国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

メルケル独首相は凍結精子による人工授精で生まれ、バチカンの管理下で育ったヒトラーの実の娘?

2007年01月26日 | 欧州


写真はヒトラー総統とメルケル首相。


エバ・ブラウン(左)と妹のグレーテル・ブラウン(右)、ヒトラーの別荘にて。二人は外見が非常に似ており、二人でヒトラーの別荘を頻繁に訪問している。



Daughter Of Adolph Hitler Vows To Complete European Union  January 7, 2007



This vow being made by Angela Merkel to unite the European Continent under one flag cannot be ignored, especially when viewed in the light of still secret, but ‘obtainable’, Soviet KGB archive files which present a terrifying portrait of the present German Chancellor as being the daughter of the former German Nazi Leader, Adolf Hitler.

Though said to be born on July 17, 1954 in the former Soviet controlled German Democratic Republic, Angela Merkel’s Stasi GDR file (currently still held in the Soviet KGB archives) states that she was instead born on April 20, 1954, the birth date of her ‘true’ father, Adolph Hitler who was born on April 20, 1889.

The means of Angela Merkel’s birth, as detailed in these documents, was based upon the research of the German Doctor Carl Clauberg, and though classified as one of the worst Nazi ‘Angel of Death’ doctors, and convicted by the Soviet Courts as being a ‘war criminal’, was nevertheless freed by the Soviets as he was recognized as being the ‘Father’ of artificial insemination.

According to these reports, Doctor Clauberg was released by the Soviets after serving only seven years of his sentence in return for turning over to the KGB his hidden files on his Nazi artificial insemination experiments and, more horrifically, the frozen sperm of the former Nazi Dictator, Adolf Hitler.

Upon their receipt of the Nazi files on artificial insemination, along with Hitler’s frozen sperm, the Soviet Politicheskoye Buro (Politburo) authorized the experiments to ‘resurrect’, ‘if possible’, a child bearing the ‘genetic markers’ of Adolph Hitler.

Doctor Clauberg then brought to the GDR the wife of Adolph Hitler’s, Eva Braun, youngest, and most devoted to the Third Reich, sister, Gretl to be the ‘surrogate’ mother for the intended offspring of the Hitler’s frozen sperm. It was ‘reasoned’ that the combining of the genes between Hitler’s sperm and Eva Braun’s closest family would produce for the Soviets a ‘near match’ of what a child of Hitler and Eva Braun would have been, should one have been born.

Upon the birth of Angela Merkel in 1954 it was ‘agreed upon’ by the Soviets, Americans and the Vatican, that she would be ‘placed’ under the ‘control’ of the Catholic Church through its ‘connections’ with the GDR Lutheran Church, and whom she was in fact placed with. Doctor Clauberg, after the birth of Hitler’s Daughter, and upon his return to West Germany was promptly imprisoned and then murdered almost two years later while still in custody of the West German and Americans.

In the, aforementioned, ‘agreement’ between the Soviets, the Western Powers and the Vatican, the ‘ascendancy’ of Hitler’s Daughter to power could not be achieved until the Vatican also brought to power a German Pope, and which was accomplished in 2005 following the death of Pope John Paul I, and which then brought to power the former German Nazi Joseph Ratzinger, and who is now known as Pope Benedict XVI, and who assumed the Leadership of the Roman Church on April 20, 2005 following his election the previous day.

(It goes without mentioning the significance of the present Nazi Pope taking power on the 116th birthday anniversary of Adolph Hitler.)

Quickly following the Nazi German Pope to European power, Hitler’s Daughter was elected as the Chancellor of Germany on November 22, 2005, and which is one of the most significant dates for the World Globalists, as it was on November 22, 1859 that the ‘final assault’ upon Christianity was made with the publishing of Charles Darwin’s "On the Origin of Species by Means of Natural Selection", and whose intention of fragment the Western Worlds peoples from their truest origins, and meanings, has succeeded beyond their expectations.

Today, the Daughter of Hitler, holding the same office as her father, Chancellor of Germany, is now the most powerful human being on our Earth as she is also the President of the European Union (EU) and the head of the powerful Western Economic Block known as the G-8.

More concerning, however, is that her Fathers dream of uniting Europe under German/Vatican control through war is now to be accomplished by his Daughter using deception. For as we have been taught from our ancient past, in the uniting of the Continent begins the destruction of our present World.

【要約】ソ連KGBの機密情報によれば、ドイツのメルケル首相はヒトラーの娘である。ヒトラーの凍結精子を使い、ヒトラーの愛人のエバ・ブラウンの妹であるグレーテル・ブラウンを代理母として人工授精させ、1954年の4月20日(ヒトラーの誕生日と同じ日)に生まれた。その目的は、ヒトラーとエバ・ブラウンの間に生まれていたかもしれない子に類似した子供をソ連のために用意することであり、バチカン・米国・ソ連の三者の合意の元に実行された。そして、メルケルは東独のルーテル教会との繋がりを通じてバチカンの管理下に置かれ、メルケルの人工授精を実行した医師はその後まもなく殺された。

ナチ党員歴のあるヨゼフ・ラッツィンガーが教皇に選出された翌日の2005年4月20日に初回のミサを行っていることも、ナチスとバチカンの親密な関係の証拠であり、ラッツィンガーの教皇就任がヒトラーの娘の首相就任に貢献した。メルケルが首相に就任した11月22日はダーウィンが「種の起源」を出版してキリスト教に大きな脅威を与えた日(グローバリストには大きな意味を持つ)でもある。戦争を通じてドイツとバチカンによる欧州統一を実現するというヒトラーの夢は、その実の娘によって今や実現されており、現在の世界を破壊しかねない憂慮すべきことだ。







● GRETL BRAUN (1915-1987)





アンゲラ・メルケル

アンゲラ・メルケル(Angela Dorothea Merkel)は、ドイツの政治家。キリスト教民主同盟(CDU)党首(2000年-)。第8代連邦首相。CDU初の女性党首、ドイツ初の女性の連邦首相である。

略歴
アンゲラ・メルケルは1954年7月17日ハンブルク生まれ。父がキリスト教・ルーテル教会の牧師であり、東ドイツの担当となったため、1954年に東ドイツへ移住する。1973年にカールマルクス・ライプツィヒ大学に入学、物理学を専攻し、物理学博士号を取得する。なお、ロシア語に堪能なのは幼少時代から勉学を重ねていたからで、東ドイツに滞在経験もありドイツ語が達者なウラジーミル・プーチン・ロシア大統領との関係にも好影響を与えているとみられる。

1989年旧東独崩壊時に《民主主義の出発》の結党メンバーで、同党では報道官を務めた。東ドイツ最後のデメジエール政権では副報道官に就任した。統一後はCDUに入党し、1990年より連邦議会議員、1991年から94年まで女性・青少年問題相、94年から98年まで環境相。98年にコール政権が終幕を迎え、CDUが野党に転じると彼女は同党幹事長に就任。







ホロコースト否定禁止、EUに拡大か 法制化の動きに波紋 (産経新聞 2007/01/18 02:33)




元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌

スターリンは更に大きな反ユダヤのプランをもっていた。シベリアの極東地方にビロビジャンというユダヤ人の自治州があったが、彼は大都会からすべてのユダヤ人を集めて、シベリアのビロビジャンに送ろうとしたのである。が、それが実行に移される前に、彼はベリヤによって暗殺された。1953年3月のことであった。スターリンは自然死であるという説があるが、実際はそうではなかった。ユダヤ人による暗殺であった。ベリヤによってスターリンは殺されたのである。
 

■■ソ連の全権を握ったカガノビッチ


ユダヤ人は強大な力をもっている。彼らは世界的な規模で力をもっており、ユダヤ民族が不利な状態になったときには一致して攻撃に出ることができる。スターリンは強力な独裁者といわれたが、その実は彼らに操られたロボットであり、自ら独裁者ぶりを発揮したとたんにユダヤによって暗殺されたのである。スターリンが亡くなって後、ベリヤはカガノビッチの真の右腕になった。この2人はスターリンが暗殺されてから130日間、実質的にロシアを支配していた。この間、彼らは何をやろうとしていたのだろうか。それは、ソ連の分裂への策謀であった。ベリヤが逮捕されて後に、こうした計画のあったことが発覚している。

 


ハザールの王・カガノビッチは、スターリンが暗殺されてから130日間、実質的にロシアを支配した

 今から40年前の1953年、カガノビッチは当時のソ連の全権を掌握した。このとき、ロシアは本当のユダヤ国家になってしまったのである。ロシアのユダヤ人とアメリカのユダヤ人たちはこうした事態を大いに喜んだ。なぜならば、ロシアのユダヤ人もアメリカのユダヤ人も、いずれもアシュケナジー・ユダヤ人という同胞であり、すっきりと手を組むことができるからだった。ユダヤ人たちはソ連とアメリカという2つのユダヤ国家が力を合わせれば、全世界を支配できると考えた。当時の誰がこのような陰謀を阻止できただろうか。その当時、国家保安省のエージェントはあらゆるところにいた。そして、密告が制度として国民の義務となっていた。当時のロシア人は、こうしたユダヤのネットワークには、何らの抵抗するすべをもたなかった。

 

■■ユダヤ権力を壊滅させたジューコフ元帥


しかし奇跡が起こった。第二次世界大戦におけるファシズムとの戦争で勝利をもたらしたジューコフ元帥が、1953年にユダヤとの戦いでも勝利を収めたのである。1953年6月26日、モスクワ郊外でジューコフ元帥は陸上演習を行なっていた。この演習の途中で、ジューコフ元帥は突然、自ら戦車部隊二個師団を率いてモスクワ市内に入り、国家保安省本部に向かって進撃を始めたのである。国家保安省はこの動きをまったく感知していなかった。そのため、ジューコフはあっという間に国家保安省本部の占拠に成功することができたのであった。ジューコフ元帥はまずベリヤを逮捕した。そしてその次にカガノビッチらを逮捕した。これはまったく異例の事態であった。ロシア人の民族性からすると、こうした過激な反発行動に出ることはあり得ないことであった。しかしジューコフは、誰にも相談せずに、自らの判断で直ちに戦車部隊二個師団を動かし、モスクワに入って国家保安省本部を乗っ取ったのである。そのときからロシアは新政府となり、ユダヤ人は国家保安省や軍隊の司令部を含めて、あらゆる組織から追放された。少なくとも1960年まで、ほとんどの政府機関からユダヤ人が一掃されたのである。
 




【私のコメント】
エバ・ブラウンの生き写しの妹であるグレーテル・ブラウンを代理母とし、ヒトラーの凍結精子の人工授精で生まれた娘がドイツの首相に就任しているというこの驚くべき情報はにわかには信じがたい。

ただ、メルケル首相が実は西独生まれであり、牧師である父親の転居に伴って誕生の3週間後に東独に移住している点は注目される。当時のドイツでは東から西への移住者は多数存在したが、逆の移住は珍しい。カトリックの神父は妻帯できないので、妻帯可能なプロテスタントの牧師を育ての親として利用したことになる。CDUが東側に送り込んだという見方もできるので、何らかの陰謀が存在した可能性はあり得るだろう。EU議長国のドイツはEU内で、ナチス・ドイツによる第2次大戦中のホロコーストの事実を否定したり、ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止することを1月15日のEU会合で提唱しているが、それはドイツの首相がヒトラーの娘であるという1月7日付けのこの情報を隠蔽する目的なのだろうか?

代理母とされるグレーテル・ブラウン(ミュンヘン出身、当時38-39才)がメルケルを出産したとすれば、彼女の再婚(1954年2月6日)時には妊娠中であったことになるし、再婚直後にヒトラーの娘を産んだことになってしまう。従って、グレーテル・ブラウンは卵子を提供しただけだったのかもしれない。

もう一つ注目されるのは、「ソ連・アメリカ・バチカンの三者の合意の元に人工授精が行われた」という点である。本当は4月20日生まれだが書類上は7月17日生まれになっていると言う情報が事実ならば、7ヶ月の早産であることを隠す目的だった可能性もある。受精から出産までの期間を280-14=266日とすると、人工授精が行われたのは1953年10月下旬頃と予想される。早産でなかったとすれば、人工授精は1953年7月下旬頃ということになる。また、イギリス国立医学研究所のポルジが世界で初めて牛精子の凍結保存に成功したと発表したのは1952年だが、それ以前に精子凍結保存技術が密かに開発されていたのだろうか?

1953年3月5日にはスターリンが死去している。1993年に公表されたヴャチェスラフ・モロトフの政治回顧録では、ベリヤがスターリンを毒殺した事をモロトフに自慢したとの記述がある。ラヴレンチー・ベリヤ(1899年3月29日 - 1953年12月23日)はスターリン死去後に首相マレンコフに次ぐ第一副首相兼内相としてソ連の指導的地位につくが、1953年6月ジューコフ元帥の指揮する部隊により、国家反逆罪容疑で逮捕され、裁判の結果同年12月に銃殺されている。

ベリヤの失脚によってソ連は国際金融資本の支配から脱出したという「ヘブライの館」の記述が真実であるならば、ベリヤの失脚後に実行されているメルケルの人工授精は反国際金融資本勢力主導である可能性もある。ただし、当時の米国政府(国務長官は北方領土二島返還に日ソ両国が同意するならば沖縄を返還しないと日本を恫喝したダレス長官)は国際金融資本に支配されていたとも考えられ、一概に決めつける事はできないだろう。

ホロコースト否定禁止法の存在するドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、ベルギーはいずれもカトリックの影響力の強い地域である。プロテスタント優位の英国や北欧諸国ではホロコースト否定禁止法は存在しない。この点からはバチカンはナチスと対立している様にも見えるが、それはナチスとカトリックの親密な関係を隠蔽する目的という見方もできる。また、メルケルが就任した11月22日はカトリック系のケネディ大統領の暗殺された日でもある。

いずれにせよ、メルケル首相がヒトラーの娘であるというこの情報の真偽を確認することは現状では不可能だ。しかし、出生直後の東独移住という謎の経歴から考えて、事実である可能性も否定できない様に思われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テクノ・ウラマー構想のKuros... | トップ | 米国が2001年に京都議定書か... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い!! (シルバーアロー)
2007-01-26 12:21:11
非常に面白い記事ですね。
正直、鳥肌が立ちました。

メルケル首相はエバ・ブラウンに似ているような気がします。(特に顔の輪郭と目の周り、口の周りが)

しかも「アンゲラ」という名前は、ヒトラーが愛した姪の名前ですね。(ヒトラーとアンゲラにまつわる話は非常に有名です)

なんとなくですが、メルケル首相からはヒトラーとエバ・ブラウンをブレンドしたような雰囲気を感じます。

この記事の内容がどこまで本当なのかは今現在判断できませんが、この話をベースにしてSF小説が書けそうなぐらい面白い情報だと思います。

続報を期待しています(^^)/
追加情報 (シルバーアロー)
2007-01-26 12:27:22
ヒトラーとアンゲラについてはウィキペディアに詳しく書いてあります↓

アンゲラ・ラウバル - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%90%E3%83%AB
「メルケルは自分がヒトラーだと夢見ている」というイランフォーカスの記事の真意は? (princeofwales1941)
2007-01-26 22:41:37
http://www.iranfocus.com/modules/news/article.php?storyid=6086
ドイツのコール元首相が「ホロコーストは神話」というアハマディネジャド大統領の主張に同意したという上記のニュースを2006年3月6日に流したイランフォーカスが、その少し前の2006年2月8日に以下の興味深い記事を書いています。

イスラム革命防衛隊の広報官は「メルケル首相は幼稚にも自分がヒトラーであると夢見ており、今や首相の地位に就いた以上は、全世界と自由諸国に命令できると考えているのだ」とメルケル首相を批判しています。これは、メルケル首相がアハマディネジャド大統領をヒトラーになぞらえて批判したことに反論したものです。

http://www.iranfocus.com/modules/news/article.php?storyid=5690

しかし、一ヶ月後のコール首相の発言、そして今回の「メルケルはヒトラーの娘」という記事を合わせて考えると、このイランフォーカスの記事はメルケルとヒトラーの特別な関係を仄めかす意図であったのかもしれません。
Unknown (Unknown)
2007-01-27 05:09:06
すぐには信じがたい話ですが、そういわれれば、
目の下がりぐあいが似ていると思います。
50年以上前に人工授精の技術が完成していたということですね。

ヒトラーはロスチャイルド男爵の孫にあたるという疑惑をコシミズ氏が下記の動画で言われています。
http://video.google.com/videoplay?docid=-8249834850366562921&hl=en


ヒットラーはユダヤ人だった。
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/203.html
ヒットラーは、ウィーンのロスチャイルド男爵の孫。ナチス高官も軒並み隠れユダヤ人。

ナチスはシオニストの別働隊だった。ヒットラは、欧州のユダヤ人をイスラエルに追い

出して建国を可能にした。ヒットラーは、イスラエル建国の父である。シオニストの英雄、

ヒットラーは、戦後ユダヤ権力に守られて、アルゼンチンに逃れ、1980年代まで生きていた。


というふうになると、メルケン首相もユダヤ人ということになるのでしょうか。
世界はミステリーですね。その謎を解き明かすのが
日本人に託された使命でしょうか。
もし本当なら (fx)
2012-02-15 01:07:13
もし本当なら

我々は大変な事実を知ってしまったことになる。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
メルケル独首相は人類初の人口受精? (音楽とBKKと江戸)
すっかり長いこと書き忘れていたびっくり記事。 イギリスの牛だかヤギだか忘れたけど、それより前に人間の人工授精が成功していた訳ね。