だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

4時44分、何をしていますか?

2012-09-28 21:56:32 | 映画
ウィレム・デフォーは誰が見ても、個性派俳優。または怪優。これ、いい意味です。ウィレム・デフォーほど印象的で、忘れがたい俳優はいないかも知れません。本名、ウィリアム・デフォー・ジュニア。

1955年7月22日、ウィスコンシン州アップルトン出身。父は外科医、母は看護師。8人兄妹の7番目で、“ウィレム”は愛称だそうです。映画デビューはマイケル・チミノ監督「天国の門」(81)。

ウォルター・ヒル監督「ストリート・オブ・ファイヤー」(84)、ウィリアム・フリードキン監督「L.A.大捜査線/狼たちの街」(85)、ポスターにもなった オリヴァー・ストーン監督「プラトーン」(86)

イエスを演じたマーティン・スコセッシ監督「最後の誘惑」(88)、アラン・パーカー監督「ミシシッピー・バーニング」(88)、デヴィッド・リンチ監督「ワイルド・アット・ハート」(90)←最高!

T・S・エリオットを演じた ブライアン・ギルバート監督「愛しすぎて/詩人の妻」(94)、E・エリアス・マーヒッジ監督「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」(00)、ラース・フォン・トリアー監督「マンダレイ」(05)

そして、同じくトリアー監督「アンチクライスト」(09)!「スパイダーマン」(02)や「ジョン・カーター」(12)など、アメコミ映画もありますが、やっぱり名匠、巨匠の作品が多い!

やはり、(監督から)選ばれるんでしょうねぇ~。鬼才と呼ばれるアベル・フェラーラ、脚本・監督の「4:44 地球最期の日」(11)が公開です。トリアー監督「メランコリア」(11)と同じテーマですね。

ニューヨークの高級アパートの部屋。いつもと変わらない午後。女(シャニン・リー)は、絵を描いています。男(ウィレム・デフォー)と娘は、別れた前妻とスカイプをしています。

一見なにもないようで、実は明日の午前4時44分、地球の終りがやって来るのです。それがどういう形でやって来るのか、なぜそうなるのか、逃れる術はあるのか…まったくわからないのです。

もう、映画を見るしかありません。アベル・フェラーラは、「キング・オブ・ニューヨーク」(90)「バッド・ルーテナント」(09)の監督。鬼才と怪優。運命の時間、4:44。知りたい!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラウル・ルイス監督の4時間半 | トップ | 娘のタクシーは、どれ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。