魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

怖かったワインの思い出

2016年07月01日 | ワイン 2016
今日は思い出のワインについて書きます。

ドメーヌ・ポンソという名人の造り手がいます。
ブルゴーニュは造り手が極めて重要で、例えば同じ村名ワインでも、畑名ワインでも
誰が造ったかがとても重要な要素となります。


で、とんでもないボトルに当たったことがあるんです。

開けようとしたら・・・・・

壊れました。もともとヒビが入っていたか、割れていたのでしょう。



こんなのはこの時だけ。


よく開けた、そして開いたものです。








で、味はすごかったのですが、ガラスの破片が入ってしまっていると思い、恐々として
飲んだ記憶があります。美味しいのでどんどん飲みたいものの、ガラスを飲むと危険なので
下の方はやめました。

フグを素人料理で食べるような・・・そんな危うさ。

でも味自体はすごいのです。




その後、造り手のポンソは「うすポンソ」とマニアから呼ばれるくらい軽~くなってしまい、評価も下降。

しかし2000年あたりを過ぎてからはまた評価を上げ、今や恐ろしいくらいに高騰、ますますマニア垂涎
のスターに。そんな変遷をたどります。(近年ヴィンテージだと同じものが6万円以上)


一方その後、飲み手の私は相変わらずのワインバカに拍車がかかり、お店はいつまでもつの?と言われ、
評価は下がりっぱなしの近年でございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敬天

2016年06月30日 | 美味しいもの
先日はここへ。


江戸町にある「敬天」。


ちょっといいことがあると、ここのランチを所望するのが長崎っ子なのかもしれません。


ほらほらやって来ました。
牛カツです。

やっぱ、ここだよ~という声も聞こえます。

ごはん、みそ汁、サラダ、どれも手ぬかりなくちゃんと美味しいのはさすが。


最後にパンに挟めて食べるんだけど、パンがうす過ぎて破れるかどうかの限界線。
その絶妙なバランスがこのお店の真骨頂。
よく計算されていると感心します。そして見た通りを裏切らない味です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お試しラーメン-ドンダヴィ タナ

2016年06月29日 | ワイン 2016
有名店なので知ってはいたけど食べたことはない。

「蒙古タンメン 中本」。


コンビニで発見したのでお試ししてみました。



予想を裏切り、結構いけました。
麻婆豆腐みたいな感じに野菜が入り、ちょっととろみがあります。(これがいいなあ)
麺はやや太めのモチモチで楽しく食べ進めることが出来ました。
辛さはほど良いくらい。

最近のカップラーメンってホント侮れませんね。
これのごはんバージョンもあるみたいです。辛いのが好きな方はいいんじゃないでしょうか
・・・って多くの方が既にご存知ですよね。まあ、長崎なもんで・・・





今夜はこれ。




2014 ドン・ダヴィ レゼルヴ タナ
  (アルゼンチン、タナ種、赤、千円台前半)

とても濃い色合い。香りはチェリーやカシス、レッドカラントなどの鮮やかなベリー。
ミントやセルロイドなども。若いのでフルーツが圧倒的です。


味わいは濃厚で充実した果実味が圧倒します。酸はとてもきれいに寄り添い、タンニンも
結構ありますが、膨らみがあり、伸びやかさもあります。

もちろん若いですのでこれからですが、今でも希望にあふれる若者のように、夢膨らむ
子供のように、胸いっぱいの弾けるフルーツを楽しめることでしょう。
もちろんBGMにはレッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」といきたいところ
ですが、さすがにハードロックは違うと思う。
若々しく愛らしいリアルタイムの「宇多田ヒカルのFirst Love」といった趣きでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走りました-ないと悔しいポテサラ

2016年06月28日 | 美味しいもの
梅雨ですよね。

でも日曜日だけ晴れましたのでちょっとだけすっ飛ばしました。



これを見てどこかわかる方は・・・・・ん~、釣り好きか地元の方。


決定的なヒント。





野母崎にある樺島ですね。


この日は天気は良かったですが、どこかしら霞む風景でした。

遠くを見ると・・・



手前の岩礁がなければ何が何だかわかりませんね。


脇岬はもう海を楽しむ人々の姿が。


バビュ~ンと走りました。


夜は串カツとポテトサラダが食べたいとやって来ました。
築町にある「さいさき屋」。



串揚げ定食と、ポテトサラダね、とオーダーしたのですが・・・

「ポテトサラダが切らしております。」
と言われた時の、私の上げた「え゛っ!!!」という一瞬の声が店内に響き渡りました。


だって、ポテトサラダですよ。そんなん業務用の大量購入食材でしょ。(多分?!)
まっ、まさか、それが切れているとは・・・?!

生まれて初めてのショックに、思わず発した「えっ」のあと、しばらく言葉を失い、何を言っていいのか
言葉を探しました。そうね、ないと悔しいポテサラ。
物足りない!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの歓喜!

2016年06月27日 | サッカー
昨日はココサテへ。


結構な盛り上がりでした。



V・ファーレンが決めきらないのもあるけど、相手の愛媛も決めきれない。

どちらが勝ってもどちらが負けてもおかしくない攻防。


途中出場の中村慶太選手が後半アディショナルタイムにバコ~ンと叩き込んでくれました。


やっとの勝利。


愛媛にしてみれば悪夢のような瞬間だったでしょう。

中村選手はまだまだやれると思います。今後の活躍に期待しましょう。


前日のワイン会で飲み過ぎて、休肝日だったのですが・・・

飲んじゃいました!

おかげでまだ体もちょっと重いと~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレーまぜそばいくはずが・・・-導楽

2016年06月27日 | 美味しいもの
こちらのお店へ。



長崎市築町にある「長崎豚骨ラーメン 麺屋 導楽」。


これを食べに来ました。


・・・でもこの日はやってませんと言われてしまい、他のものに。


メニューはこちら。




長崎豚骨ラーメンは食べたことがあるので(豚骨に魚介が入っている)、
未食のこのお店の基本路線の「博多豚骨ラーメン」にしました。
こちらの方が純粋に豚骨を堪能できるからです。



さあ、やってきました。


まず、スープを。

おお、ちょっと塩辛いです。クリーミーで豚骨の風味は質的に美味しいのに、ちょっと
塩気が多いなあ。(あくまで私の個人的意見です)もうちょっとふんわり、優しくあって欲しい。

でも基本的には美味しくて、スープも含めて完食です。

・・・やはり後から喉が渇くよー。
ラーメンなんてそんなものと言ってしまえばそうなんですけど。


このお店はしょっちゅう限定メニューを作っています。名物で、それはそれで良いと思います。
が、塩ラーメンとか醤油ラーメンとかが多くて、私が大好きな豚骨味、カレー味(邪道かも?)
ではないんですよねえ。

とりあえず、また日を改めて出撃したいと思います。


ちなみにこのお店には500円!だけど絶品の「プレミアム生クリームソフト CREMIA」
があります。個性あふれるお店です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の中 飲み人シラーズ 甘い夜ワイン会

2016年06月26日 | ワイン 2016
ワイン会の記事です。


「梅雨の中 飲み人シラーズ 甘い夜」と銘打ってやってみました。

もちろんこの梅雨の時期、じめじめした中で美味しいシラー、シラーズのワイン
で楽しもうという魂胆です。


そして甘い夜というのはこちらの写真でお分かりになると思います。



1 NV ゴネのシャンパーニュに始まり、

2 2013 ポッジョトンド ヴェルメンティーノ(伊)

3 2009 レイミー シャルドネ リッチー・ヴィンヤード(USA)

ラストが今回のお大臣様I氏のご協力で
2004 Ch.ディケム(仏)でした。


本題の赤ですが



2009 クローズ・エルミタージュ(ジャブレ)

2006  〃

1996  〃

と垂直をして

2012 ラングメイル シラーズ ヴァレーフロア(Aus)

2012 トゥーハンズ アレス シラーズ(Aus)

といきました。

レイミー シャルドネの憎らしいほどの美味さに唸りました。

トゥーハンズも極めて大柄で濃厚!スケール感がとても良かったです。


このほかにもいくつか開けたのですが、

2013 コノスル 20バレル ピノ・ノワール
は相当がんばってたような気がします。


ご参加のみなさま、お疲れ様でした。
次回も楽しみましょう。


それまでしばらくは・・・我慢します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらう゛ーら-コノスル リースリング

2016年06月25日 | ワイン 2016
こちらへ。

玉園町にある「ぶらう゛ーら」




なになに~、本日のおかずはこちら。




やはり迷ってしまう。
それもかなり迷ってしまう。

え~い!と決めたのは



メンチカツにスパサラ。
タマゴおまけ付き。


写真ではわかりにくいけど、かなりの量。お腹いっぱいー!!!

そばにスパサラ、さらにおにぎりという炭水化物攻撃。楽しいのさ。




そして夜はこれ。




2015 コノスル リースリング
  (チリ、リースリング種、白、千円未満)


香りはレモン、青い柑橘、青リンゴ、岩、石灰、ミネラル、白い花、石油、セルロイド、
香水やおしろい、ハーブなど。


味わいは熟したフルーツがとてもきれいに弾けます。柑橘やハーブのさわやかさが
漂います。若いながら、この熟成感は見事でしょう。少しだけ甘さがあるのですが、
実にきれいな酸がバランスして、すごく良い感じです。大好きです。

この価格にしてこの味は脱帽ものだと思います。
ひとつだけ、この微々たる甘さがどうなんだろうか?とは思いますが、個人的には
まったくOKです。多分大多数の方にもいけると判断して、ラインナップに加えましょう。
入るのは来週後半となります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

106サウスインディアン-恐ろしかワイン

2016年06月24日 | 美味しいもの
先日のことです。ここへやって来ました。

福岡で試飲会の前に気合を入れんばですけん。


「106 サウスインディアン」(クリック)です。



ランチメニューはこちら。


前回は「平日ミールスランチ」を食べたので今回は・・・?!





やっぱり平日ミールスランチでー!

大雑把にいうと、とがっているのの奥がせんべい(パパド)。手前が薄~いナンみたいの(プーリ)。

白いのはヨーグルト。奥の3つがカレーで、何かわからん豆やオクラやぐじゃぐじゃしたの。

右側の赤いの(茶色いの)がナスと味噌みたいなぐじゃぐじゃして辛いの。



インドではこれらをまぜまぜして食べます。(手で食べる人が多いでしょうね)


すると「すごいこと」になります。

どうすごいのか説明するのは難しいのですが、頭の中でネオンサインがあっちが点いたり、
こっちが点いたり・・・チカチカ・・・甘いの辛いの酸っぱいのなどが押し寄せます。
辛さも何もしないで十分です。

最初は大盛りにすれば良かったとか考えましたが、お腹いっぱい! 普通で正解。
翌日の体重計で顔面蒼白になりました。


次回はカシミールカレーかビリヤニが食べたかところです。
来月やね~。

それまでに減量しとかんとねー。





ところでさー、ちょっとだけ時間があったけん覗いてみた。
岩田屋地下のワインコーナー。
1997年のこのワインが・・・・・!!!

やっぱいね~。昔うちにもあったとよ~。(今はなかです)

ちなみにこのワインの下には「ジャン・グロ」の1974年とかあるとさ~。ビックリ!
恐ろしかね~、すごい世界やね~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16社合同試飲会-くたくたの帰路

2016年06月23日 | ワイン 2016
かなり強い雨が降る中、行ってまいりました。

「16社合同試飲会」in福岡です。



しきゃ~し、大雨のためか14社しか来てなかったような・・・。

楽しみにしていた輸入元が1社飲めなかったのが悔しい。


備忘録も兼ねて印象的だったものを。

アルゼンチンのミシェル・トリノ、その各上のドン・ダヴィ、シクロスシリーズ。
みんな濃い~、しっかりしてる。しっかりし過ぎて固すぎ?!



USAからはジンファンデル。なかなかのもの。
右側のはレーヴェンスウッドのジョエル・ピーターソンの息子のもの。




オーストラリアで「デュリフ」というのはプティ・シラー種のこと。
キャラあり。奥のショウ&スミスはいつも美味いねえ。



帰りがけにドォーモ撮影隊に遭遇。





まあ、そこまでは良かったとですよ・・・。


帰りのバスなんですが、大雨のため佐賀-武雄間の高速が使えないらしい。


さらに、出発し間もなくして高速で事故。ノロノロ運転に。

原因はこれだった。

雨によるスリップ事故。


その後、佐賀で下へ降りるも大渋滞!

進まない、進まない!

しかも武雄で高速に乗るはずが・・・またまた通行止めになっていて、さらに嬉野まで。

途中、運転手が道を間違えUターン・・・とかいろいろあって・・・。

スマホのマップ機能で、今どこを走っているかちゃんとわかりますもんね。



2時間で着くはずが、4時間半もかかってしまいました。

くたくたです。でも考えるに、運転手さんの方がもっとくたくただろうなと思い、
降り際に「お疲れ様でしたね」とひとこと。

まあ、たまにはこんなこともありますよね。高速のありがたさが身に沁みました。


さらにさあ・・・・・いっぱい太ってました!!!

また食べもの記事は明日にでも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加