衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

ヒトリにすると...

2016-10-14 09:43:09 | 
ようやく秋めいて、犬散歩にはとても良いシーズンになってきました。

夏の間は衣笠山から遠ざかっていたボブも、昨日は久しぶりに足を向け...


住宅街の散歩コースでもう栗が拾えなくなったため、まずは自ら衣笠山へ向かう途中のお宅の敷地に。



ここでも食べられる栗が無いと悟ると、衣笠山への階段道を登っていきました。




木の間に食べ物は無いかと探したり、


衣笠山の3怪獣


わずかに残っている銀杏を見つけて拾い食いしたり、




帰宅後はスノウ達を少し長い散歩コースへ連れ出すため、ボブだけが留守番となりました。


夕方、ボブを迎えに留守番部屋へ行くと...


ふぎゃー

スノウのバリケン屋根部分にある後部収納ポケットの蓋が取り外され、四隅を齧られていました。


前部収納ポケット

置いていくとこういうことをしちゃうぞーな久しぶりの悪戯。


もう年齢的にも初老の域。なのに、まだまだこのような悪戯をするのがアイリッシュらしいかな。


ボブ、今日は一緒にお出かけしようかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 驚き桃の木山椒の木 | トップ | 湘南国際村経由大楠山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MOSSパパ)
2016-10-14 09:57:27
食べちゃったのかなー?
とにかく誰もいないと分かると 何をするか 解らない。
こんばんは (BJAmom)
2016-10-15 01:08:55
MOSSパパ様
もしかしてJosh君も悪戯するのですか?
まだ若いからだと思いますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。