パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

アナと雪の女王 ★★★.5

2014年03月17日 | あ行の映画
アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。監督は、『サーフズ・アップ』のクリス・バックと『シュガー・ラッシュ』の脚本家ジェニファー・リー。愛情あふれる感動的なストーリーはもちろん、美しい氷の世界のビジュアルや個性的なキャラクター、壮大な音楽など、ファンタジックな魅力に酔いしれる。
<感想>時代を超越した素晴らしいストーリーテリングや、驚くべきビジュアルは間違いなく今日の観客のために作られていると思います。恐れを知らない前向きなアナが、無骨な山男クリストフと彼の忠実なトナカイのスヴェンと、チームを組んで、氷の魔法でアレンデル王国を永遠の冬に閉ざしてしまった姉のエルサを探しだすため、壮大な冒険の旅に出るところから始まります。

エヴェレストのようにそそり立つ雪山の環境の中で、神秘的なトロールたちや、オラフという名のとても陽気な雪だるまと出会いながら、彼らは王国を救い出すためにエルサの元へと。
これは、「アンデルセン」の古典的名作からインスピレーションを得ているようですね。でも、この物語は独自のもので、スピリットもスタイルもフレッシュな新しい作品であります。驚くほどの感情が込められており、アクション、アドベンチャー、マジック、そして忘れられないキャラクターたちであふれている。とにかく映像が綺麗で素晴らしかった。
エルサは雪や氷を作りだす魔法の力を持っている。しかし、彼女はそれをコントロールすることが出来ないので、誤って、大きな冬嵐を引き起こしてしまい、自らの故郷を脅威にさらしてしまいます。
この映画はある意味ロードムービー的な作品でもあるんですね。トロールやオラフの出て来る舞台としては、ノルウェーの風景をマンガ的に、自分たちのものとして描いていると思われます。息をのむような色彩で描かれている世界は、ノルウェー独特の建造物や文化や伝統を手掛かりに作られたものであり、この素晴らしい世界に魅入られることでしょう。

妹のアナが森で偶然出会ったハンス王子と意気投合して、すぐにでも結婚をしたいと報告する。丁度姉のエルサの戴冠式の日のことでした。そこで、姉のエルサが二人の結婚は許しません。「本当に運命の人なの」と言い、手袋をとると指先から氷のトゲトゲが出て来て、みるみるうちに噴水も周りの景色も全部氷の世界へと変わってしまう。それから、姉のエルサは走りだし、姉は怒って自分でもその魔法の力を知らなかったのでしょう。怒りに任せて一気に自分の国を夏から冬の世界へと替えてしまったのですから。
そして、姉のエルサは国を出て高い雪山へと身を隠すのです。両親はエルサの魔法を解くべく船で旅へでるのですが、途中で嵐に遭い遭難して亡くなってしまうのです。雪の降る寒い国に一人取り残されたアナは、姉のエルサを探しに旅に出るのです。
国に残ったハンス王子は、実は13番目の末っ子で、国の跡目を継ぐことが出来ない。後で判るのですが、このアレンデル王国を乗っ取る気で乗り込んできていたのですね。爺様の公爵もそうです。

姉を探して雪山へと、険しい剣山のような山を登るアナ。脇にエルサの住む氷のお城への階段があるのを見つけ登ります。姉のエルサは、まだまだ心を閉ざして、近づくものをみな凍らせてしまいます。「帰ってお願い」とエルサ。「太陽の輝くアレンデル国へ帰って」、と言うのだが、「故郷は氷の世界で、姉さんなら元の温かい世界へ戻せるはず」と妹が言う。
氷の宮殿から追い出され、雪のマンモスが出て来て追い掛けられ、散々な目に遭う。それにアナの髪の毛が白くなり始めた。恋愛のスペシャリスト、トロールに相談しようと行く。でも、「クリストフとアナならお似合いさ」と、勘違いしてしまう。アナが気を失う、心に氷の棘が刺さってしまいアナの命が危ないのだ。凍った心を溶かすには「愛」だけ。ハンス王子のキスで息を吹き返すはず。それでも、妹のアナはエルサに逢いたさに近づきます。

氷の宮殿へ行くハンス王子と兵隊たち。弓矢が宮殿のシャンデリアに当たって落ちてきて、エルサが下敷きになる。気を失ったエルサを捉えて、アレンデイルの城の牢屋の中にいる。手の鎖も凍ってしまう。
ところが、ハンス王子は財産目当てで、アナを愛してはいなかったのだ。だから、アナが凍りついた心をハンス王子に愛のキスで温めてもらおうとしたのだが、ハンス王子の裏切りで真実の愛ではなかったのです。王子はエルサを殺して、この国を元どおりにして自分の国にしようと企んでいたのですね。アナ王女を殺した姉のエルサを、死刑にしてしまおうと。
しかし、アナは必死でハンス王子の剣を姉を庇って、するとエルサの指先がアナを直撃して氷の彫像が出来てしまう。しかし、エルサがそれを見て泣くんですよ。それで、アナの氷が溶けて来て二人は抱き合うわけ。「愛」は氷をも溶かすんです。あっという間に季節は春、魔法がとけたのだから。

この映画は、自分に自信が持てずにいる人、ありのままの自分が好きになれずに悩んでいる人は多くいると思います。そんな人たちが、エルサの歌を聴いて勇気づけられるようにという製作者の願いが込められているそうです。
姉妹愛、姉妹の絆、誰にも止められない、ありのままの自分でいいの。自分らしく生きることの大切さを切々と歌い上げる。吹き替え版だったので、姉のエルサの声は松たか子さんが、妹のアナの声には神田沙也加さんが、松たか子さんが「Let It Go〜ありのままで〜」を歌い上げているのですが、歌も感情がこもっていて聞き惚れてしまいました。
2014年劇場鑑賞作品・・・60  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハングオーバー!!!最後の反省... | トップ | ロボコップ (2014)★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
製作総指揮ジョン・ラセター、監督クリス・バック、ジェニファー・リー『アナと雪の女王(FROZEN)』"Let It Go" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アンデルセン「雪の女王」にインスパイア(エンドクレジットに表記されていますが原作ではなくSTORY INSPIRED BY THE SNOW QUEEN)され製作された『アナと
『アナと雪の女王』 2014年3月3日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アナと雪の女王』 を試写会で鑑賞しました。 上映前のアナウンサーの喋りが長い サラっとアカデミー賞受賞しました!で終わってもいいんじゃね。 【ストーリー】  エルサとアナは美しき王家のプリンセス。しかし、触ったものをカチカチに凍らせてしまう秘められた力...
アナと雪の女王 (心のままに映画の風景)
アレンデール王国の王女、エルサとアナ姉妹は、幼い頃から大の仲良し。 触れたものを凍らせる力がある姉エルサは、ある時、アナを危険にさらしたことで、魔法を封印し、部屋に閉じこもる。 月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、王位を継ぐエルサは、...
アナと雪の女王 (はるみのひとり言)
一足早く試写会で鑑賞させていただきました。映画館で観れる、しかもMay J.さんのライブ付きということで喜んでいたのですが、東宝梅田のシアター8の狭いとこだったのでちょっとがっかりだったかな。 もっと大きな画面で観れると思ってたのに・・・。ストーリーはアンデ...
映画:アナと雪の女王 Frozen  王道路線と思わせつつ「現代」な味を加え、新しく魅せる。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アンデルセン「雪の女王」をベースにした、ディズニー最新作。 このため、王国・プリンセス・魔法・幽閉 etc.. とオーソドックスな展開が前半にずらっと(笑) あっそういうことね、王道路線になっていくんだと思っていると… 製作途中で監督:クリス・バック/ジェニ...
劇場鑑賞「アナと雪の女王」 (日々“是”精進! ver.F)
愛が、氷を溶かす… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403150000/ 【送料無料】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,625円(税5%込、送料込) 【送料無料】...
アナと雪の女王 (映画好きパパの鑑賞日記)
 今年のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞したディズニーアニメ。圧巻の映像美、夢を見るようなストーリーと映画の楽しさとはこういうものかと堪能できるミュージカル仕立てになっており、至福の時を過ごせました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:クリス・...
「アナと雪の女王」 (或る日の出来事)
あーもー、好きだ! 完璧に好きだ!
『アナと雪の女王』 (こねたみっくす)
これぞコンパクト・トゥルーラブストーリー。 ディズニーらしい王道作品なのに、ムダのない展開と素晴らしき楽曲、そしてロマンスに拘らない「真実の愛」に、どこか新しささえも ...
アナと雪の女王 (Akira's VOICE)
先が読めて感動は薄い。  
むき出しの自己犠牲。『アナと雪の女王』 (水曜日のシネマ日記)
アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーのミュージカル映画です。
アナと雪の女王 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FROZEN】 2014/03/14公開 アメリカ 102分監督:クリス・バック声の出演(日本語吹替版):神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑、多田野曜平、安崎求 凍った世界を救うのは――真実の愛。 [Story]エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったも...
アナと雪の女王(字幕2D) (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「♪れでぃごーー  れでぃごーーーー♪」 「・・・あのさ」
アナと雪の女王(吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 時間の都合で吹替えになってしまったが特に不満はない(笑)
映画「アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 王家の美しい姉妹・エルサとアナは幼少期から大の仲良し。しかし、触れるものをすべて...
アナと雪の女王 (悠雅的生活)
にんじん。Happy Snowman。真実の愛。
アナと雪の女王 感想  (にきログ)
さて、アカデミーで話題になっているこの作品 久々に劇場でみたディズニー映画ですね 「魔法にかけられて」以来でしょうか? 映像と音楽は流石のディスニーでしたね あらすじ エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を...
アナと雪の女王 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Frozen監督:クリス・バック、ジェニファー・リー出演:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ、ジョシュ・ギャッド
「アナと雪の女王」 (Con Gas, Sin Hielo)
夢と魔法と氷の世界。 今回、おや?と思ったのは、3D形式があるのに近所の映画館は2Dでの上映しかなかったこと。更に、字幕版の上映回が日に2〜3回設けられていたこと。 アニメといえば子供・家族向け。故に3D+吹き替え版で番組固定となることが多かったのに....
アナと雪の女王・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
Let It Go! 伝統のディズニープリンセスの最新作は、アンデルセンの「雪の女王」をモチーフに、雪と氷の世界を舞台とした壮麗なミュージカルファンタジーだ。 今回は、全てのものを凍らせる秘密の力を持ったエルサと、天真爛漫なアナの姉妹を主人公とした史上初のダブ...
アナと雪の女王 感想 (ディズニー&USJ大好きブログ)
アナと雪の女王 感想
アナと雪の女王 (映画的・絵画的・音楽的)
 『アナと雪の女王』を吉祥寺プラザで見てきました。 (1)本作(注1)が今度のアカデミー賞の長編アニメ映画賞(注2)を獲得したというので映画館に行ってみたのですが、上映されているのが吹替版ということもあり、館内は小さな子供連れが目立ちました。でも、歌が多く....
アナと雪の女王/クリステン・ベル (カノンな日々)
劇場予告編のスペシャルバージョンでデミ・ロヴァートの「Let it Go」がながれますがあのシーンのあの曲を聴いただけでもこの映画スゴイかもって思えてしまうんですよね。まだ観てい ...
映画『アナと雪の女王』2D吹替版 観たよ〜 (よくばりアンテナ)
やっと観に行ってきました。 音楽と映像の美しさにうっとり。 ストーリーもシンプルでありながら、 エルサとアナの心情がとても細やかに描かれていて、 大人が観ても物足りなさは感じにくいのではないかな。 そして、わざわざ吹替版を選んで鑑賞したの...
『アナと雪の女王2D吹替』をトーホーシネマズ府中2で観て歌と映画の争いふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★歌にやられる】    物語的にはアラもあると思うのだが、それは歌の素晴らしさに塗りつぶされる。 アナがやたらめったら可愛い。 多彩な表情。それと肌 ...
アナと雪の女王 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】人に悟られないように魔法を隠していた姉な
アナと雪の女王 (2D日本語吹替版) 監督/クリス・バック&ジェニファー・リー (西京極 紫の館)
【声の出演】  神田 沙也加 (アナ)  松 たか子  (エルサ)  ピエール瀧 (オラフ)  原 慎一郎  (クリストフ) 【ストーリー】 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変....
『アナと雪の女王(吹替版』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アナと雪の女王」□監督 クリス・バック、ジェニファー・リー□脚本 ジェニファー・リー□原案 アンデルセン「雪の女王」 □キャスト(声の出演) 神田沙也加、松 たか子、原 慎一郎、ピエール瀧、               津...
アナと雪の女王 (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ、吹替えで観たけど面白かったなぁ。
アナと雪の女王 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞でも話題になったディズニーアニメ最新作です。 「Let It Go」の歌にすっかり魅せられていたので、字幕版でチャレンジしてみました。 美しい映像と歌に彩られた作品は、真実の愛に満ちあふれていました〜♪
「アナと雪の女王」 真実の愛 (はらやんの映画徒然草)
予告編で主題曲「Let It Go」が流れる前半のクライマックスシーンを見せてい
「アナと雪の女王」 (ここなつ映画レビュー)
良い作品過ぎて、鑑賞中思わぬ所で涙が。一度弛んだ涙腺は止まらず、一緒に行った息子が引く位泣いてしまった。息子曰く、「意味わからない所で泣いてる」。本当は字幕3Dで豪華に観たかったんだけど、どうしても吹き替えがいいと譲らない次男を優先しての吹き替え版鑑賞...
アナと雪の女王 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
アナと雪の女王 '13:米 ◆原題:Frozen ◆監督:クリス・バック、ジェニファー・リー ◆主演:クリステン・ベルアナ、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ、ジョシュ・ギャッド、アラン・テュディック、クリス・ウィリアムズ ◆STORY...
アナと雪の女王(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 声の出演:【洋画版】クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、【日本語版】 神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑 【解説】 アンデルセンの童話「雪の女王」をヒン...
映画「アナと雪の女王」 (FREE TIME)
映画「アナと雪の女王」を鑑賞しました。
「アナと雪の女王」:モンスターの孤独と哀しみ (大江戸時夫の東京温度)
大ヒット中の映画『アナと雪の女王』(2D・字幕版)を今さらながら観ました。うーん
映画 アナと雪の女王 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆  原題 「Frozen」    字幕版で見ましたが、アニメ版ミュージカルといった感じで    字幕で見たほうが役者の歌がそのまま聞けて良かったと思います。 ...
『アナと雪の女王』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
アンデルセンの『雪の女王』は読んだことないし、実はどんなお話かも良く知らないのだけれども、このディズニー製のアニメが全然違うお話を組み立てているだろうことは想像に難くない。でもそれが功を奏したのか、なかなか面白かった。ディズニー創立90周年記念作品との...
「アナと雪の女王」自らの力でアナを傷つけ殻に閉じこもった先に知ったアナのエルサに対する深い愛情 (オールマイティにコメンテート)
「アナと雪の女王」はウォルト・ディズニー制作の3Dアニメで全世界で空前の大ヒットしている作品で氷の魔法を使えるエルサ女王がその力を抑え切れず国全体を氷で覆われた冬の世 ...
アナと雪の女王 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年 米国 上映時間:102分 監督: クリス・バック 、ジェニファー・リー  たかがアニメ、されどアニメ、さすがディズニーアニメという気分である。なにしろ雪と氷の映像が、恐ろしいほど美麗であり、王女たちの表情からスカートの動きまで
『アナと雪の女王』を観てきました (windy's note)
『アナと雪の女王』を娘と二人で観てきました。『アナと雪の女王』はミュージカル作品。歌と物語の両方を、たっぷりと楽しめました。感動しました[E:shine] [E:clip] 『アナと雪の女王』公式サイ
アナと雪の女王 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アナと雪の女王」監督:クリス・バック、ジェニファー・リー声の出演:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、ジョナサン・グロ ...
アナと雪の女王(2013)**FROZEN 2D吹き替え版 (銅版画制作の日々)
 凍った世界を救うのは――真実の愛。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。遅まきながら観てまいりました。アカデミー賞を受賞したということとレディスデーが重なったということもあってかかなりのお客さんでした。字幕版は時間が経ったということもあって朝一番一本のみ。仕方...
映画「アナと雪の女王(吹替)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
やっぱりディズニーは上手い!!! ひたすらに美しい雪と氷の絵、情感豊かな人物の表情や仕草、何よりもキャラクターの作りこみ具合、雪だるまのオラフ、トナカイのスヴェン、トロールなどの人間以外の生かし方も素晴らしい。 単純化された話の中に、ディズニー...
アナと雪の女王 日本語吹き替え版 (単館系)
アナと雪の女王 日本語吹き替え版 MOVIXさいたま 3/14公開 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、 真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。 行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナ...
アナと雪の女王 (いやいやえん)
キャッチーな曲(ありの〜ままの〜♪とか、ゆきだるま、つくろう♪とか)がとても良いです。松たか子さんの歌声が素敵。 王家の姉妹エルサとアナ。この2人の愛と真の自由の物語。 姉エルサは幼い頃より触れたものを凍らせてしまう魔法の力をもっていた。しかし事故...
アナと雪の女王 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月19日(水) 20:55〜 109シネマズ川崎4 料金:1300円(川崎の金券屋でチネチッタ共通鑑賞券を購入) パンフレット:未確認 3Dでも良かったかも。上映館がわからない。 『アナと雪の女王』公式サイト ピクサーではないが、ジョン・ラセターが関わってい...
アナと雪の女王 (のほほん便り)
なんと、先日、購入した、GoogleのHDMI TVアダプタ「Chromecast」を使い、思いがけず、現在、話題沸騰中。ほとんど社会現象にまでなってる「アナと雪の女王」を観ることができて、大感激全然、知らずに観たので、予測を裏切る展開。そして、あまりにも有名なレリゴーが、...
アナと雪の女王 (銀幕大帝α)
FROZEN 2013年 アメリカ 102分 ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル 劇場公開(2014/03/14) 監督: クリス・バック ジェニファー・リー 製作総指揮: ジョン・ラセター 原案: アンデルセン『雪の女王』 主題歌: イディナ・メンゼル『Let It Go』 ....
アナと雪の女王 (映画大好きだった^^まとめ)
785 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 17:38:29.87 ID:9D1GgSlr見てきたけどよかった やっぱディズニーは歌がいいね氷の城でのアナとエルザが一緒に歌ってるところもっかい聞き ...
映画評「アナと雪の女王」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督クリス・ベック、ジェニファー・リー ネタバレあり