国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

911自作自演攻撃の真の黒幕はバチカン・イエズス会?

2006年11月22日 | 欧州
ネオコンをヒールとして使い切ったテオコン。それを操るイエズス会ーバチカンに目指されるグローバル神権専制体制(NWO)  夢の中でランデブー




7.実はそんなことより静かだが大変なことが起きている。
数ヶ月前、イタリアイルミナティー(モンテカルロP2)の最高位クラスに位置するレオ=ザガミというイタリア人(土地の名士で誰もが知る実名)が、組織内部の異常な悪魔崇拝に辟易して組織を離脱した。モンテカルロP2のトップが引退,その地位を襲うことになっていた人物である。彼はインターネットで英語により内部告発を開始、10月18日,30日,11月6日など、アメリカの某独立系調査ジャーナリストのインタネットラジオ番組のインタビューでそれぞれに日にライブで詳細を話した(総計5時間前後のインタビュー)。これは尋常でない衝撃的な内容になっている。イルミナティー内部のこれほど,高位の人間がインターネットを使って内部暴露したというのは、空前絶後だろう(発表の仕方が時代を感じさせる。インターネットのなかった時代と比べて陰謀や秘密保持が困難になりつつあることを思わせる)。組織を逃げたが,組織に追われ逮捕され、リンチを受けたともいう。今この時点では安全のためノルウエーで身を隠しているという。彼はバチカンの宗門であるイエズス会のもとにイルミナティーを含むカルト集団がNew World Order樹立のため蝟集し、イエズス会がすべてコントロールする権力構造にあるとまで詳述しているから驚きだ。バチカン宮殿の地下カタコンベで悪魔崇拝の儀式がなされていると告発する。そして彼はアメリカ市民向けに,バチカンは米国政府をコントロールしており,ブッシュ家はローマ法王の道具であることを知ってほしいと文字通り声を枯らしてラジオでこう警告を発している。

"The Jesuits and the Vatican hierarchy are the master black magicians, controlling the many cult groups involved in the New World Order," said Zagami. "American people need to wake-up as the Vatican controls the U.S. government. The Bush family is a tool of the papacy. They are actually crooks and consider themselves pirates and that is the reason for the name Skull and Bones. These are sick criminals that need to be exposed and I am not afraid to do that since I was one of them at the top level in Monte Carlo.

「イエズス会とバチカンヒエラルキーは黒魔術師の親方=マスターであり、新しい世界秩序New World Order樹立にかかわる、多くのカルトグループをコントロールしている。」

「アメリカの人々は、目をさます必要がある。バチカンが米国政府をコントロールしているからである。ブッシュファミリーは、ローマ法王の一つの道具に過ぎない。彼等は実際、crooks=犯罪者・詐欺師・盗賊であり、彼等自身自らを海賊と考えており、その証拠に、スカル&ボーンズの連中は、骸骨と骨という、海賊船に付けてあるシンボル旗と同じシンボルを使っている。こうした連中は病的な犯罪者であり、天下にさらされる必要がある。わたしは、それをするには十分な位置にある、なぜなら、私はモンテカルロP2のトップレベルの一つにいたからである(これはイルミナティー組織であり、その命令系統の上にバチカンーイエズス会があると別のところで述べている)。」

彼がショックだったことの一つが、バチカン宮殿の地下のカタコームに連れて行かれたとき、そこで悪魔崇拝の儀式を強要されたことだっという。

また彼によると,バチカン・イエズス会は1980年にOperation Dreyfus(ドレイファス作戦)という操作を開始したが、それはユダヤ人をスケープゴートにする作戦だった、つまり,悪事は何でもユダヤ人がやっているという印象に世論を誘導させる戦略を立て展開していた,とも内部暴露した。この内部告発は聞き捨てに出来ないきわめて深刻な重要性を持っている。上記で紹介した、テオコンがネオコンを操作し,こちらに目を向けさせ、非難を集中させていた、という現象とどうやら重なってくる模様だ。また、ザガミ氏はアレックスジョーンズらのいわゆる「911真実追求運動」は完全に誘導であると断言している。(ちなみに歌手マドンナはイルミナティーに使われているという。チャベスは,熱心なローマカトリックとして生育された背景があることは周知だが、彼もこちらのサイドだと言う)


米国政治が,どうやらカトリック大本営の組織的動き、つまり、大本営が,米国でカトリックとプロテスタントの歴史的大合同をなし遂げ,その合同組織体で共和党および民主党の一部をコントロールしている構図が見えてくる。

わたしはアレックス=ジョーンズやrense.comのサイトを毎日何年も細かく見ているのだが不思議に、バチカン問題やバチカンスキャンダルやバチカンの動きなど,情報が非常に弱いことに不思議なものを感じてきた(特に、アレックスジョーンズ)。彼はバチカン,キリスト教右派についてほとんど批判も発言もしない(極端に少ない)、また、こうした動きを批判するコメンテーター、ゲストなどを彼の毎日のラジオ番組で呼んだという記憶がほとんどない。バチカンやイエズス会の研究者や彼等の国際政治レベルでの動きを批判するゲストが登場した記憶がないのだ。この方面の専門家は多数いるのだが。上記,ザガミ氏はアメリカのインタネットラジオの番組で一回1時間半のインタビューを5,6度受けており、膨大量の内部暴露情報を提供している。この人物や彼のもたらす情報を一切合切カバーしないこと際立っていいるのがアレックスジョーンズだ(レンズはこれを多少なりともカバーしているが、申し訳程度である)。情報価値から見て値千金なこのような情報をを載せず、これと比べればゴミ以下のどうでもいい情報を掲載しているジョーンズの動きに不自然なものを感じないわけにはいかない。

以下のバチカン研究最高峰の多作学者(イエズス会出身でローマ法王の元側近,後に転じて大学教授)による730ページからなる歴史的大著(オリジナルのハードカバー版は1990年刊行で私自身はペーパーバック版でなくそれを所有している)によれば、バチカンが国際政治の現場でいかに積極的な工作に打って出ているか。ソ連解体に向けての裏にバチカンの操作があったことが事実を持って詳述されている(ちなみにこの本はソ連解体の直前に発刊された)。この書で、バチカンは自らを中心権力とした新世界秩序(NWO)の樹立を目指していると内部告発されている(邦訳なし)。主流メディアの書評欄で絶賛された作品。

http://www.amazon.com/Keys-This-Blood-Versus-Control/dp/0671747231/sr=8-1/qid=1163589199/ref=pd_bbs_sr_1/002-6431379-5593620?I

元イエズス会の神父でかつローマ法王の側近だった人物,マラキ=マーティン氏が今度は自由の身の学者として、バチカンの政治操作を内部告発しているが、これは非常に、重大な情報価値がある。

この著者には、同様にイエズス会の内情を告発した『イエズス会』というタイトルの大著もある(526ページ。これを私は持っている。1987年刊行で邦訳なし)。http://www.amazon.com/Jesuits-Malachi-Martin/dp/067165716X/ref=pd_bxgy_b_text_b/002-6431379-5593620

この書には、本来ローマカトリックのヒエラルキーでは、バチカンがトップ、そのすぐ下にイエズス会があったのだが、それがイエズス会の世界化の結果,力関係が逆転し、イエズス会がバチカンに命令を出す下克上が起きたことを詳しく説明している。この本は、陰謀論の雑記本ではない。ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに入ったもので、ウォールストリート紙が絶賛した経緯がある、きわめて学術的正確の強いものである。これはイエズス会出身の神父でかつ、同時に、ローマ法王の側近だったというバチカンヒエラルキー最深部のインサイダーであった身分が書かせているものだけに、経験と実証に基づくだけに説得力が非常にある。この2著とも一流出版社から出ている。


8.現代の国際政治,アメリカ政治を論じる上で、ローマトリック総本山(イエズス会がその実動部隊。インサイダーであったマラキ=マーチンによれば、現時点ではイエズス会総長がローマ法王に命令する上位の立場にあるという。)の国際政治平面の動きや作用を視野に入れない議論や分析は笑止でありナンセンスといわざるを得ない。それでは陳腐で凡百、100年一日の「ユダヤ陰謀論」に堕するだけで、太田竜の週刊日本新聞や2チャンネルレベルにおあつらえ向きだ。キリスト教についての歴史、特に、500年に渡る宗教改革(特にカルバン主義=宗教は個人レベルのものとし、政教分離,表現の自由を訴えた)と反宗教改革(バチカンーイエズス会)の血みどろの歴史的相克とコースについての学術的知識を基礎として持たなければ、欧米現代政治を語ることはできない。この双方の激しい闘いの結果が、国家主権の概念が生まれ、近代の始まりとされる、歴史に名高いあのウエストファリア条約を生んでおり、またアメリカ合衆国誕生のダイナミクス(アメリカ憲法・近代憲法の根本原理のひとつである政教分離原則はカルバン主義を基礎としている)を生んでいる。この10年、アメリカの建国以来、最もキリスト教保守派の政治への影響が最大化し、政教分離原則、言論の自由の原則が、根本から消滅する(先月10月17日に発効した軍事特別法廷法、それ以前の愛国者法)という、米国存亡の危殆に瀕している現実も、ローマカトリックとプロテスタント(つまり宗教改革とその反動)の歴史的相克の視点抜きに理解することは出来ない。この視点を持つとき、欧米史ではブッシュ政権(ブッシュ父ファミリー。バチカンはナチスと政教協約を締結し、ヒトラーを支えたが、ヒトラーを支えたのはバチカンのみでなく、ブッシュ父の父親プレスコット=ブッシュその人が資金提供していたことは米国の議会資料によって明らかであるとして最近、ジャーナリストによって報告されている。彼はこの報告後、不当逮捕され現在拘留されている。ブッシュ家に取って、一番知られたくないことであることが分かる)が対抗宗教改革のフロントである可能性を考察する目が開かれてくるだろう。対抗宗教改革(バチカンーイエズス会)側はイエスキリストが本拠としたエルサレムに帰還し、そこにソロモン宮殿を作り、法王が世界の支配者になることを目指している。彼等は、プロテスタント(宗教改革勢力、特にカルバン主義)許すまじ、ユダヤ教許すまじ、その他の異教徒許すまじの視点を歴史的に一貫して持っている。そもそもローマ本山から見れば、キリストを磔にかけたユダヤ人は憎悪の対象であり、鼻クソ程度の位置である。プロテスタントの国,また世界最大のユダヤ人人口のアメリカ合衆国は破壊の対象と考えることに何の違和感もない。彼等の本音は米国内プロテスタントとユダヤ教徒、アジア人仏教徒などの殲滅である。キリスト教保守派に楯突く連中は、すべて全米レベルで現在建設中の強制収容所送りで一生出て来れないようにしてやる。「処分」してやる、となる。ローマ大本営の、宗教改革陣営に対する500年の歴史的怨念と、ローマ教会発足以来の世界権力奪取への1700年の歴史的執念の凄まじさをわれわれは知らなければならない。通時的な見方が欠かせないのだ。創価学会の権力奪取野望は高々60年程だろうが、ローマ教会は、4世紀以降の膨大な念の集積なのである。



10.私がここ数年、最も衝撃を受けた情報。それは、米国緊急医療の医師で緊急医療学会の会長まで勤めた人物David Greerの手になるものだ。彼はまず医学者として非常に高いランクにあり、社会的にも信用されている人物。

http://en.wikipedia.org/wiki/Steven_M._Greer


インタビューしたデータをさらに圧縮して一冊の本として、同時期発表されたのが彼のこの本(私は持っている。600ページ弱の大部。邦訳なし)。
http://www.amazon.com/Disclosure-Military-Government-Witnesses-Greatest/dp/0967323819

彼のインタビューの中で、わたしが尋常でないショックを覚えたのは、米海軍の潜水艦の乗組員がある科学データ収集の特殊任務を与えられ、任務終了し、基地に戻ったところ、データを手渡すはめになったのはそこに立っていた神父(つまりカトリック)だったこと、なんで米軍人の自分が僧衣をまとった坊主(神父)に米軍の秘密科学データを渡さなければならないのかと激しく訝り、衝撃を覚えたと証言をしていることだ。また、別の科学者のインタビューでいくつもの軍の秘密の科学プロジェクトに関与したが、次第により秘密性、地下性の深いプロジェクトに巻き込まれていったところ、最後に、ある宗教儀式への参加を強制された、それが、悪魔崇拝の儀式だったため、尋常ではない驚きを覚えたという。これらの証言から伺えることは、国防総省の最深部・中枢にカトリック神父が存在している事実だろう。また悪魔崇拝の儀式を強要されたということは重要なデータだ。上記ザガミ氏の情報と違和感なく一致している。これはメガトン級に重要な世紀の大情報といえる。

911事件は国防総省抜きには実現不可能だ。しかし、その奥の院にローマカトリック神父(イエズス会神父だろう)が鎮座しているとなると、911事件を「アメリカ政府」主催、「ネオコンユダヤ人主催」「軍産複合体主催」との図を描くことは非常に困難となる。国防総省の秘密科学データのお届け先が、悪魔崇拝のカトリック神父だというのではお話しにならない。少なくとも、ペンタゴン長官より権力を持つ国外勢力があるとみていいだろう。つまり911事件はアレックスジョーンズが唱えるような、「アメリカ政府説」では全くないと考えられる。アレックス=ジョーンズ,ジェフ=レンス、そしてヒステリックにユダヤネオコン陰謀説を唱える阿修羅の人などの活動は、陽動作戦そのものか、それに操られているものと考えられる。ジェフレンズはジョーンズと違いUFO関係を扱っているのに、上の、Dr.Steven Greerの情報を扱った記憶がない。

デビッド=アイクがのうのうとやっていられる理由。バチカン,とくにイエズス会に一切触れない人畜無害なものなだからだ。リンドン=ラルーシュも同じで、彼もバチカンについて絶対に悪いことは言わないし(むしろ肯定的)、そもそも言及しない。911でビデオを作っている従来からの陰謀論の大御所のひとりアンソニー=ヒルダーも熱いキリスト教信者であり、かつ911をユダヤの陰謀、NWOの黒幕をユダヤ勢力としている。

このように、著名陰謀論サイトですら、ほとんど誰も虎の尾を踏まないのだ。彼等が黒幕はやれ、ユダヤだ、金融資本だ、軍産複合体だ、宣伝してくれるのでご本営は高いびきで、また密かに何でもやる自由を維持している。ちなみに、米国外交委員会のリーダー達は、なぜかローマカトリックである(いつか,資料を添付します)。



最後になるが、世界の諜報機構が内側でひとつの秘密のサークルを作っている。その名も Le Cercle。研究者たちには,この組織は米国中央情報局がその資金手当をしている可能性が高いといわれており、以下の、こうした秘密機構をあぶり出すサイトにそのメンバーのリストが一部明らかにされている。現在の反テロ戦争の仕組み,背景を理解する上で最重要の秘密組織体がこれだ。英国女王、サウジのファイサル国王の息子、オマーンの現サルタン、フランスのシラク大統領,キッシンジャーなどもメンバーリストに入っている。ハマス、PLO,アルカイダなどの創設者は皆いわゆる著名な「ムスリム同胞団」出身だが、この組織は西側の諜報機構に守られていることだけは確かだという。またLe Cercleのメンバーのバックグラウンドの説明を読む限り、バチカンの宗門である,イエズス会,マルタ騎士団,オパス=デイの組織の連中、またメーソン組織であるP2ロッジの連中があまりに多い。実際、ヨハネ=パウロ2世(前ローマ法王),ラチンガー(現ローマ法王)のこの組織への出入りも説明されている。
http://home.planet.nl/〜reijd050/organisations/Le_Cercle.htm
http://home.planet.nl/〜reijd050/organisations/Le_Cercle_membership_list.htm

リスト製作のための参考リストは非常にしっかりしている。ローマカトリック大本営サイドと西側情報機関・諜報機関が裏世界で連結しているさまがありありと浮かび上がってくる情報といえる。




【私のコメント】「夢の中でランデブー」氏の上記の投稿は非常に興味深い。一見、911はイスラエル政府や国際金融資本が黒幕の様に見えるが、実はバチカンが真の黒幕ではないかというものだ。バチカンと国際金融資本は共に国民国家の枠組みを越えた強固な全世界的ネットワークであり、両者が協力関係にあることは何の不思議もないし、支配−被支配関係にあってもおかしくないだろう。ナチスや昭和天皇はバチカンによって送り込まれたエージェントであったのかもしれない。

 911の自作自演攻撃はモサドの仕業であるという情報が今後多数流され、イスラエルが生贄にされるのではないかと私は想像している。イスラエルは敵意に満ちたアラブ人に囲まれた小国であり、その生存のためには世界支配者の忠実な召使いに成らざるを得ない。米国の主要都市や港湾にモサドが核爆弾を仕掛けているという噂が真実であるとすれば、その実行命令を出しているのはバチカンなのかもしれない。

 イギリスの名誉革命、フランス革命、明治維新、ロシア革命、ナチス政権樹立、中国共産革命はいずれも国際金融資本勢力=イルミナティによる国家権力簒奪という共通点がある。第一次世界大戦の時期にはドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー二重帝国、ロシア帝国、オスマントルコ帝国、清帝国という名だたる大帝国が滅亡した。日本でも、明治維新から現在に至る期間に皇室の存続が危ぶまれる事態となっている。非常に歴史が長いとされるエチオピア帝国でも1974年に帝政が終焉している(時期はかなり遡るが、ムガル帝国滅亡もそれらに含めても良いかもしれない)。このような帝国の滅亡の真の黒幕がバチカンであると仮定して、その真の目的は何だろうか?

 多数の民族を統合する帝国(日本やドイツについてはややあてはまりにくいが)が消滅して世界が国民国家の集まりに再編成されることは、国民国家を越える存在である国際金融資本とバチカン等の宗教勢力にとってはライバルの消滅を意味する。ローマ法王に対抗できる権威を持ちうる皇帝は二十世紀初頭には大英帝国・ドイツ帝国・オーストリア・ハンガリー二重帝国、ロシア帝国、オスマントルコ帝国、清帝国・大日本帝国・エチオピア帝国など多数存在したが、最近では唯一残存する日本の皇室すらその存続が危うい状況となっていた。一言で言えば、全世界の皇帝を全て抹殺して国民国家以外の国家形態を認めないことで、ローマ法王は孤高の存在となるのである。陳腐ではあるが、私にはそれ以外の説明は思いつかない。

 この仮説に立てば、第一次世界大戦も第二次世界大戦もともにバチカンが命令を下したことになる。大清帝国の最後の皇帝を君主とした満州国の建国はローマ法王にとっては滅ぼしたライバルの復活であり、絶対に許せないものであったのだろう。ムッソリーニが1936年にエチオピアを侵略して植民地化し、1941年までエチオピア帝国が一時消滅したのもバチカンの命令であったのかもしれない。

 では、911はバチカンが世界を支配するために開始したテロ戦争なのだろうか?

 私が気になるのは、先代教皇のヨハネ・パウロ2世が455年ぶりの非イタリア人教皇にして史上最初のスラブ系教皇であったこと、現教皇のベネディクト16世も非イタリア人教皇であること、両者が1920年代に生まれ、第二次大戦の悲惨さを中欧地域で青年期に身をもって体験していることである。バチカンもまた一枚岩ではなく、過去の悲惨な戦争に協力した、あるいは主導したことについての内部闘争が存在してもおかしくない。

 ただ、私はキリスト教には全くの門外漢である。「夢の中でランデブー」氏が列挙した書物も読んだことがないので、この問題に関する分析を行う資格はないであろう。博識な皆さんの御意見に耳を傾けていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
イエズス会 ローマ法王 ジョーンズ アレックス ローマカトリック イタリア人 エチオピア帝国 オーストリア ローマ教会 対抗宗教改革
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 忌まわしいボルシェビキズムの首... | トップ | 致命的欠点を抱えたユーロ:ドル... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラブ)
2006-11-23 00:24:26
911の黒幕はユダヤ大王ロックフェラーだと思うんですけど。
Unknown (Unknown)
2006-11-23 00:53:16
考えてみれば、イエズス会を操って世界中に植民地を作ったヴァチカンが、こんなに大人しくしているのはおかしいですよね。大人しくなったのではなく、実は別な企み(作戦)を考えて、実行していたのかもしれません。
上智大の某保守論客なんかも、実はヴァチカンの支持通りに動いているかもしれませんね。天皇制を潰そうとする味方の振りをした敵かも。
Unknown (荒屋敷)
2006-11-23 02:09:41
イエズス会はもともとキリスト教の仮面を被ったイルミナティ組織であり、この組織がバチカンにも指令を出すに至ったというだけでは?ヴェネチアの黒い貴族(バンコ国際金融サタニスト連合)が黒幕と思いますがね。
Unknown (Unknown)
2006-11-23 22:54:11
第2バチカン公会議のあと、カトリックと米国の国際金融勢力との間の関係が深まったということらしいです。
ここでのカトリック教会の変更は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC2%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%B3%E5%85%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0

でカトリック教会が中世以来の伝統をいくつか大きくかえました。

先々代の教皇が短期に亡くなり、先代の教皇がポーランド出身でソ連崩壊へ非常に努力したという結果論からもうなづけます。
Unknown (LEO13)
2007-02-27 13:58:35
というか何でこのレオ=ザガミっていう人は殺されないの?今までカルヴィも誰もかも密告者は殺されたのに!この人自身がプロパガンダを流す目的の二重スパイかもね!
Unknown (Unknown)
2007-02-27 17:26:34
9/11 アメリカ同時多発テロ事件の真相 永井俊哉
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/nagai/911.html

真相は時間の経過と共に明らかになっているようです。次の日本はどんな社会体制になるのでしょうね。
Unknown (あ)
2009-03-01 10:04:42
アイクは宗教自体がトカゲ人間の作ったイカサマだ!と言ってますが。
カトリックがヨハネの黙示録の言う獣だ と万有引力のニュートンが指摘してます。「ニュートンの予言」日本文芸社
あのね (オレガサミ)
2009-06-22 00:24:26
そんなポジションの人物が組織から抜け出て秘密なんかバラセル訳ある?素人でも消される時代よ
反キリスト (pocoyo)
2009-06-24 18:16:15
バチカン内に潜り込んだ反キリスト、イエズス会やオプス・デイ含むメイソンやユダヤ勢力が、第2バチカン公会議を通じて、伝統的カトリックを破壊したのですよね。前教皇のヨハネ・パウロ2世はユダヤ人だったようですが、今のベネディクト16世や聖ピオ10世会など伝統カトリック派は抵抗しているように見えますが。「バチカンが黒幕だ」と言うと、奴等(反キリスト)の思う壺じゃないですか?
ザガミや夢の中でランデブーは、そういうエージェントですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
悪魔崇拝 (魔術-その歴史と世界観)
悪魔崇拝とは、ユダヤ・キリスト教においては、悪魔は神に敵対する存在であるが、そうした悪魔を神に代わって崇拝すること。