パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

渇き。★★★

2014年06月29日 | アクション映画ーカ行
第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を活写する。名優・役所広司を筆頭に、『悪人』などの妻夫木聡、『ゆれる』などのオダギリジョーら、実力派が大挙して出演。中島監督ならではの鮮烈なタッチに加え、ヒロインに抜てきされた新人・小松菜奈の存在感にも注目。

<感想>原作は、言ってみれば韓国犯罪映画によくあるような、じめっとした陰惨な空気でした。映画の中での父親は、「元刑事のロクデナシ親父」藤島は、暴力でしか人と関われない人間であり、傍若無人で仕事にかまけ、たまに帰宅した時には、ひどく酔っぱらっていて、後で思えば震えがくるほど飛んでもないことを自覚なしでやってしまう。
原作では2つの時間軸(3年前/現在)のストーリーが同時並行で進み、複雑に絡み合う。あまりに緻密な構成に映像化不可能とされたが、監督はカットバック手法を駆使して、過去と現在が交差する小説の世界観を見事に再現していた。

物語は、妻の不倫に激怒して「事件(不倫相手の中年ハゲズラ男と車に乗っていた妻を、自分の車をぶつけて車から引きず出し、半身不随になるまで暴力を振るった)」を起こし、警察は退職。そんな彼のもとへ別居中の妻から「娘がいなくなった」と電話が入る。しかし、それを探す彼が遭遇することになるのは、美しい娘・加奈子の別の顔であった。

加奈子の部屋に残されたカバンには、覚醒剤と注射器が入っていた。中学までは優等生だった娘は、高校進学後に不良たちと接触するようになっていて、ドラッグの売買に手を染め売春行為までやっており、優等生だとばかり思って居た娘はカイブツだったという衝撃的な内容。娘の行方を調べ始めた藤島は、行く先々で警察や裏社会の圧力を感じることに。娘はどうやら単なる被害者ではないらしい。藤島は満身創痍状態で捜索を続ける。
次第に明らかになっていく加奈子の素顔。藤島はボロボロの身体に覚醒剤を打ちながら、不眠不休で娘の痕跡を追う。裏社会の雇ったヒットマンとの対決が迫る。白い麻のスーツが赤黒い血に染まり、ロン毛の髪の毛と髭は伸びほうだい。

キャッチコピーは、「愛する娘はバケモノでした。」藤島が娘を探して暴れ回る過程が、加奈子に憧れる少年、虐められていたところに奇妙に手を伸ばされたことによって、決定的に加奈子を慕うようになる同級生の少年(それによって彼は事件の渦中に巻き込まれていく)の体験と交錯する形で描かれていく。

しかし、この作品でバケモノなのは。藤島の娘加奈子ばかりではない。ロクデナシの元刑事、主人公の藤島も、何か知っているらしい加奈子の同級生の女二人(橋本愛と二階堂ふみ)も、藤島の元部下の刑事、妻夫木聡も、藤島に殺しを依頼するヤクザも、加奈子の担任の中谷美紀も、そして虐められっ子の少年も、パンフレットの言葉ではないが「どいつもこいつも狂いすぎ!」

屋上駐車場での刑事オダギリジョーとの戦いは、拳銃をバンバン撃つし、挙句に藤島にレイプされた妻までも殺してしまうし、車をぶつけオダギリジョーを跳ね飛ばす。それに後から来た妻夫木も跳ね飛ばす役所広司。結果、ラストにあの高校の担任の中谷美紀先生が出て来て、彼女の娘が加奈子の手で変態オヤジの餌食になったというわけ。藤島が問い詰めると、加奈子を殺して埋めたと白状する。ラストの雪で真白い大地を、中谷と娘の遺体を掘り起こすシーンで終わるのだが、果たして娘は殺されてそこに埋まっているのだろうか。

途中で、娘を探す父親が何度も殴られ蹴られ、気を失い目覚めたら普通は委縮すると思うのだけれど、娘を探し出し「ブッ殺す」という思いが藤島を駆り立てていくんですよ。どうやら、娘の加奈子は飛んでもないことをしでかしたというわけ。少年少女、幼い子供までもをラブホテルで、飲み物に薬を入れ飲ませて、金持ち中年変態オヤジたちに売春させ、その現場を写真で撮り、客たちに送りつけて脅し金を巻き上げる魂胆だったらしい。

加奈子のバックには、はやりハゲ親父が付いており、殺しの仕事は藤島の部下だった刑事オダギリジョーが、借金のために働いていたのだ。
たとえ犯罪を犯したとしても、そのいきさつや動機を鑑みれば少しでも同情できるような人間が、見事に、ただの一人も出てこない。いや、一人だけいるとすれば、決定的に加奈子の行方を知っている最後の一人だけかもしれない。

この映画を見て、つくづく過剰なレイプシーンや暴力や殺人が、本当に苦手になってしまった。もちろん、普段は猟奇殺人や、ホラーなどで血や暴力や殺人も見てはいるけれど、とんでもなく残酷な話に見えても、物語の底の方には、どこか理解できる部分というか、哀しみが隠されているような気がした。ですが、この作品の主人公藤島には、1ミリも共感できなかった。というか、それが監督の狙いなのだろうが。
主人公藤島の役所広司の演技は、もうベテランの域を超えておりハマリ役でした。それに娘の加奈子役には、オーディションで選ばれた小松菜奈の演技も良かった。二階堂ふみ、橋本愛と注目の若手女優がそろいぶみ。

前に観た「私の男」でもそうだったが、家族愛と性愛の区別がつかない父親と、愛情と憎しみとの区別がつかない男。どちらがましかと言えば、まだ「私の男」の方が、父と娘の血縁が大きな意味を持つ二つの作品に共通するモラルとは何か?・・・、あるとすれば、「娘との性交の代償は、殺人」
登場人物は、誰もが感情移入されることを拒むかのような歪んだキャラクターばかりだった。夢も希望もない現代社会で、生きることを余儀なくされた少女たちの怒りと絶望感に言葉を失ってしまう。
現実には見えないところにたくさんの暴力(ひったくりや、車の暴走事故、レイプ等)が隠れているのだろうし、私たちはそういう時代の中で生き延びなければならない。それにしても、人が簡単に死にすぎる。そんな中で生き延びることを描く作品にモラルはあるのか。
2014年劇場鑑賞作品・・・227  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランセンデンス ★★★.5 | トップ | オール・ユー・ニード・イズ・キ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「渇き。」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、ぶっ殺す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406280000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】渇き。STORY BOOK [ 中島哲也 ]価格:1,404円(税込、送料込) 宝島社文庫 577【2500円以上送料無料】果て...
渇き。 (だらだら無気力ブログ!)
『告白』ほどの面白さは皆無。
映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。~「渇き。」~ (ペパーミントの魔術師)
・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで ・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;)) ・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて ・ハッピーエンドが大好きで ・中島哲也監督の作品で好きなのは 『下妻物語』か『パ...
渇き。 (花ごよみ)
  出演は役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、 二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀等 監督は『告白』の中島哲也。 深町秋生「果てしなき渇き」 が原作。 劇薬エンターテイメント、 と銘打っています。 突然、姿を消した高校生の娘、 加奈子の行....
渇き。 (我想一個人映画美的女人blog)
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」 様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作 ってことで早速みてきました~ 原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」 ハイ...
渇き。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...
渇き。 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。元刑事の藤島に離婚した元妻から娘の加奈子が失踪したと連絡が入ります。自分せいで家族を崩壊させた藤島でしたが、思い描く家族を取り戻したいと娘を探し始めますが、娘の交友関係や足取りを辿るうちに、恐ろしい娘の正体が明らかになっていき・・・な...
渇き。/役所広司、小松菜奈 (カノンな日々)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生さんの小説を『告白』の中島哲也監督が映画化したサスペンス・ミステリー作品です。予告編の印象からしてかなりぶっ飛んで ...
『渇き。』 2014年6月25日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『渇き。』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はどうでしょう...私は『告白』のが好きだなぁ。 【ストーリー】  品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島...
[映画『渇き。』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・話が、役所広司扮する、家族も職も全うな精神状態も失った男が、別れた妻から乞われて、娘の失踪を探って知った娘の実態・・・、  と知っていたのと、  この娘の視線が、なんとも「淫靡」なことで、絶対に見ねえ・ストレスお仕着せ作品だから・・・などと思っ...
渇き。 (Akira's VOICE)
鬼畜祭りだわっしょい!!  
【 渇き。 】パパ愛してる。 (映画@見取り八段)
渇き。      監督: 中島哲也    キャスト: 役所広司、小松菜奈、清水尋也、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、黒沢あすか、青木崇高、高杉真宙、國村隼、オダギリジョー、中谷美紀 公開: 2014年6月27日 2014年7月2日。劇場観賞 中島監督好きなのに...
渇き。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「告白」の中島哲也監督の新作であり、予告編をみて非常に期待していたのですが、想像しているのと違って肩透かしをえた感じ。激しいバイオレンスは僕自身は良かったのですが、痛さに耐性がないと厳しいでしょう。中島監督自身が薬物を決めてすっ飛ばしている印象も受け...
渇き。  監督/中島 哲也 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  小松 菜奈  清水 尋也  妻夫木 聡 【ストーリー】 妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った元刑事の藤島昭和は、別れた元妻の桐子から娘の加奈子が失踪したと知らされ、その行方を追う。容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在のは....
「渇き。」 (ここなつ映画レビュー)
他の人はどうか知らないけど、どうという事はない作品だった、私にとっては。役所広司の独壇場。帰りの電車の中でお綺麗な役所広司の「一番搾りプレミアム」の窓上広告を見た瞬間、激しく違和感を感じる位に。むろん、藤島加奈子役の小松菜菜奈も可愛かったし上手かった。...
『渇き。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「渇き。」□監督 中島哲也□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子□原作 深町秋生キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
渇き。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『渇き。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作(注1)は、役所広司の主演作であり、久しぶりの中島哲也監督の作品(注2)ということもあって、映画館に行ってきました。  本作の最初の方では、2012年12月24日という時点が示され、雪が降ったりするクリスマ....
映画「渇き。」 (FREE TIME)
話題の映画「渇き。」を鑑賞しました。
『渇き。』 (こねたみっくす)
鈍る痛覚、上がるテンション、そして満たされぬ渇き。これがシャブを打った感覚なのか…。 やはり中島哲也監督が世に送り出す映画は大人が楽しめる大人の映画です。『告白』と同 ...
どこまでも落ち続ける。~『渇き。』 (真紅のthinkingdays)
 ヤメ刑事の中年男・藤島(役所広司)は、別れた妻から高校生の娘・加奈子 (小松菜奈)が失踪したとの連絡を受ける。加奈子の交友関係を洗い始めた 藤島は、自分が知らなかった娘の素性を知ると同時に、元職場である警察と、 非合法組織が絡んだ裏社会の抗争に巻き...
渇き。 (まてぃの徒然映画+雑記)
娘の加奈子(松島菜奈)が行方不明―離婚した妻から連絡を受けた元刑事の藤島(役所広司)が捜し始めると、親には全く見せていなかった加奈子の裏の顔が次々と明らかになっていく。執拗に追い続ける藤島は、加奈子を捜し出すことができるのか。。。 あんまり気持ちのい...
渇き(2014) (銅版画制作の日々)
 愛する娘は、バケモノでした。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。この監督作品、「嫌われ松子の一生」、「告白」が好きでかなり期待していました。もちろんえぐくて凄い作品だとは思ったんですけど、何だか今一つ意味が分からなくて・・・・。釈然としない感じで観終えました...
「渇き。」 ブラックホールのような少女 (はらやんの映画徒然草)
ブラックホールは空間を歪め、それに引き寄せられたものが事象の地平面を越えれば光で
「渇き。」 (Con Gas, Sin Hielo)
父と娘の最悪のシナリオ。 「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」「告白」と、年間単位で連に絡む傑作・快作を世に発信し続けている中島哲也監督の最新作がいよいよ公開された。 当然大きな期待を持って観に行ったのだが、どうだろう。宣伝に出ている「劇薬」という...
渇き。 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
渇き。 '14:日本 ◆監督:中島哲也「告白」「パコと魔法の絵本」「嫌われ松子の一生」 ◆主演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 ◆STORY◆元刑事の藤島昭和(役所広司)の...
映画『渇き。』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-60.渇き。■配給:ギャガ■製作年、国:2014年、日本■上映時間:118分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本:中島哲也□脚本:門間宣裕、唯野未歩子◆役所広司◆妻夫木聡◆小松菜奈◆橋本愛◆二階堂ふみ◆清水尋也...
渇き。 (銀幕大帝α)
2014年 日本 118分 サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2014/06/27) 監督: 中島哲也 『告白』 アニメーション制作: STUDIO4℃ 原作: 深町秋生『果てしなき渇き』 脚本: 中島哲也 出演: 役所広司:藤島昭和 小松菜奈:加奈子 妻夫木聡:浅井 清...
振り切ったエンタテインメントを (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「渇き。」を鑑賞しました。 元刑事の藤島は元妻から娘の加奈子が失踪したと知らされ 自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になり娘の足取りを調べはじめる。 加奈子の交友関係をたどるうちにこれまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がり昭...
映画評「渇き。」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり