パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女★★★・5

2017年07月29日 | アクション映画ーサ行

ユニバーサル・スタジオが同社の誇るクラシック・モンスターたちを豪華キャストとスタッフで甦らせる一大プロジェクト“ダーク・ユニバース”の記念すべき第一弾として、1932年の「ミイラ再生」を1999年の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」に続いて、今度はトム・クルーズを主演に迎えてリブートしたアドベンチャー・ホラー大作。砂漠の地下深くに封印された邪悪な“王女”の恐るべき復活劇を壮大なスケールで描き出す。共演はアナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ。監督は「M:i:III」「スター・トレック」など数々のヒット作の脚本や製作を務めてきたアレックス・カーツマン。長編の監督としては本作が2作目となる。

あらすじ:貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートンは、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古代の遺跡を偶然発見する。それは何世紀も昔に、この世への激しい憎しみを抱えたままミイラとなった王女アマネットの墓だった。

さっそく考古学者のジェニー・ハルジーと棺の調査に乗り出したニックだったが、気づかぬ間に封印されていたアマネットの呪いを解放してしまう。やがて棺をイギリスへと輸送するため一緒に飛行機に乗り込んだニックとジェニーだったが…。

<感想>久しぶりのトムちんの映画なので、IMAX3Dで鑑賞。この映画でトム・クルーズが演じるニック・モートンは、泥棒なんですね。古代の遺物を盗んではそれを闇取引して金儲けをしている。普段は軍人だけど、その軍人としての特権を利用して、誰よりも早く遺跡を発掘してブラックマーケットに売り捌いているわけ。
ニックは歴史にはまったく関心がなく、自分が取り扱うものについての知識も理解もない。そしてある時、恐怖に満ちた冒険に巻き込まれてしまうという物語。とにかく迫力満点のアクションに、心を揺さぶるスリル、そして恐怖に溢れている。

それと同時にキャラクターたちにはユーモアのセンスがあり、こういった映画に相応しいダークなユーモアが。アマネット役のソフィア・ブテラはミイラ役としては、エキゾチックな魅力とパワーを、この美しいミイラのアマネットにもたらしている、最高のキャスティングでした。

とにかく、ソフィア・ブテラの恐ろしくも妖艶な彼女のパフォーマンスは、圧倒的に凄かった。

ジキル博士のラッセル・クロウも、パワフルであり素晴らしい俳優であり、ジキル博士もハマリ役でした。中盤でトムちんとのファイトシーンがあるのですが、まるで格闘技というより相撲を取っているかのようでした。

ロンドンの地下に眠る十字軍の墓地のシーンも素晴らしく、また中東の戦闘地帯で古代エジプトの棺が発見される。

水銀の池に沈んでいる棺を引き上げると、米軍の輸送機でロンドンに運ばれることになるのだが、一緒にいった考古学者のジェニーは、この棺はエジプトの王女アマネットのものであることを棺の文字から解読する。

しかし、輸送機は大量のカラスの群に襲われ、操縦室のガラスは破られ墜落することになる。この時、1ケしかないパラシュートをジェニーに付けてやり自分は飛行機もろとも墜落し、死亡とみなされるのだ。

それが、どういうわけか、ニックは無傷のまま死体安置所で目覚める。このシーンでは、トムちんの筋肉隆々の素っ裸が見られますからね。ところが、飛行機と棺は修道院へ落下し、そこで棺の中から5000年前のエジプトの王女アマネットのミイラが甦るというか、水銀の池から出してくれたニックを操って、復活しようとしていたわけ。

ニックは、謎の組織である“プロディジウム”に拉致され、そのリーダーであるジキル博士に協力して、王女アマネットの呪いを払って彼女を倒す手助けをすることになる。このジキル博士の研究室は、ロンドンの自然史博物館の地下に古くからあるという設定だが、これをリアルに見せるためスタジオには、1400平方mもの広さのセットが組まれたそうです。

王女アマネットが復活するシーンは、まるでホラー映画であり、警察の男から人間の生き血を飲み干し蘇るし、その男はゾンビとなって王女の家臣となる。それに、ニックもジェニーを助けるために、自ら短刀で自分の心臓を一突きして、ゾンビ?・・・悪魔の化身のようになるわけ。ニックは、完全に王女アマネットと同化したように、目ん玉が蛇のような眼球でした。

それに、なんといっても圧巻なのが、ロンドンに砂嵐が押し寄せて来るシーンですね。

面白い俳優さんでは、ニックの相棒である米軍兵伍長のヴエイルですかね。アマネットに取り憑かれるてしまい、ゾンビになるも、ニックの前にだけは妄想と言うか幻覚で現れる。最後にも、ニックと一緒に砂漠へ逃げていくところなんかも、気の毒といいたい。
2017年劇場鑑賞作品・・・170映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心が叫びたがってるんだ。★★★ | トップ | ファウンダー ハンバーガー... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」@シネマサンシャイン平和島 (新・辛口映画館)
 公開初日昼の回。シアター1には私を含めて16名。惨憺たる客入りに不安がよぎる・・・。
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (ネタバレ映画館)
生きてる乳酸菌
劇場鑑賞「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」 (日々“是”精進! ver.F)
生き神に… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201707280000/ The Mummy - Original Motion Picture Soundtrack 輸入盤 【CD】
映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(字幕版)』(公式)を7/28の公開初日に劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら30点にします。 なお、本作がリブ......
映画:ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 The Mummy アメコミ・ヒーロー物連発へのアンチテー...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
つい最近も、このプロットっぽい映画をみた記憶が... 主人公の彼女が、やはり古代の呪いにかかり、宿敵化する → 解決。 だが、どの映画だったか思い出せない…(笑) ...
「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」☆トムちん100% (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
トレジャーハンター+ホラー+ヒーロー映画。 チャラくていい加減な男をトム・クルーズが楽しそうに演じている。 かなーり期待しないで観たので、なかなか面白いと思ったけれど......
「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」☆トムちん100% (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
トレジャーハンター+ホラー+ヒーロー映画。 チャラくていい加減な男をトム・クルーズが楽しそうに演じている。 かなーり期待しないで観たので、なかなか面白いと思ったけれど......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) おどろおどろしい映画を期待したらいけません^^;
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
「ミイラ再生」も「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」も、元々は大神官(高僧)と王女(王の愛人)の悲恋が発端。最愛の人を蘇らせようとして復活したミイラが事件を引き起こすの......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (だらだら無気力ブログ!)
アナベル・ウォーリス綺麗やった。
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 (こねたみっくす)
モンスター作品のごった煮。ただし味付けはしておりません。 よくもまぁこんなご都合主義でスカスカな脚本が会議を通ったものです。アベンジャーズやジャスティス・リーグに対抗......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE MUMMY】 2017/07/28公開 アメリカ 110分監督:アレックス・カーツマン出演:トム・クルーズ、アナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴ......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 / The Mummy (うだるありぞな)
オフィシャルサイト 前作の、「ジャック・リーチャー: Never Go Back」に続いて、ちょっとコケてしまったトム・クルーズの主演作品。 彼の演技、アクションはいつも通り素晴らし......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 トムが最低過ぎてウケたw (マチルダベイビー!)
毎月1日の映画の日に、映画館をはしごしたのはいつ以来か?と思って過去ログを調べたら、ちょうど2年前の8月1日以来でしたね。夏場はわりとヒマな時期なんでね。
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017)**THE MUMMY  (銅版画制作の日々)
 そこには、“邪悪”が眠る―― 東宝シネマズ二条にて鑑賞。トム・クルーズ主演のホラーです。初日ということもあってか?客席は人多かったです。 さて感想。正直つまらな...
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (本と映画、ときどき日常)
監督 アレックス・カーツマン 出演 トム・クルーズ     アナベル・ウォーリス     ソフィア・ブテラ 古代エジプトの石棺を発見するトム・クルーズ。 飛行機に載せイギ......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (風に吹かれて)
シリーズ物なのね? 公式サイト http://themummy.jp 貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートン(トム・クルーズ)は、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古......
『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』 2017年7月30日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』 を鑑賞しました。 安定したトム・クルーズの無茶苦茶活動劇。 【ストーリー】  中東で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。......
「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」 (或る日の出来事)
どどーん。
ザ・マミー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)たまにはトム・クルーズも良いかなと思って映画館に出かけました。  本作(注1)の冒頭では、「死は新し......
「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』:えらくつまらないんですが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』は、ユニバーサルの「ダーク・ユニヴァース」
17-248「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
死は新たな生への入り口だ  貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートンは、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古代の遺跡を偶然発見する。それは何......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女  監督/アレックス・カーツマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  アナベル・ウォーリス  ソフィア・ブテラ  ラッセル・クロウ 【ストーリー】 中東で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。その発掘に......
「ザマミー/呪われた砂漠の王女」 (Con Gas, Sin Hielo)
呪われたのは王女ではなくトム。 世の中は夏休み真っ盛りなのだが、どうにも映画館まで足を運んで観たいと思うような映画がない。 いわゆる「大作」や子供向け作品が増える時期......
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (銀幕大帝α)
THE MUMMY 2017年 アメリカ 110分 アドベンチャー/ホラー/ファンタジー 劇場公開(2017/07/28) 監督: アレックス・カーツマン 製作: アレックス・カーツマン 原案: アレッ......