床トラ

2017-08-13 | リハビリ
「一生車いす」なんて、一度も言われたことはありません。最初のリハビリ計画書には、冷静に「車いす+?マーク」が書いてありました。

ドラマチックに話を作り上げたいので、一生車いすを宣告されてもリハビリを頑張っているというんですかね。そんなことばっかり言っていると、友人との携帯がつながらなくなってしまいますよ。着信拒否ですね。

「グータッチ」「奇跡のレッスン」などを見ると、笑いながらトレーニングをしている人なんていません。今回のグータッチは、井村コーチの指導を受けた方が小学生のシンクロをコーチしていますが、小学生泣いていました。「入賞」を目指すと、こんなのは普通なんでしょうね。水に入っていない時でも、二人で練習をしています。

セキソンのリハビリもおんなじです。普段でもリハビリを患者一人でやらないと、立って歩くのは夢のまた夢ですし、床トラすらできないです。

ここで立って歩くリハビリのコツなんか書くとウザイので止めておきますが、床トラができる人はリハビリをやったと思われます。私が経験しましたが、床トラはものすごく大変でした。

ということで、床トラができる人は、「もっと」ですね。

労災の若いPTの、受け売りです(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配いりません。病院のリハ... | トップ | トラブル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。