牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

ルパン三世のワルサーP38、次元大介の357マグナム、石川五ェ門の斬鉄剣、あなどっちゃぁいけない6cmバズーカ。

2016-11-02 13:28:28 | 酒の道具など
                           
                           【公式HPはこちら↑】







日銀は1日開いた金融政策決定会合で、物価2%目標の達成時期を「2017年度中」から「18年度ごろ」に先送りした。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、物価について「デフレマインド(心理)は相当強く、払拭に相当な時間を要している」と語った。



日銀の黒田さんの口先バズーカもおとなしくなったようですが、こちらの6cmバズーカ砲は効きました。




一昨日、ハロウィンで沸き立つ(たぶん)渋谷から東に8kmの某おでん屋さん。



ちょっとした集まりがあり、おでんで燗酒を一杯、といい調子だったのですが、思いの他「一杯」飲んでしまったようで、調子よくなってしまいました。
(その集まりの顛末については、いずれまた)



ご常連
(ハロウィンでしょうか。削除のご希望は随時承ります)


その理由を考えたのですが、たどり着いたのが、冒頭触れた、6cmバズーカ。


ここの燗酒(賀茂鶴です)、アルミのちろり(たんぽ)でお燗をしてくれるのですが、注いでくれるのが、5勺のお猪口。



センターの人です。口径、6cm。


以前も少し触れましたが、お猪口って2勺2.5勺3勺5勺8勺1合とか色々ありますが、普通、注ぐ量はその7分目とか8分目とかなので、実際にはもっと少ない。

なので、2.5勺で10杯飲んでも実際には1合くらい、なのですが、このお店の場合、お猪口いっぱいに注いでくれるので、まさに5勺(90cc)入れてくれるのです。

もう少し正確には、表面張力を目一杯使っているので、コサイン曲線として94.7ccくらいでしょうか。

なので、2杯(2杯)頼んだらもう一合を超えてしまいます。
(もちろん、2杯以上飲んでいます)

その一方で、自分ではそんなに飲んだつもりではないので、頭と体が幽体離脱というのでしょうか、良くない方向に向かっていくんですね。


30年くらい前、日本におけるベルギービールの黎明期、駿河台下のブラッセルズで、「ベルギービールは度数が高いので、国産ビールの雰囲気で飲むと大変なことになる」という、「ベルギービールの定理」を見い出したことがありますが、その量的バージョンとでも言いましょうか。

バズーカのせいでしょうか、その後頂いた酔いざめ爽やかなはずの「惣花」も悪乗りしたようで、その日は結構なハロウィン、に。


6cmのお猪口、恐るべしバズーカでした。




★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑



【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルミホイル・ドーピング?... | トップ | メンデルのブドウで造ったワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。