月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

おおきんけいぎく

2013-05-31 20:29:34 | 植物
オオキンケイギク。

緑化用に多用されたのが定着した帰化植物で、特に注意すべき外来種にあたえられる「特定外来生物」の指定をうけた札付き。

実は植物でこの指定を受けてるのはたったの10種類ちょっと。でもこのオオキンケイギクがそれほどまでに悪い影響与えるのかっていったら?マークなんだけど。けっきょく「花が大きくて目立つから」だよなー、これって。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かんぞうたけ

2013-05-30 19:20:56 | キノコ
今年もやってまいりました、この季節。テンション上がるわー。

梅雨入りしたからって、そうそうキノコが出てくれるわけがないんだけど、ややフライング気味に出てくれるのがマツオウジとコイツ。もう一週間くらい前から出始めてたのか、予想外に大きくなってるものがあった。

にしても本当に撮りにくいカンゾウタケ。禁断のストロボまで使って撮ったにもかかわらず、撮った写真はほぼ全滅。くそー、後日リベンジするっス。脚立かなんか欲しいわ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はなむぐり

2013-05-29 22:15:23 | 動物
ガマズミの花に訪れたコアオハナムグリ。

花粉まみれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しろたえぎく

2013-05-28 19:46:26 | 植物
白妙菊。ちょっとハハコグサっぽい。

今日、意表をつく梅雨入り。昨日まで晴れ続きだったのにねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くろうりはむし

2013-05-27 20:47:17 | 動物
「なでしこジャパン」の活躍のせいで、ナデシコの花も逆にイメージが塗り替えられてしまった感があるが、このドぎついピンクには大胆でアグレッシブなイメージの方が合うような気がするから、それでいいような。なんでも桃色をあらわす「ピンク」の語源はナデシコなのだそうだ。

それはそうと、そのナデシコにとまっているのはクロウリハムシ。キュウリやらカボチャやらの葉っぱに穴をあける、ウリ類専属の害虫だと思ってたら、なんと一生懸命にナデシコの花をかじっている。調べてみたら、どうもナデシコの花は大好物なそうで、園芸家からも目のカタキにされてる模様。

罪な奴だなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわとんぼ

2013-05-26 23:19:03 | 動物
ニホンカワトンボ。

攻撃ヘリのように精悍に飛び回るヤンマなんかに比べると、こいつらはヒラヒラと飛んで非常に頼りない。あんなんで獲物が捕まるんであろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きしょうぶ

2013-05-25 22:01:13 | 植物
キショウブ。ハナショウブの色違いではなくて、れっきとした別種。

外来の園芸種ながら、野生でも勝手に増えるツワモノ。というより、厄介者?

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ひめつるそば

2013-05-24 21:11:57 | 植物
田んぼの水路に見慣れない草をみつけた。調べても名前が分からない。なんにしても花がかわいいので、とりあえず写真に収めた。

数日後のある日、友人宅に届けものに訪れると、玄関先に植えてある花がちょうど盛りを迎えていた。ピンクのかわいらしい金平糖……あっ!同じヤツだ!

ヒメツルソバ。園芸種だが性質が強いため、ちょくちょく雑草化しているらしい。なんかそういうの多いなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あめりかふうろ

2013-05-23 19:11:02 | 植物
アメリカフウロの実。どこにでも生えてる外来雑草。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こでまり

2013-05-21 19:25:41 | 植物
雨降らんのー(-_-;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顕微鏡講座

2013-05-18 21:00:01 | イベント
今日は「きのこウォッチングクラブ・みえ」主催の顕微鏡講座に参加してきた。

キノコの分類には肉眼的特徴を調べるだけでは限界があり、胞子の形状や菌糸の構造の特徴などミクロ視点で調べることが必要になってくる。その際に必要になってくるのが、顕微鏡というわけだ。

講師はきのこ通で顕微鏡のエキスパート(というよりマニア?)、「あやしいきのこ」のgajinさん。今回は自らのコレクションたる顕微鏡を実践練習用に投入しての気合の入った準備ぶりだった。

キノコの顕微鏡観察にあたっての、大まかな流れや注意事項を説明したあと、さっそくの実践に移ることになった。正直、やってみんことには話を聞いててもピンと来んのよね。

まずは胞子の観察。成熟していそうなキノコを選んで傘を切りとり、カバーガラスの上に20~30分置いて、胞子を落とさせる。うっすらとホコリっぽいものが落ちてたら成功。さっそくプレパラートを作成して顕微鏡で見てみる。

うーん?使い方がよくわからん。昔、学生の時の実習でちょこっといじっただけだからなあ・・・



あっ。見えたっぽい。パラパラ散らばってる丸いのが胞子(検体はウラベニガサ)。これはシンプルな丸い形だけど、細長いもの、角ばったもの、トゲのあるもの、網目のあるもの、などなど、いろんなのがあって種類判別の手がかりになってくれるそうだ。



実践指導中。おお、顕微鏡を使いこなす姿ってなんかカッコいい。

次はキノコ本体の観察。キノコの顕微鏡観察でも基本中の基本、ひだの断面を観察することになった。

カミソリの刃を使って、ひだを切り出す。と、一口に言ってしまえば簡単なんだけど、これが超こまかい作業でかなり難しい。とにかく薄く切り出さないと顕微鏡でも断面がきれいに見えないので、神経を研ぎ澄ませて挑む。みなさん苦戦のご様子だ。

自分もチャレンジする。うわ、すごい細かい作業。キノコはけっこうクニャクニャなので、包丁で果物を切るようにはいかない。少々苦戦したものの、なんとかクリアに成功した。顕微鏡下では、たくさんの細胞が居並ぶ中に、ドでかい塔みたいな細胞(シスチジア)がズカンズカンと立ち並んでいる様が観察できた。そして表面近くに胞子がくっついている「担子器」らしきものも見えた。



最後にフロキシンで染色処理をしてから、KOH(水酸化カリウム)で細胞をほぐして観察した。こうすると細胞のひとつひとつがよく観察できる。まん中あたりにある透明の大きなナメクジ型の細胞がシスチジア。大きいだけで、いまひとつ何のためにあるのかよくわからない細胞だけど、ひだとひだがくっつきあわないように、つっかえ棒の役割をしてんじゃないかと言われている。これもキノコの種類にっては判別の材料になったりするらしい。

てな感じで、顕微鏡講座は終了。

本当はもっと習得すべき技術がたくさんあるんだけど、一日ではとてもとても。それでもエキスパート直伝のテクニックを教えてもらいながら顕微鏡を使わせてもらえたので、有意義な日となった。

gajinさん、菌友のみなさま、ありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やぐるまぎく

2013-05-17 19:33:16 | 植物
ヤグルマギク。半野生状態で咲いていた。

ずっとカーネーションだと思ってた(-_-;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まつばうんらん

2013-05-16 20:05:02 | 植物
今をときめく(?)外来雑草、マツバウンラン。

場所によっては一面の花畑をつくりあげてる。

どこにでも生えてるのに、ひょろ長くてちょっとした風でゆらゆら揺れるから、撮りにくいのなんの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きつねあざみ

2013-05-15 22:31:10 | 植物
近々、新名神高速道路の工事が始まり、それがシイタケ工場のすぐそばを通る。建設予定地の茶畑はすべてサラ地になって、そんな場所に適応した雑草たちが束の間の春を謳歌している。

この畑ではマツバウンランとキツネアザミが競演していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あかばなゆうげしょう

2013-05-14 22:46:17 | 植物
あれ?新顔の外来種だなー。やけに派手なピンクの花。

マツヨイグサの仲間でアカバナユウゲショウ。本当はもっと背が伸びるらしいけど、この辺は風が強いのでちんちくりん。

ニワゼキショウ、キュウリグサ、コメツブツメクサ、カタバミ、シロツメクサ、アメリカフウロ…この一角はちょっとした花園になっている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加