衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

湘南国際村経由大楠山

2016-10-16 10:24:55 | 
平日休みだったこの日は、スノウとヴァレンシアを連れ、久しぶりに大楠山頂上までの運動散歩を楽しんできました。

大楠山頂上まで目指すのに一番ラクなルートである、湘南国際村の一番奥にある駐車場へ車を入れ、めぐりの森を眺めながらのんびりと歩いていきます。


大楠山ハイキングルートスタート地点


目指すは眼下の畑の向こう、灯台の見える一番奥の山の上。横須賀で一番高い山です。




この日は寒いくらいの気温でしたが、ハイクにはとても良い気候。道の両脇に咲くたくさんの黄色い花やススキが秋を感じさせてくれて心地良い。













この日はやや強めの風が吹いており、どの草花も揺すられるままに身を任せていました。



花の画像を撮っている間、イヌドモは...


つまらなさそうにアクビをしたり、


ヴァレンシア



他の小型犬がやってくるのを見て、赤ずきんを狙う悪いオオカミのようになっていたり...


スノウ



しかし鳥が潜むこのような場所へやってくると生き生きと、鳥猟犬類としての本能がくすぐられます。







コジュケイを匂いや音で察知したこのようなときの表情は本当に素敵で、この犬種の魅力の一つでもあります。




リードを頭にクロスした、ひょうきんに見えるこの顔も本犬はいたって真剣。


鳥を探る能力に磨きがかかってきたスノウ


リードがこのように挟まっていても、草を巻きこんでいようとも痛いなんて言いません。(笑)





さて、山頂に灯台が間近に見えてきたら大楠山へのルート取り付き付近。



すぐ横にゴルフ場が見える辺りをそのまま道なりに進めば取り付き。

※ 後日、この辺りにスズメバチの巣が二つもあると、植物に関する私の先生に教えて頂きました。行かれる際はご注意ください。


ハイキングルートは階段道も何箇所かありますが、滑りやすくなる雨後でなければ、幼稚園児でも無理なく頂上目指せる良いルート。


しかし道幅細い個所が多い為、犬連れの場合はハイカーに気遣う必要があります。犬嫌いな人も少なくないですものね。

特に我家の場合は、細い道で向こうから人が来ると臆病ヴァレンシアが警戒し、飛びつくことも有り。この日は昼過ぎスタートということもあり、一人のハイカーにさえ会わずラッキーでした。


なのでワンズの動向から目を離すことなく、なのに途中に出会う花を楽しみがら歩くことができました。


トリカブト


ナンテンハギ


ツルニンジン(ジイソブ)の咲き終わったあと


これらは植物に詳しいなずなさんに教えて頂いた花の名前ですが、なずなさんサイトに掲載されているツルニンジンの花見たらとても美しく、本物に出会ったみたいものです。


この花の名前をまだ調べられていませんが、とても楽しいでしょう?


排水管洗浄ブラシ草なぁんて



そうこうしているうちに分岐にやってきました。


前田橋経由の方が1キロ程長いルート


そしてあと100mで頂上へ...



到着。



この日は曇っていたので遠望効かず。それでも眼下に広がる佐島から相模湾までを眺めることが出来ました。




頂上の全てのベンチには「のらないで」と書かれています。立たないでということでしょうか。座るのはOKですね???




帰路は下りの為、ワンズに引かれぬよう注意しながら気を使いますが、それでものんびりと歩いて往復2時間かからぬ行程。

前回、ここまで来たのは夏前頃。蒸し暑い夏を過ぎたこの時期から再び犬達と共に快適に楽しむことができます。



ワンズが一番楽しそうだったのは山頂よりもやはりこのような鳥潜む草地


そして今回、湘南国際村ドッグカフェまりんの隣に、新たなカフェができているのを見つけました。



来るときにはたくさんの車が駐車場に入れずに並んでいましたので、ちょうど閉店間際となった帰りに立ち寄って偵察。

次の記事で御紹介しますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトリにすると... | トップ | 湘南国際村の新しいカフェ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。