パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5

2014年02月04日 | あ行の映画
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克上とも言える出世劇から地獄に一直線の急降下まで、破天荒な生きざまをシニカルな笑いを交えて描き出す。
熱演が過ぎて燃え尽きた、ディカプリオの俳優休業宣言まで飛び出した注目の神髄に、マネーゲームには付きものの“数字”から迫る。
26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドルを稼ぐようになったジョーダンは、常識外れな金遣いの粗さで世間を驚かせる。全てを手に入れ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになったジョーダンだったが、その行く末には想像を絶する破滅が待ち受けていた。
ジョーダン自身による回顧録「ウォール街狂乱日記 『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」(早川書房刊)を映画化。共演にジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビーら。

<感想>ワル賢いやり口で瞬く間に億万長者に。成金男の栄光と挫折、ハリウッド版ホリエモンなのか?・・・ディカプリオと言えば、常に眉間に皺を寄せて、演じる役も暗めな人物ばかり。だが、この映画ではでしゃばりっぱなしだし、女も金もドラッグも大好きな傲慢な人物。
憧れのウォール街証券マンなった途端、1987年のブラック・マンデーの大暴落で解雇。転んでもタダで起きないと、リスキーだが手数料が高いペニー株を、優良株に見せかけて売りつける詐欺まがいの商法で荒稼ぎ。

郊外のボロいガレージから始めた会社が、右肩上がりで急成長。経済誌に特集記事が載ったおかげもあってか、入社希望の若者が殺到する。地元の友達数人で始めた会社が、あっという間に800人を擁する一大金融詐欺集団に。
22歳で金融界入りしたジョーダンが初日に教わったのは、「営業の電話は1日500件かけろ」あることないことをまくし立て、相手を納得させる営業トーク術を、メソッド化し、部下に教え込む。暴落すると判っているゴミ証券を売りつける相手は、金持ちに限定。だって、貧しい人を助けたいから・・・ではなくて、純粋に儲かるから。立派な社名と事務所があれば金持ちなんてチョロいもの。
能力のある人間が儲けて何が悪い。という弱肉強食の精神と、カリスマ的なスピーチで野心溢れる部下を鼓舞。さらには、ドラッグOK、社内セックスOK、の楽しい職場づくりを実践する。

唯一無二のパートナー、ドニー・エイゾフをジョナ・ヒルが演じて、野心溢れるジョーダンに惚れこみ、ファミレス店員からジョーダンの右腕に転身。仕事でも乱痴気騒ぎでも最高の相棒になる。
そして、ジョーダンがパーティで出会ったセクシー美女ナオミ。セレブ志向に強く、ジョーダンの下積み時代を支えた妻を蹴落として、本妻の座に収まる2人目の妻ナオミにはマーゴット・ロビーが。金が目当ての結婚、子供が産まれても破天荒な生活をする夫に愛想をつかす。

そして、ちょっとの出演でしたが、ジョーダンが最初に就職をした会社のやり手な上司で、金儲けの極意や、昼間っから酒とドラッグをたしなむライフ・スタイルを伝授したマーク・ハンナにマシュー・マコノヒーが演じて、彼のゴリラふうの胸を叩いて歌うウフォ、ウフォが最高。

そして、ジョーダンの会社のCFOを務める短気な父親役にロブ・ライナーが、ジョン・ファブローは、証券会社の企業弁護士役で出演している。それに、スパイク・ジョーンズは、ジョーダンに株売買を指南するブローカー役で出演。
それでも、稼いだ金は湯水のように使え、ディナー1回100万、200万円は当たり前。週末はプールつきの大邸宅で贅沢なパーティ三昧。フォーカス誌に「金持ちから盗んで自分とその部下に与える、ロビン・フッドのよう」と形容される始末。マイヘリコプターで移動し、元はココ・シャネル所有だった170フィートのクルーザーで航海へと。地中海を巡航し、嵐の中を突っ込む航海で沈没しても気にしないって男って。

積み上げられた札束に囲まれて、女の体に札束を貼り付けてセックスにふけるし、投資家を欺きつづけるジョーダンに、証券取引委員会とFBIの捜査のメスが入るも、クルーザーに来たFBI捜査官に対して、ロブスターを投げ捨て、札びらを投げつける無礼な行動にはゲンナリします。
マネーロンダリングのためにスイス銀行に隠し金を妻の叔母さん名義で預金、これがFBIに決定的な証拠をつかまれる原因になったというのだ。覚せい剤、薬物使用は毎日で、FBIが屋敷に事情徴収に来たときは、ドニーが持ってきたドラッグが期限切れの古い薬で効き目が遅く、大量に飲んでしまい全身マヒ状態での演技が、這いずり回って階段を転げ落ち、車で酔っ払い運転のような、このシーンはさすがのレオ様ですぞ。
主人公のジョーダンの行動は実際にはもっともっと凄いもので、これでもかなりトーンを抑えているそうで、この映画で描かれている状況はあくまでも深刻なのだが、側面から眺める喜劇にもなっている。観客をその渦中に引きずり込んで、仰天する程に不条理な登場人物たちの行動を見せているといっていいでしょう。
2014年劇場鑑賞作品・・・29  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★ | トップ | アメリカン・ハッスル ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
お金で買えないモノ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (水曜日のシネマ日記)
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマです。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年1月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 を鑑賞しました。 上映前に、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル・マーティン・スコセッシ監督の挨拶がありました。 舞台挨拶後はスクリーン7にはバルコニーみたいなところがあって そこにも現れて客席をレオ様が撮ってまし...
[映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  三時間の上映があっという間。  私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。  まず、スコセッシがすごい。  『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (心のままに映画の風景)
80年代後半のウォール街。 学歴や人脈もない証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)らと会社を設立すると、富裕層をカモに巧みなセールストークで瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (こねたみっくす)
誰にも共感出来ない乱痴気騒ぎと自業自得の先にある、誰もが共感出来る皮肉。 ジョーダン・ベルフォードが堀江貴文にしか見えない!虚業で大儲けして、どんちゃん騒ぎを日々繰り ...
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を鑑賞しました。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (風に吹かれて)
電話しまくれ~~[E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(映画)ー狂乱の3時間、ディカプリオのエキセントリック接待に酔いしれろ (マンガデシネ)
 行って来たぜー。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』だぜー。ディカプリオだぜー。俳優休業宣言だぜー。 と言う訳で、レオ様がとうとう休業宣言をしてしまった。私は彼の友 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、ウォールストリートでのしあがる一匹狼の知的なゲーム、と思いきや、「やっぱお金がほしいよね。女も酒も麻薬も何でもありだひゃっはー」という作品でした。でも、ここまで振り切れると気持ちがいいし、投資詐欺にひっかからない教訓にもなりますね。 ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」:道徳レス狂騒社会 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、予想以上に面白く突っ走る2時間59分
ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ウォール街で悪名を轟かせた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのお話です。ボロ株を扱う店頭業者にいた頃の経験と巧みな話術で業績を上げ、26歳で名門まがいな証券会社を設立。その後標的を素人から富裕層に変え大企業へと発展させ、若...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
ウォール街の狼~『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (ラムの大通り)
(原題: THE WOLF OF WALL STREET) ----おっ、観てきたばかりの映画。 最近にしては珍しいニャあ。 アカデミー賞がらみだと、 『アメリカン・ハッスル』も『ネブラスカ/ふたつの心をつなぐ旅』もまだなのに…。 「そうなんだよ。 このままだと、 ついつい喋るのを逸し...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
ウルフ・オブ・ウォールストリート 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ ディカプリオが再び組んだ実録ものの映画 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が公開 されましたので観に行ってきました。 ウルフ・オブ・ウォールストリート 原題:THE WOLF OF WALL STREET 製作:2013アメリカ 作品紹介...
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-16.ウルフ・オブ・ウォール・ストリート■原題:The Wolf Of Wall Street■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:179分■料金:1,800円■観賞日:2月13日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:マーティン・スコセッシ◆レオナルド...
『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
実話と聞くと観たくなりますよね。 大成功そして破滅へ 学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なア...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年8本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年8本目 ☆☆☆★ チネ・ラヴィータ 実在した証券マンの成功と破滅の実話を映画化。 アメリカの証券会社って何百億、何千億って儲 ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、ロブ・ライナー 【解説】 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代か....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (こんな映画見ました~)
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』---THE WOLF OF WALL STREET---2013年(アメリカ )監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ 、 ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー 、マシュー・マコノヒー 80年代から90年代のウォール街で&amp...
映画評「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督マーティン・スコセッシ ネタバレあり
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 ~ん~ん♪ん~ん♪ドン!ドン!~ (偏愛映画自由帳)
2013年/アメリカ/180分 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ    ジョナ・ヒル    マーゴット・ロビー    マシュー・マコノヒー ■概要 原題は『The Wolf of Wall Street』。アメリカ製作による2013年の伝記コメディ映画です...