笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

スピーチこそが

2011年03月15日 | 2011年 映画 レビュー
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。

アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した
話題作です

吃音に悩む ジョージ6世
スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・

まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で
王道的なストーリー、演出で見せます

何より、俳優の演技が素晴らしい

主演男優賞を受賞した コリン・ファース
助演賞ノミネートの ジェフリー・ラッシュ

この2人の演技は巧い
顔で見せるというのか 微妙なさじ加減が素晴らしくて
他の人では 考えられないほどの好演でした

ヘレナ・ボナム=カーターも印象的でした
ガイ・ピアースも最近 何気にいい作品で脇役で活躍してるなぁと

スピーチ矯正や2人の友情はもちろんですが
王室の裏事情というのも描かれていて 興味深かったですね

パンフレット:700円
      もう少し ボリュームがあればなぁと
      レイアウトは良かったです

私的評価:5
    品格のある 作品としての良さがありました
    最後のスピーチシーンは感動です

作品としては良く出来てますが
やはり 俳優陣の演技が光ってました


それでは、また




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある新幹線にて | トップ | 満足なシーズン9 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 14:43:20
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
シムウナさんへ (リバー)
2011-03-20 15:16:58
コメント ありがとうございます

あらら・・・
また DVDとかで見直してみては

演技の素晴らしさ (クマネズミ)
2011-03-22 06:22:30
リバーさん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、私もまさに「俳優陣の演技が光って」いると思いました。ただ、今一乗れないところもあるなと(国王の吃音は、結局のところ治っていないのでは)、若干ながら微妙な感じになってしまったのも事実です。
クマネズミさんへ (リバー)
2011-03-22 18:06:16
コメント ありがとうございます。

たしかに 治ってはなかったですが
実際も治るとこまではいかなかったそうですよ
リバーさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-05-30 20:45:51
最後のスピーチは、けして大成功とは言い難い点が、かえって、物語を奥ゆかしくさせていましたよね。

いやぁ、でも、物語前半の、バーティーがどもる時は、見ている私らの喉も詰まりましたね^^;
ミッドナイト・蘭さんへ (リバー)
2011-05-30 23:41:57
コメント ありがとうございます。

どもるシーンの歯がゆい感じは
伝わってきますよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
英国王のスピーチ/コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
現女王エリザベス2世の父である英国王のジョージ6世が吃音というコンプレックスを努力して克服し国民に愛される王になったという実話をモチーフに描いた作品です。監督を務めてい ...
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
英国王のスピーチ (あーうぃ だにぇっと)
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...
英国王のスピーチ (シニカル・ヒストリー・タワー)
英国王のスピーチ、見てきました。 日曜日の朝、まだアカデミー賞が決定する前だったにもかかわらず、初回に間に合うように行ったのに次の回のチケットしか買えずにかなり長い時間 ...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
映画「英国王のスピーチ」 (FREE TIME)
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した (SOARのパストラーレ♪)
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
英国王のスピーチ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
第2次大戦直前に兄に代わって国王になったジョージ6世(コリン・ファース)が、子供の頃からのきつおんを克服して国民の前でスピーチをするまでが描かれている。ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)とのトレーニングが実に丁寧で共感を呼ぶ。うつ病の自分自身と照らし合わ...
英国王のスピーチ (Memoirs_of_dai)
日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...
★「英国王のスピーチ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。
「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 (ノルウェー暮らし・イン・London)
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 (日々“是”精進!)
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
*『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。
映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 (水曜日のシネマ日記)
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。
「英国王のスピーチ」は「バディ・ムービー... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品は一種の「バディ・ムービー」と考えていいのではないか。変形版とみてもいいと思う。ニック・ノルティとディ・マーフィーの「48時間」やロバート・デ・ニーロとチャールス...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (映画鑑賞★日記・・・)
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
英国王のスピーチ (試写会) (風に吹かれて)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
英国王のスピーチ (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という華々しい生い立ちでありながら、人前に出ることを嫌う内気な性格となり、いつも自分に自信が持てないでいた。厳格な父はそん....
英国王のスピーチ (そーれりぽーと)
怪優たちの共演、『英国王のスピーチ』を観てきました。 ★★★★★ 吃音症に悩む次期国王ヨーク公ジョージ6世を中心に、第二次世界大戦前夜のロイヤルファミリーと彼らに関わる人々を描く本作、何と言っても主要な役を全員いわゆる“怪優”と言われている役者が演じてい...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
英国王のスピーチ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(14) アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世...
英国王のスピーチ☆THE KING'S SPEECH(2010) (銅版画制作の日々)
 コリン・ファース、アカデミー賞・主演男優賞おめでとう! 英国史上、もっとも内気な王。 いやいや、アカデミー賞ということで、満席に近い状態でした。受賞効果は本当に凄いもんです。主演は「シングルマン」でも高い評価を得た、コリン・ファースさん。見た感じはそ...
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
「英国王のスピーチ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。
『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。 (かろうじてインターネット)
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...
『英国王のスピーチ』 (ラムの大通り)
(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだし...
英国王のスピーチ (映画の話でコーヒーブレイク)
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。 やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。 前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には 「英国王のスピーチは満席です~」のアナウンス。 アカデミー賞有力作品の呼び声が高...
『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... (NiceOne!!)
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...
英国王のスピーチ The King's Speech (映画!That' s Entertainment)
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本...
英国王のスピーチ (とりあえず、コメントです)
英国王ジョージ6世が王になるまでを描いたドラマです。 吃音に悩んだ国王の物語と聞いて、どんな展開になるのだろうと気になっていました。 悩みながらも困難に立ち向かおうとする姿を見ながら、いつの間にか頑張って!と応援していました。
英国王のスピーチ / The King's Speech (勝手に映画評)
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...
英国王のスピーチ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月5日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『英国王のスピーチ』公式サイト 予告編で、かなり面白そうだと興味を持った。 アカデミー作品賞にノミネートされたと聞き、これが本命だろ...
英国王のスピーチ (こんな映画見ました~)
『英国王のスピーチ』---THE KING'S SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、 ジェフリー・ラッシュ、 ヘレナ・ボナム=カーター、 ガイ・ピアース、 ティモシー・...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
英国王のスピーチ【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:英国王のスピーチ 制作:2010年・イギリス/オーストラリア 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
英国王のスピーチ (voy's room)
  第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6...
「英国王のスピーチ」感想 (新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~)
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。...
英国王のスピーチ (愛猫レオンとシネマな毎日)
現英国女王エリザベス2世の父、ジョージ6世の実話を描いたものです。 吃音障害を抱えていた王が、王妃の献身的な愛と、型破りなセラピストとの友情に 支えられ、障害を乗り越えようとします。 その後、ナチスドイツとの開戦に揺れる国民の心をひとつにするため 国王は...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映画観賞記録。もうすぐ2011年分終了。 「英国王のスピーチ」 (監督:トム・フーパ...