kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品

2011-03-05 13:43:00 | ヨーロッパ映画

11-18.英国王のスピーチ
■原題:The King's Speech
■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア
■上映時間:118分
■字幕:松浦美奈
■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)
■料金:1,600円

 
スタッフ・キャスト(役名)
□監督:トム・フーパー
□脚本:デヴィッド・サイドラー
□編集:タリク・アンウォー
□衣装デザイナー:ジェニー・ビーヴァン
◆コリン・ファース(ジョージ6世、バーティー)
◆ジェフリー・ラッシュ(ライオネル・ローグ)
◆ヘレナ・ボナム=カーター(エリザベス王妃)
◆ガイ・ピアース(エドワード8世、デヴィッド)
◆ティモシー・スポール(ウィンストン・チャーチル)
◆デレック・ジャコビ(大司教コスモ・ラング)
◆ジェニファー・イーリー(ローグ夫人)
◆マイケル・ガンボン(ジョージ5世)

【この映画について】
幼少時の恐怖を抱えたまま大人になった“バーティ”ことジョージ6世は現在の女王エリザベス2世の父である。自己嫌悪の塊でありながら短気な面も持ち合わせた複雑で繊細なこの人物を『シングル・マン』のコリン・ファースが好演。常に夫を支える頼もしいエリザベス役にヘレナ・ボナム=カーターが気品と極上のユーモアをもたらし、さらに、対等で親密な関係こそが治療の第一歩と信念を持つローグに名優ジェフリー・ラッシュ。
この最高の布陣でメガホンをとったのは「第一容疑者」など主にTV畑で手腕を発揮してきたトム・フーパー。ナチス・ドイツとの開戦前夜、まず自分自身の劣等感と闘った国王に拍手喝采せずにはいられない。
(ここまで、gooより転載しました)
この作品、第83回アカデミー賞の「作品賞」「監督賞」(トム・フーパー)「主演男優賞」(コリン・ファース)「脚本賞」(デヴィッド・サイドラー)という主要4部門を制した。
【ストーリー&感想】
(ネタバレあり)
ジョージ6 世は、幼い頃から吃音(きつおん)というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世の次男という華々しい生い立ちでありながら、社交的な兄デヴィッドとは正反対で内気な性格となり、いつも自分に自信が持てないでいた。厳格な父王はそんな息子を許さず、王の名代として様々な式典のスピーチを容赦なく命じる。そして、ある日、やはり王の名代として式典に臨んだが、生憎この時はラジオ中継もある中で、やはりスピーチに失敗してしまい自信喪失してしまう。

妻のエリザベスはスピーチ矯正の専門家であるライオネルのもとへ身分を隠して、ジョージを連れていく。ライオネルは、診察室では私たちは平等だと宣言、王太子を愛称の「バーティー」で呼び、ヘビースモーカーのジョージに禁煙させる。さらに、大音量の音楽が流れるヘッドホンをつけ、シェイクスピアを朗読するという奇妙な実験を行うが、ジョージはこの治療は自分には合わないと告げ、足早に立ち去ってしまう。

だがクリスマス放送のスピーチがまたしても失敗に終わったジョージは、ライオネルに渡された朗読の録音レコードを聞いて驚く。音楽で聞こえなかった自分の声が一度もつまることなく滑らかなのだ。
再びライオネルを訪ねたジョージは、その日から彼の指導のもとユニークなレッスンに励むのだった。1936 年、病床にあったジョージ5世が亡くなり長男のデヴィッドがエドワード8 世として即位する。そんな中、ジョージはかねてからアメリカ人で離婚暦のあるウォリス・シンプソンとの交際を止めるように忠告していたが、兄エドワード8世は王位か恋かの選択を迫られる。

彼はウォリスとの恋を選び、戴冠式をすることもなく退位し元々王位に就くことなど望んでいなかったジョージは即位することになり、大切な王位継承評議会のスピーチでまたもや大失敗。「私は王ではない」と泣き崩れる新国王を優しく慰めるエリザベス。ジョージとエリザベスはライオネルの助けを借り、戴冠式のスピーチは無事成功に終わる。

しかし、本当の王になるための真の試練はこれからだった。ヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦直前、不安に揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。王は国民の心をひとつにするため、世紀のスピーチに挑む……。そこには常にライオネルの姿があった。
スピーチの草稿を内閣からもらったジョージは、ライオネルの指導に素直に従う。そこには王と植民地出身の豪州人という関係ではなく、友人としての信頼関係があった。そして、収録当日、狭い部屋の中でマイクに向かったジョージに対して、ライオネルの指導が実る日が来た。
ジョージは国王として立派にスピーチをこなし、英国民と海外でラジオ放送を通して国王の肉声を聞いたひとたちは大いに勇気付けられ国難を乗り切った。

この作品、受賞レースでは数々の賞を受賞し、前哨戦でのゴールデン・グローブ賞の結果からアカデミー賞でも賞を独占するとの予想が大半を占めていた。
いざふたを開けてみると主要4部門を受賞したが結果は当然である。作品賞と監督賞のダブル受賞も凄いが、特に、監督としての実績から「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督との一騎打ちと見られていたが、この部門での受賞も凄いの一言だ。
主演男優賞を受賞したコリン・ファースは「真珠の耳飾りの少女」でのフェルメール役から最近では「マンマ・ミーア」での出演もあり、コメディもシリアスな役も演じ分けることが出来る俳優で個人的にも好きな俳優。吃音症に悩む実在の国王という難しい役で本人も英国人であることからプレッシャーもあっただろうが、この受賞でそんな苦労も報われただろう。
また、国王と友人関係を築いたライオネルを演じたオーストラリア出身のジェフリー・ラッシュも英国が舞台の作品には度々登場していたが、今回はアカデミー賞受賞こそなかったが受賞してもおかしくない程の名演技だった。

その他にも妻エリザベスを演じたヘレナ・ボナム=カーター、「デザート・フラワー」ではカメラマンを演じていたティモシー・スポール、父王ジョージ5世を演じていたダンブルドア校長ことマイケル・ガンボンなどの配役も絶妙だった。
こういう脇役がしっかりとした演技をしたからこそ、主演のコリン・ファースが落ち着いた演技を見せられたのは言うまでも無い。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本の3歳女児不明 大学2... | トップ | 前原外相辞任、窮地の菅政権... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-05-20 19:02:07
TB ありがとうございます。

しっかりとしたストーリーと演出
そして 何より俳優陣の演技の素晴らしさ

アカデミー賞にふさわしい出来でしたね
Unknown (kintyre)
2011-05-20 22:12:46
>リバーさん、こんばんは
実話に基づいていて、尚且つ、王室の話なので映画化へのハードルは高かったと思いますが、派手さは無い展開ですが私は良かったと思います。
コリン・ファースもジェフリー・ラッシュも流石の演技力でしたよね。受賞は当然です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
英国王のスピーチ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
第2次大戦直前に兄に代わって国王になったジョージ6世(コリン・ファース)が、子供の頃からのきつおんを克服して国民の前でスピーチをするまでが描かれている。ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)とのトレーニングが実に丁寧で共感を呼ぶ。うつ病の自分自身と照らし合わ...
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 エリザベス女王の父上で国王、ジョージ6世は、子供の頃からの吃音に悩まされていた 監督、トム・フーパーは38歳で監督賞も受賞  こ...
「英国王のスピーチ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。
英国王のスピーチ (voy's room)
  第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6...
映画 「英国王のスピーチ」 (英国日記)
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
『英国王のスピーチ』 (ラムの大通り)
(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだし...
重厚な感じで、じわーっときます (ゆるキャラ!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日は、くもりのち晴れって感じで、だんだんとすごしやすくなりましたね。もうそろそろ、春が来そうですね。 さて、今日は昨日映画の日だったので、帰りがけにちょうど時間の良い、「英国王のスピーチ」を見ました。 英国王のスピーチ - goo ....
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...
『英国王のスピーチ』 (みゆみゆの徒然日記)
 お稽古関係のあれこれで映画等は自粛していたので(その割には出来がアレなんですが・・・)、久しぶりの映画です。実は大学時代にイギリス史を取っていましたが、恥ずかしながらそういうことを公には言いたくないくらいあまり記憶がない私(汗)ですが、テーマ的にも興...
「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 (ノルウェー暮らし・イン・London)
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
英国王のスピーチ (うろうろ日記)
試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、
『英国王のスピーチ』 (Cinema + Sweets = ∞)
今年のアカデミー賞の有力候補と目されている『英国王のスピーチ』を試写会で観ました。 鑑賞できるのを楽しみにしていた1本です。 ******************** 『ブリジット・ジョーンズの日記』『シングルマン』のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民か...
「英国王のスピーチ」みた。 (たいむのひとりごと)
アカデミー作品賞を受賞する前から気になっていた作品。2月の公開時に東京で見損ねてしまったため地元での公開を待ち望んでいた。いやぁ~これは好き。期待どおり笑わせてくれて、ホロリとさせられて、清々しい心地
英国王のスピーチ (Diarydiary! )
《英国王のスピーチ》 2010年 イギリス/オーストラリア映画 -原題 - TH
「英国王のスピーチ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The King's Speech」 2010 UK/オーストラリア/USA ジョージ6世に「シングルマン/2009」のコリン・ファース。 ライオネル・ローグに「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のジェフリー・ラッシュ。 エリザベスに「...
『英国王のスピーチ』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
英国王のスピーチ (コリン・ファース 主演) [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『英国王のスピーチ』 2010年(英)監督トム・フーパー ●映画的秀作  吃音に悩み、信頼できる「生涯の友」と出会い、「愛」に支えられた一人の男の物語。 繊細なクラシック...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
英国王のスピーチ / The King's Speech (勝手に映画評)
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...
英国王のスピーチ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「英国王のスピーチ」監督:トム・フーパー(『エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~』)出演:コリン・ファース(『シングルマン』『マンマ・ミーア!』)ジェフリー・ラッシュ(『パ ...
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
『英国王のスピーチ』('11初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。
英国王のスピーチ (食はすべての源なり。)
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれな...
映画「英国王のスピーチ」 (After the Pleistocene)
 「どもる(stammer)」のは何らかの心理的障害で発生するのであって、生まれつきどもりの人はごく僅かだといわれている。オーストラリア・パース出身の言語矯正士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のところに、ひそかに訪れたのは、後の英国王ジョ-ジ6世となった愛称...
「英国王のスピーチ」 (prisoner's BLOG)
初めにことばありき、と言うが、コトバ特に話し言葉に対する信頼というのが西洋社会でいかに強いかをうかがわせる。敵であるヒットラーの大仰だが内容空虚な演説が悪い方へ人々を動かしたのも含めて。 まずはパーフェクトと思わせる脚本と演技が先に来て、演出は黒子に徹....
英国王のスピーチ #18 (レザボアCATs)
’10イギリス、オーストラリア 原題:King’s Speech 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン 撮影:ダニー・コーエン 音楽:アレクサンドル・デスプラ コリン・ファース     : ジョー...
英国王のスピーチ [監督:トム・フーパー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■、最悪:■□□□□□] あの「ソーシャル・ネットワーク」を破ってアカデミー賞とは一体どんだけ面白いのだろう・・・ というほど期待していたわけではないのだけど、さすがになかなか見応えある映画に仕上が...
英国王のスピーチ (菫色映画)
英国王のスピーチ[DVD]2010年 イギリス・オースラトリア 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース    ジェフリー・ラッシュ    ヘレナ・ボナム=カーター    ガイ・ ...
「英国王のスピーチ」 (Con Gas, Sin Hielo)
寛容の時代だからこそ耐えられた。 本作の勝因は、まずは物語だ。上に立つ人間だからこそ抱える苦悩を、吃音という分かりやすく且つ新鮮な媒介を通して真っ直ぐに描いた。 次に役者陣。C.ファースの実直さとJ.ラッシュの懐の深さの調和が素晴らしい。 だから、4部門と...
映画:英国王のスピーチ (伊八のいろいろ)
映画:英国王のスピーチ 2011-3-3(天神東宝) ストーリー:幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典で...
『英国王のスピーチ』 (kuemama's_webryblog)
【THE KING'S SPEECH】 2010年/英・濠/ギャガ/118分 【オフィシャルサイト】 監督:トム・フーパー 出演: コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリ...
国民に告ぐ (宇宙のめいぐると)
「英国王のスピーチ」
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
幼少期のトラウマ「英国王のスピーチ (Zooey's Diary)
今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門獲得。 「英国史上もっとも内気な王」と言われるジョージ6世は いかに吃音を乗り越えることができたのか? 本作の中で言語聴覚士のライオネルは、生まれつきの吃音はないと言っています。 それでは....
映画「英国王のスピーチ」を観る (電網郊外散歩道)
先の代休日に、映画「英国王のスピーチ」を観てきました(*1)。「英国史上、もっとも内気な王」あるいは「バッキンガム宮殿に隠された、感動の実話」というキャッチコピーのとおり、子供の頃から吃音に悩み、人前で話せない内気なヨーク公が、よりによって英国王になってし...
英国王のスピーチ (Blue Blue Blue)
吃音って日本映画だとまず題材にしないと思います。 国王の父が亡くなって、兄が国王に不適格だったため国王になって、 戦争のスピーチをする、という面だけ見ると暗い話にもなりかねないのですが、 全編ほのぼのとした笑いに包まれた、男同士の友情を描いた映画になって...
『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。 (かろうじてインターネット)
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...
英国王のスピーチ(The King's Speech) (シネマクマヤコン)
第二次世界大戦直前のイギリス王室のお話です。ジョージ6世に焦点をあてた実話に基づ
「英国王のスピーチ (2010年)」レビュー 60点 (映画で学ぶこの世の仕組み)
イギリスの歴史ドラマ映画。 第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。 20世紀初期のイギリス王ジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)の実話に基づいた映画。 イギリス王ジョージ6世が吃音症を克服するまでの話。 現エリザベス女王の幼少時代が出てくる英国王室マニア向け...
「英国王のスピーチ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・英・オーストラリア/配給:ギャガ原題:The King's Speech監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン製作総指揮:ジェフ
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
英国王のスピーチ (Men @ Work)
現在公開中のイギリス・オーストラリア合作映画、「英国王のスピーチ」(監督:トム・フーパー)です。TOHOシネマズ六本木スクリーン7で初日に観賞しました。 観賞後、この映画の監督が38歳で、かつ長編映画監督としてのキャリアはそれほど長くないということを知り、驚...
「英国王のスピーチ」 (のんびり。)
〔2010年/イギリス・オーストラリア〕 英国のジョージ6世(コリン・ファース)は、 4~5歳の頃からの吃音に悩まされ、 そのせいか、性格は内気で癇癪持ち、 本当は優しいのに、自分の気持ちを上手く他人に伝えられない。 吃音を治す為、あらゆる医者にかかるが、 ど...
英国王のスピーチ☆英国史上、もっとも内気な王。  (☆お気楽♪電影生活☆)
 なぜ、あなたの話を?    伝えるべきことがある!
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
英国王のスピーチ (とつぜんブログ)
監督 トム・フーバー 出演 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター  英国王ジョージ6世は、幼いころ乳母に虐待されて育った。そのためか、吃音というハンデを持ち、内気な性格に育った。しかし王族という立場だから、国王代理として人前...
英国王のスピーチ (そーれりぽーと)