月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

はいいろおにたけ

2016-07-25 22:11:10 | キノコ
しつこくハイイロオニタケ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はいいろおにたけ

2016-07-24 19:14:37 | キノコ
大きめのテングタケはっけーん!

シロオニタケっぽいけどちと違う。西日本に多いハイイロオニタケかな。

傘の直径10センチ前後。20センチオーバーのシロオニタケよりはだいぶ小さい。
傘の表面はイボが尖ってたり薄かったり、白かったり灰色っぽかったりで、ある程度のバリエーションがあるのがすこし悩ましい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てんぐつるたけ

2016-07-22 21:51:19 | キノコ
ちょっと一人にしておいてくれないか・・・
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

きいぼかさたけ

2016-07-21 23:43:40 | キノコ
梅雨明け!とか宣言した途端に、なにやらあやしい雲マークだらけの週間天気予報が。天候不順な近年はもう境目がよくわからんくなっとるんよね。

ってことで、まだまだキノコチャンスはあるぞい。

とりあえず(なんも生えてなくてもコイツくらいはおるやろ)的な腐生菌・キイボカサタケは落ち葉がたまったゴミっぽいところがお好き。次の雨でそろそろソライロタケさんの出番もあるかもなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こてんぐたけもどき

2016-07-20 00:35:07 | キノコ
梅雨明け宣言!

しかし惑わされてはいけない!まだまだキノコチャンスはあるのだ!(と、とりあえず言ってみる)


東海地方でもっとも見かけることの多いテングタケ類のひとつ、コテングタケモドキ。

今年はテングタケの仲間をほとんど見かけていない。頑張って探さなかったせいもあるとは思うけど、不作だったのかな・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひすいがさ

2016-07-16 21:15:32 | キノコ
今年も発生、緑のキノコ!

盛夏に芝生に発生する極小の緑色のキノコ・ヒスイガサ(仮)。

以前、新種として最近登録されたフカミドリヤマタケとして紹介したけど、アカヤマタケ属のキノコはとても種類が多く、しかも分類が進んでいないことで知られており、色が似てるというだけで判別するのはよくないという指摘もあり、以前につけられた仮名称「ヒスイガサ」に戻すことにする。

っていうか、ヒスイガサの方が圧倒的にネーミングセンスいいし、なし崩し的にこっちの名前で固定できればなぁと(笑)


みごとに緑色。

とっても小さい。傘の直径は1~1.5センチほど。

おそらく芝生といっしょに運ばれてかなり広い分布域を持っていると思われるが、いかんせん保護色なのと探すべき範囲が広すぎるのとで見つけるのが難しい。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

かわむらふうせんたけ

2016-07-15 00:31:16 | キノコ
フウセンタケといえば秋のキノコってイメージだけれど、例外的に夏の庭園にも生えてくるものがある。

カワムラフウセンタケは夏・秋を通して、この界隈でもっともよく目にするフウセンタケの仲間だ(っていうか他のフウセンタケは判別できないのよね・・・)


ひだや柄は紫を帯び、根元は極端にふくらむ。水にぬれると粘性が出る。

ただ、よく似たナツノカワムラフウセンタケという種類があるらしい。ちゃんと調べなかったからわからないが、これがそうなのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

においわちちたけ

2016-07-12 00:44:55 | キノコ
庭園でのド定番キノコ・ニオイワチチタケ。輪っか状の模様が目立つチチタケの仲間。

名前にある「ニオイ」が何のにおいかってえと、これがなんと加齢臭ならぬカレー臭!

大量発生すると、もう飯盒炊さんでカレー作成中のキャンプ場さながら。

ニオイで虫をおびき寄せるキノコはあるけど、カレーに集まる虫なんていないよなぁ。

キノコ界の7つの謎に数えてもよいかもしれない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やまどりたけもどき

2016-07-08 21:12:08 | キノコ
Mr.夏キノコ・ヤマドリタケモドキ。

梅雨に生えるキノコとして質・量ともにトップクラスの優秀食材。ただし、生長&腐りスピードが尋常じゃなく早いので入手は想像以上に難しい。

採り時を一日逃すと巨大化、二日逃すと虫だらけ、三日逃すと溶けてる、ってな具合だな。


キノコマニアにとっては、かわいすぎて採れないというさらに別の困難が(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

つのまたたけ

2016-07-06 22:47:57 | キノコ
暑い夏が来つつある。梅雨のキノコは小休止といった感じ。

ツノマタタケさんはどこにでも生えるキノコながら、雨上がりは鮮やかで美しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みかわくろあみあしいぐち

2016-07-02 00:21:24 | キノコ
出ました猛毒イグチ!真っ黒のミカワクロアミアシイグチ(仮)。

三河で発見されたことを受けて命名。その後、名古屋でも発生が確認された。三重にも発生すると聞いてたんだけど、実際に県内で見るのは初めて。兵庫でも発生するそうなので、分布はそれなりの広がりを持っているようだ。

イグチとしては珍しく猛毒をもつことが知られており、茹でて口の中に入れると痺れのような感覚を味わう。ちょうどマムシグサの実をかじったみたいな感じ。


柄はかなり強力な網目模様があるのが大きな特徴。

コナラの木に菌根をつくってるんではなかろうかと。


こんな感じ。管孔は柄に対して直生。なんとなくデコボコして整わない雰囲気。生長につれ、汚白色→淡い赤褐色へと変化するが、この色も不均一で、シミが出たりムラがあったりの汚い感じ。

柄の網目模様はかなり個体差がある。三重には他にも、柄に二重の網目模様を持つ別の黒いイグチ(松の樹下に発生、管孔は湾生、均一なワイン色)が存在している。もしかしたら同種かもしれんけど。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きちゃはつ

2016-07-01 00:21:46 | キノコ
ひそかに撮るの大好きキチャハツ。

梅雨序盤の庭園に生えるベニタケ類でニオイコベニタケに並ぶ普通種。


食べるキノコではないらしい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しばふたけ

2016-06-29 23:38:24 | キノコ
芝生に生えるシバフタケ。名前そのまんま。

乾燥によく耐えるのでなかなかしぶとい。

紙っぽい質感はオオホウライタケなんかによく似ている。

ひそかに被写体としては一級品。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ずきんたけ

2016-06-29 00:32:10 | キノコ
久しぶりにキノコ観察会に参加した。

天気はギリギリ雨が上がって曇り。キノコ的には悪くない条件だ。

苔むした庭園にはズキンタケが大群生。他にもニセショウロやクロアシボソノボリリュウ、アセタケ類などが数多く見られた。

大型の菌根菌ではベニタケ類が多数。特にニオイワチチタケはあちこちでカレー臭を漂わせていた。

イグチやテングタケ類はまだまだ少数。それでもノーマルテングタケやコテングタケモドキ、ヤマドリタケモドキなどが発生を始めていた。

不明種も多かった。いくつかは調査待ちだけど、珍しいところでは猛毒のミカワクロアミアシイグチとおぼしきイグチを見つけたのは収穫だったかも。

やはり梅雨はキノコのハイシーズン。あと半月は楽しませてくれそうだ。


今年はズキンタケの当たり年。踏まないように歩くのが難しいほど生えている。

こいつらも何をエサにして育っているのか気になるなァ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うらむらさき

2016-06-26 23:57:43 | キノコ
ウラムラサキ。キツネタケの仲間。傘の裏側がとても美しい紫色をしている。

ベニタケ系が最初のピークを迎えて、イグチも出始めた!テングタケ系は出遅れ気味。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加