言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

習近平の下放時代・その2

2011-12-14 | 日記
茅沢勤 『習近平の正体』 ( p.229 )

 下放時代に這い上がる最初のきっかけとなったのは、第二章で述べたように共青団に入団したことである。それが認められるまでに8回も申請していたこともすでに紹介した。それだけの話だと、粘り強い熱意が最後には通じたという美談に思えるが、現実にはもっと人間臭いドラマがあったようだ。インタビューで共青団入団の裏話を明かしている部分はなかなかの "衝撃の告白" である。
「最初の入団申請書を提出したあと、私は大隊の党支部書記を自分の窯洞に招き、卵を炒って熱い饅頭(マントウ)を御馳走しました。それから『入団申請書はどうなりましたか』と尋ねたのです。ところが彼は、『提出できるわけがないだろう。君は教育が必要な子女なのだ』と答えました。押し問答の末、私はむきになって『私個人にどんな問題があるのか。あなたは父について中央の文件を持っているのか』と食ってかかりました。すると書記は、『中央の文件はない。本当は申請書は上部に渡した。が、人民公社の党委書記から、こんな奴の申請は受け取るな、と怒鳴られた』と白状したのです。『私が何をしたというのか。反動的な標語を書いたとでも言うのか。反動的なスローガンを叫んだとでも言うのですか。私はまだ若い人間だ。上を見てもいいではないか。絶対にへこたれないぞ』と言ってやりました」
 食べ物で釣ろうとしたところも、うまくいかなくて "キレた" ところも、若者らしいと言える。
 近平は実際にこの数日後には2通目の申請書を書き、その後も却下されるたびにすぐに次の申請書を書いて、ついに8通目で入団が認められたわけである。その時も、やはり "接待" は入念にやったようだ。
「8通目の申請書でついに入団が認められましたが、これは私が公社の共青団支部書記の支持を得たからでした。書記は私の窯洞に来て、5日間くつろいでいろいろと話をし、最後には生死をもともにしようと誓うほどの同志となりました。後に彼は公社の知識青年弁公室主任となった時、私の『黒い材料(悪い経歴や資料が書かれた報告書)』を焼いてしまったのです。彼は私を山の中に呼び出して、そこに座ると、『君の黒い材料すべてを持ってきた』と言うのです。『どうするのですか』と尋ねると、『ここで焼いてしまおう』と言ったのです。『大変なことになりませんか』と私が言うと、彼は『できないことなどない』と答えたのです」


 習近平が下放時代、共青団に入る際のエピソードが書かれています。



 最初、習近平に嘘をついた「大隊の党支部書記」は、優しい人ですね。



 さて、今回、私が引用したのは、習近平の言葉、
「私が何をしたというのか。反動的な標語を書いたとでも言うのか。反動的なスローガンを叫んだとでも言うのですか。私はまだ若い人間だ。上を見てもいいではないか。絶対にへこたれないぞ」と言ってやりました
を引用したかったからです。

 この言葉は、私がこれまでに書いてきた分析、すなわち、

   習近平は「出世したい」と強く望んでいる

が正しかったことを示していると思います。このことを「直接的に」示す資料として引用しています。



■関連記事
 「習近平の上海市党委書記時代・その2
 「習近平の上海市党委書記時代
 「習近平の浙江省党委書記時代
 「習近平の福建省長時代
 「習近平の正定県党委書記時代
 「習近平の秘書時代
 「習近平の友人に対する態度
 「習近平の下放時代
 「李克強の下放時代
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パレスチナの旗、パリのユネ... | トップ | 在韓日本大使館前の「慰安婦... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。