さぽつぴ日記

天然系主人・Sapo(娘)・Tsupi(私)の三人の生活を不定期更新中!

ロシア料理と思い出 長いです(笑)

2016-10-17 15:18:38 | 日常

昨日は、最高気温が22度と、久しぶりに暖かくなった札幌。

旦那さんとSapoと三人で、ロシア料理のお店で、ランチをいただいてきた。

 

↓ロシア料理 シュシュ エルミタージュさん

 ちょっと見つけにくい場所にあるこのお店は、

天井が少し低め、静かで大人がゆっくりできそうなところ。

 

↓細長い店内は、写真左側にお部屋が広がっている。

 

お昼時間は、ランチのセットかコースのメニューのみなので、

それぞれランチのセットを頼むことにした。

(コースは、量が半端ないです)

 

↓どのセット・コースにもボルシチがセットされている。

澄んだピンクのスープに、

「丁寧に作ってるんだなぁ」とまず感心。

 

旦那さんがいただいたのは、『ビーフストロガノフセット』

 

そうそう、ビーフストロガノフ って牛肉じゃなくってもいいそうな。

ビーフ っていうのは、英語の「ビーフ(牛肉)」じゃなくて、

ロシア語の「ベフ(~風)」って意味なんだそうだ。

つまり、『ストロガノフ風』って意味なんだって。

ちなみに、『ストロガノフ』っていうのは、人の名前らしい。

人聞きばかりの『らしい』情報・・・(笑)。

 

Sapoがいただいたのは、つぼ焼きセット。

↓つぼ焼きって、これらしい。

(これに別にパンがついてくる)

パイとパンの間くらいの生地が、カップの上にのっている。

中にはシチューが入っていて、パンをちぎってシチューにつけていただく。

カップの横のハンカチっぽいのは、持ち手に巻いてあるミトンの役割をするもの。

 

私がいただいたのは、ピロシキセット。

具が、『肉』『じゃがいも』『キャベツ』があり、私は前者2つをチョイス。

 

Sapoと私のセットには、サラダが別盛りでついている。

 

食後に、旦那さんは珈琲、Sapoは紅茶、私はトマトジュースをいただいた。

塩分無添加のトマトジュースは、超美味しかった。

 

デザートには、ケフィアヨーグルト。

どれも、薄めの上品な味付けで、ホッとする料理だった。

 

店内のロシア民芸品のスプーンを見て、痛い思い出が頭に浮かんだ。

 

実は私、独身時代にロシア語を習っていたことがある。

私の住んでいるその街は、当時、ロシア(当時はソ連)の観光客が多かった。

私は、ボランティアで手話通訳をしていたのだが、

「手話ができて、ロシア語もできる人が、この街には必要なんじゃないか」

と思い、ロシア語教室に通い始めたのだった。

(スプーンは、同時知り合ったロシア人の方に、お土産でいただいた)

 

1年が過ぎた頃、私の予想はあたり、その街に「ロシア語と手話ができる人」が必要な事態が起きた。

参加者400人ほどのイベントで、ロシア語と手話ができる司会が必要になったのだ。

もちろん私に白羽の矢が立った。

他にできる人がいない以上、私が引き受けるしかなかった。

 

しかし、しかし・・・だ。

考えても見てほしい。

たかが1年勉強したって、ロシア語通訳などできるはずがない。

英語なら、中学一年生レベルだ。

 

私は、イベントに参加するロシアの団体責任者さんと、

露和辞書を片手に、何度も打ち合わせを重ねた。

責任者さんは、私のロシア語の実力をよく理解してくれて、

簡単なロシア語で原稿を書き、

「当日は、これだけわかれば大丈夫!」

と細かな段取りをしてくれた。

「本当に親切な人で良かった!」

とつくづく感謝した。

 

そして、当日がやってきた。

責任者さんは、打ち合わせ通りに、ロシア語で話をし、

私は、それを「日本語(口頭)」と「手話」に通訳していった。

(正確には、覚えて行ったことをしゃべっただけなんだけど・・・)

 

しかし、そこで事件は起きた。

会場の反応があまりによく、気を良くした責任者さんが、

打ち合わせにないことを、手を振りながら叫び始めたのだ。

 

「え~!勘弁してよ!」

と責任者さんの顔を覗き込んだが、責任者さんの目は、

真っすぐに客席に向けられたまま・・・。

私の頭の中は、真っ白になった。

「何か、言わなきゃ・・・」

気持ちが焦るから、それでなくてもわからないロシア語が、ますますわからなくなる。

気がついたら、私は、こう言っていた。

 

「みなさん、今日はありがとうございました。

みなさんの温かい声援、私は忘れません。

また、必ずこの街にやってきます!

どうぞ、忘れずにいて下さい!」

 

責任者さんが、本当にそう言ったかどうかは、わからない。

(9割方、言ってない・・・笑)

ただ、

「私なら、この場で、こう言うであろう」

ことを言ってみたので、そう遠い内容ではなかったのではないかと・・・(笑)。

その後、この責任者さんが、もう一度あの街を訪れたかどうかは、定かではないけれど。

 

「主催者さん、観客の皆さん、そして、ロシアの団体の皆さん、

あの時は、本当にごめんなさい。」

 

と心でお詫びをしながら、頂くロシア料理は、それでもやっぱり美味しかった。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴジラ | トップ | ちょっと反省の誕生日 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (おかっぱ)
2016-10-17 17:38:38
tsupiさん、手話ができるだなんて、凄いですね。
責任者さん、それはないわ~と思いながらも、
その光景を思い浮かべたら、笑ってしまいました、
ごめんなさい(笑)。
でも、何をおっしゃっていたかは置いておいて、
素敵な通訳に、きっとみなさん感激されたと思うんです。
だから、良かったのだと思います(笑)!
ロシア料理、食べた事ないですが、美味しそうですね。
ビーフがお肉ではないとは驚きです。
勉強になりました。
RE:こんばんは (tsupi)
2016-10-17 18:11:17
おかっぱさん、こんばんは。
いつもありがとうございます(*^-^*)

そうなんです~。
手話出来たんですよ~、昔は。
(過去形です・・・笑)

そうですよね、黙ってしまって場の空気をおかしくするよりは、
『素敵な通訳』した方が良かったですよね!( *´艸`)

我が家では、今、
「食べたことのない〇〇国料理を、みんなで食べてみよう!」
キャンペーン中なのです(笑)。
なので、今回はロシア料理でした。
爆笑ε=(>ε<) (ポンまま)
2016-10-17 22:55:40
お料理も美味しそうで、興味をそそられましたが
そのあとのお話が面白過ぎてぶっ飛びました(*≧艸≦)
凄い機転だ~!tsupiさん!!
あたしなら、きっとそうはいかなかったと思う~。
結果オーライですよね。
土壇場で、どれだけ臨機応変に振舞えるかこそが、
その人の実力だと思います~。
ポンちゃんみたいに、ぽぇ~っとしたふりして~!
tsupiさん、おぬし、なかなかやるな。爆
RE爆笑ε=(>ε<): (tsupi)
2016-10-18 07:53:55
ポンままさん、おはようございます。
いつもありがとうございます!

機転・・・・。
なるほど、そういう言い方もありますか(笑)。
ありがとうございますm(__)m

私、若い頃は、怖いもの知らずだったんですよ~。
何でもやってみる!
失敗したっていいじゃん!
みたいな(笑)。
おかげで、良い(?)経験がたくさんできました。

その後、年齢とともに段々おとなしく(?)なり、
今のぼぇ~っとした私が、できあがりました(笑)。

ポンちゃん、ぼぇ~っとしてないと思います。
優雅なのだと思います(*^-^*)
いい話! (ポチの女房)
2016-10-18 09:48:56
ポンままさん同様、ロシア料理に興味をひかれて、記事を読み始めましたが。

後半のお話、楽しく拝読しました。
tsupiさん、手話とロシア語ができる人だったのですね。
tsupiさんの対応能力に感心するばかりです。若かったからかな(失礼m(_ _)m)
通訳の人が、本来の訳ではなく、こういうであろうと訳して話すことは、よくあるのではないでしょうか。
痛い思い出ではなく、良い思い出ですよ
Unknown (谷間のゆり)
2016-10-18 10:53:15
ロシア料理懐かしいです。
渋谷にあったロシア料理店で2回ほど味わっただけですが、
恐る恐る食べたボルシチとつぼ焼き、その後友人にごちそうになったロシア料理が、渋谷の店とあまりにも違う(口に合わない)料理にすっかり怖気づいてしまって
ロシア料理を敬遠しています。
ビーフストロガノフモドキは一年に2回ほど自分の味で作っていまうが。

後半のお話、大好きです。
素敵な思い出 (tonton)
2016-10-18 12:54:33
まぁ~素敵な思い出ではないですか。
きっとロシアの責任者さんも同じようなことをおっしゃったのに違いありません。
それに、ロシアの人たちがそんなに観光に訪れていたなんて…知りませんでした。

ビーフストロガノフも!
てっきりビーフだとばかり。
ロシア料理、美味しいですよね。
でも自分ではあんまり作ったことないなぁ…。
ちょっとトライしてみようかしら。
久しく食べてなあなぁ! (kuri)
2016-10-18 13:14:15
tsupiさん こんにちは〜

うんうん
ロシア料理、美味しいですよねぇ✨
久しく食べてない!という事を思い出させて頂きました(笑)

この歳になると。 何か、物とか音楽とか匂いとか・・が記憶の鍵を開けて
突然思い出すことってありますね。
それが楽しい思い出だけでないところが、また・・・(苦笑)
時々ね、あります。
胸の奥でチクッてしたり、ズキンとしたり
RE:いい話! (tsupi)
2016-10-18 14:12:45
ポチの女房さん、こんにちは。
コメントをありがとうございますm(__)m

手話もロシア語も、もう遠い昔です~。
昔の私に対応能力が、あったとしたら、それは間違いなく若かったからですね(笑)。
今なら、舞台の上で、オロオロするばかりかと。
(・・・それ以前に、絶対に引き受けません・・・

「良い思い出ですよ」
と言っていただくと、何となくそんな気分になってきました♪


RE:Unknown (tsupi)
2016-10-18 14:18:28
谷間のゆりさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

せっかくごちそうしていただいても、口に合わないことってありますね((+_+))

谷間のゆりさんは、ビーフストロガノフを作られるのですね。
そう言えば、私は一度も作ったことがありません。
今度、チャレンジしてみましょう。

通訳の失敗談、楽しんでいただけて良かったです。
話を聞いていただいて、罪悪感がすこーし薄れ、
「まっ、良かったことにしよう!」
と思えてきました( *´艸`)
RE:素敵な思い出 (tsupi)
2016-10-18 14:24:16
tontonさん、こんにちは。
いつもありがとうございます!

素敵な思い出ですか!
そう言っていただくと、そんな気もしてきます(笑)。

北海道はロシアが近いですから、港町には、
船で観光や商用で来られるロシアの方が多いです。
特に、ソ連時代は、富裕層の方が、多く遊びに来てらっしゃいました。

私も、ロシア料理、ちょっとトライしてみようという気がしてきました♪
RE:久しく食べてなあなぁ! (tsupi)
2016-10-18 14:31:49
kuriさん、こんにちは。
いつもありがとうございます(^^)/

ロシア料理って、あまり食べる機会、ないですよね(笑)。

「記憶の鍵を開けて突然思い出す」、
本当にそんなこと、ありますよね~。
その時の、音や匂い、色々なものが鮮明になって、
思い出を連れて戻ってくるような(*^-^*)
忘れたつもりでも、覚えてるんですね、色々なこと。
必要なことは、次々忘れていくのに・・・(笑)。

おはようさん (キミコ)
2016-10-19 10:14:06
「うたごえの会」が終わってからも用事ががさがさあって
やっと今頃のコメントになってしまいました^^;

tsupiさん(●´∀)ノノ""スゴイスゴーイ!
ロシア語に手話になんて どこを探してもそうそういらっしゃいませんよ!
そりゃあ白羽の矢も立つでしょう(⌒^⌒)b うん

ロシア語は辞書が引けるようになったら一人前と言いますが
私も若い頃入門書を買った事があったんです
もうアルファベットでばんざいしてしまいました\( ̄゜ ̄)/どたぁ.

私の声楽の先生はその先生が白系ロシア人だったので
ロシア語の歌も教えてらっしゃったんです
なんでもかじっておきたいと考えはしましたが^^;甘かったです^^;

北海道ならロシア料理は身近ですわね
どれもおいしそうです(^ー^* )フフ♪
家族で食べ歩きが出来るなんて羨まし過ぎますわ^^
RE:おはようさん (tsupi)
2016-10-19 13:50:02
キミコさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございますm(__)m

キミコさんも、ロシア語にチャレンジされたことがあるのですね!
私も、アルファベットで度肝を抜かれました(笑)。

歌から入って外国語を覚えるのは、いいかも知れませんね。
私の弟は、ビートルズで英語を覚えました。
そうそう、弟も歌を教えているのです(*^-^*)

娘が一緒に歩いてくれるのも、
あと何年でしょうね"(-""-)"

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL