ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「シャッターアイランド」

2010-03-28 15:02:21 | Weblog
                            「シャッターアイランド」
中野サンプラザにて、試写会。
監督・マーティン・スコセッシ

今回は<超>日本語吹き替え版(何が<超>なのかよく解りませんが)の試写でした。

いや〜、謎が謎を呼ぶサスペンス・ミステリーだけに、ネタバレ厳禁ですな。
あらすじは必要最小限だけにとどめます・・。

1954年9月。
連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)と新しい相棒のチャック(マーク・ラファロ)は、ある島へ向かっていた・・。

その島は人呼んで“シャッター・アイランド”
島には、精神を患った犯罪者だけを収監した「アッシュクリフ病院」がある。

その厳重な警備の病院の独房から、レイチェル・ソランド(エミリー・モーティマー)という女性患者が忽然と姿を消した・・!

テディたちはその捜査にこの島へやって来たのだ・・。

とまあ、こんな感じのオープニングでございます。

絶海の孤島というシチュエーションと、1950年代という時代背景が、えもいわれぬおどろおどろしさを出していますな。
何か、横溝正史の「獄門島」(古いなオレも)を彷彿とさせる映像であります。

ストーリーはこの後、姿を消したレイチェルを追ってテディとチャックが島を捜索するうちに、「あれ??」となってゆきます(なんじゃそのいいかげんなレビューは(T_T))。

これ以上内容については書けませんな。観てのお楽しみっちゅうことで。

脚本が非常にしっかりしているので、観ているほうもストーリーに引き付けられっぱなしでした。ところどころで、「あれ・・?」と思うシーンが、意味を持っていたり・・。

音楽も、不協和音を使ったようなゾワゾワしたもので、とてもストーリーの不気味さというか不可解さを盛り上げるのに一役買っていました

レオナルド・ディカプリオは私的には、「ワールド・オブ・ライズ」を観た時に、演技において信頼のおける頼もしい俳優だなと思ったのですが、本作でも謎に立ち向かう連邦保安官を上手く演じていて、好感が持てました。

それと、アッシュクリフ病院院長をなんとベン・キングズレーが演じているんですね〜。
この院長の行動が、不可解に感じるのですな〜・・。

映画全体としては(ネタバレ厳禁なので上手く書けませんが)「う〜ん、そうきたか〜!!」という感じですね(苦笑)。

P.S.この映画に関しては、私は「字幕のほうがよかったかもな〜・・」と思ってしまいました。吹き替えだとなんとなくストーリーが「軽く」感じちゃうんですね〜・・。



ひきばっち的満足度★★★☆






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「渇き」 | トップ | 「花のあと」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kobaっち)
2010-03-30 01:38:02
なかなか見ごたえのある映画でした〜。
結末はびっくり、そうきたか!?という感じで
最後まで目が離せない展開でした。レオ様、年を重ねるごとにいい味がでてきてます。なかなかの熱演でした。時代背景の描写は実に見事!
お金かかってます。
ひきばっちさんの言うとおり、吹き替えより字幕のほうが、私もよかったです。レオ様の声を
知っていると、ちと吹き替えの声がしっくりきませんでした。
レオ様、次回作が楽しみです。
kobaっちさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-30 13:35:50
見ごたえありましたね〜。
映像は、おどろおどろしい雰囲気がよく出ていましたね。
レオナルド・ディカプリオなかなか頑張っていましたよね〜。ずっと眉間にシワ入れてましたね〜(笑)渋かったっす!
時代考証しっかりしていましたね。
この作品に関しては、字幕で見たかったですな〜。


うはは (KLY)
2010-04-03 10:48:41
私はこの間見た「彼岸島」を思い出しちゃいました。(笑)
結末は別にそう驚かなかったというか…。私は最後まで「こんな単純なはずがない!」って思って見てたんですが、そのまま終わりました。(爆)先日「ソウ」観たんですが、ラストの衝撃を言うならこのぐらいでないとなぁと思ったり…^^;
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-04 10:17:48
結末はなさそうで、あるというか、(サスペンスではないですが、ラッセル・クロウ主演のとあるオスカー作品賞を受賞した作品も、このシャッター〜と同じような作風でしたな)結構予想がついちゃうんですよね。
それでも、「まだ何かあるんじゃないか・・??」という気持ちになってくるから不思議です(笑)
P.S.「ソウ」すごいっすか??観てみます〜!
今晩は☆彡 (mezzotint)
2010-04-11 23:48:30
そうですか!超吹き替え版でも同じ
なのかしら?見抜けない方が確かに
良かったかもしれませんね。完全にテディ目線
で観てしまいました(笑)
そうですか。オスカー受賞作品で似た手法が?
何だろう。。。。。
mezzotintさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-12 14:12:34
吹き替え版だと、せっかくのストーリーが“軽く”感じられてしまって・・・私的には、レオ殿の渋い声が聴きたかったです(試写会にたまたま当たったのが、吹き替え版だったのです)
見抜けないほうが最後で「えっ!!」という面白さがあると思うのですよ(^^♪。

似たような手法をストーリー半ばまで使っているのが、ラッセル・クロウ主演の「ビューティフル・マインド」なのですな。数学者のお話です。オスカー作品賞を受賞してますな。
私はそれを観て、いい映画なのでポロポロ泣いてしまいました・・。
こんばんは〜♪ (由香)
2010-04-12 20:14:33
お邪魔します♪

レオの演技が良かったですよね〜
私は原作を読んでオチを知っていたので、最初の方のレオの表情から上手いなぁ〜と思って観ていました。

この映画の謎を煽る宣伝はいかがなものかと思いましたが、二度観を薦めるのはいいかも♪って思いました。俳優さんたちの微妙な表情の変化も楽しめるし。
由香さん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-13 04:47:56
レオ殿は「ディパーテッド」のあたりから、渋くなってきましたよね〜(というか、もともと演技は上手いのでしょうか・・??)

>俳優さんたちの微妙な表情の変化も楽しめるし
これはその通りですね〜。みんな目を皿のようにして見てましたね(^^♪!

自分は吹き替え版をみたのですが、やはり原語で見たほうが重みが感じられたかな〜、と、感じております。

字幕版であることの意義 (rose_chocolat)
2010-04-13 07:33:40
こんにちは。
試写は「超吹き替え版」のみであると聞き、応募しませんでしたけど、それでよかったように
思いました。

このわかりにくい持って行き方を、まったく違うイメージで話されてしまうと、もはや「○曜洋画劇場」っぽくなってしまうのではないでしょうか。
字幕で鑑賞しても、例の冒頭の意味のない誘導が邪魔で邪魔で。。。 だったんで。
何か惜しいなあーと思いました。
rose chocolatさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-14 14:21:12
いやほんとに、字幕版をご覧になられて正解だったと思いますよ〜。

>「○曜洋画劇場」っぽくなってしまうのではないでしょうか

まさにそんな感じでした(苦笑)!
応募するときによく確認すればよかったんですね〜(T_T)/。

いざ、当たってしまうと、もったいなくて(貧乏性)、観にいってしまったんですが、やはり違和感ありありでした。

>例の冒頭の意味のない誘導が邪魔で邪魔で

そうなんですよね〜。
作品自体は割としっかりしているのだから、粛々と上映してくれればよかったのに、惜しいことをしましたね〜・・。


TBありがとうございました (シムウナ)
2010-04-14 22:28:17
TB有難うございました。
過剰な宣伝に踊らされることなく
映画を観賞してきました。
ラストのオチに関しては、似たような映画を
過去に観てきたので驚きはなかったですが、
ラストの台詞がインパクトがありました。
この映画は真相を知ってから、事実を
確認していく楽しみ方がありますね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-17 05:23:14
私は過剰な宣伝が嫌でした。
字幕版で観たかったです。
Unknown (なな)
2010-04-22 21:21:37
おお,「獄門島」とは!なるほど。
私は「灯台」「嵐」「島」などから
ハリウッド版「ザ・リング」を連想しながら観ました〜

レオの演技は百点満点だし
いろんな解釈ができる脚本も良く出来ていたと思います。

吹き替え版でないと謎を見落とすほどでもないような・・・
だから私も字幕版で観たかったなぁ。
ななさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-23 12:51:12
TB&コメント有難うございますm(__)m。
>いろんな解釈ができる脚本も良く出来ていたと思います
そうなんですよね。作品自体に力があるのだから、姑息な前宣伝などせずに粛々と上映すれば、観客もちゃんと評価しますのにね〜・・。

>だから私も字幕版で観たかったなぁ
仰るとおり、字幕版で観たかったですね!
役者さんの“声”って、映画の出来を左右する重要な要素だと思うんですよ。
レオ殿の渋いセリフを聴きたかったです(吹き替え版の試写会に当たったので、貧乏性でそちらを観に行ってしまいました(T_T)/)。

名優(特に男優の場合)の一つの条件は、「渋い“声”」ですからね〜。古くはハンフリー・ボガードから、グレゴリー・ペック、ロバート・ショー、勝新太郎(?)、ポール・ニューマン、ハリソン・フォード、丹波哲郎(いや冗談抜きで)、ジョニー・デップまで・・・。
渋い“声”が女性たちのハートを射抜くのですよ(^^♪。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会)  (風に吹かれて)
何が真実か見極めてこの謎を解け公式サイト http://www.s-island.jp同名小説(デニス・ルヘイン著)の映画化監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ    マーク
シャッター アイランド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SHUTTER ISLAND) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作を手掛けたデニス・ルヘインの同名小説を映像化。 精神を患った犯罪者だけ...
シャッター アイランド (LOVE Cinemas 調布)
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨ...
映画:シャッターアイランド Shutter Island “超”日本語吹替版の感想。逝って良し! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。 けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待していたのだが...... えっ?!、となったのが、“超”日本語吹替版。 あまりに気になった(笑)ので、なんとか鑑賞した。 そ...
『シャッター アイランド』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当...
試写会「シャッター・アイランド」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/1、中野サンプラザ。 エイプリル・フールではなく実際に試写会は行われた。 結構な入りで良い席がなく、最前列に座る。 ここの最前列はかなり見上げる形になり、とても見づらい。 慣れるけど、台形にひしゃげて見えるし、前から数列目より後ろの方が良いだろう。 ...
『シャッター アイランド』 (Shutter Island) (Mooovingな日々)
時は1954年、冷戦の真っ只中。 精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所シャッター・アイランド。厳重に管理された施設から、複数の殺人を犯した一人の女性患者が、謎のメッセージを残して姿を消した。この不可解な失踪事件の担当となった連邦保安官テディ・...
【シャッター アイランド】試写会★レオナルド・ディカプリオ (猫とHidamariで)
全ての”謎”が解けるまで  この島を出る事はできない。精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた―シャッターアイランドHP注意!最後の謎が解けた時  本当の驚きが待っているシャッターアイランド シネマトゥデイ英題:SHUTTERISLAND製作年....
シャッター アイランド (Memoirs_of_dai)
モンスターとして生きるか、善人として死ぬか? 【Story】 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理さ...
シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ...
シャッター アイランド (悠雅的生活)
決して結末は話さないでください
シャッターアイランド (Akira's VOICE)
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  
[映画『シャッターアイランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので、短い感想です、スンマソン。  私は、この作品の「中くらいの謎の構造」を、あまりにも煽るかのような宣伝のやり方に、やや不満を抱きながら観た。  観る前から、監督がスコセッシである限りにおいて、あまりにも非現実的な物理トリックはなかろうと思っ...
シャッターアイランド (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメ...
『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような (SOARのパストラーレ♪)
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索...
シャッターアイランド(2009)字幕版 (銅版画制作の日々)
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ...
シャッター・アイランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前に原作を読みました〜 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
シャッターアイランド (Lovely Cinema)
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。注)ネタバレ感想です!
シャッター アイランド (to Heart)
全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 製作年度 2009年 原題 SHUTTER ISLAND 上映時間 138分 原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊) 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キン...
No.215 シャッターアイランド (気ままな映画生活)
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
シャッター アイランド (小部屋日記)
Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッ...
シャッター アイランド (だらだら無気力ブログ)
お馴染みマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが 『ディパーテッド』以来、再びタッグを組んでおくるミステリーサスペンス。 精神病を患った犯罪者達を収容する精神病院がある孤島で起きた失踪事件を 捜査にきた連邦保安官が直面する不可解な出来事に...
前振りが逆効果?『シャッター アイランド』 (水曜日のシネマ日記)
異常な犯罪者ばかりが収容されている孤島を舞台に描かれたサスペンス映画です。
シャッター アイランド/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
シネコンで最初に宣伝ポスターを見かけたのはたしか1年以上も前だったと思うのですが、それ以来とても興味を持っていたのになかなか公開日も発表されず劇場予告編もかからずでけっこう長い月日気になり続けていた作品なんですよね。ようやく公開となってとても嬉しいんで...
「シャッターアイランド」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「アビエイター」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオが、久々にタッグを組んでリリースするのは、精神を患った犯罪者のみが収容される絶壁の孤島「シャッターアイランド」で起きた女性囚人失踪事件に端を発する、本格ミステリーサス...
『シャッターアイランド』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:SHUTTERISLAND監督:マーティン・スコセッシ原作:デニス・ルヘイン出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー公式サイトはこちら。<Story>1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッターアイランド”。精神を患った犯...
【シャッターアイランド】 (日々のつぶやき)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー すべての謎が解けるまで、この島を出ることができない 「1954年9月、ボストンから遠く離れた孤島の犯罪者専用のアッシュクリフ精神病院から一人の女性の姿が消...
シャッター アイランド 煽(あお)り方がいただけない・・・凸(`△´#)凸 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2...
シャッター アイランド / 60点 / SHUTTER ISLAND (ゆるーく映画好きなんす!)
謎解きサスペンスや無いやん!人間ドラマやん!あかんやんこの宣伝! 『 シャッター アイランド / 60点 / SHUTTER ISLAND 』 2009年 アメリカ 138分 監督: マーティン・スコセッシ 製作: ブラッドリー・J・フィッシャー マイク・メダヴ
シャッターアイランド (★ Shaberiba )
巧妙に仕組まれた映像!?確かにもう1回見直したくなる作品だ(笑)
シャッターアイランド/Shutter Island (いい加減社長の映画日記)
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビ。 かなり前から予告編も流れていて、そのミステリアスな感じに期待が高まっていて。 公開日に、会社をちょっと早めに抜け出して、「シャッターアイランド」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方とし...
シャッターアイランド (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年27本目(26作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
閉ざされた島〜『シャッターアイランド』 【超日本語吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 SHUTTER ISLAND  1954年、ボストン湾に浮かぶ孤島。精神を患った犯罪者を収容する施設があ るこの島に、連邦捜査官テディ(レオナルド・...
『シャッター アイランド』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パト...
★「シャッター アイランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。
シャッター・アイランド Shutter Island (映画!That' s Entertainment)
●「シャッター・アイランド Shutter Island」 2009 アメリカ paramount Pictures,Phoenix Pictures,138min. 監督:マーティン・スコセッシ  原作:デニス・ルヘイン『シャッター・アイランド』 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キング...
シャッターアイランド (迷宮映画館)
謎解きがどうの、よりも時代背景が面白かった。
シャッターアイランド (虎猫の気まぐれシネマ日記)
スコセッシ&ディカプリオがタッグを組んだ作品は,正直これまでのものはどれも,私的にはイマイチだった。(「ディパーテッド」しかり,「ギャング・オブ・ニューヨークしかり,「アビエイター」しかり)だからあまり期待もせずに観たのだが,これはいろんな意味で素晴ら...
「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない (はらやんの映画徒然草)
マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。 あ
シャッターアイランド(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年32本目(30作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
映画「シャッターアイランド」(出演:レオナルド・ディカプリオ)を見た (飾釦)
■配給:2010年 ■監督:マーティン・スコセッシ ■出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、他 まず最初に書かねばならないことは、まだこの映画を見ていない人は読まないほうがいいですよということ。ネタ...
シャッター アイランド (Shutter Island) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑...
「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...
mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...
【映画】シャッター アイランド…スコセッシが宇宙人とか云うハズないので安心 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休(※私は二連休)最後の日曜日です。 本日は…嫁さんが風邪をひいたらしく、遊びとかに行く訳にも行かず30分ほど最低限の食料品を買いに出かけただけの一日。後は溜まったHDDの中から「仮面ライダーオーズ」と「ヘタリア」を観たり、PSPで遊んだり、パソコンの前に...
『シャッターアイランド』'10・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
なんでも、映画館では日本の配給会社が そんな超お節介なテロップを 上映前に流した