言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

習近平の上海市党委書記時代

2011-12-07 | 日記
茅沢勤 『習近平の正体』 ( p.116 )

 浙江省トップとして5年も経たない07年3月、近平は突然、上海市トップに昇格した。党委書記の陳良宇が06年9月、腐敗に関係したとして更迭されたからだ。上海は首都北京に次ぐ中国ナンバー2の大都市であり、経済ではナンバー1。そして、江沢民率いる上海閥の本拠地だ。この人事は、江が近平に白羽の矢を立てたことを意味した。この経緯についてはプロローグでも触れた。
 いくら江沢民の後ろ楯があっても、近平の上海市党委書記就任も落下傘幹部の典型だ。味方はほとんどおらず、周りは敵ばかり。まさに四面楚歌状態の抜擢だけに失敗は許されない。だが、上海人は中国で最も陰謀好きと言われる "特殊な人種" だけに、近平の身辺には5つもの「罠」が仕掛けられていた。
 1つは市党委書記の公邸。上海市の高級住宅街に位置する3階建ての洋館で、広さは800㎡以上あった。規定では省級幹部の官舎は250㎡以内で、党政治局員でも300㎡以内なので、この洋館は完全に規定違反だ。近平はこの洋館を断わり、マンションの一室に住んだ。
 次はベンツ400型の専用車だった。国家・党幹部は国産車を使うとの規定に違反する。3つ目は専属のコックと医師で、規定では省級幹部にはコックはつかない。近平につけられた医師は軍系の医大教授の地位にあり、これも規定に違反する。
 次に専用列車で、近平が公務で隣接する浙江省に出張しようとした際、専用列車が用意された。規定では専用列車を使えるのは国家主席、副主席、首相、全人代委員長、政協主席及び政治局常務委員、中央軍委副主席のみ。近平は用意された専用列車ではなく、ワゴン車で出張した。最後に、近平を歓迎するためとして、上海市党学校で市幹部を集めた講義の要請があった。当時は汚職事件捜査のため、中央から派遣された捜査陣や幹部が多数市内に残っており、新任の近平が講義をすれば耳目を集めるのは確実。そうした場での失言は将来に禍根を残す。近平は要請を断わった。
 上海市トップ時代はわずか7か月と4日だったが、行動は慎重の上にも慎重を極めた。地元幹部に揚げ足をとられないよう言動にも注意した。この時期の近平は会議で発言しても、事前に用意された原稿を正確に読むだけで、アドリブは一切なし。
「彼の言動には生采がなく、特徴もなく、剛直さもなかったが、誤りもなかった」
 とは当時の近平を評した中国問題専門家の言葉だが、このような堅実さが江沢民らに評価され、07年秋の第17回党大会で政治局常務委員会入りするとともに、序列で李克強を上回り、次期中国最高指導者の座をほぼ掌中にしたのである。


 習近平が上海市トップになったとき、上海閥の人々によって「罠」が仕掛けられた、と書かれています。



 引用文中には、習の上海市党委書記就任「人事は、江が近平に白羽の矢を立てたことを意味した」と書かれていますが、本当にそうであれば、上海閥の人々による「罠」は仕掛けられなかったでしょう。

 そもそも江沢民は、(この後に続く)習近平の次期中国最高指導者含みの人事(=政治局常務委員会入り)についても、「李克強よりはマシ」と考えて認めています。もし、江沢民が習近平に「白羽の矢を立てた」のであれば、「李克強よりはマシ」などと考えて「しぶしぶ」習近平の政治局常務委員会入りを承認したりはしないはずです。

 したがって、江沢民は習近平に「白羽の矢を立てた」りはしていない、と考えられます。

 著者がなぜ、「この人事は、江が近平に白羽の矢を立てたことを意味した」と書いたのか、それはわかりませんが、著者がそう書く根拠が不明である以上、ここでは「著者の勘違い」として話を進めます。



 著者によれば、上海閥の人々によって、習近平に仕掛けられた罠は次の5つです。
  1. 規定では省級幹部の官舎は広さ250㎡以内、党政治局員でも300㎡以内であるにもかかわらず、800㎡以上の広さをもつ3階建ての洋館(場所は上海市の高級住宅街)を公邸として提供しようとした。
  2. 規定では国家・党幹部は国産車を使うことになっているにもかかわらず、ベンツ400型を公用車として提供しようとした。
  3. 規定では省級幹部にコックはつかないにもかかわらず、専属のコックを提供しようとした。また、規定に反し、軍系の医大教授を専属医師として提供しようとした。
  4. 規定では専用列車を使えるのは国家主席、副主席、首相、全人代委員長、政協主席及び政治局常務委員、中央軍委副主席のみであるにもかかわらず、習近平が出張しようとした際に専用列車が用意された。
  5. 近平を歓迎するためとして、上海市党学校で市幹部を集めた講義の要請をした。


 上記のうち、5番目の罠「講義の要請」について著者は、
新任の近平が講義をすれば耳目を集めるのは確実。そうした場での失言は将来に禍根を残す。近平は要請を断わった。
と書いており、これは習近平の「失言」を狙った罠だといわんばかりですが、これは習近平の「失言」を狙ったものではなく、
共産党中央の幹部らに、「習近平は上海市トップになって得意になっている。いい気になっている」という印象を与え、「習近平はとんでもない奴だ」と思わせるのが狙い
でしょう。

 「講義の要請」を除く、他の4つの罠すべてが、「習近平は得意になっている。いい気になっている」という印象を与えようとするものである以上、このように解釈するのが自然だと思います。そもそも「失言」をしなければすむなら、「罠」とはいえません。



 なお、引用部分には
 上海市トップ時代はわずか7か月と4日だったが、行動は慎重の上にも慎重を極めた。地元幹部に揚げ足をとられないよう言動にも注意した。この時期の近平は会議で発言しても、事前に用意された原稿を正確に読むだけで、アドリブは一切なし。
「彼の言動には生采がなく、特徴もなく、剛直さもなかったが、誤りもなかった」
 とは当時の近平を評した中国問題専門家の言葉だが、このような堅実さが江沢民らに評価され、07年秋の第17回党大会で政治局常務委員会入りするとともに、序列で李克強を上回り、次期中国最高指導者の座をほぼ掌中にしたのである。
とあります。

 日本の場合、閣僚(政治家)が「事前に用意された原稿を正確に読むだけで、アドリブは一切な」いことを、問題であると捉え、「自分の言葉で話すべきだ」といった批判がなされていますが、

 江沢民「ら」は、これを習近平の「堅実さ」として評価したようです。

 日本でも、「事前に用意された原稿を正確に読むだけで、アドリブは一切なし」の閣僚を、すこしは評価してもよいのではないかと思います。誤解のないように書き添えますが、私は「アドリブ一切なし」に徹すべきだとは言っていません。「アドリブ一切なし」のよい面も認めてよいのではないか、ということです。



■関連記事
 「来年、中国の最高指導部は大交替する
 「習近平と曾慶紅の関係
 「江沢民と曾慶紅の対立と、両者の裏取引
 「習近平の父、仲勲の教育方針
 「習近平の下放時代
 「習近平の秘書時代
 「習近平の正定県党委書記時代
 「習近平の福建省長時代
 「習近平の浙江省党委書記時代



■追記
 著者がなぜ、江沢民が習近平に白羽の矢を立てたことを意味すると書いたのか、わかりました。「習近平の上海市党委書記時代・その2」をご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習近平の浙江省党委書記時代 | トップ | 習近平の上海市党委書記時代... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。