kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『127時間』を観て

2011-07-08 21:44:30 | アメリカ映画 2011

11-44.127時間
■原題:127Hours
■製作年・国:2010
年、アメリカ
■上映時間:94分
■字幕翻訳:林完治
■鑑賞日:7月1
日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)
■料金:1,000円

 
□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル
□脚本:サイモン・ビューフォイ
□撮影監督:アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
□編集:ジョン・ハリス
□美術:スティラット・アン・ラーラーブ
◆ジェームズ・フランコ(アーロン・ラルストン)
◆アンバー・タンブリン(ミーガン)
◆ケイト・マーラ(クリスティ)
◆クレマンス・ポエジー(ラナ)
◆ケイト・バートン(アーロンの母)
◆リジー・キャプラン(ソニア)
【この映画について】
『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル監督が、断崖に腕を挟まれ動けなくなった男性の実話(アルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした原作「127時間」)を映画化。
落石に運命を決められた瞬間から、生命の限界を迎えるまでの127時間、死の恐怖に直面し、絶望の底で“人生”を体験する。そして遂に彼はある“決断”を下す―何が何でも生きるために…。
第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞をはじめとする6部門でノミネートされた。“生きたい”という情熱を体いっぱいで演じ切ったジェームズ・フランコの陽気さとクールさ、そして並はずれた演技力は驚嘆の一言だ。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
タフなヒーロー気取りで人と深く関わらずに生きてきたアーロン・ラルストン。開放的な陽気さとクールな一面を合わせ持つ魅力的な青年だ。2003年4月25日の金曜の夜、彼はいつものように1人でロッククライミングを楽しむため、慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンに向けて出発する。妹のソニアからの留守電メッセージが流れるが、準備に忙しいアーロンは電話に出ることは無かった。

朝、車から降ろしたマウンテンバイクにまたがり、ビッグ・ドロップへと向かう。道に迷ったクリスティとミーガンに出会ったアーロンは洞窟へのガイドを買って出る。岩と岩の狭い隙間から、真下に広がる泉にダイブするアーロンに驚き、心から楽しんだ彼女たちから、別れ際に明日のパーティに誘われる。
2人と分かれたアーロンは、目的地のビッグ・ドロップに向かう途中、落石に右腕を挟まれ、狭い谷底から一歩も動けなくなってしまったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野に虚しく響き渡る。知識と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ガッチリと挟まった岩はピクリとも動かない。死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、両親にも、友達にも、恋人にも決して心を開かなかった。

衰弱してゆく身体を引き裂くように襲い掛かる後悔、それと同時に湧き上がる“生きたい”という生への執着と情熱。そして生命の限界を越えた127時間後、遂に彼は決断する……。

うんともすんとも言わない巨岩に挟まれた腕、彼の生への執念からあらゆる知恵と経験から手段を講じたが、遂に、アーロンは究極の措置を取った。それは...持参した登山ナイフで自らの腕を切り落とすという決断だった。登山ナイフという本来の目的外の使用に、彼の腕は感覚を失ったままひたすら生の為に腕にナイフを突き刺すアーロン。
彼の執念が実り、腕と引き換えに何とかこの窮地を脱出し、地上に到達した彼は途中通りかかった二人に救助された。
彼は岩に閉じ込められていた127時間、この間に彼の脳裏には自分の人生についてあらゆる場面が走馬灯のように駆け巡っていた。親に対する感謝や妹の結婚式をすっぽかしてしまったことや、アルバイト先の店長が救助要請を出してくれることへの期待や、クリスティとミーガンとの再会など。
その後、彼はこの体験を元に各地で講演活動に忙しいそうだが、それでも、キャニオニング(渓谷歩き)は今でも一人で続けているそうだが、行く前には必ず家族に行き先と予定を告げてから行くことにしたそうだ。

映画としては大部分が主演ジェームズ・フランコの独演で、共演者の登場シーンも冒頭の二人の女性程度。更に、場面も殆どが岩山と岩石に挟まれて窮地に陥るシーンだけ。こういう限定的なシーンの連続でも、ボイル監督はアーロンが生への執念を見せる場面を工夫し退屈させない。
ジェームズ・フランコの演技も、絶望的な場面ばかりの演技では得てして暗くなりがちだが、彼の個性で決してめげない明るさと生への執念をみせる演技はアカデミー賞主演男優賞候補に相応しいものだった。最後に、本物のアーロンが登場したのも、本作の出来ごとに真実味を持たせる意味でも正解だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本復興相、波紋呼ぶ被災地... | トップ | フェルナンデス、中村の2発... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-08-29 18:14:22
TB ありがとうございます。

ダニー・ボイル監督のセンスが光り
ジェームズ・フランコの演技の素晴らしさ

生きること、諦めぬこと、響きました。
Unknown (kintyre)
2011-08-30 22:14:03
>リバーさん、こんばんは
ダニー・ボイル監督は、閉鎖的な場面の連続ながらも、映像的にも工夫されて娯楽性を持たせる所に非凡さを感じました。
主人公の自分の体を切り刻んででも「生還したい」との思いは心に響きましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
試写会「127時間」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 震度は2ぐらいで気が付かない人もいたようですが、 長く揺れたので天井が落ちてこないか思わず見上げちゃいました。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・ラ...
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
127時間 (あーうぃ だにぇっと)
5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。
127時間 (シネマDVD・映画情報館)
127時間 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ 内容:ユタ州、ブルージョン・キャニオン。大自然を悠然と駆け抜ける登山家アーロン・ラルストンに、信じられないアクシデントが起こる。ロッククライミング中の落石事故で右腕を挟まれ、一切身動きが取れな...
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
身動き取れぬ 127時間 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ....
映画「127時間」 (itchy1976の日記)
127時間 - goo 映画 127時間 - Wikipedia 127時間(映画.com) 127時間@ぴあ映画生活 映画『127時間』公式サイト ○作品データ(goo映画) 監督 ダニー・ボイル 製作総指揮 バーナード・ベルー ジョン・J・ケリー フランソワ・イヴェルネル キャメロン・マクラッケン リ...
127時間・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
映画:「127時間」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A...
127時間 (C note)
127時間後・・・ (127時間 公式サイト)
127時間 (心のままに映画の風景)
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
『127時間』 (・*・ etoile ・*・)
'11.06.09 『127時間』(試写会)@よみうりホール 観たかった! 試写会探してたら、お友達のともやさんの当選tweet発見! ちゃっかり便乗してしまった(笑) だってダニー・ボイルだからね! 『スラムドッグ$ミリオネア』大好き♪ *詳細は避けますが、ネタバレありで...
「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を
『127時間』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
    127hours   監督:ダニー・ボイル   出演:ジェームズ・フランコ、他 今年上半期で楽しみにしてた3本のうちの最後、 やっと観た   ちなみに他2本は『ミスター・ノーバディ』と『ブラック・スワン』 ...
127時間 (メルブロ)
127時間(原題: 127 Hours) 364本目 2011-24 上映時間 1時間34分 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・フランコ(アーロン・ラルストン) 、 アンバー・タンブリン(ミーガン ...
127時間 (うろうろ日記)
試写会で見ました。127時間、誰も来ない所で片腕を石に挟まれ、何とか石をどかそう
127時間 レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 2003年4月25日金曜日、夜。 アーロン・ラルストン(ジェー
127時間 (悠雅的生活)
急転直下。暗中模索。自力更生。
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
127時間 (Memoirs_of_dai)
前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断...
『127時間』 (ラムの大通り)
※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。 「うん。 最初、そのタイトルからして 『28...
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
127時間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14)(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作品賞ノミネート、最後の10本目の鑑賞です(日本でようやく最後に公開が決まっ....
127時間 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:127時間 制作:2010年・アメリカ/イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ あらすじ:アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・...
127時間 (Diarydiary! )
《127時間》 2010年 アメリカ/イギリス映画 - 原題 - 127 HOU
「127時間」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
気の弱い人や子供なんかと行くのは、余りお薦め出来ないかも 3つ★
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
■『127時間』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+イギリス合作映画、ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー出演。
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
127時間 (がらくた新館)
『スラムドッグ$ミリオネア』 のダニー・ボイル監督による、事実をもとにした話を原
映画レビュー「127時間」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
127時間 (ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ 監督) [DVD]◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。実話ならではの感動が沸き上がる。 【 ...
127時間 127HOURS (まてぃの徒然映画+雑記)
冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車...
127時間 (だめ男のだめブログ)
「127時間」 監督 ダニー・ボイル 原作 アーロン・ラルストン 出演 ジェームズ・フランコ(アーロン・ラルストン) アンバー・タンブリン(ミーガン) ケイト・マーラ(クリスティ) リジー・キャプラン(ソニア) クレマンス...
127時間 (映画と本の『たんぽぽ館』)
生き抜くための究極の決断              * * * * * * * * 登山家アーロン・ラルストン氏が体験した実話です。 この「実話」というところが大変に重いのです。 フィクションだったら「嘘くさい」と思ってしまうでしょうね。 27歳のアー....
127時間 (rambling rose)
ある日、1人でブルー・ジョン・キャニオンへと向かった青年アーロンは、いつもの様に大自然を満喫していた。が、ふとした事から落石に腕を挟まれ、谷底で動けなくなってしまう・・。
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間~生き延びる (Osaka-cinema-cafe)
去年の9月以来となる、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスを ゲットしました! 自身の映画「ウェディング」の準備もあるし、かなりバタバタ していますが、見たい映画も多いので、この際、見まくってやろうと 決意?しました。 さあ、最初の映画がこれ。 ...
映画「127時間」 (FREE TIME)
映画「127時間」を鑑賞しました。
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
【127時間】体験をバネに生き抜く! (映画@見取り八段)
127時間 ~ 127HOURS ~ 監督: ダニー・ボイル    出演: ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン、リジー・キャプラン 公開: 2...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...
127時間 (キノ2)
★ネタバレ注意★  2010年のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ジェームズ・フランコ)、脚色賞、作曲賞、歌曲賞、編集賞にノミネートされた注目作です(いずれも受賞はならず)。  実在の登山家、アーロン・ラルストンが書いた『奇跡の6日間』が原作。実話...
「127時間」(127 HOURS) (シネマ・ワンダーランド)
「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が実話を基に「メガホンを執ったパニック・サバイバル・ムービー「127時間」(2010年、英米、97分、FOX映画配給)。この映画は大自然の警告でアクシ...
127時間 (ぷち てん てん)
極限からの生還。実話が元になっている。
【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたいのですが、全く纏まっていなかったりして ということで、本日は....