カンレディーの絵っぶりディ ~『悲喜こもごも』~

松平郷・天下茶屋さんからの花便りを中心に、その他もろもろ・・・

さわやかスイス8日間・・・スイスまでの道のり!(1日目・2日目)

2014-05-25 23:45:55 | Weblog
今度の旅は、スイスへ・・・・
まず、“安さ”にひかれ~・・・・・・・・
富士山にも登ったことのない私が、富士山よりも高い
スイスの山々を見る事が出来ればいいな~と・・・・
(目についた冊子は、またまた「阪急交通社」さんでした。)

5月10日・・・19:35、セントレアへ集合(ツアー人数、23名)
添乗員は[真野 温子さん](後で、お姿をご紹介♪)
セントレア発21:35→エティハド航空EYー0889便→北京経由→アブダビへ<13時間45分>
途中、北京で機内清掃(口コミ検索通り
その後、中国の方々がわんさか、わんさか乗り込んできてほぼ満席状態でした!


アブダビ空港内部
石油の国だけあって、贅沢感、派手感、満載!?
(外部は意外と小さめで質素な感じがしたが・・・その横に新たに建設中との事)
これから、どんどん発展していくのでしょう!
円形のモスクに型どられた搭乗ゲート、その間に免税店やショップが並ぶ

アラビア的なお店もちらほら・・・
アブダビ発→ジュネーブへ<約7時間>
合計、約20時間の飛行は思考力も体力も奪います(安さの秘密はここかっ
バレーで痛めた足が悲鳴をあげていました
辛い時間もあったけれど、飛行機から見えるスイスの山の景色はなかなかのものでした~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかスイス8日間・・・・シャモニーへ!(2日目)

2014-05-25 23:45:37 | Weblog

今回のスイス旅行のメインは、アルプス3大名峰「雄大な景色を3つの展望台から望む!」で、
地図で見るとこのような位置関係になる
1.モンブラン<4,807㍍> 2.マッターホルン<4,478㍍> 3.ユングフラウ<4,158㍍>
4000㍍級の山など想像がつかない

まずは、スイスの「ジュネーブ」へ到着!<14:00>・・・いいお天気だ
専用バスで、シャモニーへ<約215キロ/約3時間30分>
ちなみに、シャモニーはフランスです!なので、スイスからフランスに入国しました。



これが、国境付近(3連発)・・・スイスとフランスの国旗が見えま~す!

しばらく走ると、遙か遠くには、かなり高い山並が・・・

岩山には、“雪”が・・・・(ちょっと、アップにし過ぎましたか・・・)

素晴らしい山並が連なります・・・雲が多くなったようだ
ホテル到着!<18:00>・・・一応サマータイムなので、だけど意外に外は明るい!

ホテル  レゼグロン(ここに宿泊です)

テーブルの上には、ウェルカムブレッドが・・・
(殆ど、食べた後・・・山もりあったのですが.・・)

さらには、ウェルカムポップコーンが・・・・(充分な、おもてなしです。こんなの初めて

部屋は、思ったより広く、間接照明がスタイリッシュでした♪
久しぶりのベッド・・・今夜は爆睡だろうな~~

食事まで少し時間があったので、真野さんに連れられて、
大好きな 町並み散歩(ウキウキです!)

まず、可愛いミニトレインに遭遇!・・・可愛すぎます~~

そして、メインストリート!ショップが並びます!
程よく歩いて、お腹もすき・・・いよいよ、ディナー(ホテルで)

まずは、パスタ(クリーム系)

メインの鶏肉(骨付き)・・・人参のソース(パテ?)添え

デザートは、クリームブリュレ!(ベリー系のソース)
クリーム&ソースはやはりフランスのお得意料理ですね♪

ホテルから見る山の景色は曇っているけれど・・・明日は、晴れますように





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかスイス8日間・・・『アルプス3大名峰・モンブラン』(3日目)

2014-05-25 23:45:18 | Weblog
7:00のモーニングコールから、今日一日が始まる!

まずは、、モーニング(アメリカンビュッフェスタイル)で体を潤します・・・
今日の予定は、「アルプス3大名峰のモンブラン」を見るために、
エギーユ・ドゥ・ミディ展望台<3,842m>へ上がる
8:50ホテル出発するも・・・(今日も・・・山の上はかも・・・)

朝からロープウェイが動かず、待機・・・(展望台行きロープウェイ駅)

10:00まで待つと、やっと動き出した・・・ロープウェイ入り口

これに乗ります!

シャモニーの街が小さくなっていく!・・・
ロープウェイ内部は、くもっているので撮影が大変

上がる途中の山並・・・雲の中にいるようです!

1つ目のロープウェイを降りた所・・・標高は、2317m

2つ目のロープウェイに乗る・・・傾斜が変わったのがわかるでしょうか!・・・
すでに、耳がおかしい!

2つ目の降り場・・・寸前!・・・凍てついてます!

内部を通って・・・

外に出ると、目の前にはこのような光景が・・・凄すぎます
あれが、展望台!晴れていれば大歓声かな!

通路を渡って行くと、山は、真っ白・・・
多分これが、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン山系
<フランスとイタリアの国境にまたがる、フランス語で「白い山」を意味するようだ!>

山の雰囲気が全くわからないので、この図を撮っておく
右部分のとんがり山が、エギーユ・ドゥ・ミディの山らしい!!
エギーユは、「針峰」と訳され、エギーユ・ドゥ・ミディは、「ミディ針峰」とよばれているそうだ。
こんな所に、展望台を作るとは・・・スイスの方たちは、山を愛しているんだね・・・

エレベーターに向かう通路には、登山者OR山のスタッフ!?・・・
山の重装備、生で始めてみました!

後ろをふりかえると、絶壁にそそり立つ建物が・・・雲との対比が素敵です!
これが、山頂駅で、標高3777m(富士山より高い

そして、エレベーターに到着・・・いよいよエギーユ・ドゥ・ミディの頂上へ!!

やった~~~てっぺんで~す!・・・これが、モンブラン山系!!・・・
(左側が切れているけど)・・・とがっているところもある~~

これがモンブラン山の全貌・・・先ほどのは右側に見えるようだ!

雲は、多分遥か下で・・・山の上の対流圏や成層圏が空なのかな~~
(雲の上のことは、よくわかりません)

少し太陽が出てきた所で、写真タイム!・・・凄く近くに山が見える所が、凄い!
この後、フリータイムの時間が僅かとなり、焦ってしまった結果
階段をいつもの調子で小走りで登ったら・・・とんでもないことに・・・
多分、高山病一歩手前・・・周りが感じられなくなって(視界が狭い)、息がしづらい
高山病にならないためには、☆走らない ☆大声を出さない ☆飴やチョコなどを食べ、
水分補給 ☆深呼吸をする・・・と教えていただきました!

エギーユ・ドゥ・ミディ展望台の山頂駅を目に焼付け、外界へ・・・

また、ロープウェイに乗って降りる・・・
雲海の中に吸い込まれていくような感覚は初めて・・・

耳も大分落ち着いてきて、後ろを振り返ると、真野さんが笑っていたので、パチリと・・・
とっても可愛い添乗員さんです。(話も聞き取りやすく、的確に答えてくださいます!)
これからが、楽しみ

シャモニーの町並みが近づいてくる

山脈に囲まれた、渓谷の様子がよく分かる(シャモニー)

ロープウェイの、乗り場と降り場(地上に到着です)

昼食は、名物料理の「ラクレット」・・・これを見た途端、テンションが上りました♪
この大きなチーズを溶かして、自分で切り取り、ポテトやパンに付けて食す!
一度に沢山のチーズを食べたのは、生まれて初めてデリシャスでした!
昼食後は、スイスの首都ベルンへ<約190㎞/約2時間45分>

のどかなスイスの風景が続く

途中、レマン湖を通る・・・
岸辺に佇む、大好きな「シヨン城」は残念ながら見ることは叶わなかった

ベルン市内・・・建物のすぐ側を路面電車が通ります!

ここにもいました、大道芸人!・・・首が360度回るようでした

観光メインの、古い仕掛け時計・・・少しだけ動きました

動いた部分

お洒落なアーチの、アーケードの下側を歩き

大聖堂を見て(中に入れるが、写真はNG)

いろいろな噴水に遭遇

全体は、こんな感じ・・・スイスの人は噴水がとっても好き!?なのかな・・・
いたるところに噴水が有りました

そして、熊のいない「熊公園」を見て


世界遺産にも登録されている、ベルンの町並みは美しかった!
その後、グリンデルワルトへ、<約70㎞/約1時間30分>
ホテル到着18:45(宿泊ホテル:サンスター)


木材がふんだんに使われた、落ち着けるホテルでした!


2回めの夕食は、スイス風ポーク料理(ワインに合いそうなお料理でした♪)

とっても充実した1日が、あっという間におわった~
一日目で、高山病にならなくて良かった~
今夜もホテルで爆睡だ~











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかスイス8日間・・・・『アルプス3大名・ユングフラウ』(4日目)

2014-05-25 23:45:01 | Weblog
7:50・・・ホテル出発
今日は、『アルプス3大名峰・ユングフラウ』を見にゆく!
ユングフラウまでの今日の行程

ホテルから駅まで歩く・・・今日も

素敵な建物が・・・個人の邸宅だったら凄いかも・・・

駅に到着・・・山が近い

グリンデルワルド駅

ホーム・・・すぐ横が道路!

電車到着・・・8:17発、登山鉄道

車窓から

雪が積もっている・・・

旅の仲間(松井さん・・・ご夫婦で山のスタイルがパーフェクト!)に、
高度計を初めて見せてもらった!!

途中、グルンド駅で、方向転換(スイッチバックと言うらしい)

次の電車にのる前に、アルプス犬(救助犬)に遭遇!
セントバーナードで、首にはカウベルを付けている・・・昔は、薬や水などが入っていたとか
今は、観光客と一緒に写真を撮るのがお仕事・・・かなり大きい

車内のポスター・・・晴れていれば、このように見えるのか~~と思いつつ
ハイジの声(車内放送)を聞きながら、ユングフラウヨッホを目指します

線路は、真ん中に歯止めが付いていた・・・冬山の厳しさが伺える

乗換駅(クライデシャイネック)に到着

10分の停車時間を利用して、ビューポイントを覗くも・・・真っ白・・・記念撮影のみ

次に乗り換え

ユングフラウに到着・・・案内板の指示に従う・・・
阪急さんのイヤホンガイドを聞いていなければ、道に迷いそうだ!

エレベーターで上に

そして、かの有名な「スフィンクス展望台」内部に到着
360度展望の、ガラス張りの所から・・・やはり真っ白、所々岩肌が見えるが・・・

晴れていれば、この大パノラマが見えたはず・・・・
真中部分の、アイガー、メンヒ、ユングフラウが・・・・

外に出て、かろうじて撮れたのが、この画像・・・手前しか見えない

観光コースはこのようになっているようだ(ユングフラウ鉄道乗車記念パスポートから)
一応、一方通行になっているらしい!
それにしてもこんな高い山に、よくこの様な凄い観光施設を作ったものだ!

山も、周りも真っ白で、いじけてか、記念か、遊んでいる人もいる

寒いので中に戻り、証拠写真を撮る・・・柱に記された文字を見て、ここが3571mを実感

ぼやけていますが、こんな所に動く歩道が・・・
ここまで作り上げた展望台までの苦労のお写真が展示してありました

アイスパレスへ向かう・・・かなり急な傾斜・・・周りは全て【氷】

いつ頃作られたのか、熊の彫刻

記念のスポットで1枚(寒いっす!)

氷の壁の中に、阪急さんのロゴポスターが・・・25周年かな
真野さんが驚いていました「誰が、作ったの・・・!!

再び外に出て、プラトー(雪原)から撮る・・・先ほどより見えるようだ
山の天候は変わりやすい、を実感・・・それにしても暗い・・・

日本のポストがありました・・・
ツアーのお仲間さんは、このヨーロッパ1高いポストからエアーメールを出されたそうです!
(いつ届くかわからないと、おっしゃってました)

パスポートに、記念のスタンプを押し




展望台を見納め

下山する・・・多分、もう来ることはないでしょうか!?・・・・

途中、クライネシャイデックの山上レストランで昼食

スープ・・・オニオンスープ味の中にパンがあり濃厚

ソーセージが美味しかった・・・

デザートのパンナコッタ・・・まずまず!

再び、電車に乗って

山の景色を楽しみながら


麓の、グリンデルワルトに到着
午後は、お楽しみのフリータイム

街の景色を楽しみながら、一番に、スーパーマーケットでお買い物!

夕食のレストランで、松井さんご夫妻と・・・飲めないけど、ビールが美味しそう・・・

名物のチーズフォンデュはワインが強いと聞き断念・・・
私は、ハンバーガにしました・・・山盛り!

お隣のメインディッシュはチキン・・・
チップスとトルティーヤ(スペイン語でとうもろこしから作った薄焼きパン)のようだ

今日も同じホテルで、2連泊





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかスイス8日間・・・・『アルプス3大名峰・マッターホルン』(5日目)

2014-05-25 23:44:46 | Weblog
8:00  グリンデルワルトのサンスターホテルを出発
今日は、『アルプス3大名峰・マッターホルン』だ
テーシュへ<約175㎞/3時間45分>・・・今日も、朝から


カンデルシュテークに到着・・・ここは、バスごと列車に乗れる駅(カートレインというそうだ)
どんどん車が降りてきます
今迄、バスでそこそこ船には乗ったけれど・・・電車にもバスごと乗れるとは・・・始めて見ました!

今度は、乗り込み

バスのミラーが折りたたまれた姿も、めずらしい・・・

ほんとに、ギリギリでほんとにゆっくりバスが動く・・・

収まる所に落ち着いて、電車が動きます・・・

ゴッペンシュタインに到着・・・車の動きに釘付けでした!

後ろにも沢山いて、電車ごと橋を渡る光景が不思議♪

テーシュ駅までの車窓観光・・・古そうな橋(アーチが優雅!)が素敵

青空も見えてきて・・・

気持ちのいい、風景が楽しめました!

テーシュに到着

テーシュ改札口・・・電車に乗り換える

ここは、スーツケースや荷物を置く車両・・・前後に2輌ありました

ツェルマットに到着・・・この街は、車の乗り入れ禁止の街です


なので、この様なエコカー(電気自動車)のタクシーが駅前に停車しているようだ

今晩泊まるホテルのお迎えが来て、トランクを運んでくれたのだが、載り切らず
私のスーツケースは、屋根に上げられた

何だか心配だが、イケメンのホテルマンは慣れている様子・・・
車内は、パンパンだ・・・

次は、ゴルナーグラート鉄道に乗って山へ(出発駅)

少し待ち時間があったので、街を散策(フリータイム)

「妙高」と書いた建物が有り、鳥居らしきものも見える・・・ここツェルマットと、妙高は姉妹都市のようだ


チケットを貰って、入場

この電車だ

この様なルートをたどって行くらしい・・・(天気が不安だが、見れるのか~!?・・・)

車内の様子

車窓からは、雪山が見える

ここまでは、天気が良い!

少し登ると・・・山並みが白い・・・

ローテンボーデン!?・・・かなり上がってきた・・・

ついに、頂上だが・・・・ここもほとんど真っ白で分かり辛い

晴れていれば、この様なルートで美しい山々が見えたはずなのだが・・・残念

ゴルナーグラート展望台に到着
この中のレストランで昼食



サラダ+メインはマッシュポテトと牛肉+デザートのケーキ(いちごの盛り付けが山っぽい)

再び、外に出て山並みを見てみる


やはり、思い描いていたマッターホルンは見えない・・・とんがり山が見たかった~~

ゴルナーグラート展望台〈3100m〉を目に焼付けて、電車で下山・・・

車窓から・・・真ん中の少し色がついた所は黄砂らしい・・・
美しいスイスの山にも飛んでくるなんて・・・信じられない

フィンデルバッハで電車を降り、今度は歩いて山を降りる

ガイドさんの案内で、小さな花々を見ながらハイキング・・・
スイスと言えば、エーデルワイスですが、残念ながら現在は稀にしか咲いてないそうです!!

小川に、森林、向こうに山・・・のどかな光景です!

卵が飾ってありました・・・イースターの残りかな!?

これは、「ねずみ返し」と呼ばれる家らしい・・・
ねずみが、上の方に登ったら下側へ降りられないようになっているとか・・・
どこがどうなのか・・・さっぱりわからない

ドイツと同じく、犬の糞取り用、ビニール袋が柱に設置してあります!


ツェルマットの、ゴミステーション・・・しっかり分別されているようです



ツェルマットの町並み・・・ホテルがちょ~~可愛いです
だいたい、バルコニーが木材で作ってあって素敵だけど、メンテナンスが大変そうだ

この教会まで来て、お楽しみのフリータイム

京都の、五重塔と大文字山が記してあり、京都ツェルマット会と書いてありました・・・
京都とは友好都市の関係にあるようですね・・・

マッターホルンのミュージアムがあったけれど、有料&時間がないのでパス

ショッピングの途中、牛のアートが目についた♪  なかなか可愛いが少々お高い・・・

俗に言う、鳩時計!?・・・
この形のマグネットもショップに沢山あり(7フラン程)土産用に相方が購入していた!

今日の宿泊ホテル『アルペンロイヤルホテル』の入り口

改修中で、暗証番号を押すタイプのドア・・・番号は、54321(覚えやすい)

エレベーターで2階に上がり・・・地上へ出て、階段を上がり

やっと、入り口にたどり着く(長~~い)

お部屋は、ソファーがあってゆったり・・・くつろげました

部屋のバルコニーから見える景色・・・
クレーンが無ければマッターホルンが正面に見えるはずなのに・・・悔しい・・・
冬の間は、工事ができないから今は建設ラッシュらしい!!



夕食はホテルで・・・スープ、メインがパスタ(ガツンとした肉や魚がありません・・・)
このパスタに甘いリンゴを混ぜて食べる・・・日本では考えられないメニューだ!!

レストラン横の写真スポットから撮ったマッターホルン・・・ちょっと感激

バルコニーから見た夜景
・・・明日、朝焼けのマッターホルンが見れるだろうか!?
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかスイス8日間・・・・『チェントバッリ鉄道&ルガーノ湖』(6日目)

2014-05-25 23:44:29 | Weblog
5:00モーニングコール・・・朝焼けのマッターホルンを見なくては・・・



朝焼けマッターホルン、3連発・・・この間20分位・・・山の景色はよく変る!!
6:35ホテル出発・・・慌ただしい朝でした・・・でも素晴らしい景色だった~
心に残ります

マッターホルンに別れを告げて

ツェルマットから電車でテーシュ駅へ

今度は、バスで移動

マッジョーレ湖を見ながらロカルノ駅へ




イタリアと、スイスの国境を超える絶景列車『チェントヴァッり鉄道』の旅の始まり・・・



やっと、天気に恵まれ車窓からスイスの景色を楽しむ
電車に揺られながら、千と呼ばれる程の山あり谷ありの景色を楽しめて、夢見心地でした!
(朝早かったから、睡魔との戦いも有りましたが・・・・)

イタリアのドモドッソラで下車し、バスでスイスのルガーノへ

ルガーノ湖到着

ガンドリアという小さな村からミニクルーズ(村の教会)

桟橋

この様な船に乗り、クルーズ

空の青と、湖の青・・・美しすぎます・・・村が遠ざかる!!



眺めは、最高でした!・・・気持よかった~~


ルガーノの街で、フリータイム

おみやげを買って、小腹がすいたのでアイスを味見♪
(バスの中では飲食厳禁・ペットボトルのみ可)

今夜のホテル、ホリディイン・・・ビジネスホテルなので、今までよりは狭い!



ホテルにて夕食・・・

窓から・・・今日でスイスとお別れだ










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さわやかスイス8日間」・・・最終日

2014-05-25 23:44:06 | Weblog
6:00モーニングコール
7:00スーツケース回収&朝食
8:00ホテル出発・・・ミラノへ<約80㎞/約1時間45分>
このホリディインミラノホテル・・・昨夜は、部屋のお湯が出ませんでした!
(ここらへんは、やっぱりイタリア・・・水のトラブルは多いですね)

お城のような、多分別荘!・・・湖に別荘は付き物


ルガーノ湖とお別れし、ミラノ空港へ


山の向こうは、スイスでしょうか!?

ミラノ空港:エティハド航空のカウンター
アブダビへ向かいます:<約6時間10分>

アブダビで乗継、北京経由でセントレアへ<約11時間25分>
エティハド航空の機内食・・・・最後まで全部食べきることが、出来ませんでした・・・
人によって好みがあり、難しいとは思うが、出てくるもの全てが、同じようなもので同じ味・・・
メニュー表に和食があれば、まだ、そのほうが口にあうかなと思いました!!

スイス<永世中立国>・・・8日間は、あっという間でした
どこの街を訪れても、山に囲まれ、ゴミも殆ど落ちてなく、清潔で美しい所
スイス人と結婚しても、スイス国籍は取れないと聞いた
国を、民族を、大切に守っているようだ!!
そして、心に残った、1番の画像はこれ

最後に見た、『朝焼けのマッターホルン』・・・来てよかった~~と思えた瞬間でした
是非、早起きして、朝焼けのマッターホルンを見てくだい
このツアーでは、ホテルの横からこの景色が見られます♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加