モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

さて、J2開幕2日前

2018-02-23 20:44:58 | モンテディオ山形
今年は、本日金曜日J1開幕なんですね。1試合だけですけど。

先週までは、数年来の大雪に閉口していましたが、
あっという間に、サッカーの季節到来となりました。

ところで、
毎年楽しみにしている、某サイトの順位予想。
ユーザーからの投票なので、客観的なデータというより、
ほぼ「人気投票」となっておりますが、
それでも、データが揃うと、面白いものです。

例年、実力以上?の評価をいただいて、少しむず痒い感じがしていた我がチームです
が、
今年は、やっと実力どおり?に収まった(笑)結果となりました。


結果は、
1位 大宮
2位 千葉
3位 甲府
4位 新潟
5位 松本
6位 福岡
7位 徳島
8位 東京V
9位 横浜C
10位 大分
11位 岡山
12位 山形
13位 京都
14位 金沢
15位 町田
16位 山口
17位 愛媛
18位 熊本
19位 栃木
20位 岐阜
21位 水戸
22位 讃岐

となりました。

もう少し傾向を詳しくみると、大きく、次に分けられます。
※【】内は個人的に勝手に命名。

第1グループ【自動昇格争い】:大宮、千葉、甲府

第2グループ【PO争い】:新潟、松本、福岡、徳島

第3グループ【スキあらばPO狙い】:東京V、横浜C、大分

第4グループ【一発当たれば上位に行くかも争い】:岡山、山形、京都

第5グループ【気を抜くと残留争いに巻き込まれそうな争い】:金沢、町田、山口

第6グループ:【おいおい、しゃれにならんぞ残留争い】愛媛、熊本、栃木、岐阜、
水戸

第7グループ:【自動降格争い】讃岐

この順位予想の傾向として、毎年、千葉、山形、京都の評価が高くなるのですが
(笑)、
ウチと京都は、ここ数年相当期待を裏切ってきた結果が今回の順位か(笑)。
しかし千葉は相変わらずの戦前高評価。

ウチは見事に中位グループに巻き込まれました。
まぁ、この2年間の成績と、今年の補強具合からすれば、客観的にはこんな感じか。

讃岐は、何がそんなに評価下げているのかわかりませんが、一種の風評被害?
シミケンがいれば、もっと上の順位だと思いますけどね。

でも、昨年の長崎だって、一昨年の札幌だって、
この予想では、10位以下の予想だったし、
まぁ、気にせずに応援しましょう(結局、何なんだ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アランマーレ 17/18シーズン 5位で終了 江川得点王、柳沢ブロック決定本数1位

2018-02-20 17:15:19 | プレステージアランマーレ
そろそろ、蹴球のシーズンが到来しそうなので、
その前に、排球の総括などを。

アランマーレ。
大エース 佐藤綾が抜けたチームが、どう生まれ変わるのか?

シーズン前の興味は、その1点に絞っておりました。

正直、勝敗云々よりかは、チームとして機能するのかな?
という心配(笑)


しかし、ふたを開けてみると、
江川、柳沢、浅川、新キャプテン田村の成長、
プラス、新戦力木村の大活躍で、一気に昨年のチームを超えてました(笑)

もちろん、勝敗という意味では負け越してしまいましたが、
昨年にはない、全員で守って全員で攻撃、
そして何より、自分が求めている「美しいバレー」を何度か展開してくれたと思いま
す。

自分が望んでいる「美しいバレー」とは、簡単に言えば「流れ」「ストーリー」のあ
るバレー。
崩されて、相手ペースで、打たされる攻撃ではなく、
自分たちの意図する、コンビバレーを、どんな場面でも発揮できる事です。

例えるなら、2003年のパイオニア。
話せば長くなりますが(汗)、ざっくり言えば、フールマン、レオ、マッチョさん、
吉原、多治見を、セッター内田が自在にコントロールし、どこからでも意図するコン
ビバレーができたチーム。
その流れるようなバレーは、見ていて鳥肌が立ちました。
付け加えるなら、2005年も素晴らしかったですが、この年は少々パワーバレー傾向が
あって、その中でも、オポジットの江口が美しいバレーを体現してくれました。ちな
みに江口は、パイオニア史上№1オポジットだと思います(余計)。

話は戻りますが、
残念ながら、今シーズンは、酒田大会、天童大会しか応援できませんでしたが、
酒田大会は、どうしても「打たされる攻撃」の場面が多かったです。
それは、浅川の対角がどうしてもハマらなかったのが原因と感じていました。

しかし、天童大会では、
そこに、「救世主」木村がピッタリとハマったように思いました。
「拾って繋いでサイドアウトを取る」という、磐石の攻撃ができていたと思います。
ここが機能すると、センター線も使いやすくなって、攻撃の幅が広がりますから。


もちろん、勝敗にこだわることも大切でしょう。
でも、強いチームを応援するのは、パイオニアで十分体感しましたので、
自分は、アランマーレにそれを求めてはおりません。

この限られた戦力で、どれだけ、意図するコンビバレーを体現できるか、
それだけを楽しみにしております。


そして、今シーズンは結果として、
江川が得点王(総得点、アタック決定本数)となり、柳沢がブロック決定本数1位、
戸田も2位となりました。

これは、個人的には望外(藤井6段のマネ)の結果。


とにかく、リスタートとしては素晴らしいシーズンだったと思います。

田村を中心として、江川、浅川、戸田、柳沢、そして新戦力の木村、川満、本間、北
村。
もちろん、他の選手も、今後の活躍を期待しています。


ありがとうございました。
やっぱり長くなったなぁー。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

古部の加入とかジャイロの怪我とか

2018-02-19 11:34:38 | モンテディオ山形
平昌オリンピックの熱戦で、意識がそちらに行っておりますが、

週末は、非公開でTGがあったとか。
そして、昨日もトレーニングが非公開に。
いよいよ、開幕が近づいている感じがします。


ところで、ジャイロはやはり長期離脱となってしまいました。
そして、時を同じくして古部の加入も発表。

なんとなく、古部の話題で、ジャイロの離脱ショックを少しでも薄めようという、
チームの苦労が感じられるような・・・(汗


ジャイロの離脱は確かにショックですが、怪我は不可抗力の面もあります。
彼自体は、チームの副キャプテンとして責任感もあるようですし、
ここは彼の怪我の治療を祈念しつつ、見守っていきましょう。


逆に、雨降って地固まる(いやまだ雨は降っていないでしょうけど)で、
チームに一体感が生まれるとしたら、幸いかもしれません。


そもそも、モンテのような地方のチームは、
経営的に他を圧倒するような戦力は保持できません。

そこを、うまくやりくりしながら、一体感で勝ち上がっていくのが、
我々のようなチームの醍醐味でもあります。

昨年の長崎だって、経営難で開幕から調子の上がらなかったチームが、
高田社長の就任で見事に一体感が生まれての快進撃。

2008年、2014年のモンテだって、開幕から調子が良かったわけではなく、
あるきっかけで、チームに一体感が生まれての昇格だったと思います。
2008年でいえば、ホーム開幕岐阜戦で3-5で完敗してからの、守備の再構築、
2014年でいえば、水戸戦での3バックへの変更とかですね。


今年は、そうなるチャンスのような気もします。


でも、まずは、古部、最終ラインを救ってくれ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TG 対城南FC 0-0

2018-02-15 12:15:50 | モンテディオ山形
昨日は、Kリーグ2部の城南FCとのTGでした。
城南といえば、昔ACLを制したこともある強豪。
経営者が変わって?、現在は2部のようですね。

試合は、0-0のようですが、なかなか厳しい試合だった模様。
その中でも、無失点は及第点か。


昨日のメンバーがベースと考えると、

2週間後の開幕戦は、

GK 児玉
DF ヤマ、栗山、西村、松本
MF 安西、茂木、中村駿
FW 小林、阪野、ユルキ

あたりに落ち着きそうですね。

本田、瀬沼、南あたりは、無理すれば出場できそうですが、
思い出すのは、2015シーズン。
広大が無理して、開幕仙台戦に出場し、怪我悪化。
その試合で、ヤマも負傷。
次節浦和戦でチャミも負傷。

ということで、開幕数試合で、DF陣が崩壊したあのシーズン(汗)

あの二の舞はいけません。

開幕ダッシュは必要ですが、
ジーズンは42試合の長丁場。
今は、じっと我慢の時かも知れません。
実際、寒いし、コンディション調整は難しいはず。


むしろ、開幕数試合は、若手にチャンスと経験を与える場と、
割り切っても良いのではないでしょうか。


城南戦では、練習生扱いの(汗)、古部も中盤で出ているようですが、
慣れてくれば、DFもできるはず。


話し変わって、
月曜日、YTSでモンテ20週記念番組が放送されました。
昔の映像も流れて、ファンにはたまらない番組でした。
2001年の最終戦、自分もあのスタジアムにいたわけですが、
映像を見ると、レプユニの方少なかったですねぇ(笑)

番組で、ほほーっと思ったのは、
2001年を振り返った根本。
「あの年は、何をやってもうまくいった」と話していました。
彼はあの年ハットトリックを2度達成しているはず。
やっぱり、勝っているときはそういうポジティブな感覚になるんですね。

2008年についても、竜つぁんが、「負ける気がしなかった」と言ってましたね。

勝ちが選手の自信を呼び、自信が勝ちを呼び込む、という好循環を生み出しているん
ですね。
昨年の長崎も、本当にそんな感じだったのでしょう。

ま、2014年の終盤のウチも、まさにそんな感じでしたからね。

そういう波に乗るためにも、
早く選手が揃って、チームの熟成を待ちたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TG 対沼津 1-1 またフェリペゴール(PK)

2018-02-13 12:13:43 | モンテディオ山形
沼津は、先日のTG松本戦で5点取っているそうですから、
そこに1失点ということで、守備陣の頑張りが形になっていることを実感します。

そして、フェリペがまたもゴール、PKですけど。
報知によると、これまで公式戦でPK外したことないそうで。


試合の写真をみると、海斗が写っているので、怪我の影響はなさそうですね。
となると、やはりジャイロさんが気になりますねぇ。


今日から、市原で2次キャンプ開始。
いよいよチームの仕上げの時期ですね。

明日は、韓国KリーグチームとのTGがあるようです。
開幕まで2週間。

くれぐれも、怪我などないように(祈り)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徹郎元気でした

2018-02-10 17:11:17 | モンテディオ山形
立春寒波もほっと一息。

ドライブ日和でしたので、
軽く車を流していたら、いつのまにか仙台方面に。

おっと、グランドをみたら、サッカーやってるじゃありませんか。
あれ、もしかしてこれ、ラインメール青森ですか?
いやぁ、偶然(ウソつけ)

キャンプリポートだけでは、もう物足りないので、試合を見に、徹郎を見に行ってまいりました。

青森と仙台大のトレーニングゲーム。

観客は、約50人(かなり適当)

青森には、中原も加入していたのですね。
仙台サポさんらしき人も多かったです(いや、たぶんそれがほとんど)


徹郎、前半は左SH、後半はトップ下でプレー。

相変わらず、玄人受けする職人プレー。
後ろのベガサポさんからも、「あれ、山形にいた鳥栖の太田だよね」との声も。

しかし、チーム全体としては、まだコンディション不足。
大学生のスピードについていけず、後追い後追いの展開に。

仕上がりには、まだまだ。

ま、現時点ではこんなものか。
徹郎は、周りを使うのが仕事ですが、
まだ周りの選手が、彼についていけない、というか彼の絶妙な位置取りを理解できていない。
まだ、これからですね。

でも、元気な姿を見れて良かった。


背番号は7のようです。


中原もいるんですね。でも、まだ彼の良さをチームが引き出せていない。


テツは90分近くプレーしてましたので、コンディションは悪くなさそう。


ハーフタイムは、優先的に椅子にすわってます。


2セット目(3セットやった模様)の円陣。


動きはさすがにこの時期、まだ本調子までとは。


でも、ワンタッチパスで決定機の一歩手前までいきます(笑)


早く、チームに慣れればよいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TG 対相模原 7-1 ユルキ2、阪野、フェリペ、小林のゴール!

2018-02-09 17:17:34 | モンテディオ山形
おっと、題名だけじゃ、5点しか入ってないぜ、と思われる方、
そうです、ご想像の通りあとの2点はオウンさんです。

しかし、得点しますなぁ。
シーズンにとっておかなくて大丈夫?(汗)

特筆すべきは、ユルキでしょうか。
2ゴール2アシスト。
ここにきて、一気に覚醒したようです(笑)

そして、阪野、フェリペの両ストライカーも絶好調。

加えて、期待の小林もゴール。

どうでしょう、攻撃陣は上々の仕上がりではないでしょうか。

そして、なにげに奮闘しているのが、守備陣。
この試合も、1失点で切り抜けました。

ジャイロの穴が心配されるところですが、
しっかり埋めているようです。栗山、西村、坂井あたりかな。

ただ、無失点なのはDFだけではなく、チーム全体の守備意識の高さだと思います。
特に、ボランチの頑張りが、この結果を生んでいるのではないかと。
松岡、安西、茂木。頑張っているのでしょう。


中村駿が個人的には、覚醒確定ですので(笑)

そこに、ユルキ、小林がからんでくるとなると、
2列目も期待が持てます。


とにかく、あとは「怪我をしないように」。

これからの合言葉かもしれません。

次は、11日の沼津戦。
相手はJ3優勝候補ですから、
この試合で、監督もメンバーを見極めるでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンプリポート

2018-02-07 12:14:42 | モンテディオ山形
今週は、各社キャンプリポートを放送。(TUYを除く・・・)

ブラジル人中心のリポートが多かったですね。
ラテンだなぁ、ブラジルは(笑)

プレーで際立ったのは、フェリペの得点感覚。
バイタルでの位置取りも良いですし、
ゴール前で落ち着いていますし、なにしろキックに強度があります。
さらに、ロングシュートも披露。
このまま慣れてくれれば、レアン以来の久々の当たり助っ人かもですね。

ジャイロも、プレーも強いですが、インタビューの端々から、
責任感の強さが滲み出ています。
彼も、レオ以来の当たりDFか?と思われましたが、
TGでの負傷の具合が気になります。

それから、ええと、リポートには2人は出ているのですが、
もう一人、アルヴァなんとかさんという助っ人もいたはずですが・・・
まったく情報がありませんでした。
どうした?インフル?


ジャイロの離脱?で、ネット上も右往左往しておりますが、
やはり、助っ人頼みというのは、ちょっと違うかなと。今更ですが。
昨年だって、助っ人無しでやったわけだし、
基本は、そういうことの継続で良いと思います。
彼らだってプロ。こういうチャンスをモノにするという気持ちはあるはずですから。
ね、坂井とか熊本とか西村とか。


リポートでは、他に松本と南のプレーも出てきました。

松本は、守備の意識が高いし、地味ながらある程度の計算はできると思いました。
大事なのは、ゲームの中で計算できること。ここは収穫です。

南は、10ゴール10アシストが目標とのことですが、
当面は、試合に慣れることでしょうね。
ユルキ、小林がいますから、無理しないで万全に直して欲しいです。

阪野が絶好調ですから、
フェリペをシャドーで使えるようになると、攻撃力に厚みが出ますね。
北川、駿太もいますし。


明日は、相模原とのTG。
是非、もう一度DFラインを整えて、開幕を見据えたゲーム内容にしてほしいです
ね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TG 対藤枝 5-0、対YSCC横浜 4-1 フェリペのハットトリック!

2018-02-05 12:17:13 | モンテディオ山形
週末のTGは、一日で2試合という超ハードスケジュールでした。
なんで、こんなん組んだ?これも練習の一環?

結果は、5-0、4-1と大勝だったわけですが、
どうやら、情報によると、ジャイロが怪我で救急車で運ばれたとか?
たしかアウヴァロも離脱しているはずなので、
これで、助っ人3人のうち2人が離脱と・・・・

ジャイロは海外でのプレーが長いので、
異国の地でのコンディション作りは問題ないと思ってたのですが・・・

なんか日露戦争の二百三高地を思い出すじゃないですか(何で?)。
頂上目指して、助っ人が一人そしてまた一人倒れていく。
乃木将軍このまま突っ込んでいいのですか?(なんも策がないから突撃~~)

いやいや、
最後の一人(汗)は、ちゃんと結果残してますよ。
フェリペはしっかり藤枝戦ハットトリックで、ストライカーの証明をしてくれました
よ。
うれしいじゃないですか。


そして、和製ストライカーの阪野も、横浜戦で2得点と上々の出来。

しっかり攻撃陣が結果を出してくれています。

しかも、課題の守備も、2試合で1失点。
踏ん張ってます。まずまずではないでしょうか。


まぁ、ジャイロの離脱が本当なら痛いですが、
もともと、助っ人にそんなに大きな責任を負わせるのは酷というものです(んじゃ、
何のための助っ人?)。
和製守備陣でしっかり守ってもらわんと。
熊本も、新人研修から帰ってきますし、
ここは、DF陣一致団結で乗り越えて欲しいですね。

今週も、8日と11日にTGがあるようです。
がっちり闘ってもらいましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のキャプテンはヤマちゃん、副キャプテンにジャイロ、瀬沼、本田!

2018-02-02 12:19:37 | モンテディオ山形
今年のチームキャプテンが決まったようです。
満を持してのヤマちゃんとなりました。
今のチームでは、モンテの生き字引、昇格を2回とも経験している男。
もう、いつ彼がやってもおかしくはなかったですからね。

でも、入団当時の初々しさを知っているサポとしては、
なんとも感慨深いものがあります。
廣瀬、徹郎と、高校生トリオ、懐かしいですねぇ。


びっくりは、副キャプテンにジャイロ。
素晴らしい人選だと思いますが、よく本人が受けましたね。
モンテの生命線であるCBとして、本人も自覚があるのかもしれませんね。
頼もしい。もう自分の中ではレオナルドを超えています(笑)
インスタもまめに更新してるし、情報発信力も○です。


昨日、一日遅れで、YBCでキャンプ情報がありました。

まだ序盤戦なので、組織プレーを落とし込んでいる感じですが、
アルヴァロの姿が見えないのが、ちょっと心配かな。
まぁ、中盤は厚いですからね選手層、チームとしては大丈夫でしょうけど(強がり)


明日は、YSCC横浜とのTGのようです。
どんな選手が活躍してくれるのか、楽しみですね。

GK 児玉
DF 三鬼、西村、ジャイロ、松本
MF 安西、茂木、駿
FW 瀬沼、阪野、小林

と先発予想しましたが、どうでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加