戦を3連勝と意気込んだ初戦で前半いきなりの2失点ですから、
追いついたとは言え、なかなか厳しい評価ですね。


水戸戦は、いろいろこれまでもターニングポイントになってきました。

2012年は、アウェーで終了間際のシミケンのポロリから同点弾を決められドロー。
これが、上位から転げ落ちるきっかけ?になりました(汗)

2014年アウェーでは、前半早々、4バックを3バックに変更し劇的な勝利。
これをきっかけに、3バックを確立してプレーオフ昇格を決めました。


今回、こういう形でドローとなりましたが、
前半のグダグダから、優平、大黒、荒堀投入での2得点。
もしかしたら、また何かが変わるきっかけかもしれません。

大黒も言っていたように、
自分が裏をつきまくることで、DFがバランスを崩していると。
特に、昨日のディエゴの得点シーン、数少ない左足のフリーの形が作れたわけですから、

これも大黒効果だったかもしれません。

そして、翔太の同点シーンも、荒堀からのセンタリングも良かったですが、
大黒が前にいて、相手のバランスが崩れていたかもしれません。


この辺で、
大黒、優平を頭から使う選択肢も出てきたか。

何かを変えるきっかけになればいいですね。


それにしても、
水戸は、しっかりしたチームでした。
あれで、札幌くらいの技術があれば無双かもしれません。
皆、ここぞというところで走るし、
カウンターが気持ちよいくらい決まってました(ウチが悪かったかもしれませんが)。


結果が出ていないのは、後半疲れが出て、守備の戻りが遅くなっていたことと、
やっぱり、攻撃の精度でしょうか(ギシさんが良かったというのもありますが)
雄斗が、昨年水戸で躍動したのもうなずけますね。


ユルキが交替枠になってしまいましたが、
ユルキ自体のせいではなく、
高木も伊東もそして川西もよくありませんでした。
というか、いつもの出来でしたというべきか。

チャレンジは悪くないですが、
それも守備がしっかりしていることが前提です。

昨日のように、ビハインドの場合は、
少し視界を変えて、荒堀の言うように、
サイドチェンジも使えればなんでしょうけどね。

いろいろ考える試合ではありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20節 対水戸 2-2 後半ディエゴ、川西のゴールで追いつく!

2016-06-26 21:23:21 | モンテディオ山形
人間とは現金なもので、

2-0から2-2では、負けたような気がして、

0-2から2-2では、なんとなく得した気分になります。

ずるいですね(笑)


とにかく、守備に問題だらけの前半でした。

セットプレーから、完全にフリーでのゴール。
そして、左サイドのセンタリングから、また、完全にフリーでのゴール。

水戸の攻撃がしっかりしていた、というよりも、
ウチの集中力が欠いていたとしか思えない完璧な失点でした。
こういうやられ方、久しぶりです。
特にセットプレーは。

やはり、広大の穴は大きかったか。
あとは、川西のボランチの限界が見えたか。

後半から、大黒、優平が出ることは、前半途中からのベンチの動きでわかりましたが、
交替は、陵平と川西だと思ってました。

でも、川西ではなくユルキ。

そして、川西が同点ゴールを決めたのですから、
監督の采配ピタリというところでしょうか。


ディエゴのミドルも、川西のヘディングも見事でしたから、
なんとなく、悪い気分ではなかったのですが(笑)、

それにしても、前半の出来の悪さといったら。

救ってくれた、ディエゴ、川西ありがとう。


運動公園の銀杏並木。夏至を過ぎて、いよいよ緑が濃くなってきました。
夏ですね~


今日は、気温が上がらず、風もありました。少し寒いくらいでしたね。


中央広場も緑一色。


さくらんぼは最盛期ですが、風が強くて大変そうです。


水戸サポさん、今日は出島での応援です(いつもか)。人数も揃って迫力がありました。


その後方の山々。今日は少し寒そうです。


スタンドから西の空。晴れ間もありましたが、変わりやすい天気。


さて、水戸のスタメンにはロメロ。


そして、サブには萬代がおります。パチパチ。


出停の広大の代わりには栗山。


サブGKはトミー。


そして、あら荒堀がいきなりサブ入りで、試合にも出ました。


今日は全農プレゼントマッチ。ミスさくらんぼさんですか。


ディーオも気合十分。


今日のスタメン。


今日のギシさんの儀式の相手は栗山(笑)


ロメロ、相変わらず、センスのいいプレーをします。


前半、CKの攻防。


後半、劣勢を跳ね返すべく、頭から、大黒、優平の二枚替え。


今日は、田代が何度も痛みました。根性あります彼は。


優平のFK。今日は、同点止まりまで。


試合後、ギシさんとロメロ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EURO 2016 アイスランドの躍進

2016-06-24 12:17:41 | モンテディオ山形
こういうネタ、好きですねぇ。

アイスランドって、
人口30万でプロサッカー選手100人だそうで。

人々の心を鷲掴みにするのもわかります。

決勝トーナメントは、イングランドと対戦。

やりにくいでしょうねぇ、イングランド。


Wカップで、オランダがスペインを破った時の戦い方もそうでしたが、
戦術を忠実に遂行できれば、そして全員がハードワークすれば、
ジャイアントキリングは可能ということですね。


う〜、早くウチもそういう境地に行ってもらいたいですね。
2014は、それができたのですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イケメン補強 ク・ボンヒョク キタ━━━(゜∀゜).━━━!!!

2016-06-23 12:15:15 | モンテディオ山形
昨日、ウインドーの話をしていたばかりなのですが、
早速、補強情報来ましたね。


ク・ボンヒョク(18)。

・・・また、育成枠か〜〜〜い(笑)

監督、どんだけ、鍛え好きなんですか〜。


しかも、小顔のイケメンて、
フロント、どんだけ、女子のハート掴めば気が済むんじゃ〜。
どうみても、松岡にしか見えないし〜(笑)


中盤の選手は、余ってますからねぇ。
当面、永藤の次あたりのポジションでしょうねぇ。


もしかして、イシさん、
今年、来年で、一気に世代交代を図ろうとしてるな。
今年は、ザキさん、ナカシ、バン、ニシあたりをバッサリいったから、
来年は・・・おっと。

2017モンテは、こんなん狙ってるんじゃ・・・(妄想)

GK トミー
DF ヤマ、ホガン、広大、ジェスン
MF ユルキ、優平、川西、伊東
FW 永藤、雄斗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 夏のウインドー

2016-06-22 17:43:25 | モンテディオ山形
鳥栖の坂井が長崎ですか。
DF欲しかったなぁ〜(しみじみ)


さて、次節水戸戦は広大が累積で出場停止だそうで。
替わりは、栗山でしょうが、
ホガンとかどないなっとるねん?まだ使い物にならんのか?(関西人ならきっとこう言うでしょう)

相手に狙われまくりでズタボロ状態の左サイドですが、
ジェスンはどんな感じなのでしょうか。

どちらも、監督の中では、育成枠なのかなぁ。


まぁ、
鍛え上げることに情熱を燃やすイシさんですから、
コマ(だけ)は十分にいる今の状態では、大型補強はないでしょう。


前線も、最後の精度は恐ろしく落ちるけれども、
もしかしたら、確変するかもという可能性で、
このままかなと。


個人的には、
ローザをJ3あたりに送り込んで、経験を積ませて(レアンドロがウチで確変したように)、

その代わり、即戦力のブラ人を一人くらい獲って欲しい感じではあります。


それと、
やっぱり、ピッチ内で選手を鼓舞する闘将が必要です。

今のピッチ内は、どうもユルイ(笑)

ギシさんは、後ろからしか声出せないし(チラベルトぐらいやってもらっても良いのですが)、
アルセウは、鬼軍曹ではありますが(汗)、周りを鼓舞できる選手ではありません。
欲しいのは、2014で言えばザキさんとか、バズのような、プレーでチームを鼓舞できる選手。

松岡も本来この部類ですが、
どうも、最近、お笑い系にキャラが定着してしまってるので・・・


そこで、
例えば、群馬の松下のような選手が欲しい感じです。


ベンチにいても、ピッチを鼓舞できるような選手。
梅鉢もこの部類ですが、最近サブにも入らないし。


でなければ、
早く、ユルキがスラムダンクの流川みたいに、背中で引っ張る選手になってほしいです。


伊東、川西、高木は、なんとなく、引っ張るイメージがないんで(汗)



ふぅ、誰かいないかなぁ〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本戦の報道等から

2016-06-20 17:21:43 | モンテディオ山形
松本から初黒星。
という見出しもありました。

正直、なんで今まで負けてなかったのか、
たぶん、相性とかじゃなくて、たまたまお互いのチームの好不調の時期に当たっていたということだけだったのでしょう。

今回は、普通に松本に負けたという感想です(汗)


千葉といい、松本といい、
力のあるチームとは、これぐらいの差があるという現状だと思います。

何度も書いているように、
今の守備のレベルでは、スコアレスに持っていくのは至難の技かと思います。

ですから、
やっぱり、得点取らなきゃですね。

そういう意味で、今の精度を上げるしかない我がチームとしては、

松本戦での攻撃のチャレンジは悪くはありません。

ユルキが、果敢にユルキゾーンから仕掛ける時に、
誰がDFの裏を取るのかとか、

バイタルで、陵平、ディエゴがボールを収めたときに、
誰にボールを預けるのかとか。

そういうところの精度が高まれば、
応援しているほうの、ストレスも減ってくるのかなと感じます(笑)


川西も、かなりボランチに慣れてきた感じで、
攻め時のポジショニングも、かなり良くなっていると思います。
前にも書きましたけど、G大阪の遠藤みたいな位置取りができているように思います。

あとは、センスの問題でしょうけどね〜(汗)


上位とは、かなりの差になっておりますが、
一皮向けるのにもう少しという感じなんですよね、前線は。


また、チャレンジ続けましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第19節 対松本 0-1 粘りの守備も最後力つきる。

2016-06-19 19:58:21 | モンテディオ山形
相性抜群の松本なので、
何とかドローに持ち込めるかと思いましたが、
そうは甘くありませんでした。


選手も気持ちが入って、
いい試合展開でしたが、
最後、集中力が切れました。


今のチーム状況をよく表した内容でした。

まぁ、
よく守ったけど、
全く攻め手がなかった試合でした。


上位に行くには、
全てが足りないということでしょう。


個人的には、
なんで大黒じゃなくてローザだったのか、
そこに尽きます(笑)

ローザも相変わらず、
全く怖さがありませんから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本戦に向けて

2016-06-16 12:21:25 | モンテディオ山形
2日間のオフをはさんで、
昨日からまた練習開始ですね。

千葉戦の惨敗を引きずることなく(?)、
讃岐戦を逆転勝ちした我がチーム。

しかも、順位も10位にホップアップして、
選手もほっとしているのではないでしょうか。


・・・そこが問題です(笑)


そういう時は、次節は必ず負けます(汗)、
大体、ウチはそうなってます。


しかも、次節の相手は松本。
相性が良いなどと言ってる場合じゃありません。

間違いなく、やられます。


ということで、
次節は、引き分け狙いでどうでしょうか。

・・・許されませんね(笑)


しかし、千葉戦のような戦いをしてはいけません。
ギシさんが、「相手をリスペクトしすぎた」と言ってましたが、
リスペクトとは、この場合「=ビビる」と訳します(笑)


勝ちに行くのに、ビビッてどうしますか。


ここで、皆さんで4つの呪文を復唱しましょう。


「ハードワーク」、「セカンドボール」、「球際」、「切り替え」


いいですか、これをくれぐれもお忘れなきよう!


・・・でも、バスのFK怖いなぁ・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

讃岐戦を振り返って

2016-06-15 12:14:53 | モンテディオ山形
讃岐戦は、結果が全てでした。

改めて、順位をみると、
勝ち点的に、9位山口までと、10位以下がはっきり別れてしまいました。

現在の実力の差だと思います。

確かに、ホーム札幌戦、引き分けだったけど、
札幌の選手の技術しっかりしてましたもんね。
家族も、「札幌はJ1みたいなチームだった」と言ってましたっけ。

ここにきて、その辺の色分けがはっきりしてきたかもしれません。


ウチは急に10位にジャンプアップしましたが、
下位まで全くの団子状態です。

リーグ戦折り返しまで残り4試合、
首の皮一枚で、なんとか中位に残っている感じです。


しかも、
次節からは、松本、水戸、山口、熊本と、難敵が続きます。
まさに、崖っぷちから這い上がれるのか、試される4試合かと思います。




なんて、また煽ってしまいましたが、
個人的には、今シーズン、そんなにキリキリしながら応援しなくとも良いかなと思っています。

まぁ、現状として、攻撃に可能性は感じるものの、今の守備力では、
戦国J2を勝ち抜くのは厳しいと思いますし。

讃岐戦も、
申し訳ないですが、林の得点は讃岐の守備の緩さです。
そして、ウチの失点シーンも含め、どちらもレベルが残念ながらJ2でした。

もちろん、ユルキのゴールは、これはJ1レベルといっても良い素晴らしいものでしたけどね。


戦力的に、2014年よりはバージョンアップしているとは思いますが、
それが、勝ちきるチームとして機能していません。

ですから、
機能するまで、待つしかないと思います。


攻撃陣については、
最近の形を、変えようとしてないところをみると、
監督も、結構、こういう形が好きなんじゃないかなと思います。


それが実を結ぶまで、もう少し、待ちましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

讃岐戦の報道等から

2016-06-13 12:18:20 | モンテディオ山形
北野監督のコメントなども見ると、
こちらが思っている以上に、
讃岐さんは、ウチに苦手意識を持ってたんですねぇ。

しかし、讃岐は確実に強くなってます(てか、以前から弱いと思っていませんけど)。

昨日の試合では、特に後半、
ウチのサイドの弱点もありましたが、
ボランチからテンポよくPA付近までボールを運んでくる迫力は、
他のJ2チームより上です。
馬場の得点も、まさにそういう攻撃からでしたし。

ここ数年で、間違いなく昇格へのチャンスはくると思います。


ところで、
なんでも、今シーズン追いつかれてからの勝利は初めてだそうですね。
おめでとうございます。
でもやっぱ、勝負弱かったんだ今年は。

前節の惨敗の雰囲気を一掃する勝ち。
どんな形であろうと、勝ちは勝ちですから、
選手は素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

順位も、15位から10位にジャンプアップしたそうじゃありませんか。
パチパチパチ。


そんな、祝賀ムードに水を差すつもりは毛頭ありませんが、
勝って兜の太田徹郎。
現在の、チーム状況は、広大のコメントが的確に表していると思います。

「全てにおいてアクションが足りてないですよね。攻撃においてのアクションも足りないし、守備においてもアプローチのスピードも上がらないし。ゴール前での精度という点では、攻撃も守備も隙が多いし。連戦だししんどいかもしれないですけど、そこの際のところでいかに集中できるかで勝敗が分かれてくるので、もうちょっと厳しくやらないと駄目かなと」

まさに、我々のモヤモヤ感を吐露してくれました(汗)


広大のコメントは、ベガルタ魂と言えるところだと思います。
鳥栖の戦い方にも同じことが言えると思いますが、
そういう、負けちゃいけないところでいかに頑張れるか。

まさに、ウチの2014シーズンの後半の戦いがそのとおりじゃないですか。


我々、もう一度、そこに立ち返らなければならないかなと。

ザキさん、バズと魂で戦えるような選手が必要です。
バズ、カムバ~ック(遠い目)


あ、次節はそのバズと戦うんだった(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加