パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

トランセンデンス ★★★.5

2014年06月28日 | アクション映画ータ行
『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』などの撮影を手掛けてきたウォーリー・フィスター。ジョニー・デップ、モーガン・フリーマンら、実力派スターが顔をそろえる。電脳化が進む現代に警鐘を鳴らす物語と鮮烈なビジュアルに息をのむ。

<感想>映画界ではすでに「神レベル」の地位を不動にするスター、ジョニー・デップが文字通り「神」のような存在に進化を遂げるこの新作。彼が演じるのは科学者の頭脳が、最新鋭のコンピュータにインストールされるという斬新で奇抜なストーリーである。

ウィルの妻エヴリンには、レベッカ・ホールが、夫婦のよき友人マックスには、ポール・ベタニーと、そして、AI研究の先駆者であるジョセフには、モーガン・フリーマン、FBI捜査官のブキャナンに、キリアン・マーフィという顔ぶれである。

物語は、資金集めのための講演会の檀上で、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃される科学者ウィル。傷は浅かったが、銃弾に塗られていた放射能物質によって彼の身体は蝕まれており、余命4〜5収監と診断される。

ウィルを失いたくない妻のエヴリンは、研究中の“PINN”を基に、ウィルの頭脳をコンピュータにインストールしようと決意。それは成功し、彼女は死後もサイバー空間で生きるウィルとコンタクトをとり続ける。
コンピュータ内でウィルの頭脳が再生。喜ぶエヴリンだが、ネットを通して世界中のサイトにアクセス可能になったウィルは、もはや人間の心をなくしていた。しかし、不治の病も完治させるなど、ウィルは「神」のような存在になる。その暴走を止めるには、エヴリンもテロリスト集団に協力し、コンピュータを全停止するしかないのだ。

2年後、ウィルの意識は砂漠の地下施設でハイテク治療を行い、その技術はもはや神の領域。ジョセフらは事態を危険視してエヴリンに警告するが、もはやだれもウィルを止められない。
もしコンピュータがが自らの意志を持ったら、不正アクセスやハッキングなどネット上での犯罪もやりたい放題。超大国も簡単につぶれてしまうわけで、人類は太刀打ちできない存在に。
現在の進化を考えると、2040年代には、1台のパソコンが全人類の脳の計算力に追いつくとか、・・・。将棋やチェスでもすでにコンピュータが人間に勝っているので、本作のAIは現実的になるかもです。

AI(人工知能)のウィルが善人のままなのか、それとも悪人になったのか。あるいは穏やかなのか過激なのか、その辺を曖昧にしているので、それは妻のエヴリンが、夫を愛するばかりにその頭脳だけでも残そうとするのが、この映画の発端であり、ウィルは新しい力を得てやがては人間の生命をも操る巨大な知的存在となる。その姿はかつて自身が夢見た理想の未来とは大きく違っていた。

ゴーストタウン化した砂漠の小さな町の外れに位置する工場を研究室に改造。砂漠には無数のソーラーパネルを設置し、“電子ウィル”を動かすためのエネルギー源にする。このようなコンピュータを動かすとき、実際にエネルギーの消費がハンパじゃないというから。この辺の描写は限りなくリアルです。コンピュータの機器が並んだ研究所内部の人工的かつ無機質なデザインは、そこに“電子ウィル”と暮らすエヴリンの孤独を際立たせとても効果的でした。

しかし、このドラマの核となっているのは、ウィルとエヴリンのラブストーリーでもあるのですね。2人の夫婦愛がドラマとエモーションを支えているわけで、彼女がモラルを超えて夫に次なる生を与えてしまうのも、彼を失いたくないという強い想いがあったからこそ。サイバー内で生きるウィルが成長し、より生前の自分に近づこうとするのも、エヴリンを愛するがため。2人の夫婦の絆と愛情が強ったからこそ起きた事件なのですね。
近い未来、現実に起こりそうなリアリティを備えたうえ、いつか機械が人類を超越するとき、人間はデーター化できるのだろうか、そこに人格はあるのか。
緊迫アクションと感動も盛り込んだ野心作であり、さらには夫婦愛なども織り交ぜており、女性にも受け入れやすいSFサスペンスとなっています。
2014年劇場鑑賞作品・・・226 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇色のブー子 ★.5 | トップ | 渇き。★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トランセンデンス (試写会) (風に吹かれて)
究極の夫婦愛 公式サイト http://transcendence.jp6月28日公開 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 人工知能の研究の第一人者のウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、
劇場鑑賞「トランセンデンス」 (日々“是”精進! ver.F)
彼女の願い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406270000/ ★枚数限定ポスター★【頭Ver】[映画ポスター] トランセンデンス (TRANSCENDENCE) [Head ADV-DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならい...
「トランセンデンス」☆超えそうで超えない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。
『トランセンデンス』 2014年6月17日 EX THEATER ROPPONGI (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランセンデンス』 を吹替え版完成披露試写会で鑑賞しました。 イベントに登場したのは、戸田奈津子が紹介され少し期待した私がバカだった。。。 期待外れの合成音声のジョニー・デップだった 後は、坂上忍とバービーというどうでもいいような2人だった ちなみに、EX...
トランセンデンス / Transcendence (勝手に映画評)
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。 人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
トランセンデンス (はるみのひとり言)
試写会で観ました。 人工知能PINNを開発・研究する科学者ウィル。テクノロジーに脅威を感じる過激派グループに銃撃され、生きられるのはあとわずかとなってしまいます。そこで妻エヴリンは、愛する夫の頭脳と意識をPINNにアップロードすることを思いつきます。猿でも出来....
トランセンデンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(11) 科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
トランセンデンス/TRANSCENDENCE (我想一個人映画美的女人blog)
クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。 名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は ポール・ベタニーの方が多め 監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。 試写にて。 やっぱり...
トランセンデンス (心のままに映画の風景)
人工知能PINN研究の第一人者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、反テクノロジーを標榜する過激派集団の銃弾により、余命わずかとなってしまうが、その意識をスーパーコンピュータにアップロードすることを決断。 妻エヴリン(レベッカ・ホール)と親友の科学...
【 トランセンデンス 】究極のネット依存 (映画@見取り八段)
トランセンデンス〜 TRANSCENDENCE 〜     監督: ウォーリー・フィスター    出演: ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィー、ケイト・マーラ 公開: 2014年6月28日 2014年6月28日。劇場観賞。 ...
トランセンデンス (だらだら無気力ブログ!)
う〜ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
『トランセンデンス』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Transcendence 監督: ウォーリー・フィスター 出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)...
トランセンデンス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANSCENDENCE】 2014/06/28公開 アメリカ 119分監督:ウォーリー・フィスター出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー 、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー もし、コンピュータに科学者の頭脳をインス...
映画「トランセンデンス」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
魂をデータ化する事は出来るのか? ひまわりは”聖域”にひっそりと咲き、命の雫を滴らせる 消え去った”超越”したものが残した命 マシンを憎む連中がマシンを活用してテロを行う矛盾。殺人を肯定してしまったら、人類のどーのと言った所で説得力はまるでなし...
トランセンデンス (miaのmovie★DIARY)
トランセンデンス (竹書房文庫)(2014/06/19)ジャック・パグレン商品詳細を見る 【Transcendence】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 世界初の人工知能PINN(ピン)を研究開発するコンピューター科学者 のウィル・キャスター(ジョニー・デップ)とその妻エヴリン...
トランセンデンス (心のままに映画の風景)
人工知能PINN研究の第一人者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、反テクノロジーを標榜する過激派集団の銃弾により、余命わずかとなってしまうが、その意識をスーパーコンピュータにアップロードすることを決断。 妻エヴリン(レベッカ・ホール)と親友の科学...
トランセンデンス  監督/ウォーリー・フィスター (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  レベッカ・ホール  ポール・ベタニー  モーガン・フリーマン  【ストーリー】 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ....
トランセンデンス (映画と本の『たんぽぽ館』)
凡庸 * * * * * * * * * * 久しぶりにジョニー・デップのまともな人の役ということで 期待していたのですが、やや期待はずれ。 設定はとても興味深かったのです。 意識を持ったスーパーコンピュータを開発しているウィル(ジョニー・デップ)が、...
「トランセンデンス」 あまりに「神」過ぎる (はらやんの映画徒然草)
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
トランセンデンス (とりあえず、コメントです)
人工知能が進化した近未来の世界を描いたジョニー・デップ主演のSFです。 予告編を観て、人工知能の目指す先には何があるのだろうと気になっていました。 観終った時、心に何が残ったのだろうと思い返したくなるような物語が綴られていました。
トランセンデンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 AIをテーマにした作品ならher、SF大作ならオール・ニード・ユー・イズ・キルが公開されているため、ただでさえしょぼい作品が余計、さえなくなってしまいました。SFでくるんだ純愛映画にするのはいいのだけど、ちょっと迷惑すぎるのでは。  作品情報 2014...
トランセンデンス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。  本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。  全体に酷く荒廃し...
映画「トランセンデンス」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 日テレさん主催の試写会だ。ジョニー・デップ主演作と言う事か、客席はほぼ満席である。
トランセンデンス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジョニー・デップ主演、監督はこれが初めてと なるカメラマン出身のウォーリー・フィスター が務めるSF映画『トランセンデンス』が公開 されましたので観に行ってきました。 トランセンデンス 原題:TRANSCENDENCE 製作:2014アメリカ 作品紹介 『ダークナイト』シリ...
トランセンデンス (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞トランセンデンス/TRANSCENDENCE 2014年/アメリカ/119分 監督: ウォーリー・フィスター 出演: ジョニー・デップ/モーガン・フリーマン/ポール・ベタニー/レベッカ・ホール/キリアン・マーフィ 公式サイト 公開: 2014...
トランセンデンス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランセンデンス '14:米 ◆原題:Transcendence ◆監督:ウォーリー・フィスター ◆主演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、コール・ハウザー、ポール・ベタニー、クリフトン・コリンズ・JR、コ...
トランセンデンス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランセンデンス '14:米 ◆原題:Transcendence ◆監督:ウォーリー・フィスター ◆主演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、コール・ハウザー、ポール・ベタニー、クリフトン・コリンズ・JR、コ...
映画『トランセンデンス』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-58.トランセンデンス■原題:Transcendence■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:119分■料金:1,800円■鑑賞日:7月6日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ウォーリー・フィスター◆ジョニー・デップ◆モーガン・フリーマン◆レベッカ・ホール...
トランセンデンス (銀幕大帝α)
TRANSCENDENCE 2014年 アメリカ 119分 SF 劇場公開(2014/06/28) 監督: ウォーリー・フィスター 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 出演: ジョニー・デップ:ウィル・キャスター モーガン・フリーマン:ジョセフ・タガー ポール・ベタニー:マックス....
意識はコンピューターの中 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画館「トランセンデンス」を鑑賞しました。 人工知能の開発しているウィルは、反テクノロジーを掲げる過激派組織の凶弾に倒れるが妻エヴリンによりウィルの脳は人口知能にアップロードされる。 ウィルの意識は人口知能の中で生き続け 地球上のあらゆ....
映画評「トランセンデンス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ=イギリス=中国合作映画 監督ウォリー・フィスター ネタバレあり
PCがゾンビをつくる映画ですねん・・(違)〜「トランセンデンス」〜 (ペパーミントの魔術師)
ちょうど1年前に公開されたジョニデの映画、WOWOWで録画鑑賞。(^_^;) 妻は夫に死なれたくなかった、夫は妻の願いを叶えたかった。 実はそれだけの話なんですが これが科学者の知識と意識をコンピューターにインストールしちゃったばかりに 人を超越していく存在となり....