ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「花のあと」

2010-03-29 18:47:26 | Weblog
                                   「花のあと」
T・ジョイ大泉にて。
監督・中西健二
原作・藤沢周平

山田洋次監督の三部作「たそがれ清兵衛」「隠し剣、鬼の爪」「武士の一分」などでお馴染みの、藤沢周平物であります・・。

舞台は東北は庄内地方の架空の藩、海坂であります。

主人公、以登(北川景子)を陰で支える才助を演じた甲本雅裕の演技が見事です!

ネタバレご注意!!

主人公、以登は、海阪藩の組頭である寺井甚左衛門(國村隼)の一人娘。
幼い頃から以登は厳しい剣術の訓練を受けて育つのですな。

そんなお陰で年頃には、その美しさに似合わず男顔負けの剣の使い手に成長したのであります。

そんな以登がある春の日、江口孫四郎(宮尾俊太郎)という、身分下級ながら藩随一の剣士と出会います・・。

以登は父、甚左衛門の許しを得、寺井家の裏庭で孫四郎と竹刀を交えることになります・・。

とまあ、こんな感じで始まるのですが、正直なところ、北川景子の演技力不足は否めませんな。表情、セリフ回し・・。硬いなぁ・・。
まぁ、お武家の娘役なので、少し硬い言い回しになるのかもしれませんが。

江口孫四郎を演じた宮尾俊太郎も表情が硬いし、セリフ回しがぎこちないんですよ。

もしかしたら、監督の演出なのかな・・とも思いました。

孫四郎との手合わせで完膚なきまでに敗れた以登は、彼の、女性相手でも手抜きをしない実直な心に、恋に落ちてしまうんですな・・。

しかし、以登にはすでに結婚を決められた相手、片桐才助(甲本雅裕)がいるのでございます・・。そしてその孫四郎も、どこかへ婿入りの噂が・・あぁ・・出逢うのが、もう少し早ければ・・。

この辺は、まぁ、時代劇に限らず現代劇にもよくある、悲恋の“時すでに遅しバージョン”というやつですな。

孫四郎は三百石の奏社の家柄である、内藤家へ婿入りさせられます。お相手は、以登や津勢との習い事仲間の加世(伊藤歩)だったのでございます!

この加世は詳しくは書きませんが、不義密通、今で言う不倫をしている悪女なのですが、
彼女を演じた伊藤歩さんは、一昨年に公開された重松清原作の映画「青い鳥」で、とても印象に残る先生の役で出ていらっしゃったので、本作の悪女役がなんとなく不思議な感じでした。

ここから後はさすがにストーリーにはあまり触れられませんが、
以登の婚約者を演じた甲本雅裕がイイんですよ(^^♪!

ストーリーが進むにつれてイメージが良くなるという難しいキャラクターを豪快に演じて見事でした!私的には助演男優賞候補です(^^♪。

この物語は、“仇討ち”という方向へ向かってゆきます・・。

この作品は映像が美しくて、それが見れただけでも儲け物という感じでした。

要所、要所で流れる音楽が(多分ストリングス系だったと思います)以登の心の内の切なさを際立たせていて、観ているこちらも胸がしめつけられるような哀切な思いになりましたな。いい音楽でした。(エンドロールの歌はいらない)。

ナレーションの藤村志保さんは“声”だけでも作品のグレードをupさせ物語に凛とした佇まいを与えてしまうのですから、すごい女優さんです!

それにしても悪役の藤井勘解由(市川亀治郎)は、いかにもだったな~(笑)!



ひきばっち的満足度★★★☆















『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シャッターアイランド」 | トップ | 「ソラニン」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう (KLY)
2010-03-29 22:02:24
亀様の悪人ぶりはそのまんまで上手かったですねぇ。ちょっと可笑しい位に。(笑)
北川景子は芝居そのものはまだまだ未熟だとおもうんですが、これだけ凛とした美しさを見せられちゃうと、それはそれで見とれちゃいます。個人的にはなんだか吉永小百合的な印象を感じました。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-30 08:09:32
亀治郎さんそのまんまでしたね(爆)!
「越前屋、おぬしも・・」っていう典型でしたね(^^♪

>これだけ凛とした美しさを見せられちゃうと、それはそれで見とれちゃいます。

実は私も「ハンサム・スーツ」以来、北川景子はお気に入りなんですよ。
これで芝居が磨かれていけば、日本を代表する女優さんになれると思います(^^♪。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花のあと (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の同名短編小説を映画化。江戸時代の東北にある架空の“海坂藩”を舞台に、武家の家に生まれた女性の姿を描いた時代劇だ。主演は『真夏のオリオン』の北川景子。共演に「踊る大走査線」シリーズの甲本雅裕、バレエダンサーの宮尾俊太郎、市川亀治郎、國村隼らが出...
花のあと、ネタバレありません (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一度竹刀を交えただけという宣伝がされているが、それに到るまでにはしっかりと物語がある。藩で一番の腕と言われる男性には負けたが、事実上の一番の剣豪である女性の活躍が描かれている。この映画の見所は、殺陣シーンではなくてそこに到るまでの登場人物の心情だ。
映画 「花のあと」 (ようこそMr.G)
映画 「花のあと」
花のあと (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
凛々しい女剣士の一途な思いが美しい珠玉の映画だ。江戸時代、東北の小藩・海坂藩。組頭の家の一人娘・以登は、男顔負けの腕を持つ剣術の使い手。藩でも有数の剣士で、一度だけ竹刀を交えた下級武士・江口孫四郎に恋心を抱くが、以登には決められた許婚・平助がいた。数ヵ...
「花のあと」を観たあと (再出発日記)
大好きな藤沢周平原作ということで映画「花のあと」を見ました。goo映画より東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に、一瞬にして熱い恋心を抱く。しかし、以登にも孫四郎にも、ともに家の定め....
オスカル以登と名探偵才助。~「花のあと」~ (ペパーミントの魔術師)
動画まで引っ張ってきてしまいました。 先月映画原作本コーナーでコレと同じものを売り場で流していて 一青窈の主題歌も印象的で ものすごく見たかったんです・・・。 北川景子主演で時代劇・・ってのは 正直不安もあったんですが何が惹かれたかってもう コレでしょ? ...
「花のあと」 (みんなシネマいいのに!)
 藤沢周平の短編時代小説の映画化。 江戸時代、東北の小藩、海坂藩の組頭・寺井甚左
花のあと (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の同名短編小説を北川景子さん主演で映画化した作品です。 女性の主人公が敵討ちをするというストーリーがちょっと気になっていました。 儚い桜の華やかさと共に凛とした強さが真っ直ぐに伝わってくる、爽やかな余韻の残る作品でした。
「花のあと」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年:日本/デスティニー=東映監督:中西 健二原作:藤沢 周平脚色:飯田 健三郎/長谷川 康夫 藤沢周平の同名短編時代小説を、「青い鳥」の中西健二監督が映画化。 舞台は藤沢時代劇お馴染みの東北、
花のあと (WEBLOG:e97h0017)
『花のあと』(2010年?東映 107分)監督:中西健二 脚本:長谷川康夫、飯田健三郎 主演:北川景子????????? Official ▼ / Wikipedia ▼ /?Kinejun ▼????????? 藤沢周平の小説を原作とした映画作品といえば、真っ先に山田洋次監督の3部作(いずれも松竹)が思い浮か...
『花のあと』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中西健二原作:藤沢周平出演:北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、相築あきこ、谷川清美、佐藤めぐみ、市川亀治郎、伊藤歩、柄本明、國村隼語り:藤村志保鑑賞劇場 : 横浜ブルク13公式サイトはこちら。<Story>東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの...
花のあと (だらだら無気力ブログ)
『蝉しぐれ』『たそがれ清兵衛』など数々の時代劇小説を生んだ藤沢周平の 同名短編時代小説を『青い鳥』の中西健二監督が『ハンサム★スーツ』の 北川景子を主人公に迎えて映画化。 女性でありながら幼き頃より父より剣の道の手ほどきを受けた主人公が ひそかに想いを寄...
【映画】花のあと (新!やさぐれ日記)
▼動機 期限付きの無料鑑賞券を使うため ▼感想 ダメな若手を支えきった甲本雅裕の底力に敬意を ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登(北川景子)は、一度だけ竹刀を交えた江口孫四郎(宮尾俊太郎)に一瞬...
花のあと (映画的・絵画的・音楽的)
 『花のあと』を丸の内TOEIで見ました。  数寄屋橋近くにあるこの映画館の存在自体は知っていましたが、入るのは今回が初めてです。暇な時間ができたので、そんな映画館を開拓するのも面白いと思い、また久し振りに時代劇を見てみるかということもあり、有楽町まで出か...
10500「花のあと」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『蝉しぐれ』『武士の一分(いちぶん)』など数々の時代劇作品の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を、『青い鳥』の中西健二監督が映画化。江戸時代の東北を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自害したことを知り、その...