セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

「レオン」

2017-05-19 22:38:28 | 外国映画
 「レオン」(「Léon」、1994年、仏・米)
   監督 リュック・ベッソン
   脚本 リュック・ベッソン
   撮影 ティエリー・アルボガスト
   美術 ダン・ウェイル
   音楽 エリック・セラ
   主題歌 スティング   ドミニク・ミラー
   衣装 マギャリー・ギダッチ
   出演 ジャン・レノ
       ナタリー・ポートマン
       ゲイリー・オールドマン
       ダニー・アイエロ

 ハリウッドにフレンチ・ノワールを上手く混ぜ込んだ作品。
 物語の骨格は「グロリア」(未見)、そのバックボーンとなる心象風景は「シ
ベールの日曜日」、他にも「狼は天使の匂い」の台詞に近いものがあったり、
多分、いろいろ調べれば他にも有るのでしょう。
 それを大鍋に入れてベッソン印の調味料を振り掛け、じっくり煮込んでみた
ら、あら不思議、味わい深く美味しい料理が出来ちゃった、そんな感じの作品。
 でも、いいんです(笑)、映画の出来が上出来なら、それはそれでオリジナル。
 伊達や酔狂、あざとい継ぎはぎではfilmarksで4.3点は獲れません。

 冷酷で有能な殺し屋だけど空っぽの中身を抱え、根無し草を象徴するかの
ように鉢植えの観葉植物を只一つの友とするレオン(J・レノ)。
 家族から虐待、疎外され只1人心を通わせていた弟も失い天涯孤独となっ
た少女マチルダ(N・ポートマン)。
 マチルダの父親が麻薬をクスね隠蔽した事から事件が起き、それが元でレ
オンとマチルダの奇妙な同居生活が始まる・・・。

 この作品、J・レノと、まだ少女だったN・ポートマンの配役が決まった時点で
ほぼ勝負はついた。(笑) 
 そこへ強烈なスパイス、アクセントとしてイカレた麻薬捜査官G・オールドマ
ンが加わり鉄壁の布陣に。
 実際、オールドマン扮するスタンフィールドの狂いっぷりがなければ、それ
なりの作品で止まった気がします。
 それが証拠に?、麻薬だの殺し、復讐が無くても、この三人を見てるだけで
満足出来ちゃう。
 レオンがゴルゴみたいな冷徹マシーンじゃなく、虚無と哀しみを秘めながら
も何処か茫洋とした雰囲気に包まれてるのも良かった、あのタレ目具合が効
果的だったのかな。
 あと、元締めを演じたD・アイエロも胡散臭くて好演。アンタ、「預けた金、全
部返せ」って言ったら、ぜってぇ、別の殺し屋差し向けるよね。(笑)
 シーンとしてはマチルダとレオンの「コスプレ私は誰でしょう?」が印象に残
ります。(J・ウェイン?はマカロニ系ガンマンにしか見えなかったけど(笑)) 
 あの時、二人は長い間忘れきっていた笑いを心に感じたんじゃないでしょ
うか。
 役者と演出が絶妙過ぎるくらいピタリと決まった、filmarksの点数通りの素
晴らしい作品。

※この作品、一言で言えば、バイオレンス版「シベールの日曜日」
 誰かが書いてた感想だけど、120%同意!
※ベートーヴェンに殺しって、「鍵泥棒のメソッド」の近藤はここから?(笑)
※僕が確認したfilmarks4.3点(採点人数1000人以上、ソフト化して半年以上)
 は「素晴らしき哉、人生!」、「七人の侍」、「情婦」、「牯嶺街(クーリンチェ)
 少年殺人事件」、「レオン」、「きっと、うまくいく」だけ、4.4点「丹下左膳餘話
  百萬兩の壺」は採点人数がまだ300人台、4.3点の「この世界の片隅に」は、
 ほぼ確定だろうけど未だソフト化されてません。
「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事」には、やや「意義あり!」だけど、他は
 納得の採点ですね。
(因みに未登録だけど僕が点数付ければ、「素晴らしき哉、人生!」4.0、「七
 人の侍」5.0、「情婦」5.0、「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事」3.9、「レオン」
 4.7、「きっと、うまくいく」5.0、「丹下左膳餘話 百萬兩の壺」5.0、「この世界の
 片隅に」5.0)

 H29.5.14 
 DVD
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご挨拶&目次 | トップ | 椿説「ドリーマーズ」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャスティングって大事! (宵乃)
2017-05-20 11:39:35
この三人を見てるだけで満足出来るというのに同感です。キャスティングの大切さを再認識できる作品でしたね。

>「預けた金、全部返せ」って言ったら、ぜってぇ、別の殺し屋差し向けるよね。(笑)

レオンに仕事をあげてた人ですよね?
確かにそんなタイプだと思います。そして、いつかは殺し屋に…。
そんな世界で生き続けるより、マチルダと出会って彼女を守って死ぬ方がレオンも幸せだったでしょう。
多くの人が愛する作品というのも納得です。
ようやく記事が書けました(笑) (鉦鼓亭)
2017-05-20 12:53:43
 宵乃さん、こんにちは
 コメントありがとうございます!

キャスティング
〉キャスティングがドンピシャって、名作の条件ですね。

仕事あげてた人ですよね?
〉はい!
「今、ここには一部しかないから、揃えるのに時間をくれ」とか言って時間稼ぎ、でもって・・・。
レオンにとって「誰かの為に」と言うのは、殺し屋になってから初めてだろうし、考えもしなかった事でしょう。
殺し屋の末路が同じなら、機械じゃなく人間に戻れて迎えた最期に悔いは少なかったと思います。

多くの人が
〉filmarksを見ると、劇場版が4万人、完全版が7万人投稿してます、旧作でこの人数、僕はまだ見た事ないです。
こんばんは☆ (miri)
2017-05-20 21:07:09
今日はコメントを有難うございました☆

そういえば先日聞き忘れたのですが、再生機が壊れたとのこと、すぐにお買い求めでしょうか?
しばらくは映画館のみという感じでしょうか?
個人的な事を聞いて申し訳ありません・・・ちょっと気になるので・・・もし良かったら教えてください!

>この作品、J・レノと、まだ少女だったN・ポートマンの配役が決まった時点でほぼ勝負はついた。(笑)

多分、この映画がお好きな方はそういうことなのでしょうね~。
私は初見時、映画をほとんど見ていない時期で俳優の名前とかも全然知らなかったけど、
見ているときにはぐいぐい引き付けられる魅力がありますものね・・・
後になって俳優の名前とかを知ると、納得感ありました。
 
> 実際、オールドマン扮するスタンフィールドの狂いっぷりがなければ、それなりの作品で止まった気がします。

詳細はわからないのですが、すごい人だった記憶があって、
再見時にもこの俳優さんはよく知らなかったのですが(他で見ていても認知しなかった)
多分、初見時のあの吹き替えの方のお声がすごかったんだと思います(笑)。

もちろん4年前は字幕で見たのですが、どちらかというと、日本語が聞こえてくるような・・・(笑)。
他の二人はそうではないのにね、この人はね、なんかすごかったです。

内容のないコメントになり、失礼いたしました。


.
「レオン」今年暫定3位 (鉦鼓亭)
2017-05-20 22:55:36
 miriさん、こんばんは
 コメントありがとうございます!

ポータブルDVDプレーヤー
>午後、義母の見舞いで出掛けたついでに買ってきました。
そしたら、さっき女房にプリンター買い替えの半額を請求されて、へそくりスッカラカン。(涙)
おまけに、使用してたTVとの接続ケーブルがプレーヤーと相性が悪いみたいで、ケーブル買ってこないとダメみたい・・・。(泣)
SONYにしたんですけど、まさかのリモコン対応なし。今の時代、リモコンなんてデフォと思ってたからリモコン対応なんて調べも聞きもしなかった・・・。(自室用とは言え、こんなの買っちまったのは女房には内緒(笑))

後になって俳優の名前とかを知ると、納得感ありました。
>J・レノは初見でした。wikの写真見ると眠くないロバート・ミッチャム。(笑)
N・ポートマン>どこに出て来るのかと観てたのですが、20年以上前の作品って忘れてた。(爆)
G・オールドマン>僕、彼の初見が「裏切りのサーカス」(笑)ですよ。全然、解らん。(笑)
と言う事で、僕も全員、初見と同じ。(大汗)

この人はね、なんかすごかったです
>インパクト有りました!(笑)
若き日のジャック・ニコルソンを彷彿とさせる感じでした。

内容のないコメントになり、失礼いたしました
>そんな事ないですよ、お気になさらず!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「レオン」観ました (忘却エンドロール)
原題:LEON 製作:フランス・アメリカ’94 監督:リュック・ベッソン ジャンル:★アクション/ドラマ【あらすじ】ニューヨーク。イタリア系マフィアのボスであるトニーの依頼を......