パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★

2014年02月03日 | アクション映画ーラ行
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。監督は、『ビューティフル・マインド』などの名匠ロン・ハワード。陽気なハントをクリス・ヘムズワース、冷静沈着なラウダをダニエル・ブリュールが演じる。
あらすじ:性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

<感想>最先端のテクノロジーが凝縮されたマシンを、世界最高峰のドライバーが駆ける、究極のモーター・スポーツ、“F1”。死亡事故が多発していた70年代のF1界で、計算し尽くしたドライビングで勝利を重ねたオーストリア出身の、ニキ・ラウダ。
彼は走るコンピューターの異名をとる理論派というだけに、マシンの構造を熟知し、セットアップもサーキットごとにこだわり、メカニックにも妥協を許さず厳しい要求を突きつける。だから、沈着冷静な走りでレース展開は手堅い。ニキを演じたのは、最近では「みんなで一緒に暮らしたら」に出ていたダニエル・ブリュールが、事故後の本人そっくりの激似の特殊メイクを施しての熱演です。
一方、ワイルドな走り方とロック・スターのような生き方で、人気を集めた英国人ジャームス・ハント。生まれも育ちも性格も正反対、顔を見合わせれば互いにののしりあう宿敵同士である。このハントは、良家のお坊ちゃんでF1界ではプレイボーイとして有名。レース直前に何故か緊張するのか吐く癖があります。それに、酒、薬、女と超人的なスケコマシで、カリスマレーサーを自然体で演じたのが、「マイティ・ソー」の金髪ロン毛の、筋肉マッチョなクリス・ヘムズワースと、どちらもハマリ役です。

本作は、「アポロ13」など実話ドラマに定評のあるロン・ハワード監督が、彼らがマイナーリーグのFクラスから、F1レーサーへとのし上がるまでのプロセル、高性能の車体を手に入れるために有名なスポンサーと契約しようと奮闘する姿まで、克明に描くシナリオの構成も見事です。そんな好対照をなす2人の争いに焦点を当てたヒューマン・ドラマになっている。

世界が注目した両者の対決は、1976年8月のドイツGPで起きた「ニュルブルクリンクの悪夢」で、ニキ・ラウダを襲った壮絶なクラッシュによって、衝撃的な結末を迎えたかのように思えた。しかし、2人の戦いはそう簡単には終わらなかった。
生き急ぐ男たちの祭典、F1グランプリ史上に残る「世紀のバトル」を描いた史上最速バトルが勃発。スピードと勝利の快感に取り憑かれた男たちの真剣勝負を、エネルギッシュに撮っているのだ。

カーレースの醍醐味といえばクラッシュ・シーンだが、マシンに座ったまま首チョンパされた死体とか、脚のスネがまっぷたつに折れて骨が飛び出したまま運ばれるレーサーなど、生々しい残虐描写が堂々と描かれている。もちろん、ニキがクラッシュした場面も映されます。燃え盛る車体、脱出できないくらい体がぴったりと挟まった状態で、身動きが出来ない。ただ助けを待つばかり。

この映像はショックでした。担架で病院へ運ばれるも、あの世への世界を彷徨い、奇跡的に助かったニキ。頭から顔にかけての火傷の痕が生々しくて観ていられない。それに、車体から発生した毒ガスを吸い込んだため、肺の火傷だ。その治療方法は、口から金属管を通して肺の中の膿を吸引する痛々しさは、とても観ていられません。
それでも、事故から42日後に、イタリアGPでニキが驚異的な回復力と精神力でレースに復帰を果たすのである。顔にはまだ生々しい火傷の傷跡を残した姿で、マスコミの前に現れる。
彼の最後のレースは、日本GP、富士スピードウェイで、大雨の降る悪天候での走行。このレースを決行するか否かは、レーサーの挙手で決めるんですね。走りたいというレーサーたちの意気込みで、行われる生と死の境目でのレース。
要所のレースシーンでは、ドライバー目線の映像で、未知のスピードを臨場体験します。
疾走する映像と、耳をつんざくような排気音のもたらす高揚感は、劇場で体感しないと勿体ないですから。リアルな臨場感たっぷりで、興奮度マックスでした。

この映画を観て、以前鑑賞したF1ドライバーの、「アイルトン・セナ/音速の彼方へ」(10)を思い出しましたね。イケメン”セナ”の映像をまた観たくなりました。
2014年劇場鑑賞作品・・・29  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイティ・ソー /ダーク・ワー... | トップ | ウルフ・オブ・ウォールストリー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」 (日々“是”精進! ver.F)
互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING...
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
本当の勇気。『ラッシュ/プライドと友情』 (水曜日のシネマ日記)
1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの物語です。
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
ラッシュ プライドと友情 (花ごよみ)
監督はロン・ハワード。 1976年のF1世界選手権が舞台。 ライバル同士の天才ドライバー、 ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 二人の命を懸けてのタイトル争奪戦。 何もかもが正反対な二人の 熱い戦いと友情を描いています。 ハントをクリス・ヘムズワース、 ラウ...
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 2014年1月15日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 を試写会で鑑賞しました。 この時代のF1はあんまり知りません(というよりは見てなかった)でしたが、 面白い映画でした。男は好きだね。そこにKinKiKidsに吹き替えやらせて 女性を取り込もうとした狙いは分からなくはない。 【...
映画「ラッシュ/プライドと友情」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
F1好きにはたまらない映画!! この地上を最速で駆け抜けた二人の物語 ニキが後に妻になる女性と出逢った時、「レーサーは、長髪でハンサムでセクシーで胸をはだけている」貴方は全然らしくないわね、という意味をこめた言葉を言われる。それこそがニキ・ラウダ...
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
ラッシュ/プライドと友情 (試写会) (風に吹かれて)
宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
『ラッシュ/プライドと友情』 (こねたみっくす)
好敵手は呪うべき敵ではない、感謝すべき神の恵みである。 毎年25人中2人が命を落とすと言われるなか、伝説のレースとまで呼ばれた1976年のF1グランプリ。異次元の戦いを繰り広げた ...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
RUSH ラッシュ/プライドと友情 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Rush 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH (勝手に映画評)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
『RUSH プライドと友情』 (時間の無駄と言わないで)
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
映画『ラッシュ/プライドと友情』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-13.ラッシュ/プライドと友情■原題:Rush■製作年、国:2013年、アメリカ・ドイツ・イギリス■上映時間:123分■料金:1,800円■観賞日:2月9日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作:ロン・ハワード◆クリス・ヘムズワース◆ダニエル・ブリュール...
ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた....
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
ラッシュ/プライドと友情 (映画好きパパの鑑賞日記)
 F1史に残るラウダVSハントを、巨匠ロン・ハワード監督が映画化に成功。F1に興味がなかったのですが、とにかく迫力のあるレースシーンの連続に、ただただスクリーンに釘付けになりました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・...
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
ポールポジション〜『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
ラッシュ プライドと友情 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
実話を元にした二人のF1レーサーの闘いを 描く映画「ラッシュ プライドと友情」が公開 されましたので観に行ってきました。 この日は東京で記録的な大雪、しかし映画館には それなりに人が入っていました、もっと空いている かと思っていたので意外、サービスデーだった...
『RUSH』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
F1レーサーのお話。 1970年代。流行っていたような記憶があります。中嶋悟さんと鈴木亜久里さん。 それから、セナさん・・・ 1976年に日本の富士スピードウェイであったのですね。 ニキ・ラウダが映画の中で20%は死ぬと何度も言ってましたよ。 ニキ・ラウダとジェ...
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
シネマ・パラダイス:「ラッシュ/プライド... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
実在のF1チャンピオン、ジェイムズ・ハントとニキ・ラウダの闘いと友情を描く映画です。【楽天ブックスならいつでも送料無料】ラッシュ/プライドと友情【Blu-ray】[クリス・ヘムズ......
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
映画評「ラッシュ/プライドと友情」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ合作映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...