パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★

2017年07月31日 | アクション映画ーハ行
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な筆致で描き出す。共演はニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン。監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。
あらすじ:1954年、アメリカ。レイ・クロックはシェイクミキサーを売り歩く52歳の営業マン。ある日、1度に8台もの注文が入り驚くレイ。さっそく店を訪ねてみると、そこはマクドナルド兄弟が経営する大繁盛のハンバーガー店だった。レイはその無駄のない合理的なシステムに感服し、ビジネスとしての可能性を見出す。さっそく兄弟にフランチャイズ化による全国展開を提案し、晴れて契約を取り交わすレイだったが…。

<感想>この映画で描かれるマクドナルドの起源は、まったくもって知らなかったし、たぶん殆どの人が知らないんじゃないかと思う。レイ・クロックのことはもちろん、マクドナルド兄弟が存在したことも知らなかったのだから。この映画では、家族経営の小さな店を世界的企業に成長させた起業家レイ・クロックを題材にした驚くべき実話なのであります。
たちまち引き込まれましたね。これは、世界で初めてブランディングを行った男の物語と言っていい。今、世界でブランドが溢れているように、レイ・クロックは文化を変えたと言っても過言じゃないと思いますね。

彼には千里眼のようなものがあったようだ。それに、レイ・クロックに共感できるのは、一度何かを決意したら、信念がびくとも揺るがない点だ。何とも彼の衝動や勤勉さを尊敬したいものだ。ただし、彼の場合は、ビジネスを拡大していくうえで、悪魔と取引をしてしまう。すると、途端に別の人格が現れてくる。こうした面については、尊敬できないけれども。

マクドナルドと言えば、言わずと知れた世界最大級のファーストフードチェーンだが、もともとはカリフォルニア州サンバーナディーノにあるハンバーガー店だったことは余り知られていない。

マイケル・キートン演じるレイ・クロックが世界最大級のファーストフードチェーンを築き上げるサクセス・ストーリーであり、革新的システムを発明したはずのマック&ディック兄弟が、利益追求の波に飲まれ、「本家」衰退に追い込まれる話でもあります。

プロデュ-サーのドン・ハンドフィールドは、既に他界した兄弟の孫に会ったと言う。そして、一族がこの話に光を当てられることを待ち望んでいたことを知る。兄弟が人生の紆余曲折を経て作り上げた手作りのハンバーガー店、マクドナルドは、彼らの美意識と徹底した簡略化によって成功していたが、対するレイ・クロックの底無しの野望は破格だったのではないか。

結果的には兄弟のアイデアを横取りしたレイだが、彼の類まれなる経営センスが、目的のためなら手段を選ばない潔さ、信念の強さに圧倒されるはず。目からウロコの経営ノウハウやカリスマの名言がつまった、働く人こそ突き刺さる作品でもあります。
30秒で商品を提供するシステムに勝利を見出したレイは、兄弟とフランチャイズ化を強引に契約。本店の存在を無視して、完成した店を”1号店”ととしてオープンする。

マクドナルドに商機を見出したレイ・クロックが、野心と情熱でフランチャイズ化を推し進めていく姿は、まさにアメリカンドリームの体現です。しかし、監督は単なる美談では終わらせない。主人公の独善的な行動が引き起こす数々のダメージを併せて描くことで、資本主義経済や、競争社会の負の側面を炙り出すことに成功しているからなのです。

金持ちの友人に見栄を張りたいために、「マクドナルド・システム」なる会社を設立して、兄弟への相談なしに事業を拡大する。
それに、プライドも人一倍であり、全財産をつぎ込み、自宅を抵当に入れて資金を作り、全米へ進出を果たすのです。しかし、売り上げは増す一方で、採算が悪化していることに着目したレイは、利益を追求するためシェイク用の粉末を勝手に導入してコスト削減。これが兄弟との決裂の始まりだった。

その先見性と反骨精神は、起業家の手本とも言うべきだろう。誰にでも可能性の開かれたアメリカン・ドリームの体現だ。しかしながら、家庭的ではなかった。妻を一人家に置き去りにして、自分はアメリカ中を飛び回り、自分にあったタイプの女性を見つければ、人妻でも手をつけてしまうような男なのだから。愛妻家ではなかったのだ。妻にはローラ・ダーンが扮しているも、夫の長い不在に寂しそうな顔が可愛そう。

だが、一抹の不安がよぎるのだ。金儲けとは、人件費もさることながら、アイスクリームを保存する冷凍庫の電気代に悩まされ、粉末のミルクで代用すれば、電気代が浮くし、コストも安いと。せっかく兄弟が品質保持のために努力したのに、これではなんにもならなくなってしまう。

しかしながら、世界をリードしたアメリカという大国が辿る道筋を、我々は目撃しているのだから。歯車の軋みから経済破綻に陥り、幾分元気がなくなり、最近ではカリスマ実業家のドナルド・トランプ氏を大統領に選んだ国。少なからずも、アメリカという国を冷静に見る手段を与えるというところにあるに違いない。
複雑な余韻を残すラストに注目して下さい。
2017年劇場鑑賞作品・・・171映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・マミー/呪われた砂漠の... | トップ | 東京喰種 トーキョーグール★★... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / The Founder (勝手に映画評)
実話に基づく作品。世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を、レイ・クロックがどの様にして作り上げていったのかを描いている。 事前にある程度知ってはいたけど、レ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (だらだら無気力ブログ!)
ビジネスの世界は厳しいなぁ。
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/フィルムネーション=ワインスタイン・カンパニー、他 配給:KADOKAWA 原題:The Founder監督:ジョン・リー・ハンコック脚本:ロバート・シーゲル製作:ドン・ハンドフ
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (ネタバレ映画館)
関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・
ファウンダー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実に基づ......
『ファウンダー』を角川シネマ有楽町で観て、勧善懲悪が好きなんだよ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲「爆誕!」っぽいポーズ。 五つ星評価で【★★★スカっとしない】 ちゃんと最後まで息をも付かせぬ展開があるのは立派。 でも、最初の頃からラストまで、主人公を好きにな......
ショートレビュー「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ彼は、1個15セントのハンバーガーで帝国を築くことが出来たのか? 異色のアメリカンドリームの展開に、目が離せない。 「マクドナルド」という店名が創業者兄弟の名前なのは......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (セレンディピティ ダイアリー)
アメリカで生まれた世界最大のハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業物語を、マイケル・キートン主演で描きます。監督は「幸せの隠れ場所」(The Blind Side・2009)のジョン・リー・......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを真の意味で創業し
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
映画:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder きれいごとだけでは済まない、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログにとり今、マックの何に関心があるかと即答で、オリンピック・スポンサー。 つい2ヶ月前、41年という長期にわたったスポンサードを中止。 ひとつの時代が終わっ......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE FOUNDERS)とても面白かったが、果たしてこういう映画を作って良いのかという疑問が渦巻く。少なくとも日本では絶対に映画会社から製作許可が下りず、企画段階どころ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 英語学習の教材にもオススメ (マチルダベイビー!)
8月1日の映画の日に見たもう1本の作品は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』でした。 (新宿角川シネマにて)
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」The Founder (2016 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
もう30年以上も前の話。 マクドナルド千歳船橋店のバイトに採用されたわたしは、あれはどこだったかなあ、小田急線沿いのどこかで(ひょっとしたら西新宿だったかもしれない)、......