みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!予防効果のない事から

2016-10-19 19:17:18 | 健康
インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな!

【危険】発がん性物質、

薬事法上の劇薬です!

国民は騙されている…


医者が言う、打っとけば

インフルエンザに罹っても軽く済む…

科学的根拠のないセリフ!

過去に予防効果がないことから、

定期予防接種から

外されたワクチンである!




だまされるな!インフルエンザワクチン|その他|自閉症 発達障害|株式会社TKサービス 自閉症・発達障害児のために

だまされるな!インフルエンザワクチン

ワクチン会社は7年間で

13億以上の政治献金をつかい

ワクチンを公費扱にさせ、

マスコミに秋になると、

今年もインフルエンザが

猛威を振るうといわせ、

役所や病院にポスターを貼りまくり、

インフルエンザワクチンの

拡大に官民上げて努めています。

ワクチン会社を潤せれば、

厚労省の官僚の天下り先の口が

広がるので、

ワクチン会社よりも行政のほうが

ワクチンの啓蒙に熱心です。

汚い構図です。国民に毒を盛り、

自分たちは甘い汁を吸う。

政治家も使い黙らせる。

インフルエンザワクチンは過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチンである!日本は世界で唯一、公的にインフルエンザワクチンが無効であることを証明した国なのです。/知られざるワクチンの罪 /米軍内で接種されてきた腸チフスワクチンが体内で変異を起こして強力なパラチフス菌になり、それがインフルエンザの正体であることがわかったのです。そして、それが米軍内から発生していることを隠蔽するために今でもスペイン風邪と呼び続けています。このとき、インフルエンザにかかったのは、ほとんどがこのワクチンを接種された人達でした。より

各、全文は下記に…

『インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな‼』【危険】ワクチンは薬事法上の劇薬です。 しかも発がん性物質でもあります! NAVER まとめ

政界への莫大な影響力


メディアへの莫大な影響力


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

だまされるな!インフルエンザワクチン|その他|自閉症 発達障害|株式会社TKサービス 自閉症・発達障害児のために

だまされるな!インフルエンザワクチン

昨今、毎年3000万本もでるインフルエンザワクチン。

役所、病院、老人ホームなどでは、職員に義務接種されている事実。

そしてワクチンを打ったのに罹ってしまうという事実。

医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。

インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。

どれだけ効かなくて、国民を騙しているか説明します。

1.前橋レポート

1979年に前橋市の小学校で、インフルエンザワクチンを打った何人かが副作用で、熱性痙攣を発症しました。

前橋医師会は、これを受けてインフルエンザワクチンの調査をします。

そして5年かけて周辺都市(前橋、高崎、安中、伊勢崎)と協力して大規模な疫学調査をしました。

前橋医師会が4都市で、5年間に渡る膨大なデータを作り、季節性インフルエンザワクチンは意味がないと国に申請し、

却下はされましたが、前橋市では、この事を踏まえ集団予防接種廃止前から小中学校で集団予防接種を廃止した。

簡潔に説明しますが、ワクチンを打った2都市とワクチンを打たなかった2都市のインフルエンザの罹患率が、変わらないということです。

前橋レポート

1987年に前橋レポートが出され下のグラフでおわかりのように、1988年のインフルエンザワクチンの製造量が、激減する。

そして、1994年の集団予防接種が廃止されこの年はたったの30万本です。

話は変わりますが、1970年代初めにCDC(米国疾病予防管理局)の研究員が、日本に来て学校での集団予防接種を視察し、効果があれば米国でもやる予定でしたが、ぜんぜん効果がないと理解して帰りました。



2.墓穴を掘った厚生労働省の調査

2002年に厚生労働省が、『乳幼児に対するインフルエンザワクチンの効果に対する研究』で、

1歳から6歳までの子供について、インフルエンザワクチンの効果は、20%~30%です。それっぽっちかよと思う人もいるでしょう。

もっとビックリ、実は、効果は4%です。

この有効率の求め方が、驚きです。普通なら100人ワクチンを打って、20人がかからなかったと思うでしょう。

どう求めるかと言うと、100人ワクチンを打ったグループで、16人が発症した。

もうひとつが100人ワクチンを打たずに20人が発症した。その差は、僅か4人。

この4人を打たずになった20人で割ると20%になる。

本当だったら4%しか効かないのに数字を膨らますために、姑息な出し方をしている。

インフルエンザ脳症ついての調査

厚生労働省は、1998年にインフルエンザワクチンで脳症を防ぐことができるかを研究した。

たが、インフルエンザワクチンで脳症を防ぐことはできないとわかった。

それとこの研究で、6歳以下の子供にワクチンの抗体が作られにくく効果が低いこと。

特に1歳未満では、効果がはっきりしないこともこの研究でわかった。

インフルエンザにかからないように、そして、脳症にならないように、ワクチンを打ちましょう。と言っているが、どうなんだろう?

そして、インフルエンザ脳症なる言葉をつかっているのは、世界で、日本と台湾だけです。

インフルエンザを脳症の前につけて勝手に造語にしています。これは、単にワクチンの接種者を増やすためです。

インフルエンザに罹って脳症になるのは、解熱剤(非ステロイド系抗炎症系)やタミフルなどを使っているからではないでしょうか。

非ステロイド系抗炎症系の解熱剤と脳症の関係は、まことしやかに学者の間では昔から言われていた。

タミフルについても数年前に子供が、異常行動をするなどして、かなり問題になった。この異常行動そのものが脳症ではないでしょうか。

厚労省は、すぐに調査にのりだしたが、調査を頼んだ研究者が、タミフルを売っている○○製薬から研究資金をもらっている人だった。

これも、ビックリ。しかし、この調査もその後どうなったのか?

ただ、既に薬害タミフル脳症の会がある。よその国に比べて日本は、脳症が多いらしい。

タミフルを世界中の75%もつかっている国だから。

インフルエンザワクチンは病院レベルまでいれると1500億以上の市場です。

ワクチン会社は、7年間で13億以上の政治献金をつかいワクチンを公費扱にさせ、マスコミに秋になると、

今年もインフルエンザが猛威を振るうといわせ、役所や病院にポスターを貼りまくり、インフルエンザワクチンの拡大に官民上げて努めています。

■政界への莫大な影響力

■メディアへの莫大な影響力

ワクチン会社を潤せれば、厚労省の官僚の天下り先の口が広がるので、ワクチン会社よりも行政のほうがワクチンの啓蒙に熱心です。

汚い構図です。国民に毒を盛り、自分たちは甘い汁を吸う。政治家も使い黙らせる。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

インフルエンザワクチンは過去に

予防効果がないことから、

定期予防接種から

外されたワクチンである!

知られざるワクチンの罪


知られざる”ワクチン”の罪

インフルエンザワクチンは

過去に予防効果がないことから、

定期予防接種から

外されたワクチンであることを

ご存じでしょうか。

毎年約3000万人に接種し続け、

効果がなかったので

中止せざるを得なかったのです。

科学的な検証がないままに

1948年から1994年までの

46年間にわたり

実施されていましたが、

全く有効性がないことが判明し、

以後全国的なボイコット運動

により中止されました。

その後も効果を証明する

研究結果はありません。

日本は世界で唯一、公的に

インフルエンザワクチンが無効

であることを証明した国なのです。

■米軍内で接種されてきた

腸チフスワクチンが

体内で変異を起こして

強力なパラチフス菌になり、

それがインフルエンザの正体で

あることがわかったのです。

そして、それが米軍内から

発生していることを隠蔽するために

今でも

スペイン風邪と呼び続けています。

このとき、

インフルエンザにかかったのは、

ほとんどが

このワクチンを接種された人達でした。

詳細↓↓…


知られざる”ワクチン”の罪 抜粋引用

私たちにとって、もっとも身近なワクチンのひとつに、インフルエンザワクチンがあります。

毎年冬になると、おおぜいの人がインフルエンザに感染することから、お年寄りや子供を中心に、受験生などにも広く接種されています。

しかし、インフルエンザワクチンは過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチンであることをご存じでしょうか。

毎年約3000万人に接種し続け、効果がなかったので中止せざるを得なかったのです。

科学的な検証がないままに1948年から1994年までの46年間にわたり実施されていましたが、

全く有効性がないことが判明し、以後全国的なボイコット運動により中止されました。

その後も効果を証明する研究結果はありません。

日本は世界で唯一、公的にインフルエンザワクチンが無効であることを証明した国なのです。

経緯は以下の通りです。

1980年から1986年にかけて、前橋医師会は、児童のワクチン接種率が90%以上の高崎市と接種率がほぼ0%の前橋市とでインフルエンザの罹患率を調査し、ほぼ変わらないことを証明しました。その他にも研究者のデータがありますが、ワクチンの有効性を証明するに足る研究結果はありませんでした。

以降、全国的にインフルエンザワクチンへの反対運動が高まり、1994年の予防接種法の改正で定期予防接種から外されました。しかし、いまなおCDC(米・疾病管理センター)の過去の有効とされないデータをもとに、インフルエンザワクチンの有効性をメディアを通じて声高に呼びかけているのは、これらの経緯を知っていたら不思議でなりません。

国内のインフルエンザワクチンの例をあげると、厚生労働省によれば、副作用の報告は2005年度で56件あり、死亡件数が3件でした。
つまり、56人の人がインフルエンザの予防接種によりインフルエンザにかかり、3人の人が死亡したのです。

このような医療事故は、毎年あらゆる種類のワクチンでも起きるために国によって賠償制度が用意されています。

任意接種により健康被害が発生した場合は、医薬品副作用被害救済基金法による救済制度があり、定期接種により健康被害が発生した場合は、予防接種法による救済制度があります。

近年のワクチンによる医療事故の賠償例のひとつに、日本脳炎ワクチンによるADEM(急性散在性脳脊髄炎)の健康被害があります。2005年5月、厚生労働大臣は1991年以降の健康被害13件(うち重症例4件)について、ワクチンとの因果関係があることを認めて賠償を行いました。その後、厚生労働省は慣例化されていた日本脳炎ワクチンの接種を積極的に勧めないよう地方自治体に勧告しました。

被害者や、またその家族は、ワクチンにこのような悲惨な結果が起きる可能性があることを事前に知っていたら、予防のためによかれと接種したでしょうか。結果的に、自ら病原菌を接種しにいってしまったのです。

■スペイン風邪と新型インフルエンザの真相

1990年代以降鳥インフルエンザ・豚インフルエンザといった新型インフルエンザのニュースが大々的に出回って、多くの人々が不安になっていますが、真相はどうな のでしょうか。過去に世界で大流行したインフルエンザについて調べた結果、そこでもワクチンが大いに関係していることが判明しました。

これまで、人類にとって知られている中で最も多くの死亡者数を出したインフルエンザは、1918年から19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪です。スペイン風邪といっても実際の発生源は、アメリカです。当時、各国は第一次大戦中でその流行を報じませんで した。

そこで、当時中立国であったスペインが、その大流行の存在を報じたため、「スペイン風邪」と呼ばれるようになったといわれています。その犠牲者は、世界で4000 万人から5000万人と推定され、日本国内でも約40万人から50万人もの死亡者が出たといわれています。

驚くべきことに、このスペイン風邪も、じつはワクチンが原因だったのです。テレビや新聞のニュースでは一切報道されませんが、最近になってその原因の科学的な究明が進んでいます。

その結果、判明したのは、米軍内 で接種されてきた腸チフスワクチンが体内で変異を起こして強力なパラチフス菌になり、それがインフルエンザの正体であることがわかったのです。そして、それが米軍内から発生していることを隠蔽するために今でもスペイン風邪と呼び続けています。このとき、インフルエンザにかかったのは、ほとんどがこのワクチンを接種された人達でした。

そして、最近話題になった豚インフルエンザですが、これは今から30年以上も前の1976年、同様に米軍基地内で突然発生しており、このときラムズフェルト国防長官が豚インフルエンザ・ワクチンを法的に全国民に強制接種しようと動きました。 政府は、テレビや新聞を通じて、国民にワクチン接種を受けるよう大々的な宣伝活動を展開し、その結果、指示に従った4600万人が接種を受けました。しかし、ワクチンが汚染されていたために4000人が神経麻痺などの深刻な健康被害に見舞われ、50人を超える死者が出たため、ワクチン接種は中止になりました。

しかし実際には、政府がテレビや新聞で警告する大流行は現実には全く起きていませんでした。

事実は、豚用に製造されたインフルエンザ・ワクチンによって豚が死んでしまうのを知った養豚業者が接種を拒否したため、ワクチンが大量に余ってしまい、それを人間に流用したにすぎないのです。政府と製薬会社は、そのワクチンが何の効果もないどころか危険でさえあることを知りながら、利益のために大々的にキャンペーンを行い国民に消費させたのです。これらの事実は、元FDA(連邦食品医薬品局)のワクチン管理部長であり、ウイルス研究部長でもあるアンソニー・モリス博士の良心的な内部告発によって、明らかになりました。この証言の直後、博士はFDAから辞職させられました。

このように一見、私たちには、自然界から突然偶発的に発生しているようかのようにみえるインフルエンザもじつは、その後につながるワクチン接種の大量消費による利益を目的として作り上げられる意図的な”情報”により「拡散している」のです。

詳細はこちら↓
知られざる”ワクチン”の罪 


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!



インフルエンザ予防接種で13人が死亡!イタリア、死者数は増加中/「あいうべ体操」小学校でインフル激減!

インフルエンザ予防接種で13人が死亡!イタリア、死者数は増加中/「あいうべ体操」小学校でインフル激減!

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載



重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!




味噌汁は食事全体の塩分を減らす!がん、糖尿病、脳卒中、心臓疾患、痴呆症、高血圧などのリスクを下げる!食事の塩分量を減らすには味噌汁を飲め、実は万能な栄養源だった!

『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!

熱いお風呂で癌を殺せる!日本人のお風呂習慣が癌細胞を殺す!そして『重曹水』を飲む!癌は味噌がキライ、癌は砂糖、糖質が好き!

子宮頸がんワクチン「脳機能異常の副作用も」専門部会、副作用否定の流れ。金と利権!報道ステーション

恐怖の医療と安倍政権の貧困ビジネス!少しでも高い診療報酬を得るために、さしたる病気を持たない人に、長年にわたって入院生活を続けさせる医者とそのネットワーク!患者は金のなる木、ある意味餌食だ!たとえば病院とつるんだ手配師が、高齢の生活保護者を入院させる。病院は手術を繰り返し、金をとる。生活保護者には入院費用が国から出るので、取りはぐれがない。入院期間が2週間を過ぎると診療報酬が下がり、3か月過ぎると病院に支払われる入院医療報酬が激減する。だから、悪質な病院では、できるだけ回転率を上げるために3か月以内に殺して最後に臓器をとる。特定の葬儀屋に連絡して紹介料をとる。

病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】これが「人殺し医療サギの実態だ」いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!よくもここまで騙したな/船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード


日本医師会、医療費をもっとよこせ!年収3000万円でも不足だと…安倍にバラマキ迫る!医療を食い物にする医師会!今夏の参院選挙をにらんで官邸はOKという!医師・病院は守銭奴そのものか!「ジャーナリスト同盟」通信。

「禁煙治療薬」はこんなに危険!米国では「重篤副作用件数ワースト1位」飲み薬バレニクリン!利権の闇… 日刊ゲンダイ/早死にしたくなければ『タバコはやめないほうがいい』禁煙すると肺がんが増える!武田邦彦!
タバコと肺ガンの医学的データはありません⇒「タバコが肺がんの主な原因」とは到底、考えられない。



米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

【放射能魚】千葉県の漁師、奇形魚は「回転寿司」などが激安でが買っていく!最低でも週2回、奇形魚が揚がる!胎児や赤ちゃん死亡は、なぜ多発する!周産期死亡率の上昇…妊娠22週から、生後満1週間までの間の死亡!奇形魚が週2回以上も揚がるという事は、正常な形?の魚も放射能汚染しているという事だろう!


大惨事以上の福島原発【収束・廃炉は不可能】か?現時点では!600トンの溶融燃料が行方不明、日本は溶けたウラン燃料を取り出す技術を持っていないことを認めた!国民負担の税金、電気代は上がり続ける?


NHKは、いま恐ろしい事態に直面している!英紙タイムズがNHKの内部文書を暴露/安倍の報道禁止命令!

NHK受信料『解約ラッシュ』電話で「TV壊れたからNHK解約します」と言えば解約完了!裁判所が認める…NHKの確認はなくても解約は成立する!



sohnandae Twitter→復活Twitter

地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄県民を「土人」左翼、呼... | トップ | 10月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む