パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ロボコップ (2014)★★★★

2014年03月18日 | アクション映画ーラ行
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジャラス・ラン』などにも出演したスウェーデン人俳優のジョエル・キナマンを抜てき。ゲイリー・オールドマンやマイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンら実力派俳優が脇を固める。ブラックを基調とする新生ロボコップのデザインやさまざまなガジェットなど、クールな武器にも注目。

<感想>今回およそ四半紀ぶりに甦った「ロボコップ」は、意外といっていいほど予想を遥に上回る面白さでありました。いわゆるロボット・ヒーローものの定石を大きく打ち破り、アメリカ社会に対する痛烈な批判を圧倒的ヴァイオレンス描写で提示したオリジナル第1作は、それゆえ主人公マーフィの殉職を鵜呑みにして街を去っていく妻子の、その後はおざなりになったままである。
オリジナルのマーフィは生前の記憶を失ったままロボコップとして甦るも、次第にそれを取り戻していく。売りに出されているマイホームをマーフィが訪ね、在りし日の家族との思い出にふけるシーンは、暴力と諷刺に包まれたヴァーホーヴェン監督の演出の中で数少ないセンチメンタルで感慨深い描写であった。だが、そこを最後にマーフィは過去を振り切り、機械警官としての己を受け入れたかのようでもあり、もはやそれ以上の家族との関係性を描く必要もなくなった。

しかしである、今回のマーフィは死亡ではなく、瀕死の重傷を負い、あくまでも表向きの理由だが、その命を助けるべくオムニ社は、妻のクララの了承を得てサイボーグ手術を行い、彼は己の記憶を保持したままロボコップとして再生する。ここに、家族との交流を描こうというオリジナル脚本コンビも含むスタッフのこだわり感じられてならない。
と同時に、今回はオリジナルを意識しながら微妙にずらした設定が多々見受けられる。オリジナルのマーフィは犯罪者一味に虐殺されるが、今回は武器密売犯に通じる汚職刑事のワナにかかり重傷を負う。内部告発を恐れる汚職警官たちによる謀殺であり、オムニ社の設定もオリジナルでは既に警察を支配していたが、今回は自社のロボット技術を警察も含むアメリカ国家側に売り込もうと躍起となっている最中である。

ロボコップ手術の際も、オリジナルでは機械優先で残された生の左腕が切断されるが、今回は人間としてそのままにされる。ロボコップの開発者は旧作では目立たない存在だったが、新作では開発者のノートン博士のゲイリー・オールドマンは、オムニコープの社長セラーズ、マイケル・キートンと並び立つ、最重要キャラクターとなっている。

このセラーズ社長は、機略に長けた有能な経営者であり、良心がないことを除けば、間違ったことはなにもしていない。カジュアルな格好と率直な物言いはビル・ゲイツのような新世代の経営者を思わせる。ひとたび彼の誘惑に乗ってしまったノートン博士は、良心に反する要求に繰り返し応じるしかなく、ロボコップを裏切ることとなる。

そして、時代は大きく変わって、新作はヴァーホーヴェン監督のメディア諷刺を踏襲し、右派ホスト、サミュエル・L・ジャクソンの偏向したニュースショーから始まる。だが、この番組はFOXニュースの実在の人気番組「ジ・オライリー・ファクター」にそっくりであり、戯画どころか深刻な表現そのものなのだ。披露式典で凶悪犯人を逮捕してヒーローになり、ドラッグ工場に乗り込んで麻薬組織を壊滅させる。その活動によりロボットの導入に反対する世論は、賛成に傾いていく。

今作のジョゼ・パヂーリャ監督は、より複雑で深刻な現実の変化を受けて、カタルシスも分かりやすさもなく、主人公は、人間としての生活も愛する家族との触れ合いも失ったまま、取り敢えず結末に辿り着く。ラストは壮絶でロボコップもオムニ社の差し向けるED209などの刺客を相手に絶体絶命!・・・体に打撃を受け、しかしノートン博士の技術で新生銀色のロボコップが誕生する。さて、続編はあるのだろうか。

延命装置の開発で尊厳を傷つけられた人間の悲惨は、社会における自身の無用性にある。しかし、この映画ではオムニ社という企業が、延命者である主人公に有用性を与える。企業は儲かって自由競争の実績を上げ、それで人間たちは危険な警察活動から解放され、万々歳のはずだった。ところがである、神のごとき警察行動の実績を上げるために、人間感情を殺してしまおうというオムニ社側の手立てとして、医師側がドーパミンの注入量を2%まで下げたのに、主人公が自力でドーパミンを再生させた。

人間は生活のために、自身を労働力として売ることができる。だが、人間感情は自分を労働力として売る悲惨さを拒否する。となれば尊厳の本題は、人間よりも人間感情に行く着くのである。
劇中の近未来では、アメリカはイランに侵攻しているという過激な設定で、戦場ではオムニ社のロボット兵器が重要され、もはやロボット兵器は現実のものとなっている。完全自律型ロボットに殺傷の判断を委ねることを禁止すべきだというのは、いま現実に進行中の議論で、新作はそれを全面的に物語に取り込んでいると思う。
2014年劇場鑑賞作品・・・61  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナと雪の女王 ★★★.5 | トップ | あなたを抱きしめる日まで ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ロボコップ」 (日々“是”精進! ver.F)
ロボコップ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403140001/ Robocop(ロボコップ)Profile ポスター 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】...価格:1,200円(税5%込、送料別) 【送料無料】...
ロボコップ / RoboCop (勝手に映画評)
1987年の作品『ロボコップ』のリメイク作品。 何故に今『ロボコップ』?という気もしますが、敢えてそこには触れないことにします。さて、今回のリメイクに際して、舞台がデトロイトで、ロボット企業がオムニコープという所はオリジナルを引き継いでいますが、それ以外の...
『ロボコップ』 (時間の無駄と言わないで)
リブート。 なんか最近のハリウッドはリブート多い気がするなぁ。 ポール・バーホーベン版は何度も観ました。 そういや最近は全然テレビで放送しないね。 まぁ家族がお茶の間で ...
『ロボコップ』 2014年3月14日 TOHOシネマズ六本木  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『ロボコップ』 です。 TOHOシネマズでの最後の1,000円鑑賞ですね(笑) 【ストーリー】  2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな...
ロボコップ (だらだら無気力ブログ!)
随分あっさり味な印象で、個人的にはオリジナルの方が好きかな。
ロボコップ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) アクションとドラマのバランス良いが最後の方だけ
ロボコップ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROBOCOP】 2014/03/14公開 アメリカ 117分監督:ジョゼ・パヂーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 半分人間、半分ロボット最強の警官誕生。 [Story]2028年、アメリカのデ...
『ロボコップ(2014)』('14初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 3月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:50の回を鑑賞。
ロボコップ (風に吹かれて)
ロボコップ 再誕 公式サイト http://www.robocop-movie.jp 2028年、巨大企業オムニコープがロボット・テクノロジーを牛耳っていた。世界各地でオムニコープのロボットが軍事利用
「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い (はらやんの映画徒然草)
1987年制作のポール・ヴァーホーベン監督の「ロボコップ」のリメイクです。 デト
ロボコップ(2014) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 【解説】 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によ...
ロボコップ (心のままに映画の風景)
2028年、アメリカのデトロイト。 巨大企業オムニコープのロボットが、世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。 ある日、警官のアレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負い、生き残...
[映画『ロボコップ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ロボコップの新作を作るというのは、作り手にとって、かなりのプレッシャー(ストレス)があったとも思われ、見ることになる私たちにも、かなりのプレッシャー(ストレス)が強いられると思った。  ポール・バーホーベンのオリジナルは、それほどに歪なプレッシャー(...
「ロボコップ」 (或る日の出来事)
もっとスカッと、たくさん活躍してほしかったな〜。
「ロボコップ」 (或る日の出来事)
もっとスカッと、たくさん活躍してほしかったな〜。
ロボコップ  監督/ジョゼ・パヂーリャ (西京極 紫の館)
【出演】  ジョエル・キナマン  ゲイリー・オールドマン  マイケル・キートン  アビー・コーニッシュ 【ストーリー】 2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックスは愛する家族と幸せな日々を過ご....
ロボコップ(2014) IMAX/ジョエル・キナマン (カノンな日々)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション・ムービーです。オリジナルは画期的で面白かったですね。劇場で観てそのあとテレビで ...
ロボコップ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】死にかけた刑事がロボットとして再生し、悪
ロボコップ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:117分 監督:ジョゼ・パヂーリャ  1987年製作の『ロボコップ』をリメイクした近未来アクション作品である。自動車に仕掛けられた爆弾の爆発により、ひん死の重傷を負った警官が、最新技術によりサイボーグ警官として生
2014年の014「ロボコップ(2014)」 (Doing-on-the-fly)
 誰にも特別な映画というのがあると思う。 自分にとってポール・バーホーベン版「ロ
ロボコップ(2014年) (とりあえず、コメントです)
1987年の大ヒット作をジョエル・キナマン主演でリメイクした近未来SFアクションです。 前作は未見でしたけど、予告編を観てどんな物語だろうと気になっていました。 映画の近未来では中東でアメリカ製のロボットがテロの警戒警備をしていました…
「ロボコップ」:なぜ口は丸出しなの? (大江戸時夫の東京温度)
映画『ロボコップ』を観ましたが、あのポール・ヴァーホーヴェン版から27年もたって
「ロボコップ」(2014)☆生まれ変わったイケメンコップ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
息子さんの大学受験も終わって、ようやくホッとした下コメ友と復活川崎IMAX☆ ゼッタイ観たい!とかねてから思っていたのに、ブロガーさんの反応がイマイチでやや心配だったけど・・・・ 期待値低めがよかったのか、これ結構面白いよー☆
ロボコップ(2014) (いやいやえん)
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はや...
ロボコップ(2014) (銀幕大帝α)
ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オールドマン:デネット・ノートン博士 マイケル・キートン:レイモンド・セラーズ アビー・コ...
映画評「ロボコップ」(2014年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ホセ・パヂーリャ ネタバレあり
ロボコップ (RoboCop) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョゼ・パヂーリャ 主演 ジョエル・キナマン 2014年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 街の至る所に交番があるってのが、日本独特の風景のひとつだとか。その辺が凶悪犯罪発生率の低さをもたらしてるって見方があるようですけど、別におまわりさん...