だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

ジョントラ君、怒りの復讐劇

2017-04-30 20:29:44 | 映画
映画ファンに“ジョントラ君”と呼ばれ、人気者のジョン・トラボルタも、もう63歳。1954年2月18日、ニュージャージー州イングルウッド出身。

デビュー作は、ロバート・フュースト監督のホラー「魔鬼雨」(75)。21歳の時。ブライアン・デ・パルマ監督「キャリー」(76)や、ランダル・クレイザー監督の…

TVM「プラスチックの中の青春」(76)を経て、ジョン・バダム監督「サタデー・ナイト・フィーバー」(77)に主演。伝説です。続くランダル・クレイザー監督「グリース」(78)…

シルヴェスター・スタローン監督「ステイン・アライブ」(83)と、踊れるジョントラ君にみんな夢中でした。ブライアン・デ・パルマ監督「ミッドナイトクロス」(81)…

エイミー・ヘッカリング監督「ベイビー・トーク」(89)、クエンティン・タランティーノ監督「パルプ・フィクション」(94)、ジョン・ウー監督「フェイス/オフ」(97)と…

ヒット作がいっぱい。順調に出演作は続きますが、だんだん未公開が…。でも頑張るジョントラ君。最新作は、チャック・ラッセル監督「リベンジ・リスト」(16)です。

ある日、自動車整備工のスタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)は、強盗に合い、妻のビビアン(レベッカ・デモーネイ)を殺害されてしまいます。

容疑者は捕まるのですが、裏社会と繋がるギブソン刑事(サム・トラメル)によって釈放され、事件は闇に葬られてしまいます。自分の無力さに…

怒りを爆発させたスタンリー。実は、彼は数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の工作員だったのです。元工作員の情報屋デニス(クリストファー・メローニ)の…

協力を得ながら、復讐を開始するのでした。果たして?アマンダ・シュル、パトリック・セント・エスプリト共演。怒っています、ジョントラ君。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

170億ドルの金塊は?

2017-04-29 20:11:34 | 映画
ガース・ジェニングス監督のアニメ「SING/シング」(16)、楽しかったですね。主役の劇場主コアラのバスター・ムーンの声を担当したのが、マシュー・マコノヒー。

ジャン=マルク・ヴァレ監督「ダラス・バイヤーズクラブ」(13)で、アカデミー賞主演男優賞を受賞したオスカー俳優。役によって姿かたち、声までも…

変えてしまう演技派の1人です。「ダラス ~ 」の時は実在のHIV患者役で、約17キロの減量をし、見た目にもガリガリ。普段のマコノヒーは…

がっしりした体格で、たまに長髪でカッコいい!ファンも多いはず。しかし!演技派ゆえに役作りはすさまじい。最新作のスティーヴン・ギャガン監督…

ゴールド/金塊の行方」(16)では、かなりお腹が出ていて、薄~い髪が衝撃的。さらに全裸姿まで?そのマコノヒー、本作の製作も担当。

鉱山ビジネスに失敗し、破産寸前に追い込まれた探鉱者ケニー・ウェルス(マシュー・マコノヒー)。そこで財産のすべてを懸け、向かったのが…

インドネシアのボルネオ島。そこで過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見するのです!倒産寸前だった、祖父の代から続く採掘会社『ワショー社』は…

いきなりのV字回復!ケニーは、全米のメディアから一躍スター扱い。ところが、“170億ドルの金塊が一夜にして消えた”というニュースが。

おかげで会社の株価は大暴落、メディアや株主からの追求は激しさを増し、FBIも捜査を開始。果たして?実際にあったこの事件。ラスト10分の展開とは?

共演は、恋人のケイにブライス・ダラス・ハワード、地質学者のマイケル・アコスタにエドガー・ラミレス、銀行家ブライアン・ウルフにコリー・ストール。楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士から、オリンピック障害飛越競技へ

2017-04-28 20:38:15 | 映画
オリンピックを描いた映画…ヒュー・ハドソン監督「炎のランナー」(81)では、1924年パリ五輪の陸上競技。音楽のヴァンゲリスはオスカー受賞。

ジョン・タートルトーブ監督「クール・ランニング」(93)では、1988年カルガリー冬季五輪のボブスレー。常夏のジャマイカから参戦する選手たちのコメディ。

つい最近は、スティーヴン・ホプキンス監督「栄光のランナー/1936ベルリン」(16)。1936年ベルリン五輪の陸上競技で4冠を達成した…

米国代表の黒人選手ジェシー・オーエンスの物語、他にも多数。最新作は、クリスチャン・デュゲイ監督「世界にひとつの金メダル」(13)、3年前の作品です。

1984年ロサンゼルス、1988年ソウルと2度のオリンピックの障害飛越競技に出場した、フランスの馬術選手ピエール・デュランの実話の映画化です。

1980年代初め、美しい田園地帯ドルドーニュ地方。父セルジュ(ダニエル・オートゥイユ)から馬術の指導を受けてきた、ピエール・デュラン(ギョーム・カネ)。

大人になり、父の期待をよそに都会で弁護士として暮らし、さらにかつてレースで競い合ったナディア(マリナ・ハンズ)と再会。結婚の約束もします。

しかし、障害飛越競技は父の夢ではなく、自分の夢だったと気づいたピエールは弁護士を辞め、再び選手としてオリンピックを目指すことに。

そしてピエールがパートナーに選んだのが、小柄で気性が荒くて欠点だらけの若馬ジャップルー。果たして、ロサンゼルスオリンピックで何が?

さらにはソウルオリンピックでは?チェッキー・カリョ、ドナルド・サザーランド共演。ギョーム・カネは馬術経験があり、脚本も兼任。見ましょ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパースター ラジ二、健在!

2017-04-26 17:11:38 | 映画
ガース・デイヴィス監督「LION/ライオン 25年目のただいま」(16)、もう見ました?主人公のサルー(デヴ・パテル)が、幼い頃に迷子になったのは…

インドの西ベンガル州の州都コルカタ。公用語はベンガル語です。インドにはたくさんの州があり、言語も多様。少なくとも30の異なる言語があり…

全体でも2000前後の方言が知られているそうです。すごい。なので州を越えると同じインド人なのに、もう言葉が通じない事態に。マイブログにも…

よく登場するインド映画のスター、シャー・ルク・カーンはヒンディー語、アーミル・カーンやサルマン・カーンも同じで、ボリウッド映画で活躍しています。

そんな中、日本にインド映画ブームを巻き起こした“スーパースター ラジ二”こと、ラジ二カーントは、南インドのタミル・ナードゥ州出身。言語は、タミル語。

シャンカール監督「ロボット」(10)以来、日本での上映作品が途絶えているラジ二。シャー・ルク・カーン主演「ラ・ワン」(11)に特別出演してますが。

大阪と東京で開催される『南インド映画祭』で、多くの作品が上映されます!南インドのタミル語、テルグ語、マラヤーラム語、カンナダ語の作品たち。

その1本。パ・ランジット監督「帝王カバーリ」(16)は、“スーパースター ラジ二”主演!マラッカ監獄から25年の服役を終え、出所した60歳のカバーリ。

ギャングだけど、人々からの信望が厚い彼の命を狙う勢力が動き始め…果たして?ラジ二は、「Kochadaiiyaan」(13)と「2.0」(17)という未公開作品があり。

こちらもぜひ日本で公開を!といっても、映画祭はスケジュールがなかりハード。実際に劇場で見るのは、ほぼ無理。もっとインド映画を劇場で!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法廷劇と大人のラヴストーリー

2017-04-25 22:11:59 | 映画
クリスチャン・ヴァンサン監督の作品には、恋愛小説を書くために悲恋を経験しようとした男が、恋に落ちるラヴ・ストーリー「恋愛小説ができるまで」(90)

ミッテラン大統領のプライベート・シェフに抜擢された女性シェフを描いた、カトリーヌ・フロ主演「大統領の料理人」(12)があります。見ました?

「恋愛小説ができるまで」の主演が、ファブリス・ルキーニ。ファンですよね?1951年11月1日、パリ出身の65歳。最近では、フランソワ・オゾン監督…

「危険なプロット」(12)や、アンヌ・フォンテーヌ監督「ボヴァリー夫人とパン屋」(14)で、大いに楽しませてくれました。ちなみに独身ですが、子供がいるそう。

ファブリス・ルキーニの最新作で、25年ぶりにクリスチャン・ヴァンサン監督と組んだのが、「アムール、愛の法廷」(15)です。公式HPがないですが…。

ミシェル(ファブリス・ルキーニ)は、厳格で人間味がないと恐れられている裁判官でした。ある日、法廷で思いがけない人物と再会します。

かつてミシェルが入院していた時、想いを寄せた女医のディット(シセ・バベット・クヌッセン)でした。彼女は、陪審員の1人として現れたのです。

当時は受け入れてもらえなかった気持ち。彼女を見て、動揺を隠せないミシェル。彼女の優しさは、医師として患者に向けられたもの。

しかし、この再会は裁判長としてのミシェルの行動を変えて行くことに。果たして?デンマーク出身のクヌッセンは、スザンネ・ビア監督「アフター・ウェディング」(06)

ロン・ハワード監督「インフェルノ」(16)、トム・ティクヴァ監督「王様のためのホログラム」(16)に出演。とっても美しい女優さん。覚えておきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『セールスマンの死』初日の夜

2017-04-23 21:49:40 | 映画
イランの映画監督アスガー・ファルハディの作品「別離」(11)と「ある過去の行方」(13)は、渋谷のル・シネマで上映されたのでしっかり見ました。

イラン映画?…というとなんだか難しそうで敬遠しがちですが。ファルハディ監督の作品には、「彼女が消えた浜辺」(09)もありますが、未見。見なくっちゃ。

受賞歴も素晴らしく、「彼女が消えた浜辺」はベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)受賞。「別離」は同金熊賞受賞。さらにアカデミー賞外国語映画賞受賞。

「ある過去の行方」はカンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされ、主演のベレニス・ベジョは、カンヌ国際映画祭女優賞受賞。1972年イスファハン出身の…

監督は各映画賞の常連で、国内外で高い評価を得ている人。それだけに次作品に期待です。最新作「セールスマン」(16)は、アカデミー賞外国語映画賞受賞。

教師のエマッド・エテサミ(シャハブ・ホセイニ)と妻ラナ(タラネ・アリドゥスティ)は、小さな劇団に所属しています。アーサー・ミラー原作『セールスマンの死』の…

稽古に忙しい中、あることで家を失ってしまうことに。劇団仲間が紹介してくれたアパートに移る2人。引っ越し作業を終え、舞台の初日を迎えた夜…

ひと足早く劇場から帰宅したラナが、侵入者に襲われてしまいます。この事件以降、夫婦の生活は一変。警察に行こうと言うエマッドに、拒み続けるラナ。

果たして、犯人は?険悪になった夫婦は?映画のストーリーに、エマッドとラナが出演する戯曲『セールスマンの死』の舞台シーンが、たくさん挿入されるとか。

カンヌ国際映画祭男優賞&脚本賞をW受賞した本作。監督が仕掛けた巧みなストーリー展開。予告編を見たら、絶見たくなるはず。ぜひ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天才ダンサー、ロイ・フラー

2017-04-22 21:43:25 | 映画
カレル・ライス監督、ヴァネッサ・レッドグレーヴ主演「裸足のイサドラ」(68)。残念ながら未見ですが、実在の天才ダンサー、イサドラ・ダンカンを…

描いた作品で、アカデミー賞主演女優賞にノミネート、カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した作品であることは有名。ダンカンは20世紀を代表する…

ダンサーで、1877年サンフランシスコ出身。1927年フランスのニースで事故死します。49歳。カメラ嫌いで、動画映像が1点しか残っていません。

そのダンカンを見出したとされる天才ダンサーが、もう1人います。それが、モダンダンスの祖と言われるロイ・フラーです。本名はマリー=ルイーズ・フラー。

大好きなドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『映像の世紀』第1集に、ダンカンもフラーも登場しました。余談ですが、この番組は素晴らし過ぎます。

ステファニー・ディ・ジュースト監督「ザ・ダンサー」(16)の主役はロイ・フラー、もちろんイサドラ・ダンカンも。マリー=ルイーズ(ソーコ)は、父を亡くし…

母を頼って、ニューヨークへ。女優を夢見る彼女でしたが、オーディションで役を得ても台詞のない端役。ある日、アドリブでスカートの裾を持って…

クルクル回り大喝采を受けます。ロイ・フラーと名前を変え、ダンサーとなる決意をします。シルクの布をはためかせながら舞うパフォーマンス。

やがて、観客だったルイ・ドルセー伯爵(ギャスパー・ウリエル)の力を借り、彼女はパリへ。オペラ座に立つことを目指し…。果たして?

ダンカン役はヴァネッサ・パラディとジョニー・デップの娘、リリー=ローズ・デップ。ソーコってミュージシャンなんですって。知りませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチイの木の姿をした怪物と少年

2017-04-21 21:16:15 | 映画
スペインのアカデミー賞と言われる<ゴヤ賞>。1987年に始まり、これまでにペドロ・アルモドバル監督「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(89)、

フェルナンド・トルエバ監督「ベルエポック」(93)、アルモドバル監督「オール・アバウト・マイ・マザー」(00)、アレハンドロ・アメナバル監督「アザーズ」(02)

イザベル・コイシェ監督「あなたになら言える秘密のこと」(06)、アルモドバル監督「ボルベール<帰郷>」(07)、パブロ・ベルヘル「ブランカニエベス」(13)

アルベルト・ロドリゲス監督「マーシュランド」(15)などが、作品賞を受賞しています。第31回ゴヤ賞で、監督賞など最多9部門を受賞したのが…

パトリック・ネスの原作を「永遠のこどもたち」(07)や「インポッシブル」(12)のJ・A・バヨナが監督した「怪物はささやく」(16)です。バヨナ監督は、93年に…

シッチェス映画祭で、後の支援者ギレルモ・デル・トロに会っています。だからでしょう、「パンズ・ラビリンス」(06)の製作スタッフが本作を映画化。

13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、難病を抱えた母(フェリシティ・ジョーンズ)と暮らしていました。家の裏庭からは、教会の墓地が見え…

毎晩、悪夢にうなされていました。そんなある日のこと、怪物(リーアム・ニーソン)が彼の元へやって来ます!そして『お前に3つの真実の物語を…

話すから、4つ目の物語はお前が話せ』と言うのです。それもコナーが隠している真実を。そして夜ごと怪物は現れ、物語が語られるのでした。果たして?

父親にトビー・ケベル、祖母役にシガーニー・ウィーヴァー共演。「パンズ・ラビリンス」LOVEのファンとしては、早く見たくてたまりません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンゼル監督とオスカー女優の競演

2017-04-19 21:44:11 | DVD
びっくり!第89回アカデミー賞で、作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞の4部門にノミネートされ、ヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞を受賞した…

デンゼル・ワシントン監督「フェンス」(16)。なんとDVDスルーになってしまいました。ありえない!シネコン向きでないから?単館でも、ミニシアターでもいいから…

劇場公開すべきでしょ?オスカー俳優でもあり、監督でもあるデンゼルの最新作だというのに…。原作は、オーガスト・ウィルソンの戯曲。脚本も本人。

1950年代のピッツバーグ。ゴミ収集員として働くトロイ・マクソン(デンゼル・ワシントン)は、妻のローズ(ヴィオラ・デイヴィス)と息子の…

コーリー(ジョヴァン・アデポ)と暮らしていました。彼は元野球選手でしたが、人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれていました。

ある日、コーリーが大学のフットボールチームにスカウトされていることを知らされます。かつて自分がそうだったように、NFLにも人種差別が…

根強く残っていると思うトロイは、息子の大学進学に反対。その胸の内には、息子が父親である自分を乗り越えていくことへの嫉妬もあったのです。

ローズは、家の裏庭にフェンスを立てて欲しいと頼んでいましたが、トロイはコーリーに強制的に手伝わせることに。息子の夢を潰してしまったトロイ。

ローズも巻き込んだこの親子関係の行方は?デイヴィスは、ジョン・パトリック・シャンリー監督「ダウト あるカトリック学校で」(08)で助演…

テイト・テイラー監督「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(11)で主演女優賞にノミネートされています。デンゼルとデイヴィスの競演。見なくては。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バーグ監督とウォールバーグ、3度目のコラボ

2017-04-18 15:28:55 | 映画
2013年4月15日、マサチューセッツ州ボストンで起こった<ボストンマラソン爆弾テロ事件>。覚えてます?この日、第117回ボストンマラソンが…

開催されていました。午後2時45分頃、ゴール付近のコプリー広場で2度爆発が発生し、3人死亡、282人が負傷した事件です。「バーニング・オーシャン」の…

ピーター・バーグ監督と主演のマーク・ウォールバーグ、3度目のコラボ、それが「パトリオット・デイ」(16)です。ウォールバーグは、ボストン警察の刑事役。

アメリカ独立戦争開戦を記念し、愛国者の日<パトリオット・デイ>として、毎年開催されるボストンマラソン。トミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)は…

殺人課の刑事でしたが、朝から会場の警備に借り出されていました。50万人もの観客で賑わう中、次々と走者がゴールし、最高の盛り上がりに。

その時、トミーの背後で大爆発が!悲鳴と煙が立ち込め、街はパニックに陥ります。トミーたちは、事態が飲み込めないまま救護活動を開始。

到着したFBI捜査官のリック・デローリエ(ケヴィン・ベーコン)は、事件をテロと断定。FBIに管轄が移ります。しかし、犯人逮捕に燃えるトミーは…

病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのでした。やがて、監視カメラに映る不審な<黒い帽子の男>と<白い帽子の男>が浮上。

事件発生から、わずか102時間(4日間)で犯人逮捕に至ったのは、果たして?ボストン警察警視総監エド・デイヴィスにジョン・グッドマン、

ウォータータウン警察巡査部長ジェフ・ビュジリーズにJ・K・シモンズ、妻のキャロルにミシェル・モナハン共演。ぜひ。見ましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加